« 速報:北海道東北紀行(4-3)  | トップページ | 速報:北海道東北紀行(4-5)  »

2016年9月 6日 (火)

速報:北海道東北紀行(4-4) 

改札を抜けると、まずは出札内の指定席券売機に向かいます。あと1回残っている指定席利用の権利を、ここから乗る「はやて」に使うのです。調べてみると、JR北海道の新幹線停車駅でも、JR東日本のえきねっと予約が受け取れるとのこと。それなら、乗車駅で発券してみようと考えたからです。
Jr_pass_20160829_16
「えきねっと予約」を指定して、乗車券は「回数券類を使用」を選んで、大人の休日倶楽部パスを入れたら、予約してあった席が無事に無料で発券されました。乗車駅は「奥津軽いまべつ」と正式名称ですが、券面下部の発行箇所は「奥津軽今別」と漢字表記になっているのですね。文字数の関係なのでしょう。

続いて、指定席券売機で入場券を買います。
Jr_pass_20160829_17
そのまま窓口に行って、記念にする旨を告げて改札印を入れてもらいます。

さあ、駅舎を眺めに行きましょう。高いところにある跨線橋を歩きます。そこには、いろいろな解説が貼ってありました。
Jr_pass_20160829_18
左側は、津軽海峡線を走る貨物列車の通過線です。貨物列車は新幹線のホームを通過しないようになっているのです。その下の一段低いところは、青函トンネル内の災害に備えた基地といったところでしょうか。新幹線用、在来線用の線路が敷かれています。そして、右側のいちばん低いところにある単線が、JR東日本の津軽線です。

反対側はこうなっています。
Jr_pass_20160829_19
基地から続く3線軌条が貨物線の下をくぐって本線へとつながっています。津軽線には津軽二股駅のホームがあります。

階段もありますが、恐ろしく高い位置にある跨線橋なので、エレベータで降ります。
Jr_pass_20160829_20
この一番上の階が新幹線改札へと続く跨線橋になっています。ちなみに、この駅舎の前でコロプラの駅奪取をやったら津軽二股駅になってしまいました。どうやら津軽線の線路より西側でやってもダメみたいです。その後、新幹線の改札内でやったら、奥津軽いまべつ駅が奪取できましたから。

|

« 速報:北海道東北紀行(4-3)  | トップページ | 速報:北海道東北紀行(4-5)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/64164958

この記事へのトラックバック一覧です: 速報:北海道東北紀行(4-4) :

« 速報:北海道東北紀行(4-3)  | トップページ | 速報:北海道東北紀行(4-5)  »