« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の74件の記事

2017年5月29日 (月)

い鉄を撮りながら土曜出勤 

2016年11月5日(土)。今日は土曜日ですが、仕事のある日です。今日は自家用車で出勤します。

行きがけに、大多喜~小谷松間の祠のところへ行きました。
Isumi_kiha20_20161105_01
下り53Dです。キハ201303でした。

今日はイベント開催なので、職場の敷地に自家用車で入れません。大多喜駅下の町営駐車場に車を停めて、歩いて職場へ向かいます。
Isumi_otaki20161105_02
その通りすがりに検修線を眺めると、久しぶりに206が庫外に出ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-101) 

2016年11月4日(金)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅で自販機を見ると、またしるこが増えていました。
Isumi_kuniyosi20161104_01
井村屋のしるこが入っていました。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20161104_02
351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161104_03
今朝の8Dは301パパ&ママでした。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi_otaki20161104_04
ホームへ行く前に大多喜駅前の自販機を確認すると、コカコーラの販売機に、コカ・コーラのブランド「クアトロ」のしるこが入っていました。

28Dで国吉に戻ってきました。
Isumi_kiha20_20161104_05
今日はキハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月4日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月4日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

嵯峨嵐山・四季 嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車2016
販売日 2016年11月7日(~未発表)
販売部数 2,880部

販売地域 京都市下京区・南区・右京区・西京区・伏見区内(旧京北町域を除く)の計109局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(18) 

17:48に下館駅に戻ってきました。
Mooka20161103_86
結局、益子から下館まで、50分ほど立ちっぱなしでした。それでも、正面展望が楽しめましたから苦ではありませんでした。

Kantetu20161103_87
向こうに見える関東鉄道に乗り継ぎます。

関東鉄道の守谷行きです。
Kantetu20161103_88
単行なので急いできたのですが、まだ座席には余裕がありました。

関東鉄道ホームから、先ほど乗ってきた真岡鉄道を眺めます。
Kantetu20161103_89
後ろの1両は、SLキューロク館のラッピング車だったのですね。これなら、あわてずに観察して撮ってくればよかったです。

守谷まで乗っても接続列車はないので、水海道で降りて始発の取手行きに乗り換えます。
Kantetu20161103_90
19:46取手に到着です。「ときわ路パス」の使用もここまでです。JRの企画乗車券なのに、関東鉄道と真岡鉄道に乗っただけで終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(17) 

真岡16:34のレールバスに乗って、益子まで行きました。
Mooka20161103_81
するとホームにはたくさんの人がいるではありませんか。手には荷物を持っている人が多いです。今日は文化の日。何か陶芸関係のイベントがあったようです。

今から乗車の列に並んでもすわれそうにはありません。
Mooka20161103_82
それならと、時間まで駅の周りを歩いてみます。跨線橋から見ると、元は複線駅だったのだなとわかる、微妙な曲がりが駅の前後にありました。

駅前に戻ると、ちょうど宇都宮行きの東野交通のバスがやってきました。
Mooka20161103_83
これなら座れるしと乗りたくなりましたが、「ときわ路パス」が使えない別払い区間ばかり。ちょっとかかりすぎるので止めました。

乗車口は4ヶ所と案内があります。どうやら2両編成、有人駅なのですべてのドアから乗車できるようです。
Mooka20161103_84
少し短かった一番前の乗車口から乗ったら、座れないまでも立つ人はわずかで、一番前に立つことができました。夕暮れ時の展望風景を眺めていくことにしました。

真岡駅に到着です。
Mooka20161103_85
50系客車は側線に移動していましたが、まだ室内灯が点いていて夜汽車の雰囲気になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

関東鉄道&つくばエクスプレス(16) 

真岡行きの快速1603列車、客車は3両ありますが、乗車できるのは最後部3号車1両だけです。
Mooka20161103_76
モケットこそ緑色になっていますが、座席は国鉄時代そのままです。

下館から真岡まで、約30分の汽車旅です。ディーゼル機関車が発車の汽笛を鳴らすと、ピーっと蒸気機関車も汽笛を鳴らしてからゴトリと動きます。ただ、ぶら下がっていくだけではなく、汽笛を鳴らしてくれるのが、なんともうれしい列車なのです。
Mooka20161103_77
真岡駅のSL展示館が見えてきました。いつのまにか、その隣にD51が展示されるようになったのですね。知りませんでした。。

真岡駅に到着です。
Mooka20161103_78
SL形の真岡駅舎を背景に、C12を撮ります。

そして横からも撮ります。
Mooka20161103_79
SL展示館、D51とともに、C12を撮ります。SL三連写ですね。

3分接続の真岡始発の茂木行きに乗り継ぎます。
Mooka20161103_80
隣のホームからだとばかり思っていたら、それは間違いでした。今乗ってきた列車の前に停まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

関東鉄道&つくばエクスプレス(15) 

逆光の中「SLもおか号」が入線します。
Mooka20161103_71
ヘッドライトや煙が逆光だとなかなか格好良く写りますね。

線路脇では、すでにディーゼル機関車の発車準備ができているようです。
Mooka20161103_72
機関車の運転席には、すでに機関士さんがスタンバイしているのが見えます。

Mooka20161103_73
入換の手旗信号が振られて、ディーゼル機関車が動き始めました。

Mooka20161103_74
この後、客車の前にディーゼル機関車が連結されます。下館16:03の快速真岡行き1603列車になります。

この時間の下館駅です。
Mooka20161103_75
左から、真岡鉄道の50系客車。JR東日本のE501系とE531系。そして、右側には関東鉄道のたぶん5000形が並びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

関東鉄道&つくばエクスプレス(14) 

1番線に下館行きがやってきました。
Kantetu20161103_66
筑波山塗色の2403号の単行でした。

それほど混雑もせずに下館に到着しました。
Kantetu20161103_67
手前から関東鉄道、その向こうがJR東日本、そのホームの向こう側、日陰に停まっているのが真岡鉄道です。この3線すべて「ときわ路パス」で乗ることができます。

下館までやってきたのは、他でもありません。
Mooka20161103_68
真岡鉄道に乗るためです。

しかも、ただの列車に乗るのではありません。
Mooka20161103_69
このディーゼル機関車がひく客車列車に乗ろうというのです。「SLもおか号」運転日は、下館に着いたSL編成をディーゼル機関車が真岡までひきます。それが快速列車として、乗車できるのです。

さあ、その「SLもおか号」がやってきました。
Mooka20161103_70
今日の牽引機はC12 66ですね。個人的には、C11よりもこのC12の方が好きなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(13) 

さすがにお腹が空いてきたので、いくつかの出店をのぞいて買い物をします。
Kantetu20161103_61
しかし、これには驚きました。ギガフランクとテラフランクだそうです。もうメガはありませんでした。

どうせ買うならテラでしょ。
Kantetu20161103_62
買ってはみたものの、地面に置いて記念撮影するしかない長さ。食べるのも一苦労でした。

しばらく、314が行ったり来たりするのを撮っていました。
Kantetu20161103_63
空がとっても青いです。

しかし、この314・313の臨時列車には整理券が入手できず、乗れないことが確定したので、バスで早めに水海道駅へ戻ることにしました。
Kantetu20161103_64
今朝ほど見た、いすゞキュービックの1号車でした。

臨時列車に乗れなかったので、予定より1本早い下館行きに乗車できました。
Kantetu20161103_65
14:28の下館行きに乗って、終点の下館まで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

関東鉄道&つくばエクスプレス(12) 

降り口は最前部1ヶ所のみです。
Kantetu20161103_56
順番が来るまで時間がかかります。車内の写真を撮るには、ちょうどよい時間です。

車内だけではなく、窓を開けてDD502も撮りました。
Kantetu20161103_57
このディーゼル機関車、キャブの円弧を描いた窓ガラスがなんともカワイイのです。でも、地上から撮るとこのガラスが上手く入らないのです。

その後、建物2階の展示スペースと、1階の物販コーナーへ行きました。展示コーナーは、鬼怒川氾濫からどうやって復旧にこぎつけたかの写真と解説が感動的でしたね。

1階の物販には、関東鉄道バスもきていました。そこで、バスの廃乗車券福袋が売られていました。たしか1袋500円で、かならず硬券が1枚入っているのです。バスのきっぷそのものがめずらしいので、2袋買ってしまいました。
Kantetu20161103_58
これが1袋目です。成田空港関係の軟券。土浦花火大会の乗車券。それに、常磐高速バスの硬券です。

Kantetu20161103_59
もう1袋がこれでした。やはり成田空港の軟券、マラソンの乗車券、鹿島から幕張への硬券です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(11) 

13:20発車の時刻になりました。
Kantetu20161103_51
車両展示エリアに出入りするための構内踏切が、係員の方によって遮断されました。

ゆっくりと、その構内踏切を通過します。
Kantetu20161103_52
検修庫から出てくるところを狙ってシャッターを切っている人が多いようです。

Kantetu20161103_53
さらに先に進みます。車止めを目指します。

Kantetu20161103_54
ここまで進んで終点となりました。運転士さんと車掌さんがエンド交換をします。

今度は最後部になって来た道を戻ります。
Kantetu20161103_55
車両基地の奧に停まった、普段はあまり目にしない車両を見ながら戻っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(10) 

欲しかったきっぷの購入も終わって、すぐにバスのりばへ戻ります。ところが、水海道車両基地行きののりばは長蛇の列です。バス2台待ちくらいかなというところ。これなら、頻発している守谷駅行きに乗って、関東鉄道で水海道へ行き、そこからあらためて会場行きのシャトルバスに乗った方が早そうと判断して、守谷行きに乗車します。

この判断、水海道到着まではスムーズでした。ところが、水海道にバスがいません。係の方の説明では、この時間は1台で輸送しているので、今出ているバスが戻って車で次の便は出ないとのこと。まさか、水海道からのシャトルが1台運用だとは思ってもいませんでした。結果的に、会場にバスが着いたのは13:05。13:00から配布が始まった、帰りの臨時列車の整理券は、すでに品切れでした。まあ、仕方ありません。

それなら、せめて構内運転くらいは乗っていきましょう。
Kantetu20161103_46
水海道駅と会場を結ぶ臨時列車になる313・314編成が、帰りの臨時列車にナルまでの間、会場内をいったりきたりする体験乗車列車になっているのです。

次の発車は13:20です。
Kantetu20161103_47
整理券をもらいます。

この整理券も硬券です。
Kantetu20161103_48
いったい何枚あるのでしょう。1000番で新券に切り替えってことはなさそうですけど。

ほぼ先頭に並んでいたので、一番前の助手席直後に座れました。
Kantetu20161103_49
停車中も先頭部分は検修庫の中です。

Kantetu20161103_50
まっすぐ、あの行き止まりまでいって帰ってくるだけなのですけど。普段は通れない、検修庫の中を走るってことだけでも、楽しいですものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

関東鉄道&つくばエクスプレス(9) 

とりあえず、手近な車両だけ撮影します。
Kantetu20161103_41
「監査走行」って、いったいどんなときに出す表示なんでしょうね。

Kantetu20161103_42
すべて違う表示で並んでいるのは、今日のようなイベントならではでしょう。

お目当ての乗車券うりばに行くと、そこは長蛇の列でした。しかし、並ばなければ買えないので、諦めて並びます。並んでいる最中に「守谷での方は、こちらの券で乗車できます」と無料の乗車券が配られ始めました。
Kantetu20161103_43
せっかく配ってくれたので、1枚いただいておきました。

45分ほど並んで、ようやく順番がきました。大人と小人とどう違うのかと聞いたら、スタンプの位置が違うだけとのこと。それではと、上り方面と下り方面それぞれに大人と小人で、計4枚を記念に購入しました。
Kantetu20161103_44
これは小人用に長い名前の駅までかったもの。流山セントラルパーク駅まで守谷から大人410円、小人210円ですが、この乗車券はわずかですが割引になっています。

そして、購入した乗車券1枚につき1個、フォルダーがつきます。
Kantetu20161103_45
これがなかなかいいです。わずか200円ほどのきっぷ1枚でも、ちゃんと1個つくのですから。

こんなにたくさんきっぷを売って、会場からの数少ない臨時列車に乗れるのだろうかと思っていたら、「この乗車券は臨時列車の他、シャトルバスで守谷駅まで行って、守谷駅から使用することもできます」と案内が流れていました。そうなんですよね、TX車両基地~守谷間は、実質無料ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(8) 

この時間は、車両展示エリアには入れません。
Kantetu20161103_36
規制線の手前から展示車両を撮ります。今年は、塗色の違う4車種が並んでいます。

見学もそこそこに、つくばエクスプレスまつりへ向かいます。今年初めて、会場で車内補充権形の硬券が発売されるのだそうです。それを買って、帰りの臨時列車の整理券配布が始まる13時までに、再びこの水海道車両基地に戻ってこようという考えです。
Kantetu20161103_37
これは水海道駅行きのバスです。

TX会場行きのバスを待ちます。
Kantetu20161103_38
これがそうです。乗車が始まりました。

Kantetu20161103_39
この時間にTX会場へ向かう人は少なく、一番前に乗れました。

TX総合基地につきました。
Kantetu20161103_40
こちらの方が会場が広く、人もたくさんいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(7) 

列車は車両基地の一番奥まで行って停車します。
Kantetu20161103_31
車外の通路を通って、運転士さんと車掌さんがエンド交換します。

進行方向を変えて、今度は検修庫へとつながる線路を行きます。
Kantetu20161103_32
途中で、昨年の水害で水没したはずの101の脇を走りました。

ピットのある庫を抜けたところが、この列車の終点です。
Kantetu20161103_33
最前部1ヶ所だけある階段を降りて車外へ出ました。

Kantetu20161103_34
すぐ隣の線路では、休車のディーゼル機関車DD502が停まっていました。

Kantetu20161103_35
その隣には、何やら作業車が停まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(6) 

もうすでに、どちらの車両も大勢の人で混んでいます。
Kantetu20161103_26
少しでもお客の少なそうな車両に乗っていきます。ドア上のLED表示器には「臨時」の文字が、その下の広告枠には今日のイベントの歓迎バナーが入っていました。

Kantetu20161103_27_2
この車内にも、今日のイベント中吊りが下がっていました。

ドアが閉まり、水海道駅から車両基地に向かって走りはじめました。
Kantetu20161103_28
上り線に転線し、取手方向に走ります。窓の外には関東鉄道バスの車庫が見えます。

上り線から車両基地への分岐を進みます。
Kantetu20161103_29
窓の外には、下り線・上り線の複線が見えます。

塗色は違いますが同形の315・317の編成が見えます。
Kantetu20161103_30
310形はこの3編成が残っていますが、平日以外はあまり走っている姿を見る機会はないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

関東鉄道&つくばエクスプレス(5) 

2番線の列車が発車しました。
Kantetu20161103_21
近づいてい撮ります。314の塗装も大分痛んでいるのがわかりました。

ヘッドマークのアップです。
Kantetu20161103_22
関東鉄道は、やっぱり新型車なんでしょうね。

構内踏切から1枚撮っておきます。
Kantetu20161103_23
313の方が314よりも傷は少ないようです。

Kantetu20161103_24
ほぼ真正面から、さら1枚撮っておきます。

さあ、そろそろ乗り込みましょう。
Kantetu20161103_25
1番線の入口はコーンで塞がれ、ここで整理券のチェックがあります。整理券を見せて、乗車口へと進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

関東鉄道&つくばエクスプレス(4) 

次々と列車がやってくるので、撮っていて飽きません。
Kantetu20161103_16
塗色は大きく2種類。青い部分が多い直線的塗り分けの車両と、白が多く筑波山のシルエットが描かれている塗色です。

そうこうしているうちに、今日の臨時列車が回送されてきました。
Kantetu20161103_17
普段、走っているのを見る機会がないだけに、ここで撮ろうと待っていたのです。

土休日に、この車両が動いているのを見ることができるのは、軌跡に近いかもしれません。
Kantetu20161103_18
しかも、この後これに乗れるのです。

Kantetu20161103_19
1番線へと入っていきます。

Kantetu20161103_20
ホーム上は、撮る人と乗る人でごった返しているみたいです。座るのは諦めて、ゆっくり2番線側から撮影できてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(3) 

シャトルバスはしばらく動きがなさそうなので、鉄道の方を撮ろうと跨線橋に上がりました。
Kantetu20161103_11
ところが、以外と遠かったり信号機があたっりで、きれいに撮れません。これならホームからの方がいいかなと、いったん改札を入りました。

Kantetu20161103_12
とりあえず、構内踏切から1枚です。その後、2・3番線ホームの取手寄りに移動します。

Kantetu20161103_13
下館行きがやってきました。

2番線には、下館からの快速守谷行きがやってきました。
Kantetu20161103_14
すでに1番線ホームには、理事列車乗車の列ができています。でも、整理券を持っていれば乗れるのは間違いないし、ロングシート列車に短区間座っていこうとは、最初から考えていません。今しばらく、撮影をしていきましょう。

Kantetu20161103_15
車両基地から、水海道始発の下館行きが回送されてきて、3番線へと転線します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道&つくばエクスプレス(2) 

定刻8:47に水海道駅に到着です。すぐに改札を出て、駅前の列に並びます。この列は、水海道駅から車両基地に行く臨時列車へ乗車するための、整理券配布の列なのです。
Kantetu20161103_06
30分以上前にから並んだので、無事にゲットできました。券番から順位は40番目でした。今回は、カラー版の硬券でした。

臨時列車の発車時刻は10:15です。まだ時間があるので、バスでも見ていきましょう。
Kantetu20161103_07
これは、列に並びながら撮った、東京行きの高速バスです。以前、1回だけ乗ったことがあります。

しかし、つくばエクスプレスができて利用者が減ってきたようです。
Kantetu20161103_08
あと1ヶ月、12月3日で廃止だそうです。

会場行きのシャトルバスを見に行きます。
Kantetu20161103_09
シャトルバスは、跨線橋を渡った駅裏から出ます。

Kantetu20161103_10
いすゞのキュービックを先頭に2台のバスが乗客待ちをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

関東鉄道&つくばエクスプレス(1) 

2016年11月3日(木・祝)。今日は、関東鉄道の「水海道車両基地公開イベント」と「つくばエクスプレスまつり2016」が開催されます。昨年は鬼怒川の氾濫で水海道車両基地をはじめ関東鉄道の主要施設が水没して長期運休になったこともあり、「つくばエクスプレスまつり」単独の開催でした。両方とも開催されるのは1年ぶりです。

そこで、今年はぜひ行ってみようと、仕事の折り合いを付けて計画を立てておきました。今朝は早起きして、長者町駅を出発しました。
長者町6:01(228M)6:12上総一ノ宮
上総一ノ宮6:14(674F)9:48蘇我
蘇我6:54(604A)7:13南船橋
南船橋7:16(708E)7:39新松戸
新松戸7:45(603K)7:54柏
柏8:00(333M)8:10取手
予定通り、取手駅までやってきました。

ここからは、先日の鹿島臨海鉄道臨港線乗車の帰りに寄った、鹿島線潮来駅で買ってきた「ときわ路パス(大人の休日倶楽部用)」を使います。
Kantetu20161103_01
JRの企画乗車券なのですが、もしかすると今日はJRには乗らないかもしれません。

取手からは、関東鉄道に乗車します。せっかくだからJRの自動改札を入って「ときわ路パス」に穴を開けます。そこから、JRと関東鉄道の連絡改札を通って、関東鉄道に入ります。
Kantetu20161103_02
次の発車は8:18の水海道行きです。これも予定通りです。

8番線へ向かいます。
Kantetu20161103_03
待っていたのは、数が減ってきた幕式方向幕の車両です。

2103+2104の2連でした。
Kantetu20161103_04
車内はそれほど混んでいませんでした。

Kantetu20161103_05
車内には、今日のイベントの中吊りが揺れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

い鉄を撮りながら出勤 

2016年11月2日(水)。今日は自家用車で出勤です。行きがけに、大多喜~小谷松間の祠のところに行きました。

Isumi300_20161102_01
今朝の5Dは、301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-100) 

2016年11月1日(火)。今日はいすみ鉄道で出勤します。1月から通算100回目のい鉄通勤です。今朝は雨です。

その雨の中、今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20161101_01
351スナフキンでした。

城見ヶ丘に着くと雨がかなり降っています。降りて歩くか、大多喜まで乗るか。迷いましたが降りたました。
Isumi_kiha20_20161101_02
降りたことを後悔するような雨の中を、今朝の8Dがやってきました。キハ201303でした。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi300_20161101_03
この頃には、朝の雨は上がりました。今日は301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

支社版フレーム切手 

2016年10月31日は3件のリリースが出ていました。馬籠宿以外は郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月31日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

自衛隊秋田地方協力本部 創立60周年記念
販売日 2016年11月7日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 秋田県内の計273局

シートはゴールドプレートです。売価は900円です。11月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


10月31日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

坂の宿場の四季 中山道馬籠宿
販売日 2016年11月9日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 中津川市、多治見市、瑞浪市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、可児市、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町内の計105局

シートは額縁(52円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。ポストカード2枚とのセットで売価は1400円です。


10月31日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

こころ染まる もみじの里 永源寺 12
販売日 2016年11月1日(~未発表)
販売部数 1,680部

販売地域 東近江市、日野町、竜王町、近江八幡市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市内の計84局

シートは額縁(52円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1100円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月28日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月28日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

浅草羽子板市
販売日 2016年11月7日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 荒川区、台東区、文京区内の全87局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計90局

シートは額縁(52円)です。売価は1000円です。11月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


10月28日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

石山寺本尊 如意輪観世音菩薩 御開帳 ~開かれた勅封秘仏~
販売日 2016年11月1日(~未発表)
販売部数 1,160部

販売地域 大津市、草津市、高島市内の計75局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月27日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月27日に日本郵便株式会社本社からリリース文が配信されました。

STAR TREK 50th ANNIVERSARY
販売日 2016年11月1日(~未発表)
販売部数 3,200部

販売地域 函館中央局、小樽局、札幌駅パセオ局、札幌中央局、旭川中央局、釧路中央局、青森中央局、盛岡中央局、仙台駅内局、仙台中央局、秋田中央局、山形中央局、福島中央局、郡山局、水戸中央局、宇都宮中央局、前橋中央局、さいたま中央局、千葉中央局、千代田霞が関局、東京中央局、秋葉原UDX内局、京橋局、麻布局、赤坂局、浅草局、深川局、渋谷局、新宿局、中野局、杉並南局、豊島局、練馬局、光が丘局、武蔵府中局、立川局、川崎中央局、横浜中央局、藤沢局、長岡局、新潟中央局、新潟中局、富山中央局、富山南局、金沢中央局、福井中央局、福井南局、甲府中央局、長野中央局、軽井沢駅前局、名古屋中央局、ループ金山局、津中央局、大津中央局、京都中央局、大阪中央局、御堂筋本町局、天王寺MiO局、神戸中央局、奈良中央局、和歌山中央局、鳥取中央局、松江中央局、岡山中央局、広島中央局、広島東局、山口中央局、徳島中央局、高松中央局、高松南局、松山中央局、高知中央局、北九州中央局、福岡中央局、博多局、佐賀中央局、長崎中央局、熊本中央局、大分中央局、宮崎中央局、鹿児島中央局、牧志局、美栄橋局、那覇中央局の計86局

シートは額縁(52円)です。ポストカード5枚、ステッカー2種、二つ折りポケット付き台紙とのセットで売価は2000円です。11月1日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月26日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月26日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

すさきすきキャラしんじょう君 第3弾
販売日 2016年11月2日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 須崎市、四万十市、宿毛市、四万十町、中土佐町、津野町、梼原町、黒潮町、土佐清水市、大月町、三原村内の全82局と徳島中央局、高松中央局、松山中央局、高知中央局の計86局

シートは大型です。売価は1300円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月25日は4件3種のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月25日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

水戸のまつり 歳時記
販売日 2016年10月28日(~未発表)
販売部数 1,570部

販売地域 水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、茨城町、城里町、大洗町、東海村内の計92局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


10月25日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

神戸開港150年記念
販売日 2016年11月1日(~未発表)
販売部数 1,380部

販売地域 神戸市内の全局と山口局の計185局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


10月25日に日本郵便株式会社中国支社と九州支社からリリース文が配信されました。

明治維新150年記念シリーズ 特別版 薩長同盟1866 年(慶応2 年)【2016 年】
販売日 2016年10月31日(~未発表)
販売部数 2,700部

販売地域 萩市、宇部市、下関市、山陽小野田市、長門市、美祢市、阿武町および鹿児島県内の全局と地福局、生雲局、徳佐局、篠生局、嘉年局、三谷局の計603局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月24日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月24日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

新潟県十日町市 だんだんどうも
販売日 2016年10月28日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、燕市、糸魚川市、妙高市、五泉市、上越市、魚沼市、南魚沼市、弥彦村、田上町、阿賀町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村内の全局と新潟中央局、新潟西局、新潟中局、白根局、大野町局、松浜局、亀田局、巻局、新津局、西川局、竹野町局、月潟局、岩室局、和納局、漆山局、間瀬局、峰岡局、越前浜局、潟東局、中之口局、赤塚局、中野小屋局、坂井輪局、曽野木局、小針局、浦山局、上新栄町局、小新町局、曽野木団地局、新潟大学前局、内野局、青山局、新潟大野局、五十嵐中島、寺尾台局、真砂局、小須戸局、中村局、矢代田局、新関局、新津駅前局、金津局、新津中新田局、荻川局、小合局、新津滝谷局、新津新町局、新津田家局、新津田家局、新津山谷局、横越局、酒屋局、新飯田局、味方局、床瀬局、沢海局、臼井局、新潟中央卸売市場内局、亀田城山局、白根中央通局、白根大通局、イオンモール新潟南局、新潟本所局、山二ツ局、太郎代局、新崎駅前局、新潟山木戸局、新潟中島局、新潟太平局、新潟牡丹山局、大形局、新潟卸団地局、新潟河渡局、新潟柴竹局、新潟物見山局、新潟粟山局、新潟姥ヶ山局、新潟沼垂局、新潟山の下局、新潟沼垂上町局、万代シティ局、新潟竜ヶ島局、新潟県庁内局、新潟大山局、新潟米山局、新潟秋葉町局、新潟下所島局、新潟船江町局、新潟女池局、新潟堀之内局、新潟弁天橋通局、新潟上所局、新潟紫竹山局、新潟近江局、新潟船場町局、新潟本町十三番局、新潟東中通局、新潟学校町局、新潟礎町局、新潟上大川町局、新潟南浜通局、新潟横七番町局、新潟白山浦局、新潟関屋局、新潟学校町三局、新潟西大畑局、新潟関屋本村局、新潟本町三局、新潟有明台局、新潟浜通局の計433局

シートは額縁(52円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1100円です。11月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


10月24日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

佐賀県太良町 月の引力が見える町
販売日 2016年10月31日(~未発表)
販売部数 1,100部

販売地域 佐賀市、神埼市、吉野ヶ里町、上峰町、鳥栖市、みやき町、基山町、小城市、多久市、江北町、白石町、武雄市、大町町、嬉野市、鹿島市、太良町内の計114局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。11月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-99) 

2016年10月31日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

カメラはまだ予備機です。連写機能が弱いので、一発撮りでいきます。
Isumi350_20161031_01
そんなこともあって、ブレやすい望遠はやめて広角で撮ります。今朝の5Dは352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161031_02
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

今日は定時で上がって、26Dで帰宅します。
Isumi350_20161031_03
今日は351スナフキンでした。

待合室脇の並んでいる自販機を見ると、1台にしるこが入っていました。
Isumi_kuniyosi20161031_04
今年は10月でしるこが入ったのか。

今日はまだ時間も早いしな。
Isumi_kuniyosi20161031_05
1本買って、待合室で一杯やってから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

栗コーダーカルテット 

2016年10月30日(日)。今日は、文京シビックで開催される『栗コーダー&ビューティフルハミングバード』の秋の夜長のオトナの部に行きます。

文京シビックは、都営地下悦の春日駅に直結しています。そこで、本八幡から都営地下鉄新宿線と大江戸線を乗り継いでいこうと考えました。そこで、銚子から本八幡駅に近いコインパーキングを目指したのです。本八幡なら京葉道路の市川インターからも近いですから。

結局、値段との折り合いで、駅からは少し離れていますがニッケコルトンプラザのタイムズ駐車場にしました。ここなら24時間停めても1000円でおつりがきますから。

本八幡駅から都営地下鉄新宿線に乗って森下へ。そこで大江戸線の乗り換えて春日へ向かいます。改札を抜ければ、あとは地下道を歩いてそのまま文京シビックへと入れます。

Bunkyo20161030_01
今日行くコンサートはこれです。近藤研二さんが抜けて、3人体制になってからも、栗コーダー+近藤編成のライブに行くことが多かったのです。今日は、初めて3人編成のライブです。でもビューティフルハミングバードのお二人がいますから、5人での演奏ですけどね。

Bunkyo20161030_02
今日は当日券があるのですか。ちょっぴり残念な気もしますが、早く買ったので前の方ですから。

A列の前に、ア列とイ列があります。それでも前から4列目のほぼ中央です。
Bunkyo20161030_03
こんないい席で、楽しめないはずがありません。ビューティフルハミングバードの小池光子さん。初めて生で聞いたのですけど、歌いながらトライアングルのビートを最後まで叩き続けるのです。正確に等間隔でビートを刻むって、さすがプロだなと感心してしまいました。自分には絶対できないですよ。

もちろん、CDを買って終了後のサインの列に並びます。
Bunkyo20161030_04
今日買ったのは、「おさるのかごや」。3人体制の栗コーダーカルテット+ビューティフルハミングバード+知久寿焼さんの演奏です。今日のライブには、知久寿焼さんはいませんでしたけど。

来た道の逆の経路で、春日から本八幡に戻ります。
Bunkyo20161030_05
新宿線のつり革の広告が、一時ネットで話題になったあの「お嬢様聖水」の広告だったのです。そういえば、「お嬢様聖水」って、都営地下鉄の売店では売っていたような記憶が。

本八幡から歩いてニッケコルトンプラザへ向かいます。中のレストラン街で夕食をとります。会計の際に駐車場の割引券をもらったのです。けっきょく、500円もかからずに停めておくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

きみちゃん記念碑除幕式(3) 

さあ、いよいよ記念碑が見えます。
Choden20161030_11
除幕式が終わりました。みんな記念碑を見たいので、順番に見に行きます。

Choden20161030_12
黒い石に彫ってあるのですね。

Choden20161030_13
そうか、花束を用意してくればよかったんだ。そこまでは気が回りませんでした。

Choden20161030_14
自販機には、こんな貼り紙がありました。今まで気づきませんでした。

ミストソリューションの方から、きみちゃんが食べきれなかったエサを持って帰ってくれる人いませんか等の呼びかけがありました。
Choden20161030_15
和やかな雰囲気で、君ヶ浜駅での時間が流れていきました。

正午前には君ヶ浜駅を後にして、本八幡駅近くのコインパーキングへと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

きみちゃん記念碑除幕式(2) 

ホームから駅前へ降りる階段の脇に白い布を被った石碑がありました。
Choden20161030_06
これが11時から除幕式が行われる、きみちゃんへの感謝の記念碑なのですね。

そのうちに、生前のキミちゃんの写真が飾られました。
Choden20161030_07
写真が置かれるのは、この式典の時だけのようです。

11時を少し過ぎたところで、セレモニーが始まりました。
Choden20161030_08
まずは、銚子電鉄の方からお話がありました。

続いて、ネーミングライツのミストソリューションの方からです。
Choden20161030_09
この駅にきみちゃんがいたからこそ、それを気に入ってネーミングライツを取得したのだと言っておられました。このあと、駅前に住んでおられ日常的にキミちゃんの世話をしていた木村さんからお話がありました。

そして、関係者の方々による除幕式です。
Choden20161030_10
ファンや報道関係の方が見守る中、記念碑を覆っていた白布が外されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きみちゃん記念碑除幕式(1) 

2016年10月30日(日)。今日は夕方から東京でのコンサートへ行きます。でも、その前に銚子まで足を伸ばすことにしました。11時から、銚子電鉄君ヶ浜駅前で、8月26日に亡くなった君ヶ浜駅の駅ネコ「きみちゃん」の記念碑の除幕式があるのです。

キミちゃんに最後にあったのは、7月のお化け屋敷電車の時です。その、約1ヶ月後に病気でなくなってしまったのです。ここ数年、きみちゃんお目当てに何回君ヶ浜駅に通ったことでしょう。

鍵開けボランティアを終えて、すぐに車で銚子を目指します。10時過ぎに濡れ煎餅駅に着きました。除幕式まではまだ時間があるので、ここによっておせんべいを買っていきます。
Choden20161030_01
3D顔出し701号は、いつのまにかパンタグラフまで載っていたのですね。ただ気づかなかっただけかな。

イオンの脇から、かつての県営有料道路を走り犬吠経由で君ヶ浜の海岸にあるはまなす公園駐車場へ向かいました。ここに車を停めて、歩いて君ヶ浜駅へ向かいます。
Choden20161030_02
歩く道すがら見つけたオシロイバナです。1輪に2色なんてのもあったのですね。

君ヶ浜駅へ着きました。
Choden20161030_03
ネーミングライツ入りのちょっと簡素な駅名標です。

ちょうど下り電車がやってきました。
Choden20161030_04
銚子電鉄もハロウィン電車をやっているのですね。

Choden20161030_05
中はどんな風になっているのでしょうか。今日は乗る予定がないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

い鉄ハロウィン列車イヴ(2) 

急行2号が大原駅に到着しました。列車内やホームで「写真撮らせてもらっていいですか」の声がかかります。どうぞどうぞ、今日はPRですから。
Isumi_kiha28_20161029_06
折返し、急行3号に乗って、再び上総中野駅まで、明日のハロウィン列車をPRしていきます。

西大原~上総東間の、通称ムーミン池です。
Isumi_azuma20161029_07
今日は「千葉県しごと生活!体験プロジェクト御一行様」という看板がありました。団体列車でも走ったのでしょうか。

終点の上総中野駅に到着しました。
Isumi_kiha52_20161029_08
今日は、PRでモデルになることの方が多く、自分で写真を撮っている時間があまりありません。

たまたま上総中野駅で写真を撮っていた渡辺信吾さんに会いました。
Isumi_kiha28_20161029_10
お願いして、ここでも1枚撮ってもらいました。後日、わざわざCDに焼いて大多喜の職場まで届けてくれました。感謝です。

再び急行4号で、大原までPRをします。そして、大原に到着すると、今度は明日に向けて車内や窓の飾り付けを手伝います。これが、仮装したままやったから汗だくになってしまいました。
Isumi_kiha52_20161029_09
明日、第二五之町踏切で撮るであろう人向けに、窓の外から読めるように、カボチャで「ハロウィン」と貼ってみました。なんとか、読めるかな? 程度のものしかできませんでしたけど。

急行5号は大多喜止まり。すべての飾り付けができたわけではありませんが、明日の急行1号でボランティアの高校生たちが飾り付けをするおとのこと。全部やってしまって、高校生の楽しみを奪ってはいけませんからね。この当たりで止めて、急行5号大多喜到着で今日はお開きとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄ハロウィン列車イヴ(1) 

2016年10月29日(土)。明日は、いすみ鉄道の急行2~4号がハロウィン列車として運転されます。自分は明日は用事が入っています。そこで、いすみ鉄道に連絡をして、今日の急行2~5号に仮装乗車して、明日のハロウィン列車の宣伝をしていいかときいてみました。その辺時は「どうぞ」とのこと。

そこで、毎年ハロウィン列車に仮装して乗車している、城西国際大学観光学部の知り合いの女子大生に連絡をして、2人で乗ることにしたのです。11時半に大多喜駅で落ち合って、11:38の上総中野行き103Dから宣伝を始めます。
Isumi_kiha52_20161029_01
103Dが上総中野駅に到着しました。引き続き、折返しの104D急行2号に乗車します。

急行2号が大多喜に到着しました。少々停車します。
Isumi_kiha28_20161029_02
ヘッドマークは土曜日の定番「夷隅」です。いつもと違うのは、助手席にカボチャが乗っていることでしょう。

Isumi_kiha28_20161029_03
しっかり見ないと見過ごしてしまいそうですが、それなりの大きさのカボチャです。

国吉駅に到着しました。ここで観光停車です。ところで、どんな仮装をしているかというと・・・忍者です。鳥塚社長が「外国人が大多喜にお城があるって言うと、それじゃ忍者いるでしょって聞くんだよね」と言っていたのが気になっていたのです。
Isumi_kiha28_20161029_05
何で忍者なのか、の看板を首から提げて、明日のハロウィン列車のPRです。この写真は、国吉駅にいたtassさんに撮ってもらいました。

そうそう、昼食がまだです。国吉駅の「たこめし」がまだ残っていました。
Isumi_kiha28_20161029_04
2個買って、手伝ってくれた女子大生にプレゼントです。国吉~大原の車内でいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

い鉄で出勤('16-98) 

2016年10月28日(金)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

どんよりとした曇り空です。予備機の連写機能は、ほぼ使い物にならないので、シャッターを押す場所を決めて一発勝負で撮ります。
Isumi350_20161028_01
今朝の5Dは、352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161028_02
今朝の8Dは、シャッターを押す位置を間違えました。それでも301パパ&ママだという記録は残せました。

帰宅は定時で上がって26Dです。
Isumi_kiha20_20161028_03
キハ20が国吉駅に着いた頃には、もうすっかり雨になったいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もい鉄を撮りながら出勤 

2016年10月27日(木)。今日も自家用車で出勤します。昨日と同様、大多喜~小谷松間の祠のところに寄っていきました。

Isumi_koyamatu20161027_01
昨日よりよい天気です。昨日は空が白かったですが、今日は秋の青空です。

そこへ今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20161027_02
351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

予備機で撮りながら出勤 

2016年10月26日(水)。今日、今まで使っていたカメラを宅配便で修理に出します。すでに梱包してしまったため、今日からは予備機での撮影です。しばらく使っていなかったので、少々戸惑いながらの撮影です。

しかも、自宅を出遅れました。そのまま、大多喜~小谷松間の祠のところへ直行したのですが、それでも5Dに間に合いませんでした。
Isumi_kiha20_20161026_01
かろうじて、今朝はキハ201303だったという記録だけはできました。

祠のイチョウはどんな様子かというと・・・
Isumi_koyamatu20161026_02
まだ、ほとんど黄色くなった葉はありません。

ほぼ定時で上がり、帰りがけに国吉駅に寄ります。
Isumi_kuniyosi20161026_03
暗いところの撮影はどれくらいできたかな。試しに撮ってみます。いつもは帰宅に使う26Dが国吉駅を出発したところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

カメラが壊れてデータが飛んで 

2016年10月24日(日)。今日は、朝の鍵開けボランティアの後、少しいすみ鉄道に乗ります。その後、夕方からは家人と共に昨日とり止めた、鴨川の「棚田の火まつり」へ行く予定です。

鍵開けボランティアを終えて、大多喜駅近くの町営駐車場に車を入れます。快速100Dに乗って大原駅に到着しました。
Isumi_kiha28_20161023_01
到着するとすぐに発車するはずの、大多喜行き57Dがなかなか発車しません。この列車に間に合うはずの特急「新宿わかしお号」が遅れているのだそうです。日曜日ですからね、観光客がこの接続で来る可能性があることをそうていしているのでしょう。そうこうしてるうちに、ようやくJR3番線に255系特急が到着しました。

こちらは、折返しの急行1号に乗っていきます。こちらは、定刻に発車しました。
Isumi_kiha28_20161023_02
国吉駅での交換もいつも通りです。57Dが大多喜止まり入庫の運用なので、他への影響はほとんどなかったようです。

終点の上総中野に着きました。
Isumi_kiha28_20161023_03
折返しは大多喜行き普通102Dです。種別幕が急行から普通に変わりました。

午前中に、小湊鐵道と接続する唯一の便です。
Kominato20161023_04
やってきた小湊鐵道は3両編成です。最後部車両は何かバナーをつけていますね。

Kominato20161023_05
どうやら市原市関連の貸切車両だったようです。車内は空でしたから、高滝とか養老渓谷などの市原市内のどこかの駅で降りたのでしょう。ここで、SDカードがいっぱいになり、カードの交換をしました。

実は、この先のデータがすべて飛びました。ここ数ヶ月、カメラの調子がすこぶる悪かったのです。半押ししてピントを合わせるのは大丈夫。でも、シャッターを押しきると、撮った画像は露出が狂っていて、真っ黒か真っ白のどちらかに偏るのです。とくに絞りが開放に近いほどその傾向がでやすかったのです。

もう、どうしようもなくなり10月25日には修理に出したのです。FUJIのFinePix HS50EXR という、もう製造されていない高倍率のレンズ一体型カメラです。旅に持って行くには高倍率ズームがとても便利で愛用していたのです。まだ補修ができるのと、他社も含めて高倍率ズームの一体型カメラが少数派になってきたので、修理して仕様を続けようと考えたのです。

それで、修理に出すとき、ちょっとした間違いを起こして、この日交換したメモリーを消去してしまったのです。なんということを・・・。せっかく撮った、今年の火まつりもすべて消えてしまいました。まあ、自分のやってしまったことですから諦めるしかありませんけど。残念です。

ということで、10月24日(月)と25日(火)の日記は省略です。カメラの修理が終わるまでは、以前使っていたFinePix HS10というものを使います。連写が使い物にならないほど遅いのが難点ですけど、いざとなったら単3アルカリ乾電池4本で撮影できたので、これも旅先では重宝したカメラなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年に1日の臨港線へ(5) 

港湾地区の広い道路を踏みきりで横切ります。
Kashima20161022_21
やっぱり、この場所に旅客列車が現れるのは、ドライバーさんにとっては驚きでしょうね。

再び車窓に鹿島宇宙技術センターのパラボラアンテナを見ます。
Kashima20161022_22
この角度から眺められるのも、列車に乗れたからこそと思います。

ガタガタとポイントを渡って、鹿島サッカースタジアム駅に入ります。
Kashima20161022_23
出発は2番線からでしたが、到着は1番線になりました。

鹿島サッカースタジアム駅に到着しました。名残惜しいけれども降ります。
Kashima20161022_24
そうは言われても、この臨時列車はここ止まりで、大洗には行きませんので。

改札の外から、今回の列車を撮ります。
Kashima20161022_25
6005(一般色)+6011(ガルパン3号)が、今年の臨時列車の編成でした。

このあと、駐車場から車を出して、潮来の道の駅へ寄り道してから帰宅しました。夜は、鴨川市で開催される「棚田の火まつり」に家人と共に行く予定になっていますから。実際、帰宅してから鴨川へ向けて出発しました。ところが、鴨川市に入ると大雨が降ってきました。このまま行って、最後の花火が中止でもイヤだなと結局鴨川市内で夕食をとるだけにして、再び戻ってきたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年に1日の臨港線へ(4) 

神栖駅に到着したようです。
Kashima20161022_16
側線が広がりコンテナ車が停まっています。

だんだん速度が落ちていきます。
Kashima20161022_17
貨物列車が停まる隣の線路に停車します。もちろん、ホームはありません。

貨物駅ですしホームもないからドアは開かないまま、ここで折返しになります。
Kashima20161022_18
車外を歩いて、運転士さんと車掌さんがエンド交換をしていました。

車内は転換クロスシートですが、誰も方向転換する人がいないので、帰りは後ろ向きのまま乗っていきます。まあ、全席転換はできず車端部が固定式ですからしかたないですよね。
Kashima20161022_19
車庫の中にKDR5と書かれたディーゼル機関車の前部だけが見えます。国鉄カラーだし、どんな機関車なのか気になります。

貨物駅もここまでのようです。
Kashima20161022_20
なかなか毎年乗りに来ることはできません。次に来られるのは何年後になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年に1日の臨港線へ(3) 

定刻12:20に鹿島サッカースタジアム駅を発車しました。しばらくは住宅地の裏を走りますが、その後は住宅から離れたところを走ります。
Kashima20161022_11
普段は貨物列車しか走らない臨港線の踏切に、乗客満載の旅客列車が現れたのですから、踏切待ちのドライバーはびっくりしたのではないでしょうか。

左手に鹿島宇宙技術センターの大型パラボラアンテナが見えてきます。
Kashima20161022_12
この辺りは、回りは水田、畑にところどころ林です。

そこを過ぎると、平地に出ます。
Kashima20161022_13
港の陸揚げ用のガントリークレーンが見えてきました。あの辺りに神栖港の岸壁があるのでしょう。

神栖駅が近づいて来て、線路も分岐していきます。
Kashima20161022_14
タンク車のタンク再利用の設備ですけど、いったい何を保管しているのでしょうね。

ここが神栖の貨物駅のようです。
Kashima20161022_15
大型コンテナとそれを貨車に積み込むアッパーリフターが見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

年に1日の臨港線へ(2) 

時間になり、乗車券の販売が始まりました。
Kashima20161022_06
乗車券は3年前と同じです。大洗駅発行の硬券で、値段も500円のままでした。

ホームへの改札まで時間があるのですが、反対側の跨線橋が乗車待機列になっています。購入後はそのまま待機列に並ぶ人が多かったです。自分もそうしました。だって、せっかく乗るなら景気の見える窓側に乗りたいですものね。

時間になり、ホームへの改札が始まりました。
Kashima20161022_07
無事に窓側に座れました。進行方向左側にしました。車内には、この臨時列車の中吊りがありました。

それ以外にもこんなステッカーがありました。
Kashima20161022_08
これがあるということは、そうです。ガルパンラッピング車なのです。

神栖寄りが、ガルパン3号車でした。
Kashima20161022_09
6011号です。

そして、大洗寄りがこれです。
Kashima20161022_10
一般塗色の6005号です。1往復に減ったから、編成が長くなるのかなとも期待したのですが、これは以前と同じ2両編成でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

年に1日の臨港線へ(1) 

2016年10月22日(土)。今日は1年に1日だけ、「かしままつり」の一環として、鹿島臨海鉄道が普段は旅客列車の走らない臨港線に臨時旅客列車を走らせる日です。昨年までは2往復の運転があったのですが、今年から1往復になりました。こうなると、いつまでやってくれるのかなという不安を感じ、できれば行ってみたいなと思っていました。

いつものように鍵開けボランティアを終わったのが8時ちょっと前。これから行っても間に合うかなと、自家用車で一路鹿嶋を目指します。前回乗ったのは、2013年11月の鹿嶋まつりの時でした。その時の経験から、スタジアム側の駐車場より、線路を挟んだ反対側の駐車場の方が混んでいない印象がありました。そこで、そちらを目指しました。予想が当たって、それほど待ち時間も無く停めることができました。

Kashima20161022_01
今年の運転は、鹿島サッカースタジアム駅12:20発の1往復だけです。2011年10月15日に乗ったのが初めて。次に乗ったのが2013年11月9日です。今回は3年ぶり3回目の乗車です。過去2回はどちらも1日2往復の運転がありました。

Kashima20161022_02
発売は11:30からとあります。すでに、購入待ちの列が伸び始めているので、そこに並ぶことにしました。

並んでいる間は、フェンス越しに撮影を試みます。
Kashima20161022_03
鹿島神宮行き129Dです。新型のロングシート車とはいえ、イベント開催日に単行でやってきました。

貨物列車は、ここでかならず進行方向が変わるので、機関車の付け替えがあります。
Kashima20161022_04
鹿島臨海鉄道のディーゼル機関車が、ホームをゆっくり通過します。

Kashima20161022_05
鹿島臨海鉄道のディーゼル機関車をじっくり眺めるのは、今日が初めてなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場の旅行で東京へ(5) 

再び浅草に全員集合して、ここからは水上バスに乗ります。しかしながら、外国人の団体さんも含めて、数団体プラス個人客で超満員です。1階席の窓から離れた中央部分にようやく空席を見つけて座って行きます。こうなると、あまり景色も見えず、あまり楽しいのりものではないなという印象になります。

それでも浜離宮で降りる人が多く、浜離宮~日の出のわずかな区間ですが、窓際に座ることができました。
Asakusa20161021_21
こういう位置から東京タワーを眺めたのは、初めてかもしれません。

浜離宮から日の出への間に、竹芝桟橋の脇を通ります。
Asakusa20161021_22
東海汽船の橘丸です。竹芝桟橋と三宅島・八丈島方面を結ぶ航路に就いています。

さらに、こんな船も停まっていました。
Asakusa20161021_23
フレンチコース料理を食べながら東京湾を周遊するレストラン船、ヴァンテアンですね。もちろん、乗ったことはありません。

そんな船や景色を眺めていても、浜離宮から日の出まではわずか5分です。すぐに下船となってしまいました。
Asakusa20161021_24
日の出桟橋にもこんな船が停まっていました。御座船安宅丸というそうで、中で観劇しながら食事をしたりするクルーズ船だそうです。これは知りませんでした。

日の出桟橋から再びバスに乗って、大多喜へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

職場の旅行で東京へ(4) 

「ギャラリー猫町」を後にして、谷中銀座経由でJR日暮里駅まで散策をします。
Yanaka20161021_16
平日ということもあってか、招き屋が思ったより混んでいませんでした。

それほど待たずに買えるなら、買っていきましょう。
Yanaka20161021_17
いろいろな餡がありましたが、基本はやっぱり小豆ですよね。

ようやく1匹のネコさんにであいました。
Yanaka20161021_18
日中ということもあるのでしょう。人出が平日でもかなりあります。だから、ネコさんたちも隠れているのでしょう。

ネコさんにも、とりあえず会えて安心。日暮里駅まであとひと息のところで、昭和な喫茶店があり3人で入ります。
Yanaka20161021_19
昭和なお店なら、オーダーはナポリタンかあんみつでしょう。チキンライスのオムライスもありですけど。ということで、あんみつを注文しました。

とりあえず満足です。日暮里から山手線で上野へ。そこから地下鉄銀座線に乗って浅草へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場の旅行で東京へ(3) 

14時までに浅草駅前に戻ればよいということなので、ちょっと足を伸ばしてネコ探しです。押上から東武線に乗って北千住へ。そこから東京メトロ千代田線に乗り換えて根津へ行きます。そうです、目指すは谷中です。でも、人が多くて、ネコさんはいませんね。
Yanaka20161021_11
そんなわけで、猫作品を見に行きます。

住宅街の中にありました。
Yanaka20161021_12
ここを上がるのですね。

Yanaka20161021_13
あそこが入口のようです。

Yanaka20161021_14
作品を見るだけなら無料です。でも、見ると買いたくなるんだよな、きっと。

Yanaka20161021_15
さあ、入ってみましょうか。館内は原則撮影禁止です。作家さんから許可を得れば可とのことですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

職場の旅行で東京へ(2) 

まだ11時を過ぎたばかり、お客さんがすくないからか、すぐに運ばれてきました。
Asakusa20161021_06
やはり実物を見ると、高さがスゴイです。

実は、出てくるまでの間に読んでおいて下さいと、食べ方の紙が渡されているのです。
Asakusa20161021_10
お説に従い、食べられるように準備をします。

これがお盆の全景です。
Asakusa20161021_07
お説に従い、皿に取りわけたり、つゆをかけたりと、食べる準備をします。

完食して、店内で売っている「タワー丼ストラップ」も買ってしまいました。
Asakusa20161021_08
業平から押上に向かって歩いて行きます。まさに、スカイツリーの真下を通って行きます。

真新しいビルが見えてきました。
Asakusa20161021_09
これが新しい京成本社ビルですね。今度はホテルなどと一体化したビルだと聞いてはいましたが、どんな建物なのか見るのは初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場の旅行で東京へ(1) 

2016年10月21日(金)。今日は職場の旅行で、浅草方面へ行きます。大多喜に集合して貸切バスで浅草へ行きます。そこで解散。集合時間に戻ってくれば、原則どこへ行ってもよいという旅行です。同じチームのうちの3人で、食事とネコ探しに行きます。

Asakusa20161021_01
東武浅草駅側から見たスカイツリーと、東武特急スペーシアです。

そして、少し首を右に振れば、アサヒビールのビルが見えます。
Asakusa20161021_02
手前を流れる隅田川には、水上バスが走っていきます。

そのまま吾妻橋を渡って、台東区から墨田区へ入ります。
Asakusa20161021_03
吾妻橋から業平へと歩き続けます。スカイツリーが大分大きく見えるようになりました。

その先にある、おそば屋さんに入ります。
Asakusa20161021_04
混まないうちに、早めの昼食をとろうという算段です。

ここには、こんな名物がありますから。
Asakusa20161021_05
タワー丼、1800円也です。もちろん、3人してこれを頼みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月21日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月21日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

四季奏でるまち。山形県金山町
販売日 2016年10月28日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 寒河江市、東根市、村山市、尾花沢市、新庄市、金山町、朝日町、大江町、西川町、河北町、大石田町、最上町、舟形町、真室川町、戸沢村、大蔵村、鮭川村内の計70局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。11月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


10月21日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

世界遺産登録記念 国立西洋美術館
販売日 2016年10月29日(~未発表)
販売部数 700部

販売地域 (10/29・30)国立西洋美術館 世界遺産登録記念 フェスティバルin台東 会場内臨時出張所、
      (10/31~)台東区内の全34局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計37局

シートは額縁(52円)です。売価は1000円です。11月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月20日は4件5種件のリリースが出ていました。淡路、沖縄は郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月20日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

心つながる小さな旅 素敵沿線 会津線
販売日 2016年10月28日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 会津若松市、喜多方市、猪苗代町、磐梯町、会津美里町、会津坂下町、下郷町、南会津町、只見町、金山町、三島町、西会津町、柳津町、北塩原村、湯川村、檜枝岐村、昭和村内の計98局

シートは額縁(52円)です。売価は1000円です。


10月20日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

日本遺産認定記念 国生みの島・淡路
販売日 2016年10月24日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 洲本市、淡路市、南あわじ市内の計49局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。10月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


10月20日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

耶馬溪めぐり 2016
耶馬溪だより 2016

販売日 2016年10月26日(~未発表)
販売部数 各1,000部

販売地域 中津市、宇佐市内の計53局

シートはめぐりが額縁(52円)、だよりがアイボリー(82円)です。売価はめぐりが1000円、だよりが1350円です。


10月20日に日本郵便株式会社沖縄支社からリリース文が配信されました。

沖縄世界遺産物語~5人のジョー~
販売日 2016年10月25日(~未発表)
販売部数 1,070部

販売地域 沖縄県内の計174局

シートは額縁(52円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。台紙、ポストカード2枚とのセットで、売価は1950円です。10月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年10月19日は3件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月19日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

下北ジオパーク認定記念
販売日 2016年10月28日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 八戸市、三沢市、十和田市、むつ市、階上町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、おいらせ町、六戸町、七戸町、横浜町、東北町、大間町、新郷村、六ヶ所村、佐井村、東通村、風間浦村内の計113局

シートは大型です。売価は1300円です。10月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


10月19日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

京都三大祭 時代祭 2016
販売日 2016年10月21日(~未発表)
販売部数 1,150部

販売地域 京都市(旧京北町域を覗く)内の計218局

シートは大型です。売価は1300円です。10月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


10月19日に日本郵便株式会社沖縄支社からリリース文が配信されました。

先人の手業を未来へ紡ぐ 沖縄の伝統染織物
販売日 2016年10月21日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 沖縄県内の計174局

シートは大型です。売価は1300円です。10月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

速報:いちはらアート×ミックス2017(続) 

2017年5月7日(日)。千葉への行きがけに、旧白鳥小学校に寄ってみました。

前回訪問時は雨でよく見学できなかった屋外展示です。
Kominato20170507_01
こんな風に滑り台までたどり着けるんだと中を通ってみます。最後に滑って降りようとしたら、洋服の裾が鉄棒に引っかかって、吹くノボタンがちぎれ飛びました。これから千葉に行くのに、最悪の結果です。

校舎の受付で、スタンプラリーが完集できたのですがというと、ここで完集バッジと交換できますとのこと。
Kominato20170507_02
パスポートに「済」の印と日付の記入をうけて、完集缶バッジが渡されました。ピンバッジではなく缶バッジなので、裏側は安全ピン状の留め具になっていました。形は丸ではなく四角ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

い鉄で出勤('16-97) 

2016年10月20日(木)。今日は久しぶりにいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅下りホーム下に生えるネコジャラシです。
Isumi_kuniyosi20161020_01
逆光に輝いていました。

そこに、今朝の5Dがやってきます。
Isumi350_20161020_02
逆光にレールの踏面だけが白く輝いています。今朝は351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161020_03
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

帰宅は、ラス前の28Dになりました。
Isumi_otaki20161020_04
少し早く大多喜駅に着いたので、ズラリと並ぶ自動販売機をのぞいていたら、すでに1台「あたたかい」が入りました。しかも、10月だというのにおしるこまで揃っています。

28Dが国吉駅に到着しました。
Isumi_kiha20_20161020_05
今日は、キハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もい鉄を撮りながら出勤 

2016年10月19日(水)。今日も自家用車で出勤です。朝の行動が昨日と全く同じになってしまいました。

今朝も、大多喜~小谷松間の祠のところにきました。
Isumi_kiha20_20161019_01
昨日よりススキは少し多めですけど、場所もほぼ同じです。写っているのも5Dです。でも、車両は全く雰囲気が変わって、キハ201303になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤 

止まっている日記の続きに戻ります。2016年10月18日(火)。今日は13時から稲毛で会議です。そこで、自家用車で出勤します。

行きがけに、大多喜~小谷松間の祠のところに行きました。
Isumi350_20161018_01
ススキをちょこっと入れて、今朝の5Dを撮ります。352ムーミンでした。

10:45頃職場を出て、茂原駅へ向かいます。茂原からは電車で会議場所のある稲毛へ向かいました。
Sotobo20161018_02
茂原11:27の総武快速に乗車します。稲毛着は12:05です。どこかで昼食をと歩き回ります。駅前の1本裏側の道にあったラーメン屋さんに入り、つけ麺を食べてから会場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

速報:いちはらアート×ミックス2017(終) 

さて、パスポートのスタンプラリーは完集しました。
Kominato20170415_66

Kominato20170415_67
公式サイトには、始まったときは書いていなかった、完集の特典が載っていました。コンプリート缶バッジをもらえるそうです。ただ、どうやってもらうのか、引き換え場所はどこなのかが、公式サイトには載っていません。どうやってもらえばいいのかな。会期は5月14日までと、あと1週間で終わり。それまでに入手できるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-12) 

ここまで来ると、再び小湊鐵道沿いに出るよりも、国道297号線経由の方が牛久には早く行けます。そこで「やもかのなかま」からは、市原鶴舞バスターミナル方面を経由して国道297号線を行きます。

上総鶴舞駅付近から、国道と小湊鐵道が併走します。ちょうどその時、前方から「里山トロッコ3号」がやってきました。時間を調べておけば、どこかでカメラを構えたのですけど、もう仕方ありません。車窓からそれ違うトロッコを眺めます。

「いちはらアート×ミックス2017」、最後の観賞地点は内田未来学校です。
Kominato20170415_61
ここも、元は小学校の建物でした。

右端にある内田未来カフェの中に歴史が書いてありました。
Kominato20170415_62
木造の小学校としての役目が終わったのち、とある工場として使われていたそうです。その工場としての役目も終わって取り壊すことになったときに、地元の人々が貴重な木造建築を残すべく、この内田未来学校を始めたのだそうです。

ここの有料エリアの展示は「蝶々と内田のものがたり」1つだけです。
Kominato20170415_63
元の教室内に、刺繍でできた蝶々がたくさん飛び交っているのです。

Kominato20170415_64
床だけではありません。壁にもたくさんの蝶々がいました。

Kominato20170415_65
これで、パスポートのスタンプラリー、すべてにスタンプを集めて、とりあえず全会場訪問となったのでした。

いちはらアート×ミックス2017 スタンプラリー 本日のゲットスタンプ
<月崎駅>月崎-1、<クオードの森>月崎-2、月崎-3、<市原湖畔美術館>高滝-1、高滝-2、高滝-3,4、高滝-5、高滝-6、高滝-7、<やもかのなかま>高滝-8、<内田未来学校>内田-1、内田未来カフェの合計13ヶ所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-11) 

市原湖畔美術館から、前の道を真っ直ぐ進んで上総久保駅へ寄ってみました。
Kominato20170415_56
ここにも中学生の作品がありました。ここは菊間中学校でした。

この駅の周りの道路が、最近変わりました。駅北側の踏切が廃止になり、南側に新しい踏切ができました。
Kominato20170415_57
上総久保駅のモニュメントのように立つイチョウの木。この木の後ろに新しい広い道が通っています。駅近くまで車で入れるようになりました。これでは、今間のようにすっきりしたイチョウの写真が撮れるのか。秋になってみないとわかりません。

その後、今回の会場の1つになっている「やもかのなかま」という施設を目指します。どこにあるのかと思ったら、ぞうの国入口のところに建っていました。
Kominato20170415_58
ここの展示は1つだけ。「出会い」という名の作品です。

Kominato20170415_59
ベンチがあり、そこに座ってゆっくり眺めてきました。ここは雨だったら近づけない場所でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-10) 

市原湖畔美術館に入館します。パスポートで観賞できるのは、連動企画展以外の展示です。
Kominato20170415_51
いちばん見たかったのはこの展示です。ただし、会場内は撮影禁止ですから、看板を撮るくらいしかできませんでした。中は、以前千葉銀ギャラリーで見たものとあまり違いはないように思えました。

地下にあった「Lost Windows」という作品が気に入りました。曲面にもかかわらず、光源から光の影で直行した線で窓が並んでいるのです。光源の前に置かれている、微妙な曲線を描いた鉄板が、こんな直線の窓を描いているのかと、その緻密な計算に感心してしまいました。

ただ、あと1つスタンプが見つかりません。全部展示会場は回ったはずなのですが。入っていないのはここだけだなと、情報ラウンジという場所にそれは展示されているのを発見しました。

せっかくここまで来たので、揚水機の展望台に上ってみます。
Kominato20170415_52
高滝湖の中に建つ、トンボのモニュメントです。

ここから見えるかな。探していると、ようやく見つかりました。
Kominato20170415_53
里山トロッコ2号です。

高滝駅を過ぎて、上総久保駅へ向かう途中も狙えるかなと望遠レンズをのぞきます。
Kominato20170415_54
すっきり編成を撮ることはできませんでしたが、高滝湖から列車を見ることができるのを確認できました。

駐車場へと戻ります。
Kominato20170415_55
スワンボートがあるのは見えたのですが、まさか本物のコブハクチョウがいるとは思いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-9) 

IAAES[旧里見小学校]から、循環バスの通る道をたどって自家用車を走らせて、市原湖畔美術館に着きました。
Kominato20170415_48
まずは、屋外にある「イチマル」というマルシェに行きました。ここにも中学生の作品がありました。ここは、千種中学校ですね。五井と姉ヶ崎の中間にある学校です。この、小屋でパスポートにチェックを受けて中に入ります。

とにかくカラフルです。
Kominato20170415_46
マルシェですから、それぞれの小屋がお店です。

もちろん、多少の展示はありますが。
Kominato20170415_47

そんな1件で売っていた、ガチャガチャの猫みくじにはまってしまいました。1回500円で、もれなくオリジナル缶バッジがついてきます。
Kominato20170415_49
3回もやってしまいました。○番の猫がよかったなというと「その作家さんの絵本なら、あちらのお店で売っていますよ」と教えてくれました。かとうゆきおさんという方の「イチマル物語」という絵本でした。もちろん、買ってしまいました。

後ほど、脇にある揚水機の展望台からイチマルを見てみました。
Kominato20170415_50
屋根もこんなにカラフルだったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-8) 

今日は里山食堂内で、前田麻里さんのトークショーがあるとのことです。食堂内に、その作品が展示されています。大きなお家がありその中にも展示されているそうです。
Kominato20170415_41
中の作品も、どうぞ見て下さいとすすめてくれます。

順番待ちして入ってみます。スマホでもデジカメでも、持っていたら撮ってみて下さいね。肉眼とはまた違った雰囲気になりますからとのこと。
Kominato20170415_42
肉眼で見たときは全体的に暗い絵だったのですが、画像にすると明暗の差というか明るいところがより明るくなって写りました。

Kominato20170415_43
肉眼で見たときよりも数倍、魚の目がいきいきして写りました。いったいどんな描き方をするのでしょうね。

さて、注文したものの番号が呼ばれて、カウンターに取りに行きます。
Kominato20170415_44
自分が頼んだのは、リクエストオムカレーです。

家人が頼んだのが、1日20食限定だったかのスペシャルランチ。
Kominato20170415_45
このランチ、見本がなかったので何が出てくるのか興味津々だったのです。でも、これって香りニンニク
里山チャーハンにスープがついただけなのでは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-8) 

次の会場へ移動する前に、先週も寄ったIAAES[旧里見小学校]へ寄ります。
Kominato20170415_36
今日は先週とは違い晴れていて、校庭も乾いています。モグラハウスまで近づくことができました。

そして、内部の見学もできました。
Kominato20170415_37
柱ではなく壁状のもので造られてお家なのですね。たしかに、一人でなら住めそうです。水回りはありませんけど。

Kominato20170415_38
そして、今日はモグラさんも近くに座って、見学者にいろいろと説明をしてくれていました。

さて、お昼です。モグラハウスや里山食堂は、観賞料を払わなくても見ることができます。
Kominato20170415_39

ここはメニューが多いので、もう1回きてみたかったのです。
Kominato20170415_40
前回はポークカレーでした。今日は何にしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-7) 

先ほどのバスが、養老渓谷駅から折り返してやってきました。
Kominato20170415_31
クオードの森11:14のバスで月崎駅へ戻ります。

ちょうど11:23に養老渓谷行きの列車があります。それを撮影してから次の会場へ行こうと、近くのふみきりへ異動します。ここは撮影者多数です。
Kominato20170415_32
風が吹くと、サクラの花びらが一斉に散ります。列車到着時にそんな風景になるといいのですけど。

列車がやってきました。
Kominato20170415_33
2両とも、アートミックス2017の宣伝があるようです。

Kominato20170415_34
ホームに停車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-6) 

クオードの森に到着しました。
Kominato20170415_26
幟の立つスロープを上がると、有料エリアがありました。

パスポートにチェックを受けて、中に入ります。
Kominato20170415_27
これが「地熱の扉」という作品です。

広場の中央にあるので、360度どの角度からでも眺められます。
Kominato20170415_28
これが裏側から見たところです。個人的に、あの穴がどうしても気になってしまいます。ノウサギとかキツネとかが現れて、あそこをジャンプして通ってくれないかななどと考えてしまいました。

もう1つ、駐車場の奥に無料エリアに展示があります。
Kominato20170415_29
チェーンソーアートで「田舎暮らし」という作品です。

Kominato20170415_30
チェーンソーだけで、よくこんなに細かい表現ができるものだなと、これまた魅入ってしまう作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-5) 

ちょうど小湊鐵道がやってくる時間です。森ラジオの有料観賞区域はそれほど人がいないので、そこから撮ることにしましょう。
Kominato20170415_21
月崎10:22の上総中野行きです。あまりよいアングルではないですけど、サクラの時期の月崎駅で撮ったという証拠にはなるでしょうか。

小湊鐵道の撮影を機に、有料区域を出ます。
Kominato20170415_22
あのテントが、有料区域と無料区域の境界です。地面には一面にサクラの花びらが落ちています。今年のソメイヨシノも、いよいよ終わりです。

Kominato20170415_23
こうやって見てみると、本当に苔玉がそのまま家になったような感じの「森ラジオ」です。

次に目指す会場はクオードの森です。
Kominato20170415_24
ちょうどバスがあるので、車はここに置いて、バスで往復してきましょう。

次のバスは10:35です。
Kominato20170415_25
ほぼ定刻にやってきました。これに乗ってクオードの森まで、約3分です。向こうでは、折返しのバスまで30分強の鑑賞時間がとれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-4) 

この「森ラジオ」の建物、映画「夏美のホタル」のロケで使われていたときは、もっとガランとした工房の雰囲気だったのです。今回初めて中を見学したのですが、実際はまったく違ったのですね。外観を再び見学します。
Kominato20170415_16
外壁に金網を張り、そこにコケをはわせているのですね。

Kominato20170415_17
建物全体がコケや草に覆われた、自然と一体化したような建物になっています。

Kominato20170415_18
屋根上の風見鶏と室内の飾りが連動して動いていました。

そして、建物の前は花盛りです。
Kominato20170415_19
でも、サクラは終わりに近づいているようです。風が吹く度に、花びらがはらはらと飛んでいました。

Kominato20170415_20
サクラに蝶が寄っているのはあまり見かけないのですけど。タテハチョウがきていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-3) 

有料エリアの中には、勾配標もどきの標識が立っています。
Kominato20170415_11
88.5というのは、FM放送の周波数なんですね。森ラジオの名の通り、電波が受信できるのです。

建物の中に入ってみます。ここは元の保線小屋です。
Kominato20170415_12
なんと、線路が敷かれて軌道自転車が置いてありました。この線路、外部とはつながっていませんから、完全に芸術作品の一部なんですね。スモークがたかれて、光を感じられる室内になっていました。

トロッコ側から反対側の壁を見ます。
Kominato20170415_13
左側の壁にあるのがラジオです。3ヶ所からの電波を受信して、森の音を聞かせてくれるというのですが、ダイヤルで周波数を合わせるのは難しく、1ヶ所しか聴けませんでした。

Kominato20170415_14
窓の外には、菜の花畑が広がっていました。

Kominato20170415_15
天井に空いた穴の1ヶ所だけ、プリズムが仕込まれていて、太陽が差し込むと七色に室内が光るところがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-2) 

石神の菜の花畑から月崎駅へやってきました。
Kominato20170415_06
ここにある「森ラジオステーション×森遊会」がアートミックス2017の会場になっています。その関係で、駅前に無料駐車場が開設されています。そこに車を停めて、駅と森ラジオを観賞します。

まずは駅舎へ入ってみます。
Kominato20170415_07
ツバメが飛び交っていました。

この時間、列車はきませんが線路の周りは花盛り。カメラを持った人がたくさんいました。
Kominato20170415_08
ホームから上総中野方面を見たところです。菜の花にサクラ。遠くには何だろう、濃いピンクの花が見えます。

月崎駅ホームの駅名標です。
Kominato20170415_09
ここにも中学生の作品がありました。有秋中学校ですね。それにしても、駅名標の後ろにはサクラと菜の花、絶好のロケーションです。

駅舎を出て、そろそろ「森ラジオ」の見学をしましょう。
Kominato20170415_10
入口のテントでパスポートを示すと、改札鋏を入れてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(3-1) 

2016年4月15日(土)。先週に引き続き、今週も「いちはらアート×ミックス2017」の会場を巡ります。今日は、朝の鍵開けボランティアの後、自宅に戻って家人と一緒に自家用車で回ります。

まずは月崎駅の森ラジオを目指します。時計を見ながら走っていると、ちょうど養老渓谷駅を9:41に出る「里山トロッコ92号」を撮影できそうです。石神の菜の花畑として有名な、養老渓谷~上総大久保間のポイントに行きます。地元の方が空き地を駐車場として開放して下さっているので、停める場所には困りません。
Kominato20170415_01
一面の菜の花です。この画面から外れている場所には、カメラを構えた人が数十人いるのです。

Kominato20170415_02
そこに「里山トロッコ92号」がやってきました。

Kominato20170415_03
乗客に菜の花を楽しんでもらうためでしょう。これ以上遅く走れないというような低速で、ゆっくりと走って行きます。何カットも撮影できます。

Kominato20170415_04
小さな第4種ふみきりを過ぎて、ようやく視界から消えていきました。

駐車場に戻ると、売店が店開きしていました。近くの養豚団地で造られているソーセージの直売でした。プレーンとあらびきがあり、試食してみるとプレーンの味の方が好みに合いました。保冷バッグも車に積んであったんで、1つ買っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-16) 

里見駅にも、アートミックス2017のスタンプポイントがあります。「ハイボール・ガーデン」という土日のみ営業の駅喫茶です。今日はもう営業していませんでしたが、スタンプだけは押せるようになっていたので、しっかり押してきました。

ホームに入ります。先ほどとは別の駅名標には、別の学校の看板が掛かっていました。
Kominato20170409_76
これは、地元の加茂小学校のものです。他はすべて中学校だったのですが、これは小学校です。加茂小学校は、加茂中学校とともに、中高一貫の市立加茂学園の学校ですから、中学生と競作ということなのでしょうね。

17:44の下り上総中野行きが先に到着しました。
Kominato20170409_77
これに乗車するのですが、このあとやってくる上り列車からタブレットを受け取らなければ発車はしません。

そこで、17:42の上り五井行きの到着を撮ってから乗り込みました。
Kominato20170409_78
この時間は、どちらも2両編成でした。乗客もだいぶ減ってきたようです。

終点の上総中野に到着しました。
Kominato20170409_79
今日は自家用車を大多喜に置いてあります。上総中野18:24のいすみ鉄道に乗り換えて大多喜を目指しました。

いちはらアート×ミックス2017 スタンプラリー 本日のゲットスタンプ
<IAAES[旧里見小学校]>里見-3E、里見-4、里見-5、里見-6、里見-7、里見-8、里見-9、里見-10、里見-11、里見-12、里見-13、里見-14、里見-15E、里見-16、<月出工舎>月出-1、月出-2、月出-3、月出-4、月出-5、月出-6、<里見駅>里見-1Eの合計23ヶ所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-15) 

月出工舎から湖畔美術館までは、普段は路線バスが通らない道を走る区間がほとんどです。一番前が空いていたので、そこから普段バスからは見られない風景を楽しんでいきます。
Kominato20170409_71
月出工舎から県道への区間です。ここは普段は路線バスは走りません。その後、少しの区間だけ、湯原経由の鶴舞バスターミナル~里見駅間のバスが走る道路を走ります。

そこから再び左側の細道に入って、湖畔美術館を目指します。
Kominato20170409_72
千葉県射撃場の近くを走る道なのですが、自家用車でも走ったことはなかったです。

Kominato20170409_73
道は広くはありませんが、意外と人家のある道なのだなと思いました。

湖畔美術館では大勢のお客さんが待っていました。ついに座席が埋まり立つ人もでました。
Kominato20170409_74
高滝湖のモニュメントを見ながら、ダム湖にかかる橋を渡り高滝駅近くから線路沿いを行く国道を走ります。ほぼ定刻に里見駅に到着しました。ここで、上り下り両方の列車に接続します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-14) 

校庭に入ってすぐのテントが月出工舎の受付でした。展示の位置を確認すると、屋外展示が2つあるというので、そちらを先に観賞します。まずは右手の階段を登っていきます。
Kominato20170409_66
元プールだったところに造られた砂像です。

奧のウサギの耳のような、バルタン星人のような砂像側へ行ってみます。
Kominato20170409_67
微妙なカーブを描いた作品。砂でできたなめらかな曲線が複雑な形の風景と対照的で、こんな風景の中で見るのも不思議な気持ちだなと思いました。

もう1つ校庭の隅に、かまどが芸術作品として設置されいました。その後、室内に入ります。
Kominato20170409_68
作品の置かれている環境に不思議さを感じます。ここは学校の雰囲気を残しつつも、壁の色や天井の除去などあたらしい施設へと変わっています。でも、黒板が残っていたり、床材は元のままだったりと、学校の雰囲気も残してあります。そんな空間にある作品を見ていると、やっぱりなつかしいような新しいような、不思議な気分になってきたのです。

ここは雨だったからか、パスポートのスタンプはすべて入口1ヶ所にまとめて置いてありました。今日はやっていない演劇も含めてすべて押すことができました。

バスは次が最終です。乗り遅れないように、少し早めにバス停に行きました。
Kominato20170409_69
雨も少し落ちてきたりして、寒さを感じるくらいでした。

Kominato20170409_70
最終バスがやってきました。先ほどからやってくる車両は同じです。1台のバスが、ひたすら循環しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ