« 速報:北海道東北紀行(3-2)  | トップページ | 速報:北海道東北紀行(3-4)  »

2016年8月31日 (水)

速報:北海道東北紀行(3-3) 

まだ9時まで時間があるので、歩いて昨日も行ったみそぎ浜へ行ってみます。
Kikonai20160828_11
昨日とは違い、下北半島と津軽半島はほとんど見えませんでした。やっぱり昨日はかなり条件がよかったようです。

9時になり、道の駅が営業開始しました。昨日は見逃していた、道南いさりび鉄道グッズを買いがてら、レンタサイクルの申し込みをします。支払いのレシートを持って、レンタサイクルのカウンターへ行くシステムです。すると「すみません、今日はこのあとレンタサイクルの予約が入っていました。お支払いいただいているので、そのままでいいですから、電動アシストでもいいですか」とのこと。こちらが申し訳ないです。お言葉に甘えてそうさせていただきます。

昨日の乗車で、道南トロッコ鉄道のだいたいの様子がわかりましたし、まだ集合の10:15には時間があるので、ちょっと沿線を自転車で走って撮影していました。10時前に鶴岡公園に行くと、「なんであそこで写真を撮っていたんだ。あそこは私道で私道も私有地だから勝手に入ってはいけないんだ。断りもなくやるな」と怒られました。「最近、撮り逃げするテツが多くて困っているからこんなものを造ったんだ」といいます。
Kikonai20160828_12
(※発言が当方のねつ造、事実誤認ではないことの論拠として、現地写真を引用。写真の著作権は当方が所持。2016年9月15日追記)
そうです。鶴岡公園駅周辺には、こんな禁止表示がけっこう立っているのです。そういうことをする人が増えると、この駅以外にも立てなくちゃならなくて困るんだ。とのこです。

この方のやろうとしていることは、きっぷにしても駅名標にしても本物志向なのは、昨日の様子でよくわかります。ただ、たくさんの人に来てもらいたくてやっているのか、自己満足としてキャパシティオーバーにならない程度に来てくれればいいから、宣伝して欲しくないと考えているのかがわかりませんでした。

実は、今日のスタンプラリーもネットから予約できるようになっています。1便3名という少数限定なので、申し込んでおいたのです。送信ボタンを押すと「後日振込用紙をお送りします」というメッセージがでましたが、いっこうに用紙は送られてきませんでした。出発前に問い合わせをしようとウエブサイトを確認したのですが、連絡先(メールアドレス、住所、電話番号等)がいっさい記載されていないサイトだったのです。それで、申し込みができているのかどうかと、トロッコですから足こぎ体験(スタンプラリーは時間の関係で往復とも動力)をしたくて、昨日も来たのです。

道の駅にも「本日トロッコ運行中」という表示がありましたし、地域としては1つのアクティビティとして宣伝しているようなのですが、実態は個人経営的な感じです。「農家と交渉して踏切を復活させるのに何ヶ月もかかるんだ」と言っていましたが、町ではなく個人の努力でやっている施設と受け取りました。何から何まで自分一人でやっているので、対応できないネットの問い合わせはやらないし、トラブルの解決に時間をとられるのは困るから、撮影も立ち入りも禁止と防衛をはかっているのだと受け取りました。

さて、気持ちを切り替えてスタンプラリーに参加しましょう。10:15に受付をします。
Kikonai20160828_13
ここから始まります。1便の参加者は1人だけ。

Kikonai20160828_14
結局振込用紙は届かなかったので、この中で参加費2500円を払い、スタンプラリーキットを受け取ります。さっそく、この駅舎内で最初のスタンプ「鶴岡公園駅」を押します。

|

« 速報:北海道東北紀行(3-2)  | トップページ | 速報:北海道東北紀行(3-4)  »

コメント

掲載の画像の中に、当方に無断で掲載している画像が見受けられます。当方に版権が帰属する画像は、当方の許可が必要です。至急、削除をお願い致します。

投稿: 北海道夢れいる倶楽部 | 2016年9月14日 (水) 19時42分

北海道夢れいる倶楽部さま
「掲載の画像の中に、当方に無断で掲載している画像が見受けられます。当方に版権が帰属する画像は、当方の許可が必要です。」につきまして、どれが該当するのかお知らせ下さい。少なくとも写真はすべて当方が撮影したものであり、写真の著作権は当方にありますので、「版権」が何のどれを示すのかも明記をお願いいたします。

投稿: わらしべ長者町 | 2016年9月14日 (水) 23時54分

北海道夢れいる倶楽部さま
このエントリーに関しては、著作権法違反および商標権の侵害はないものと考えます。なお、表記に関しては誤解を受けないように、青色にて本文に追記しました。

上杉聰氏と小林よしのり氏の『脱ゴーマニズム宣言』における著作権裁判において、文章以外のものも引用の対象になると判例が出ています。今回は、自分の意見・見解が誤認や勘違い、ねつ造でないことを、他者に間違いなく伝えるために、現物の引用として加工のない写真を引用したものです。引用条件を満たせば、著作権者の許可は必要ないことは既知の通りです。

なお、駅名看板については、内容が著作権のおよぶ文章ではないこと。「鶴岡公園」「鶴岡公園駅」とも特許庁の「特許情報プラットフォーム」で検索しても商標登録されていないことから問題ないと考えます。建物についても、意匠が伴うデザイナーズハウス等ではなく、一般的な市販プレハブハウスであることから問題ないと考えます。

北海道夢れいる倶楽部さまの言うところの「版権」が、どのような権利をさすのか不明なため、返答を待たずに先にこのような論拠を示させていただきます。

投稿: わらしべ長者町 | 2016年9月15日 (木) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/64135004

この記事へのトラックバック一覧です: 速報:北海道東北紀行(3-3) :

« 速報:北海道東北紀行(3-2)  | トップページ | 速報:北海道東北紀行(3-4)  »