« 支社版フレーム切手  | トップページ | いすみ鉄道撮ったり乗ったり(1)  »

2016年6月25日 (土)

千葉のフレーム切手購入紀行 

2016年4月22日(金)。今日は午後から半休を取って、千葉のフレーム切手を買いに行きました。今日が香取市(発売700部)、月曜日には成田祇園祭(発売1000部)が発売開始になっています。どちらも、友人に頼まれた分があるので、入手目標は6シートです。

まずは、今日発売の「香取市合併10周年記念」を買いに行きます。700部ということは、300部は事前に市が買い入れたのでしょう。まずは、多古町の多古南局へ行きます。香取市じゃないから厳しいかなと思ったら、その通りでした。売り切れです。
Yubin20160422_11
郵便局の近くに、こんな紋章がついた建物がありました。もしかしたら、旧郵便局舎でしょうか。

続いて多古局へ行きますが、ここも売り切れです。県道を佐原方面へ向かい、次に寄ったのは十余三局です。ここも売り切れでした。「栗源局で3シートほど残っているという情報が先ほどありましたけど」と教えていただきましたが、それでは足りないので、佐原局を目指すことにしました。

ここならあるだろうと思った佐原局も売り切れでした。いったい、何という売れ方なのでしょう。どこが残っているかわからないかとたずねましたが、それはわからないとのことでした。お願いして、香取局と栗源局の電場番号を教えてもらいました。すぐに香取局に電話すると、「今、3シート残ってます」とのこと。こうなったら、いっぺんに6シート入手できなくてもかまいません。香取局へ向かいます。
Frame_stamp20160422_12
見本もどうぞとのことで、4シート売ってもらうことができました。なんでも、日曜日の祭で売るために、佐原上仲町局で押さえている分があって、今日の発売数が少ないのだとか。

栗源局に電話をするものの、すでに売り切れとのことでした。とりあえず4シート入手できただけでもいいか。こうなると、月曜日に発売開始されている「成田祇園祭」が心配になってきて、国道51号線を成田に向かって車を走らせることにしました。

旧佐原市域を抜けると、今は成田市になった旧大栄町域に入ります。国道51号線沿いにある、旧大栄町域の大栄局、昭栄局も香取市の発売局になっています。通り道なので、期待せずに大栄局に入ります。聞いてみると「あと3シートあります」とのこと。すかさず「2シートお願いします」と言って、なんとか必要数を確保できました。

昭栄局を過ぎて、しばらく行くと成田遠山局があります。ここからが「成田祇園祭」の発売局です。中に入ると「成田祇園祭」発売中の文字があります。窓口できいてみると、ここは2シート確保です。
Frame_stamp20160422_13
残っていそうな局をたずねると「成田駅前局が管理局なので、そこへ行ってもらえば、まだ買えます」とのこと。でも、駅前局だと車を停めにくそう。「すみません、三里塚局の電話番号を教えていただけますか」とたずねると、そうか、三里塚なら近いし残っているかも。こちらで聞いてみましょうと電話をかけてくれました。まだ10シートほど在庫があるとのこと。それなら大丈夫だろうと、三里塚局を目指します。

三里塚局で、残り4シートゲットできました。これで、ようやく両方とも必要数を確保できました。大変でした。香取市は発売初日だし、もっと楽に買えると思っていたのですけどね。

東金でゆっくり夕飯をとって(祝杯を兼ねて、といっても飲みませんけど)、帰宅したのでした。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | いすみ鉄道撮ったり乗ったり(1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/63829799

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉のフレーム切手購入紀行 :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | いすみ鉄道撮ったり乗ったり(1)  »