« 鍵開け任務終えてい鉄を撮影  | トップページ | い鉄を撮りながら出勤  »

2016年4月 9日 (土)

大荒れバレンタインは卒検

2016年2月14日(日)。今日は2年に1回の地区の親睦会があります。そこで、地区役員の改選などを話し合うのです。各世帯かならず誰かが出席しなければなりません。もちろん、自分が行くつもりだったのですが、今日は教習所の卒業検定を入れてしまいました。

幹事に、千葉で用事ができて、直接会場へ遅れていく旨を連絡しておきました。まあ、閉会までには駆け込めるでしょう。

それにしても、強い雨です。すごい天気です。千葉へ向かうと回復してくれるのでしょうか。8時までに教習所に入らなければなりません。自宅を6時過ぎに、自家用車で出ました。

大型二種の受検者は、修了検定同様、自分一人でした。よって受験番号1番確定です。試験前にコースの説明などがあります。そして「大型二種の卒業検定は、単に大型車を運転できるというレベルでは合格になりません。安全な旅客輸送ができるという観点で採点されます。合格点は80点以上です。79点以下ですと不合格ですが、検定は続行します。50点になると、その時点で検定中止になります」という説明がありました。

検定開始時、朝の大雨から小雨程度までに天気は回復しました。
Sotugyo20160214_01
試験官は1月の教習を担当してくれたO教官でした。まずは場内の課題です。鋭角脱出は左から進入して右への脱出でした。これはいつも通り、難なくできました。もう1つの課題は、方向転換でした。どちらかというと、車庫入れの方が好きだったのですが、こればかりは選り好みできません。1回切り返しましたが、なんとか入りました。

そして、問題の後方感覚です。いったん前に出して、そこからバック開始です。じっと、リアウインドウの1点を注視して感覚をつかみます。ここだと思ったところで、パーキングブレーキを入れ「入りました」と伝えます。どうだろう・・。「はい、次路上へ出ます」というO教官の言葉。どうやら、一発で50cm以下になっていたようです。

路上検定は、途中、路上での目標物停車が3回あります。1回目と2回目は、O教官きちんと中ドアまで行って確認してくれたのですが、3回目は確認に行くことさえしてくれませんでした。右折で、少々もたついたところがあったし、さては79点以下になってしまったかな。しかも、最後に停めた際、運転席を離れたところで「鈴木さん。ギアがバックに入っていませんよ」と指摘されてしまいましたから。

これは落ちたかな。すべての車種の検定が終わるまで、発表はお預けです。発表があったのは、11時半くらいになってからでした。結果は「合格」です。

長かったなぁ。これを手にするまで。
Sotugyo20160214
あとは、これを持って幕張の免許センターに受験に行くだけです。今のところ、3月7日(月)に行く予定です。果たして、結果はどうなるでしょうか。

そうそう、地区の親睦会の会場に着いたのは、14時少し前でした。なんとか、世帯主としての仕事は果たせました。

|

« 鍵開け任務終えてい鉄を撮影  | トップページ | い鉄を撮りながら出勤  »

コメント

大型二種教習お疲れさまでした。
12年前のことを思い出します。

投稿: アネックスしんちゃん | 2016年4月10日 (日) 08時27分

アネックスしんちゃんさん、こんにちは。
土日中心だったため、卒検まで入所から7ヶ月かかりました。

投稿: わらしべ長者町 | 2016年4月10日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大荒れバレンタインは卒検 :

« 鍵開け任務終えてい鉄を撮影  | トップページ | い鉄を撮りながら出勤  »