« 日本の鉄道完乗再び(1-3)  | トップページ | 日本の鉄道完乗再び(1-5)  »

2016年1月27日 (水)

日本の鉄道完乗再び(1-4) 

乗ってきた車両を撮ろうと思ったら、すぐにドアが閉まってしまいました。電車はさらに先に引き上げて行きました。荒井駅では、降車ホームと乗車ホームが別れているのでした。乗車ホームに入ってきた電車を撮影します。
Tohoku20151223_16
ドア脇には開業の記念ステッカーが貼られていました。

リニア式の小型地下鉄なので、パンタグラフも小型です。
Tohoku20151223_17
それにしても、屋根から剛体架線までの高さが低いです。

ホームもまた変わっています。
Tohoku20151223_18
ドア部分だけ、ホームが線路側に延長されていて、ホームとドアとの間の隙間がとても狭くなっています。しかも、ホームの端は硬質ゴムになっているようでした。

乗客が少ないので、車内も撮ってみました。
Tohoku20151223_19
こんな感じで、やはり車体幅は狭いです。

駅の外に出ます。
Tohoku20151223_20
どこかに駅名はないかなと探すと、こんなところに荒井駅の文字がありました。

|

« 日本の鉄道完乗再び(1-3)  | トップページ | 日本の鉄道完乗再び(1-5)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/63130720

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の鉄道完乗再び(1-4)  :

« 日本の鉄道完乗再び(1-3)  | トップページ | 日本の鉄道完乗再び(1-5)  »