« 日本の鉄道完乗再び(2-5)  | トップページ | 日本の鉄道完乗再び(2-7)  »

2016年2月 4日 (木)

日本の鉄道完乗再び(2-6) 

札幌駅で荷物をコインロッカーに収めて、市営地下鉄のホームに行くと、やってきたのは終点の真駒内行きではなく、一つ手前の自衛隊行きでした。
Sapporo20151224_26
朝の運用を終わって車庫に入る運用でしょう。どんなふうに車庫へ行くのか、終点まで乗ってみました。すぐにドアが閉まって、真駒内方面へ発車していきました。

次の電車で真駒内まで行きました。いったん改札を出て周りを眺めます。バスが連絡していて、地下鉄とののりかえ客がけっこういるのですね。時計を見ると、今からすすきのまで戻ると、ちょうど雪ミク電車に乗れそうです。そこで、次の電車で、再びすすきの駅に降りました。

Sapporo20151224_27
外回りホームでカメラを構えていると、低床車ポラリスがやってきました。

そして、内回りホームには「雪ミク電車」がやってきました。
Sapporo20151224_28
昨日は外回りしか乗っていないので、今日は内回りに乗ります。どうせなら「雪ミク電車」に乗っていきましょう。

新規開業区間は、すすきの~西4丁目ですが、西4丁目駅は新設区間に移設されました。新規開業区間全部に乗るためには、2つ先の中央区役所前電停まで乗ります。
Sapporo20151224_29
昨夜も写真を撮った中央区役所前電停で降りて、乗ってきた「雪ミク電車」を撮ります。これで、循環線も完乗です。昨日の仙台市営地下鉄東西線と合わせて、今年開業した鉄道にすべて乗って、日本の鉄道完乗タイトルを保持して2015年を終わることができます。

ここから、地下鉄東西線の西11丁目駅は、すぐそこという感じの近さでした。その東西線に乗って、まずは終点の宮の沢駅へ行きました。駅の直上はバスターミナル。地下鉄とバスとののりつぎが便利な駅です。ここで未訪だったコロプラの札幌市発寒地域をゲットです。

再び東西線に乗って二十四軒駅へ向かいます。そこから歩いて、札幌場外市場へ行きました。歩道は一部が凍結していて歩きにくかったです。その中の一件、若駒というお店でお昼にします。

Sapporo20151224_30
平日なのでランチもあったのですが、札幌最後の食事かなと思って、海鮮丼に厚岸の生ガキを1つ追加しました。このカキ、おいしかったですよ。

|

« 日本の鉄道完乗再び(2-5)  | トップページ | 日本の鉄道完乗再び(2-7)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/63166285

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の鉄道完乗再び(2-6)  :

« 日本の鉄道完乗再び(2-5)  | トップページ | 日本の鉄道完乗再び(2-7)  »