« 年に1日の臨港線へ(5)  | トップページ | 予備機で撮りながら出勤  »

2017年5月12日 (金)

カメラが壊れてデータが飛んで 

2016年10月24日(日)。今日は、朝の鍵開けボランティアの後、少しいすみ鉄道に乗ります。その後、夕方からは家人と共に昨日とり止めた、鴨川の「棚田の火まつり」へ行く予定です。

鍵開けボランティアを終えて、大多喜駅近くの町営駐車場に車を入れます。快速100Dに乗って大原駅に到着しました。
Isumi_kiha28_20161023_01
到着するとすぐに発車するはずの、大多喜行き57Dがなかなか発車しません。この列車に間に合うはずの特急「新宿わかしお号」が遅れているのだそうです。日曜日ですからね、観光客がこの接続で来る可能性があることをそうていしているのでしょう。そうこうしてるうちに、ようやくJR3番線に255系特急が到着しました。

こちらは、折返しの急行1号に乗っていきます。こちらは、定刻に発車しました。
Isumi_kiha28_20161023_02
国吉駅での交換もいつも通りです。57Dが大多喜止まり入庫の運用なので、他への影響はほとんどなかったようです。

終点の上総中野に着きました。
Isumi_kiha28_20161023_03
折返しは大多喜行き普通102Dです。種別幕が急行から普通に変わりました。

午前中に、小湊鐵道と接続する唯一の便です。
Kominato20161023_04
やってきた小湊鐵道は3両編成です。最後部車両は何かバナーをつけていますね。

Kominato20161023_05
どうやら市原市関連の貸切車両だったようです。車内は空でしたから、高滝とか養老渓谷などの市原市内のどこかの駅で降りたのでしょう。ここで、SDカードがいっぱいになり、カードの交換をしました。

実は、この先のデータがすべて飛びました。ここ数ヶ月、カメラの調子がすこぶる悪かったのです。半押ししてピントを合わせるのは大丈夫。でも、シャッターを押しきると、撮った画像は露出が狂っていて、真っ黒か真っ白のどちらかに偏るのです。とくに絞りが開放に近いほどその傾向がでやすかったのです。

もう、どうしようもなくなり10月25日には修理に出したのです。FUJIのFinePix HS50EXR という、もう製造されていない高倍率のレンズ一体型カメラです。旅に持って行くには高倍率ズームがとても便利で愛用していたのです。まだ補修ができるのと、他社も含めて高倍率ズームの一体型カメラが少数派になってきたので、修理して仕様を続けようと考えたのです。

それで、修理に出すとき、ちょっとした間違いを起こして、この日交換したメモリーを消去してしまったのです。なんということを・・・。せっかく撮った、今年の火まつりもすべて消えてしまいました。まあ、自分のやってしまったことですから諦めるしかありませんけど。残念です。

ということで、10月24日(月)と25日(火)の日記は省略です。カメラの修理が終わるまでは、以前使っていたFinePix HS10というものを使います。連写が使い物にならないほど遅いのが難点ですけど、いざとなったら単3アルカリ乾電池4本で撮影できたので、これも旅先では重宝したカメラなんです。

|

« 年に1日の臨港線へ(5)  | トップページ | 予備機で撮りながら出勤  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/65268383

この記事へのトラックバック一覧です: カメラが壊れてデータが飛んで  :

« 年に1日の臨港線へ(5)  | トップページ | 予備機で撮りながら出勤  »