« 三連休パスで三陸へ(1-6)  | トップページ | 三連休パスで三陸へ(1-8)  »

2017年3月13日 (月)

三連休パスで三陸へ(1-7) 

釜石線は銀河ドリームライン釜石線という愛称が付けられています。
Sanrenkyu20161008_31
そして、エスペラント語の副題が付いています。花巻駅はチエールアルコ、虹という意味だそうです。

最後部の1号車を撮ります。
Sanrenkyu20161008_32
キハ142時台と塗色以外はほとんど違わないように見えます。運転台やヘッドライトがありますから、こちら側だけ見るとSL列車だとは思えないです。

車内に入ります。天井の冷房ダクトなど、キサハ142時代と変わらない部分も多いです。
Sanrenkyu20161008_33
それでも、窓にはカーテンが付けられたり窓間に照明が設置されたりしています。何より金属製の飾りがあちこちにつけれらて、目の高さから下はまったく別の車両になった感じがします。

指定されたのはエンジンのない3号車です。少しは客車の雰囲気が味わえるでしょう。
Sanrenkyu20161008_34
これは、車内改札後の画像ですけど、他のSL列車同様、オリジナル絵入りの車内改札印でした。

発車時刻となり、花巻を発車します。この時点では、ボックスに自分だけでした。
Sanrenkyu20161008_35
花巻駅出発直後の風景です。ディーゼルカーのエンジンを使うのは、急勾配を上るときだけなのかもしれません。C58にひかれる感じがしての発車でした。

|

« 三連休パスで三陸へ(1-6)  | トップページ | 三連休パスで三陸へ(1-8)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/65011667

この記事へのトラックバック一覧です: 三連休パスで三陸へ(1-7)  :

« 三連休パスで三陸へ(1-6)  | トップページ | 三連休パスで三陸へ(1-8)  »