« 年に1日の臨港線へ(2)  | トップページ | 年に1日の臨港線へ(4)  »

2017年5月12日 (金)

年に1日の臨港線へ(3) 

定刻12:20に鹿島サッカースタジアム駅を発車しました。しばらくは住宅地の裏を走りますが、その後は住宅から離れたところを走ります。
Kashima20161022_11
普段は貨物列車しか走らない臨港線の踏切に、乗客満載の旅客列車が現れたのですから、踏切待ちのドライバーはびっくりしたのではないでしょうか。

左手に鹿島宇宙技術センターの大型パラボラアンテナが見えてきます。
Kashima20161022_12
この辺りは、回りは水田、畑にところどころ林です。

そこを過ぎると、平地に出ます。
Kashima20161022_13
港の陸揚げ用のガントリークレーンが見えてきました。あの辺りに神栖港の岸壁があるのでしょう。

神栖駅が近づいて来て、線路も分岐していきます。
Kashima20161022_14
タンク車のタンク再利用の設備ですけど、いったい何を保管しているのでしょうね。

ここが神栖の貨物駅のようです。
Kashima20161022_15
大型コンテナとそれを貨車に積み込むアッパーリフターが見えます。

|

« 年に1日の臨港線へ(2)  | トップページ | 年に1日の臨港線へ(4)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年に1日の臨港線へ(3) :

« 年に1日の臨港線へ(2)  | トップページ | 年に1日の臨港線へ(4)  »