« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

ビックリ5スタンプラリー(2-3) 

車庫の中にはミキ300-103と3710-02がいました。
Hitatinaka20151004_11
旧型ディーゼルカー置き換えのためにJR東海から購入したキハ11は、ホームから直接見えるところにはほとんどいませんでした。

唯一1両、元東海交通事業のキハ11-201がホームにいました。
Hitatinaka20151004_12
塗色も東海交通事業城北線時代のままです。

城北線は電車規格の駅を走るディーゼルカーでした。
Hitatinaka20151004_13
ちょっと見た目は他のディーゼルカーと違わないように見えます。

Hitatinaka20151004_14
しかしながら、電車規格の駅に停車する関係で、ドアステップがないのです。左側の222と比べると、ドアの下端が高い位置にあるのがわかります。キハ11自体はステップ付きですから、これも簡単な改造でステップ付きにできるはずですが。さて、このまま使うのでしょうか、それtもステップ付きに改造されて使うのでしょうか。

ホームの端に小さな花壇がありました。
Hitatinaka20151004_15
ここのコキアは、ようやく赤くなり始めたといったところです。これが真っ赤になると、列車と合わせた写真を撮ってみたいと思うのでしょうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビックリ5スタンプラリー(2-2) 

阿字ヶ浦駅ですが、国営ひたち海浜公園の最寄りで、今はコキアの時期です。無料送迎バスも出ているのですが、今日は行く時間がありません。
Hitatinaka20151004_06
5月に行ったときはネモフィラで真っ青だった丘が、秋にはコキアで真っ赤になるそうです。

折返し阿字ヶ浦8:44の勝田行きに乗って、もう1つのスタンプ駅、那珂湊へ向かいます。
Hitatinaka20151004_07
思った以上に、車内は暑かったです。いい天気ですからね。

那珂湊に着きました。1番ホームでは朝市が開催されていました。
Hitatinaka20151004_08
そんなこともあって、すぐにホームから出なくてはいけない雰囲気ではなかったので、ホームで撮影します。運用終了になた222が停まっていました。

乗ってきた列車が発車します。
Hitatinaka20151004_09
もう1運用はアニマル列車37100-03が就いているようです。

駅の方に断って、朝市をやっていない2番線での撮影をさせてもらいます。
Hitatinaka20151004_10
阿字ヶ浦に留置されている2005とほぼ同形の2004がいました。こちらはまだ現役です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

ビックリ5スタンプラリー(2-1) 

2015年10月4日(日)。鉄道ビックリ5スタンプラリ-の3社目、ひたちなか海浜鉄道にチャレンジすることにします。勝田駅の、ひたちなか海浜鉄道改札で、所定欄に改札印を入れてもらいました。
Hitatinaka20151004_01

ホームの先端で、折返し列車がやってくるのを待ちます。
Hitatinaka20151004_02
コキアのヘッドマークが付いています。

Hitatinaka20151004_03
反対側の先頭には、ヘッドマークはありませんでした。

勝田8:08の阿字ヶ浦行きに乗って、終点の阿字ヶ浦へ向かいます。ひたちなか海浜鉄道の遺稿を見つけられるでしょうか。
Hitatinaka20151004_04
ひたちなか海浜鉄道の終点、阿字ヶ浦に着きました。いつのまにか2005がトラテープを巻かれて留置されていました。

ここがスタンプ駅の1つです。ホームでデジタルスタンプをゲットしようとしましたが上手くいきません。
Hitatinaka20151004_05
駅舎へ行くと、この周辺がスタンプ取得可能とあり、そこで操作すると無事にゲットできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

秋の乗り放題パスの旅(2-1) 

2015年10月4日(日)。今日は午後から取手で用事があります。そこで、午前中にひたちなか海浜鉄道へ行って、ビックリ5スタンプラリーに挑戦してこようと思います。

8時前の水戸駅には、日中は目にしないような編成がいました。
Akinori20151004_01
水郡線はなんと4両編成です。

乗車するのは、水戸7:49のいわき行きです。
Akinori20151004_02
こちらも、501系の10両編成でした。これに乗って、隣の勝田まで移動しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-18) 

新前橋からは両毛線に乗り換えます。17:17の小山行きに乗ります。
Akinori20151003_86
107系の4連でした。次の前橋では空席ができて座ることができました。実は、コロプラの全国塗りつぶし地図、群馬県は伊勢崎地区で制覇なのですが、過去2回伊勢崎駅で取ろうとして、上手くネットにつながらず失敗しているのです。今日は、伊勢崎市内の国定駅で挑戦します。ダメなら降りて、1本列車を遅らせるつもりです。でも、無事に国定駅でゲットできて群馬県制覇もできました。

小山駅からは水戸線に乗り換えます。
Akinori20151003_87
またもやロングシートの501系5連でした。

Akinori20151003_88
小山19:39の水戸行きに乗って、終点の水戸へ向かいます。水戸駅では、ガタガタとポイントを渡って、上りホームの6番線に到着しました。20:58に到着して21時半前には、予約してあったホテルへ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

秋の乗り放題パスの旅(1-17) 

渋川を過ぎて、行きはよく見えなかった赤城の山々が見えました。
Akinori20151003_81

指定席券は終点の高崎まで買ってありますが、途中の新前橋で降りることにしました。
Akinori20151003_82
新前橋駅の表示器は、どこまでも正確に表示していました。

Akinori20151003_83
旧型客車ともここでお別れします。

そのかわり、新前橋駅の発車風景を撮ります。
Akinori20151003_84
平地でも、発車の時だけは煙を吐いてくれますからね。

ホームでは、この瞬間を狙っている人がたくさんいました。
Akinori20151003_85
終着の高崎へ向けて、走っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-16) 

水上駅を出てすぐは線路がカーブしています。
Akinori20151003_76
おいでちゃんたちが、どこまで手を振って見送ってくれました。

本当に車内は空いていました。4人ボックスに自分1人だけです。そんなボックス席が多数。
Akinori20151003_77
乗客のいない空きボックス席もけっこうありました。

記念撮影はいかがですかと高崎支社の方が回ってきました。
Akinori20151003_78
今日だけの特別な列車名入りボードだったので、記念に1枚撮ってもらいました。

「川原湯温泉駅1周年記念号」には乗車していなかったNREの車内販売も乗車していました。本日の限定記念品として、ミニヘッドマークがあったので買ってしまいました。
Akinori20151003_80

沼田駅で少々停車時間がありました。
Akinori20151003_79
ホームの天狗様と旧型客車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-15) 

跨線橋を渡って2番線へ向かいます。
Akinori20151003_71
この車両だけ見ると、いつの時代だかわかりません。

Akinori20151003_72
荷物・普通席合造車オハニが、平成のこの世に現役で残っていようとは、何という奇跡でしょう。

Akinori20151003_73
2号車に入ります。オハ47 2246です。こんな感じで、乗客少数でした。撮り鉄には人気なのでしょうけど、乗り鉄はほとんどいないようです。

3番線に越後湯沢からの「やまどりもぐら・ループ号」が到着しました。このSL列車に乗り継げるようにダイヤが組まれているのですが、こちらも空いていて乗り継ぎ客はほとんどいませんでした。
Akinori20151003_74
ホームにはお見送りの観光関係者が並んでいます。こちらもSL列車に戻ります。

Akinori20151003_75
おいでちゃんや水上町長さんに見送られて、「SLみなかみ10の感謝祭号」が水上駅を発車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-14) 

744Mが発車していくと、それと入れ換えにD51がやってきました。
Akinori20151003_66
やっぱりいいですね、蒸気機関車の走る姿と音は。

Akinori20151003_67
2番線に停まる客車に近づきます。まもなく連結完了です。

Akinori20151003_68
連結完了です。いつも「SLみなかみ号」に使われている青い12系客車は、今日は「川原湯温泉駅1周年記念号」に使われました。

Akinori20151003_69
今日は列車名も客車も、いつもの「SLみなかみ号」とは違うものになっています。客車は旧型客車です。

Akinori20151003_70
指定された2号車に乗り込みます。ちなみに1号車がオハニ36 11、5号車がスハフ32 2357でした。この2両が乗り鉄には当たりでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-13) 

高崎行き534Mは、先ほど長野原草津口まで乗ってきた115系3連の折返しです。早めに乗ったので、ボックス席に座れました。
Akinori20151003_61
今度は進行方向を向いているの、しっかり留置線の様子を撮っておきます。左へカーブする旧線です。あそこを乗ったまま列車が入ることはないのでしょうね。

Akinori20151003_62
そして、吾妻渓谷を車窓から眺めることも、もうないのですね。

Akinori20151003_63
たぶん、この辺りが岩島駅側の分岐点だったところじゃないかと思います。まったく雰囲気が変わってしまって、地元の方でないとわからないのではないかと思います。

上越線との分岐駅、渋川で降りて水上行きに乗り換えます。乗り継ぎ時間は2分しかありません。一応、のりかえしやすい先頭車両に乗っていたのですが、それでも焦ります。でも、同じ乗り継ぎをする人が、地元の方を含めて複数いたので安心です。
Akinori20151003_64
水上行き737Mは、107系の4連でした。座席はけっこう埋まっていましたが、津久田で座れました。沼田を過ぎると空席の方が多くなりました。

この737M、14:52に水上に着くとわずか5分で744Mとなって折り返していきます。
Akinori20151003_65
107系もずいぶん減りました。いつまで乗れるのかわからない車両です。座り心地のよいロングシートを目指して、座面を下げて奥行きを少し広くした座席は、空いていれば快適です。景色は眺めづらいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

秋の乗り放題パスの旅(1-12) 

ポイントが留置線側に切り替わり、停まっていた列車が動き出しました。
Akinori20151003_56
やっぱり、長野原草津口駅の留置線で、夕方まで休むのですね。元貨物取扱駅で側線もある羽根尾駅あたりに回送されるのかと思っていました。

Akinori20151003_57
しかも、ホームからちょうどよく撮影できる位置に留置してくれました。

Akinori20151003_58
この写真を撮って改札を出ました。かつては島式ホームで階段を上がった2階が改札口だった長野原駅。今では道路側は行き止まり式になり、その代わり階段無しに1階の改札から出入りができるようになりました。

かつては、その2階通路にそば屋や土産物屋がならんでいたのですが、今は1階の隅に小さな食事処があるだけです。食事できるところがここしかないので、そこそこ繁盛しています。
Akinori20151003_59
天ぷらそば650円です。内容と値段のバランスは、多少疑問符が付きますが、ここしかないのです。

再びホームに入り、長野原草津口始発13:09の高崎行きに乗車します。
Akinori20151003_60
ホームでは、まだまだ札している人がいまいした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

秋の乗り放題パスの旅(1-11) 

川原湯温泉駅からも長いトンネルが続きました。トンネルを抜けてコンクリート製の鉄橋を渡るとき、吾妻渓谷がチラリと見えました。
Akinori20151003_51

この鉄橋を渡ると、まもなく長野原草津口駅です。
Akinori20151003_52
この辺りは、旧線の線路は撤去されておらず、架線柱も残っています。どうやら、留置線として利用されているようです。

長野原草津口駅に到着です。
Akinori20151003_53
行き止まり式ホームに到着しました。

そして、向かいのホームには、先ほど乗った「川原湯温泉駅1周年記念号」が停まっていました。
Akinori20151003_54
しばらくすると、ヘッドライトが点灯して、どこかへ回送されていくようです。

Akinori20151003_55
ゆっくりと走り出しました。ところが、この位置まで行って停まってしまいました。どうやら、あの留置線へ転線するようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-10) 

発車して行く「川原湯温泉駅1周年記念号」を見送ります。
Akinori20151003_46
ぎりぎり全7両が写りました。

Akinori20151003_47
川原湯温泉駅の先も、またトンネルが続いています。

列車が見えなくなって、改札を出ることにします。
Akinori20151003_48
窓口で「無効印をお願いします」と頼むと、絵入りのご乗車記念印を押してくれました。

Akinori20151003_49
昨年9月末、旧線最後に訪れたときは、ここまで汗をかきながら上がってきました。まだ、この駅舎まで近づくことはできませんでした。

直後にやってくる12:08の普通長野原草津口行きに乗車します。
Akinori20151003_50
115系の3両編成です。115系セミクロスシートに乗るのも、久しぶりな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

秋の乗り放題パスの旅(1-9) 

岩島駅を出ると、新旧線路の分岐点あるはずです。座席が進行方向右側だったので、車窓に注目します。
Akinori20151003_41
分岐点がわからないなと思ったら、途中から線路が見えました。新しい線路に沿って道路を造っており、旧線との分岐点は跡形もなくなってしまったようです。

長いトンネルを抜けるとすぐに川原湯温泉駅に到着しました。
Akinori20151003_42
あたらしい川原湯温泉駅の駅名標と青い12系客車のとりあわせは、この先何回くらい実現するのでしょうか。指定席券は、終点の長野原草津口まで買ってあったのですが、やはり記念号ですからここで降りて指定券に無効印をもらうことにしました。

行き違いになる回送列車がやってきました。
Akinori20151003_43
吾妻線は留置できる駅が限られているので、いろいろと回送列車があるようです。

Akinori20151003_44
新しい川原湯温泉駅は7両編成で目いっぱいといった感じで、引きがとれません。残念ながら並びはうまくとれませんでした。

時間になり、「川原湯温泉駅1周年記念号」は終着の長野原草津口駅に向かって発車していきました。
Akinori20151003_45
DD51が排気を上げて力強く動き出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

秋の乗り放題パスの旅(1-8) 

この建物は、今回の会場にはなっていません。
Akinori20151003_36
しかしながら、右書きの「凹凸館」の文字はいいですねぇ。

Akinori20151003_37
駅前の建物も、この外塀の装飾?がアートの一部なのでしょう。

Akinori20151003_38
駅舎のこの装飾も、今回の作品の一部なのだそうです。

そして、その駅舎の中に、今日の臨時列車の表示があります。
Akinori20151003_39
たった1日1回だけ運転の臨時列車のために、こんな立派ワープロ打ちの表示を作ってくれたのですね。

定刻になり、「川原湯温泉駅1周年記念号」が中之条駅を発車します。
Akinori20151003_40
駅や町の観光関係の方など、大勢の方が手を振ってくれました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-7) 

先ほどいただいた物の中に、NAKANOJO BIENNIALの駅に近い1~4番会場を無料で見られる券をいただきました。
Akinori20151003_31
本来は、見学用のパスポートを購入しなければいけないようなのですが、せっかく体験入館券をいただいたので、いつくかいってみます。

Akinori20151003_32
ぐんまちゃんの幟がゆれる駅前の道を歩いて行きます。

元布団屋さんだった会場に着きました。入っていいのかなと思うような布で入口がふさがれています。それをめくって中に入ります。
Akinori20151003_33
いきなり振り子が折れた壊れた時計が飾ってありました。なんでも、この元布団店に残されていた物を使ってアートにしたというようなことが書かれていました。

Akinori20151003_34
お店で使われていた、商品展示用の棚板とソフビのおもちゃで作られているアートです。

2階にもあがりました。
Akinori20151003_35
いたるところに、こういった小物のアートがおいてあり、どうリアクションしていいのか困ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

秋の乗り放題パスの旅(1-6) 

中之条駅に到着しました。
Akinori20151003_26
ここでも40分ほどの停車時間があります。

改札前では記念品の配布があるとのことで、記念品を受け取ってから、駅舎の反対側へ行ってみました。
Akinori20151003_27
サルビアの赤がまぶしいです。

Akinori20151003_28
やはり順光は後ろ側なので、後ろ側から編成写真を撮っておきます。

Akinori20151003_29
やはり青い客車に、この赤いサルビアがとっても映えています。

ちなみに、改札前でもらった記念品はこれです。
Akinori20151003_30
中之条町でやっている、「NAKANOJO BIENNIAL」の無料入場券もあります。これは、行って見てきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-5) 

渋川までの間に、進行方向右側に赤城山が見えます。今日は雲がかかっていてよく見えませんでした。
Akinori20151003_21
でも、進行方向左手の榛名山の方角はよく見えました。

渋川から吾妻線に入ります。ここで、40分ほどの停車時間があります。
Akinori20151003_22
改札口の方に断って、NEWDAYSでの買い物も兼ねて改札外に出て撮影します。12系客車5両をDD51形ディーゼル機関車でプッシュプルしたのが、今日の快速「川原湯温泉駅1周年記念号」です。

高崎駅とは違い、ここは順光で撮れるので、ヘッドマークをもう一度撮っておきます。
Akinori20151003_23
本当に、今日1日のためだけにデザインされたヘッドマークです。

渋川を発車して、記念品の配布がありました。
Akinori20151003_24
記念ガイドとポストカードです。これを作った高崎支社の人も、ここまで空席が多いとは予想していなかったのではないでしょうか。

車内放送で、いろいろと沿線案内があります。
Akinori20151003_25
小野上駅では、ここは線路に敷く砕石を積み込む駅だとして説明が流れました。けっこうマニアな情報まで流すんだなと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-4) 

快速「川原湯温泉駅1周年記念号」が2番線に据え付けられました。
Akinori20151003_16
これがヘッドマークのアップです。八ッ場大橋から見たかつての川原湯温泉駅をイメージしたのでしょうか。

Akinori20151003_17
これが後部のDD51 895です。

Akinori20151003_18
これが前部のDD51 842です。こちらの方が排気カバーのステンレスが光っています。

Akinori20151003_19
客車は全席指定席です。指定されたのは2号車でした。車内は、正直ガラガラでした。相席なしで、各ボックス1~4名です。それでも、空きボックスがありました。

Akinori20151003_20
ドアが折り戸の車両も、581系寝台特急くらいしか残っていません。あちらも、すでに定期列車はないですから、こういう折り戸が眺められるのも、そんなに長いことではないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

秋の乗り放題パスの旅(1-3) 

高崎駅に到着しました。2番線へと向かいます。
Akinori20151003_11
行先表示器には、見慣れぬ列車名が並んでいます。9:16のは「川原湯温泉駅1周年記念号」で、9:56のは「SLみなかみ10の感謝祭号」が正式な列車名です。ちなみに、川原湯温泉がDD51プッシュプルで12系の青い客車列車です。10の感謝祭がD51牽引の旧型客車です。

今日は、まず「川原湯温泉駅1周年記念号」に乗車します。ブルートレイン「北斗星」が廃止されて、関東で青い客車に乗れるのは、高崎支社の臨時列車くらいになりました。
Akinori20151003_12
係員の方を先頭に、列車がゆっくりと2番線に回送されてきます。

Akinori20151003_13
2番線へと入ってきました。とてもゆっくりです。

Akinori20151003_14
寝台車ではありませんが、青いボディに白いラインの客車は、関東ではもうここ高崎支社の臨時列車でしか乗れなくなってしまいました。

Akinori20151003_15
プッシュプルですから、後部にも後押し用のディーゼル機関車が連結されていて、こちらも特製ヘッドマークが付いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の乗り放題パスの旅(1-2) 

東京から乗車した籠原行きのグリーン車は空いていたのです。この時間の下りは空いていると思ってしまったのが間違いでした。熊谷でのりかえた高崎行きのグリーン車は、ほとんど空席がありません。少なくとも、対向列車が見える進行方向右側はびっしりです。たまたま降りた人がいたのか、1階席の左側に2席並びの空席があり、そこに座っていきます。東海道線からの直通だから混んでいるのか、湘南新宿ラインだから混んでいるのか、それとも高崎行きだから混でいるのか、理由はわかりませんが。

進行方向左側だから、対向列車は見えませんが、それでも楽しみはありませす。
Akinori20151003_06
上熊谷駅の秩父鉄道と反対側に残るさびたレール。これは東武妻沼線の廃線ですね。上熊谷という小さな駅が、片面秩父鉄道、片面東武妻沼線だったのを知っています。

Akinori20151003_07
熊谷貨物ターミナルを過ぎると、秩父鉄道の貨物線が分岐していくのが見えます。ここを走る団体列車を運転してくれれば、ぜったい応募して乗るのですけど。

Akinori20151003_08
八高線の北藤岡駅が見えます。高崎線のすぐ脇に八高線の駅があります。

Akinori20151003_09
その北藤岡駅を出ると、八高線はすぐに高崎線に合流します。高崎線と八高線の分岐駅は倉賀野ですが、北藤岡~倉賀野間の大半は高崎線の線路を走ります。そんな様子も、進行方向左側に乗っていると、目にすることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

秋の乗り放題パスの旅(1-1) 

2015年10月3日(土)。今日と明日の2日間、「秋の乗り放題パス」を使って、思いっきり鉄道に乗ってリフレッシュしてきます。パス自体は連続3日間使用できるのですが、月曜日は仕事です。2日間でも十分元が取れるのいいでしょう。

Akinori20151003_01
今日は高崎支社で運転される「客車列車」に乗りに行きます。機関車の牽引する客車列車。今では、それを目指していかない限り乗れないです。

自宅を4:15に出て、上総一ノ宮駅近くのコインパークに停めます。上総一ノ宮4:46の初電で千葉へ。千葉から総武快速に乗って東京へ着いたのが6:33です。さて、朝食はどの駅弁にしようかな。NRE関連の弁当が並んで、どれが東京駅のわかりません。結局、小淵沢の丸政の駅弁を買いました。

Akinori20151003_02
東京始発の上野東京ラインに乗ります。始発なので、7番線ではなく8番線からの発車です。

Akinori20151003_03
E231系の15両編成です。Suicaグリーン券を買って、高崎までグリーン車で行きます。この電車は途中の籠原止まりですけそ。

そのグリーン車で弁当を開けます。
Akinori20151003_04
小淵沢駅丸政の「信州牛と栗ごはん」です。秋らしい弁当ということで選びました。

後続の高崎行きは湘南新宿ラインです。途中の熊谷で降りて、待つことにしました。
Akinori20151003_05
乗り継ぎ時間は8分ほどです。車内放送でも高崎方面は熊谷のりかえを案内していました。もしかすると、終点籠原駅は折返しの関係で、違うホームになるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(130) 

2015年10月2日(金)。今日もいすみ鉄道で出勤します。キハ20の運用が気になって、今朝も6Dを撮りに行きました。ただし、雨が落ちているので、今朝は新田野駅にしました。

新田野駅に6Dが到着しました。
Isumi350_20151002_01
今朝は351スナフキン+302スニフでした。

国吉駅の市営駐車場へと自家用車を走らせます。いつも通り5Dに乗って出勤です。
Isumi_kiha20_20151002_02
雨で踏面が光るレールの上をキハ20がやってきました。

今日は雨が降っているので大多喜まで乗りました。
Isumi_kiha20_20151002_03
行き違いになる8Dは301パパ&ママでした。

帰宅は28Dになりました。
Isumi300_20151002_04
雨は止みました。今日は301パパ&ママでした。どうやら、今日は終日キハ20が運用に就いているようです。

この28Dと上総東で行き違う大多喜止まり527Dにキハ20が入っているようです。
Isumi_kiha20_20151002_05
そんなこともあって、15分ほど国吉駅で過ごして527Dを撮ってから帰宅しました。まだまだ登場したばかりのキハ20ですから、機会があると撮ってしまいます。

今月半ばから、書類を書かなければいけない仕事が大量に増えました。とくに、今週はその量が一段と多かったのです。そこで、今日までに片付けば、明日は予約してあった指定券を引き替えて、自分へのご褒美の汽車旅に。終わらなければ休日出勤して片付けると決めていたのです。今日、最終30Dでなく28Dで帰ってきたのが何よりの証拠、無事に片付きました。そこで、帰りにJR大原駅によって、指定席券売機でえきねっとで予約済みの指定券を引き替えてきました。あわせて、2日しか使わないものの、損はしないからと「秋の乗り放題パス」も買ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

支社版フレーム切手 

10月2日は8件のリリースが出ていました。鴻巣市、射水市は郵便局のネットショップ扱いがありません。

10月2日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

伊達なわたり2015
販売日 2015年10月9日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 名取市、岩沼市、白石市、角田市、七ヶ宿町、亘理町、山元町、丸森町、柴田町、大河原町、川崎町、蔵王町、村田町内の計60局

シートはオリジナルです。売価は1300円です。10月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月2日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

菊の祭典 二本松の菊人形 
販売日 2015年10月9日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 福島市、二本松市、本宮市、伊達市、川俣町、桑折町、国見町、大玉村内の計90局

シートはオリジナルです。10月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月2日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

とちぎがだいすき とちキャラーズ
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,550部

販売地域 栃木県内の計311局

シートは花です。10月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月1日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

鴻巣市合併10周年記念 
販売日 2015年10月13日(~未発表
販売部数 200部

販売地域 鴻巣局、吹上局、川里広田局、箕田局、笠原局、鴻巣人形町局、 鴻巣神明局、吹上本町局、吹上本町局、鴻巣大間局、鴻巣本町局、吹上富士見局、北鴻巣駅前局の計12局

シートは額縁(52円)です。売価1200円です。


10月2日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

射水市合併10周年記念
販売日 2015年11月2日(~未発表
販売部数 1,300部

販売地域 那覇市内の計37局

シートはオリジナルです。 


10月2日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

福井県越前市 合併10周年記念
販売日 2015年10月13日(~未発表
販売部数 1,700部

販売地域  越前市、南越前町、池田町内の計29局

シートはオリジナルです。10月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月2日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

わがまち懐旧 尼崎市市制100周年記念 
販売日 2015年10月8日(~未発表
販売部数 1,130部

販売地域  尼崎市内の計57局

シートは額縁(52円)です。10月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月2日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

九州国立博物館 開館10周年記念
販売日 2015年10月16日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域  太宰府市、 福岡市、 宗像市、福津市、篠栗町、宇美町、須惠町、粕屋町、久山町、志免町、新宮町、古賀市、那珂川町、春日市、大野城市、筑紫野市、筑前町、東峰村、朝倉市、糸島市内の計283局

シートはオリジナルです。10月25日から「郵便局のネットショップ」での津扱いがあります。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

10月1日は5件6種のリリースが出ていました。竹原、那覇市は郵便局のネットショップ扱いがあります。

10月1日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

鉾田市合併10周年記念
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 500部

販売地域  鉾田局、大洋局、子生局、汲上局、秋津局、巴局、田崎局、新宮局、徳宿局、諏訪局、鉾田駅前局、鉾田舟木局の計12局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。売価は1100円です。 


10月1日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

平成27年度自衛隊観艦式 艦艇編
平成27年度自衛隊観艦式 訓練展示編
販売日 2015年10月9日(~未発表
販売部数 各2,000部

販売地域  横須賀市、鎌倉市、三浦市、逗子市、葉山町内の計83局

シートはどちらもオリジナルです。A4台紙、セラミックス吸水コースターとのセットで売価2000円です。10月9日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月1日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

御在所岳・心うるおす山便り
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域  菰野町、四日市市、桑名市、いなべ市、東員町、木曽岬町、川越町、朝日町内の計87局

シートは花です。 


10月1日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

郷土竹原の偉人 
販売日 2015年10月6日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  竹原市、呉市、広島市安芸区、大崎上島町、熊野町、坂町内の全84局と瀬戸田局、御寺局、名荷局、瀬戸田中野局、志和堀局、安芸津局、豊栄局、河内局、下 黒瀬局、白市局、板城局、造賀局、八本松局、原局、福富局、川源局、河戸局、西志和局、黒瀬局、入野局、小谷局、安芸津風早局、三永局、高屋局、竹仁局、 乃美尾局、郷田局、安芸津木谷局、御薗宇局、戸野局、安宿局、東志和局、東広島寺西局、八本松東局、八本松駅前局、広島大学内局、西高屋駅前局、サイエン スパーク前局、黒瀬楢原局、本郷局、神田局、和木局、大草局、南方局、三原小泉局、高坂局、東海田局、海田大正町局、海田中店局、海田三迫局の計134局

シートは大型です。売価1300円です。10月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


10月1日に日本郵便株式会社沖縄支社からリリース文が配信されました。

戦後70年 那覇大綱挽
販売日 2015年10月9日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域 那覇市内の計37局

シートはオリジナルです。10月15日から「郵便局のネットショップ」での津扱いがあります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(129) 

2015年10月1日(木)。今日から10月です。でも、そこそこ気温があるので、半袖で出勤します。

今朝も、新田野~上総東間の坂へ寄り道します。
Isumi_kiha20_20151001_01
今朝の6Dは、キハ20+302の2連でした。

その後、国吉駅の駐車場へと向かいました。逆光に透けて光るコスモスの向こうを5Dがやってきました。
Isumi350_20151001_02
今朝は352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi350_20151001_03
今朝の8Dは、351スナフキンでした。8Dに350形が入るのは、けっこう久しぶりな気がします。

帰宅は最終の30Dになりました。朝の晴れはなんだったのでしょう、この時間は雨になりました。
Isumi_kiha20_20151001_04
キハ201303の単行でした。

国吉駅に到着です。
Isumi_kiha20_20151001_05
キハ20のヘッドライトに雨が輝きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

9月30日は3件のリリースが出ていました。佐久、木曽町は郵便局のネットショップ扱いがあります。

9月30日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

佐久ひとまち百景
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域  佐久市、小諸市、立科町、御代田町、軽井沢町、佐久穂町、小海町、南牧村、南相木村、川上村内の計43局

シートは大型です。ポストカード3枚とのセットで、売価は1520円です。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


9月30日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

木曽町合併10周年記念
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域  松本市、大町市、安曇野市、塩尻市、木曽町、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷村内の計103局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


9月30日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

第39回 全国育樹祭
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 揖斐川町、大野町、池田町、海津市、大垣市、羽島市、安八町、神戸町、輪之内町、笠松町、岐南町、関ケ原町、垂井町、養老町内の計70局

シートは花です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(128) 

2015年9月30日(水)。今日はいすみ鉄道で出勤します。でも、その前に6Dを撮っていきましょう。

新田野~上総東の坂へ行きました。
Isumi350_20150930_01
朝の光は予想以上に強かったです。もう少しマイナス補正しないとダメですね。今朝はロングシート2連で351スナフキン+352ムーミンでした。

ということは、通勤の5Dはセミクロス車になるでしょう。
Isumi300_20150930_02
やってきたのは、301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi200_20150930_03
やってきた8Dは、倒木衝突事故から復活した206リトルミイです。新設されたスノウプラウもはっきり見えます。

帰宅は28Dになりました。
Isumi350_20150930_04
351スナフキンでした。今朝2連で走っていましたが、その後バラされて運用についたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

9月29日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

9月29日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

長万部町マスコット公式マスコット まんべくん 第二弾
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  函館市、北斗市、七飯町、木古内町、知内町、鹿部町、八雲町、森町、長万部町、松前町、福島町、江差町、上ノ国町、奥尻町、今金町、せたな町 、乙部町、厚沢部町内の全139局と札幌中央局、札幌北局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千 歳港局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計148局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

い鉄を撮りながら出勤 

2015年9月29日(火)。今日は、先日の雨で中止になったイベントをやり直すそうで、必要な装備を車に積んで運ぶため、自家用車での出勤です。

昨日のいすみ206復活で、運用が読めなくなったので、ちょっと早めに家を出て6Dから観察してみます。
Isumi300_20150929_01
302スニフ+351スナフキンでした。

その後、四之町踏切へ移動しました。
Isumi_kiha20_20150929_02
いつも通勤に使っている5Dは、キハ20でした。通勤列車にもキハ20が入るのですね。今日は乗れませんでしたけど。

そして、第一森宮踏切へと移動します。
Isumi200_20150929_03
昨夕から営業運転に復帰した206リトルミイでした。

さすがに、イベントが終わって帰りは撮ろうという気は起きずに、そのまま自家用車で帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

9月28日は2件のリリースが出ていました。どちらも郵便局のネットショップ扱いがありません。

9月28日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

世界三大夕日の釧路港 釧路を世界のあこがれの地へ!
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の全67局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計75局

シートは大型です。 


9月28日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

羊のまち士別のマスコット
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  名寄市、士別市、和寒町、剣淵町、幌加内町、下川町、美深町、中川町、音威子府村内の全30局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計38局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(127-2) 

駅清掃の担当は東総元駅です。いつものように、蛍光灯などをキレイに拭き上げます。
Isumi350_20150928_06
東総元16:39の24Dに乗って大多喜に戻ります。

帰宅は28Dになりました。
Isumi200_20150928_07
営業運転に復活したばかりの206リトルミイに乗っての帰宅となりました。

Isumi200_20150928_08
24Dが発車して行きます。月が明るいです。今日はスーパームーンとか。

スーパームーンってなんだか知りませんでした。月が地球に一番近づく日なんですね。
Isumi_kuniyosi20150928_09
その月を、超アップで撮ってから自宅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

い鉄で出勤(127-1) 

2015年9月28日(月)。今週もいすみ鉄道で出勤します。

今朝は、昨年のこぼれ種が咲いたのでしょう、数本のコスモスを入れて撮ります。
Isumi350_20150928_01
今朝の5Dは352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20150928_02
今朝の8Dは302ムーミンの単行でした。

今日は駅清掃のボランティアが午後からあります。16時を目処に大多喜駅へと移動しました。
Isumi200_20150928_03
夕方から出庫する22Dに、昨日洗浄線へ移動した206リトルミイが充当されていました。

Isumi200_20150928_04
事故前にはなかったスノウプラウが付いています。スカートも新しく塗り直されたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

1日の最後に急行で往復 

お城まつりの武者行列を見て、大多喜駅前に戻ったのが15:20頃のことです。これなら急行4号に間に合います。これに乗って、急行5号で折り返してきて、1日の最後にキハ編成を楽しみましょう。
Isumi_kiha28_20150927_21
急行4号がやってきました。ヘッドマークは「準急さざなみ」のままです。これに乗って、大原へ向かいいます。

上総東~西大原間の通称ムーミン池です。
Isumi_azuma20150927_22
水量も回復して、水鏡になっています。

そして、草刈りもきれいにしてくれたようです。
Isumi_azuma20150927_23
テントの中や、夜になると光る宝箱の周囲も、きれいに草刈りがされていました。これには感謝です。

大原駅に到着です。種別幕を準急にするこだわりは、今日の運転士Oさんの計らいでしょう。
Isumi_kiha28_20150927_24
そこで、もう1つお願いしてみました。急行5号のヘッドマーク、準急幕に合わせて別なのにしてもらえませんかと。そうしたら、あとこれしか積んでないなと「準急 外房」にしてくれました。実は、急行はローマ字入りで準急はローマ字無しが正しいのだそうです。このマークを作った直後、鳥塚社長さんがそう言ってました。「くろしお」と「さざなみ」は間違えてローマ字入れちゃったよって。今日は種別幕まで「準急」でしょ。そこに間違ったヘッドマークでは、画竜点睛を欠く写真になってしまいそうで、こんなお願いをしたのです。願いを叶えてくれた、運転士のOさん、ありがとうございました。もちろん、この急行あらため準急5号に乗って大多喜へ戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お城まつりの武者行列 

今年のお城まつり。天候の関係で、午前中のステージプログラムが半分ほど中止になりましたが、14:30からの武者行列は予定通りだそうです。小学校前に移動して、見学します。

Osiromaturi20150927_01
武者行列のしんがりを務める軽トラックがいました。

予定より遅れて、武者行列が校門から見えたのは15:10のことでした。
Osiromaturi20150927_02
今年は、本多忠勝を俳優の渡辺正行さんがやるとのことなのですが、兜を深くかぶっているので、これが渡辺さんかどうか、わかりませんでした。

Osiromaturi20150927_03
でも、たぶんこれが渡辺正行さんだったのでしょう。

武者に続いて、姫様の行列です。
Osiromaturi20150927_04
おお、これはこれは。今年もやっぱり参加されていたのですね。

Osiromaturi20150927_05
メキシコの方役をやる人や、地域毎の甲冑隊などが続きました。

15:15過ぎには正門前を通り過ぎたので、大多喜駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道新米列車2015(4) 

走り去る急行3号を撮ります。
Isumi_kiha28_20150927_16
午前中は「準急くろしお」でしたが、今度は「準急さざなみ」になっています。種別幕もしっかり「準急」になっていました。

検修線にいすみ206が停まっていました。
Isumi200_20150927_17
事故前には付いていなかったスノウプラウが付いています。

切り離されたキハ20が洗浄線へ転線していきます。
Isumi_kiha20_20150927_18
また、通勤で乗る機会があるでしょう。

そうしているうちに、いすみ206も動き始めました。
Isumi200_20150927_19
いったん南廓踏切に引き上げます。

Isumi200_20150927_20
そして、キハ20の後ろへ移動して行きました。ここへ来たということは、ついに営業に復帰するということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道新米列車2015(3) 

上総中野行き63Dは大多喜で5分間停車します。
Isumi_kiha20_20150927_11
その間にヘッドマーク付きキハ20を撮っておきます。

Isumi_kiha20_20150927_12
編成写真も撮っておきます。

再び63Dに乗って、今度は総元で降ります。
Isumi_kiha20_20150927_13
走り去る63Dを見送ります。

新米列車は、63Dが上総中野で折り返す64Dの大多喜までです。
Isumi_kiha20_20150927_14
豊作の柿の脇を64Dがやってきました。さすがに、この64Dでは新米おにぎりが売れ残っていました。それじゃ、家人のお土産にするからと1セット買っていきました。

64Dが大多喜に到着しました。
Isumi_kiha20_20150927_15
新米列車キハ20は、大多喜で切り離しです。ここから先、64Dはいすみ352の単行です。そして、下り線を急行3号が走り抜けていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道新米列車2015(2) 

編成を後ろのキハ20側から撮ります。
Isumi_kiha20_20150927_06
とりあえず座席を確保してから、新米おにぎり販売の列に並びます。

その間に、車内放送があります。「運転士も新米、おにぎりも新米、そして1両だけですが後ろの車両もデビューしたての新米です」とMさんの声が流れました。
Isumi_kiha20_20150927_07
おにぎり500円にお茶150円を買いました。

さあ、開けてみましょう。
Isumi_kiha20_20150927_08
昨年は一気に販売して売り切れご免でしたが、今年は列車毎に販売数が決めてあるので、折返しの大原発でも20個程度の数が確保されていました。内容は昨年と同じです。塩にぎりがおいしいですよ。

キハ20の座り心地を試していたら、上総東で降りるのを忘れてしまいました。西大原で降ります。
Isumi_kiha20_20150927_09
大原へ向かう60Dを見送ります。

ここで、折返しの新米列車を待ちます。
Isumi_kiha20_20150927_10
大原駅は2連だとホームギリギリです。ヘッドマークを着けたキハ20を撮るには、手前の駅で待つしかなかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

いすみ鉄道新米列車2015(1) 

2015年9月27日(日)。今日は大多喜お城まつりです。イベントの手伝いがあるので、いつもの通り7時半に鍵開けをしたのですが、今日は雨のため午前中のステージは、一部プロの方を除いて中止となりました。これで、午前中からフリーになりました。イベントの手伝いをすると時間的に難しいなと思っていた、いすみ鉄道「新米列車」に余裕で間に合います。

新米列車となる60Dが入線します。
Isumi_kiha20_20150927_01
23日のお披露目会の時とは違い、一旦停止はなくそのまま2番線に入りました。

キハ20の車内に初めて入りました。
Isumi_kiha20_20150927_02
展示ブースには「みんしあ」関連の品が置いてあります。昨年のヘッドマークと今年のチラシが置かれていました。

Isumi350_20150927_03
いすみ352には、昨年と同じ「新米列車」のマークが付いていました。

朝日新聞の取材を受ける新米運転士さんの脇を、キハが通り過ぎていきます。
Isumi350_20150927_04
今日は「準急くろしお」をつけていました。雨の日スペシャルなのでしょう。

もう一度、正面から撮っておきます。
Isumi350_20150927_05
車内での販売も、まもなく始まるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

鍵開けとキハ201303(3) 

104Dが大多喜に到着しました。ここで降りて、再び上総中野行きに乗る予定です。
Isumi350_20150926_11
上総中野行きの61Dです。これでようやくキハ20に初乗車できると考えていたのですが、なぜかテールランプが点いています。

Isumi350_20150926_12
なんと、キハ20は大多喜で切り離しです。ここからは、いすみ352ムーミンの単行になります。

これでは、もう一度上総中野へ行く楽しみがなくなってしまいました。
Isumi_kiha20_20150926_14
せめて、回送されるキハ20だけ撮っておきます。

Isumi_kiha20_20150926_30
給油線へと回送されていきました。今日はここまでにして、自宅へ戻ることにしました。その後、家人と一緒に買い物に出かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開けとキハ201303(2) 

撮影をいったん中断して、大多喜駅下の町営駐車場へと車を走らせます。駐車場に車を停めて、久しぶりにキハ編成に乗ろうと思ったのです。大多喜11:38の普通列車103Dに乗車します。
Isumi_kiha52_20150926_06
キハ52の乗客は少なかったです。ホームでは、なぜか越中おわら節を踊って見送ってくれました。今夜から大多喜「お城まつり」が開催されるので、その一環かもしれません。

103Dが上総中野に到着しました。
Isumi_kiha28_20150926_07
種別幕は黒地に白文字の「普通」でした。これ、なかなか出してくれないのですよね。

駅前に行ってみます。
Isumi_nakano20150926_08
路線バスの粟又の滝行きと、小湊鉄道代行バスの月崎行きが並んでいました。小湊鉄道の不通区間は里見~上総中野から月崎~上総中野に短縮されました。

折返し急行2号104Dに乗っていきます。
Isumi_kiha28_20150926_09
種別幕は「普通」から「急行」に変わっていました。

レストラン列車から売りに来た「イタリアンランチボックス」で昼食にします。
Isumi_kiha28_20150926_10
23日も買おうと思ったのですが、売り切れだったのです。これ、500円にしてはかなり美味しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開けとキハ201303(1) 

2015年9月26日(土)。今日はいつもの土休日と同様、7時半の鍵開けを頼まれています。昨日は最終までキハ20が走ったようなので、今日も朝の2運用のうちどちらかにキハ20が入っているはずです。天気は悪いですが、撮影に挑戦します。

上り52Dを小谷松~大多喜間のお城に見える鉄橋で構えます。
Isumi_kiha20_20150926_01
キハ201303でした。天気が悪く、お城もよく見えないので、車両アップにしましたけど。

鍵開け任務完了です。少したまっている仕事をしてから、11時台の列車を撮ろうと職場を後にしました。上総中川駅近くで撮ることにします。
Isumi_nakagawa20150926_02
途中でネコさんに会いました。あまり友好的ではないようです。

上総中川駅を出発した59Dです。
Isumi350_20150926_03
52Dから運用を追って、キハ20が入ると撮りに来たのですが、いつのまにか2連になっていました。大多喜方に352ムーミンが増結されていました。

森宮第一踏切に移動して、折返しの58Dを撮ります。
Isumi_kiha20_20150926_04
先ほどの編成が、大原行きとなって走って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

い鉄で出勤(126) 

2015年9月25日(金)。今日は小雨が降っています。でも、昨夜大多喜駅で見た、キハ20の編成が6Dに入る気がして、早めに家を出て昨日と同様、新田野~上総東間の築堤に行きました。

6Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20150925_01
キハ20 1303+いすみ302の2連です。

この後、国吉駅へ自家用車で向かいます。
Isumi350_20150925_02
今朝の5Dは351スナフキンでした。

今朝は雨模様。さすがに城見ヶ丘で降りて歩くのはつらそうだったので、大多喜まで乗りました。
Isumi350_20150925_03
大多喜駅で行き違う8Dは、今日も301パパ&ママでした。

帰宅は28Dになりました。大多喜で、上総中野行き25Dと行き違います。
Isumi_kiha20_20150925_04
その25Dは、キハ20の単行でした。まさか、運用初日から単行運用には就かないだろうと予想していたのですが、いい意味で外れました。

そして、乗車した28Dが国吉に到着しました。
Isumi300_20150925_05
今日は301パパ&ママでした。ヘッドライトに雨筋が光っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

9月25日は6件のリリースが出ていました。野口英世、取手市は郵便局のネットショップ扱いがあります。

9月25日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

野口英世
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 会津若松市、喜多方市、猪苗代町、磐梯町、会津美里町、会津坂下町、下郷町、南会津町、只見町、金山町、三島町、西会津町、柳津町、北塩原村、湯川村、檜枝岐村、昭和村内の計98局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。売価は1100円です。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


9月25日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

鹿沼ぶっかけ秋祭り
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  鹿沼市内(永野局を除く)の計21局

シートはグラデーションです。 


9月25日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

取手市制施行45周年記念
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 530部

販売地域  取手局、藤代局、藤代山王局、稲戸井局、小文間局、取手白山局、藤代清水局、取手新道局、藤代宮和田局、取手寺田局、藤代新川局、取手戸頭局、取手一局、取手ボックスヒル内局、取手井野局の計15局

シートはオリジナルです。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


9月25日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

霊峰富士II 
販売日 2015年10月2日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域  富士吉田局、富士吉田本通局、吉田本町局、上吉田局、河口湖局、河口局、山中湖局、明見局、勝山局、精進局、大石局、忍野局、朝日丘局、鳴沢局、新倉局、上暮地局の計16局

シートは額縁(52円)です。売価1050円です。 


9月25日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

平成二十七年 秋の高山祭
販売日 2015年10月5日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域  高山市、下呂市、飛騨市、白川村内の計48局

シートはグラデーションです。 


9月25日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

嵯峨嵐山 四季 嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 京都市下京区・南区・右京区・西京区・伏見区内(旧京北町域を除く)の計109局

シートはオリジナルです。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(125) 

2015年9月24日(木)。シルバーウィークも終わり、今日からまたいすみ鉄道で出勤します。昨日、お披露目撮影会があったキハ20ですが、今日から一般運用に試用するとあります。まさかいきなり単行はないでしょうから、朝の6Dに入る可能性が高いです。そこで、6Dに間に合うように家を出ました。

新田野~上総東の築堤で6Dを待ちます。
Isumi350_20150924_01
やってきたのは、351スナフキン+302スニフでした。キハ20は連結されていませんでした。

そのまま自家用車を国吉駅へ走らせて、いつものように5Dに乗っていきます。
Isumi350_20150924_02
今朝は352ムーミンでした。いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。

ここで8Dを待ちます。
Isumi300_20150924_03
やってきたのは、301パパ&ママでした。

帰宅は、最終の30Dになりました。
Isumi350_20150924_04
30Dがやってきました。ホームの向こう側、洗浄線に停まっているのは、キハ20+いすみ302の2連です。どうやら、明日の6Dにはこの2連が入りそうです。明日も早起きしなくては。

国吉駅に到着しました。
Isumi350_20150924_05
351スナフキンが国吉駅に到着しました。明日の朝も、この車両にお世話になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

9月24日は5件のリリースが出ていました。伊勢原市、西宮は郵便局のネットショップ扱いがありません。

9月24日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

あきた美人ライン 秋田内陸線
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 横手市、大仙市、仙北市、能代市、北秋田市、大館市、鹿角市、美郷町、八峰町、小坂町、藤里町、三種町内の計149局 

シートはオリジナルです。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。 


9月24日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

伊勢原市公式イメージキャラクター クルリン
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  伊勢原局、伊勢原大竹局、伊勢原沼目局、伊勢原高森局、伊勢原本町局、伊勢原桜台局、大山局、比々多局、平塚岡崎局、平塚西局の計10局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。 


9月24日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

おいしい林檎と美しい田舎 飯綱町
販売日 2015年9月30日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域  長野市、飯山市、須坂市、中野市、飯綱町、小布施町、信濃町、山ノ内町、小川村、木島平村、栄村、高山村、野沢温泉村の計107局

シートは額縁(52円)です。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


9月24日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

西宮の景色 
販売日 2015年10月1日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域  西宮市(山口局、西宮東山台局、塩瀬局を除く)、芦屋市の計58局

シートは大型です。 


9月24日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

谷繁元信3018試合出場日本新記録達成記念
販売日 2015年10月2日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  庄原市、三次市、神石高原町、世羅町内の全局と上下局、吉野局、諸田局の計73局

シートはオリジナルです。A4台紙とのセットで売価2000円です。10月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月最後の教習所 

2015年9月23日(水・祝)。今月は3回しか教習所の予約が取れませんでした。今日は15時から2時間の実技教習です。

今日はまた初めての教官Yさんです。今までの教官とは違い、あきらかに自分より年下の教官です。言葉も丁寧で、ちょっとホッとする感じです。何が苦手か聞かれて、前回やった後方感覚が難しいと伝えると、その復習からしましょうということになりました。

「それじゃ、ゆっくりバックして下さい」「近づくとポールの色が変わるのわかりますか」そう言われてよく見ると、車体の影でポールが暗くなるのですね。「はい、わかります」「わかるところまで行くと近づきすぎですね。その手前の感覚を覚えて下さい」。う~ん、それが難しいのです。それでも、何回か繰り返すと、だいたい40cmのところで停められるようになりました。でも、次に来たときも同じようにできるかは、なんともいえません。

結局、この日ですべての場内項目は終わりました。次回は急ブレーキのシミュレータと見極めです。見極めが、奇跡的に1時間で合格できれば修了検定、仮免へと進みますけど。1時間で合格は難しいだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

キハ20お披露目撮影会(6) 

さあ、撮影会が終わりました。次は、60D入れ換えとキハ52との並びです。
Isumi_kiha20_20150923_26
最後に1枚、青空を入れて撮ってから会場を出ます。

102Dで到着したキハ編成が1番線に転線しました。次は、このキハ20を含む60Dが2番線に据え付けられます。
Isumi_kiha20_20150923_27
人が多くて、移動中はまともに撮れません。

いつもは、踏切は閉鎖ですが、今日は並んだところで停車して、撮影タイムになりました。
Isumi_kiha20_20150923_28
ただ、この撮影はお披露目会参加者限定にはしなかったので、けっこう混雑しました。

Isumi_kiha20_20150923_29
60Dの編成が写るように、ちょっとずれてもう1枚撮っておきます。

60Dには乗りません。ここでお披露目会離脱です。というのは、今日は午後から教習所の予約が取れているからです。
Isumi_kiha20_20150923_30
最後は大多喜~城見ヶ丘間の鉄橋へ行って、60Dの走りを撮ってから上総一ノ宮駅へと向かいました。いつの間にやら、雲が出て青空が白で埋まってしまったのが残念でしたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

キハ20お披露目撮影会(5) 

続いて種別幕です。

Isumi_kiha20_20150923_21
普通と急行です。

Isumi_kiha20_20150923_22
特急と臨時です。

Isumi_kiha20_20150923_23
貸切と団体です。

Isumi_kiha20_20150923_24
試運転と回送です。

幕回しは以上でした。撮影は、こんな雰囲気で行われていました。
Isumi_kiha20_20150923_25
人数も20人ほどだったので、和気藹々といった感じで進行していきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キハ20お披露目撮影会(4) 

11時になり、撮影会が始まりました。しばらくすると、鳥塚社長さんが、入っている方向幕をすべて出しましょうといいます。
Isumi_kiha20_20150923_16
大原のワンマン無しとあり。

Isumi_kiha20_20150923_17
上総東のワンマン無しとあり。でも、実際に使われる可能性は限りなくゼロに近いです。

Isumi_kiha20_20150923_18
国吉のワンマン無しとあり。これも、実際に使われる可能性は低いでしょう。

Isumi_kiha20_20150923_19
大多喜のワンマン無しとありです。

Isumi_kiha20_20150923_20
上総中野のワンマン無しとありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ20お披露目撮影会(3) 

撮影を終えて駅頭に戻ると、そこそこ集まっていて受付フライングスタートするところでした。サポーターのカードを見せて受付をすると、案内を渡してくれました。
Isumi_kiha20_20150923_11
途中離脱はできますが、途中合流はできない仕組みになっています。そして、参加者シールを服に貼るようにとの指示がありました。

それから、今日発売の入場券が参加者限定であります。
Isumi_kiha20_20150923_12
券番はすべて0020で固定とのこと。たしかに、今は入場に入場券は必要ないので、これはきっぷというより記念品ですからね。1部だけ買います。

Isumi_kiha20_20150923_13
一般発売分と違うのは、すべての券面に今日の日付がダッチングマシンで入れられていること。一般売りは、日付ナシになるそうです。

洋服にシールを貼って、準備万端です。
Isumi_kiha20_20150923_14
制限エリア立入撮影会までは時間があるので、とりあえずホームに入ってみましょう。

ちょうど、急行1号がやってくるところでした。
Isumi_kiha20_20150923_15
キハ20も、洗浄線から給油線へ移動していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

キハ20お披露目撮影会(2) 

運転士さんが乗り込み、エンジンを吹かします。
Isumi_kiha20_20150923_06
いよいよ入れ換え開始です。

Isumi_kiha20_20150923_07
キハ20が動いています。この車両が自力で動くのを初めて見ました。

いったん、南廓踏切まで走って、それから洗浄線へ転線です。
Isumi_kiha20_20150923_08
本線上にいた時間は、ほんのわずかです。

Isumi_kiha20_20150923_09
洗浄線へと進んでいきます。

Isumi300_20150923_10
そのキハ20を追いかけるように、302が洗浄線へと進んでいきます。302も復帰後、いまだに単行運転には就いていません。いつも2連運用に入っている302です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ20お披露目撮影会(1) 

快速100Dが発車した辺りで、駅前に並びます。すでに1名、並んでおられました。ただ、いっこうに並ぶ人は増えないし、入れ換えの様子も気になるので、荷物に順番待ちをさせて、検修線を見に行きました。

Isumi_kiha20_20150923_01
キハ20が庫外に出ています。今度の土日は「お城まつり」なので、その幟が揺れています。

どうやら、中で取材が行われているようです。
Isumi_kiha20_20150923_02
すべての日よけが降りているので、どんな取材がされているのか、全くわかりません。

今日は、車両オーナー、サポーターの貸切車両になるのですが、そのためでしょうか、ホーローサボが入っていました。
Isumi_kiha20_20150923_03
国鉄色に、この藍色のサボはマッチしていますね。

9:15を過ぎて、愛称版に「貸切」が入れられて、その後日よけがすべて上がりました。
Isumi_kiha20_20150923_04
どうやら取材が終わったようです。そろそろ、入れ換えが始まるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開けをして大多喜駅へ 

2015年9月23日(水・祝)。今日も職場の鍵開けを頼まれています。その後、10時受付開始で、国鉄形気動車オーナー、サポーター限定のキハ20お披露目会があります。

大多喜駅周辺の白花ヒガンバナを入れて、撮影を試みます。
Isumi350_20150923_01
いつもは猿稲踏切のところに白いヒガンバナが咲いているのですが、今年は見かけませんでした。大多喜駅の柵沿いに咲いているのを入れて、下り53Dを撮ります。352ムーミンでした。

その後、職場に向かい鍵開けをしました。これさえ済ませれば任務完了です。10時受付よりは早いですが、大多喜駅へ向かいます。

大多喜駅のそばを歩くと、検修線に300形が並んでいました。
Isumi300_20150923_02
この2両が並んでいるのは、最近なかなか見かけませんから。

その脇を、キハ編成の入れ換えが始まりました。
Isumi300_20150923_03

まだ受付の行列もできていないので、ホームに入って今日の快速の写真を撮ります。
Isumi_kiha28_20150923_04
今日も祝日なので、ヘッドマークはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

鍵開け・い鉄・昔の仲間(3) 

大戸の洗い越しですが、これは東総元停車中の車内から見えるのです。いつも、ここを通るとき「洗い越しを走る軽トラック見えないかな」と注目しているのですが、いまだに実際に走っている車を目撃できていないのです。

そこで、今日は洗い越しから東総元駅を見たらどうなるかと思ってやってきたのです。
Isumi350_20150922_11
洗い越しのほぼ中央からです。東総元駅を発車した、大原行き62Dです。やっぱり草が多くて、車両をスッキリ見ることはできませんでした。

どんな風に見えるか、確認できれば目的達成です。車に戻ります。
Oodo20150922_12
途中で、ヒガンバナにアゲハチョウが舞っていました。逆光だと、蝶の羽って透き通ってキレイなんですよん。

今朝も撮った、あのネコのいるお宅近くのカーブに来ました。
Isumi350_20150922_13
下り63Dです。ヒガンバナの色は、だいぶ褪めてきましたね。

その後、上総中川~国吉間へ移動します。
Isumi_kiha52_20150922_14
急行3号を撮ります。ここで時間切れです。国吉駅へ自家用車を停めて、御宿へ向かいます。

国吉14:48→15:04大原15:22→15:31御宿という行程で移動します。御宿からは歩いて10分弱で会場の民宿大野荘に到着です。そう、いすみ鉄道で伊勢海老弁当を売っている、あの大野荘が今日の会場なのです。

今日の参加者は十数名と言ったところです。近況報告のコーナーがあるのですが、そこで、教習所に通っていること。2年以内に転職を考えていることなどを話しました。何かの縁で、転職口が見つかるといいのですけど、そんなに簡単にはいかないでしょうからね。

16時から始まった会は話が弾んで、終わりになったのが20時です。御宿20:27→20:36大原21:07→21:23国吉という経路で帰ります。
Isumi350_20150922_15
大原から乗るのは、下り最終の大多喜止まりです。貸切だろうなと思っていたのですが、乗客が自分を含めて3名もいました。国吉からは、停めておいた自家用車に乗って22時前には帰宅できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開け・い鉄・昔の仲間(2) 

お昼を過ぎて、職場を後にします。でも、御宿へ行くにはまだ少し早いです。どこかでいすみ鉄道の写真を撮っていきましょう。どこにしようかなぁ。そうだ、前から行きたいと思っていた、大戸の洗い越しに行ってみようと思いました。ここしばらく晴れていて、水量も減っているからちょうどいいのではないでしょうか。

東総元駅の先を曲がって、旧総元小学校方面へ向かいます。洗い越しの入口に適当な駐車場所が見つからず、その先の神社のところに停めて歩いて行くことにしました。
Oodo20150922_06
一般車通行禁止が目印です。洗い越しは、川の向こうに農地を持っている方の専用道です。ただし、徒歩で向かう分には問題ないようです。あくまで車両がダメということです。

Oodo20150922_07
何カ所も標識が立っています。やはり、自家用車で進入を試みる人がいるのでしょう。

ようやく見えてきました。
Oodo20150922_08
舗装道路が川の中に続いています。

これが大戸の洗い越しです。
Oodo20150922_09
道路が完全に川の中に敷かれています。沈下橋とは違い、間違いなく道路です。しかも、最初から川の水が道路の上を流れるように設計されているのが洗い越しです。ここは、全国的に見ても規模の大きな洗い越しなのだそうです。

持参した長靴に履き替えて、渡ってみましょう。
Oodo20150922_10
このところ雨が降っていないので、水量は減っているはずなのですが、実際に間近で見るとけっこうな水量です。長靴で入ってみると、立っていられないほどではないですが、かなりの水圧を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開け・い鉄・昔の仲間(1) 

2015年9月22日(火)。今日は、敬老の日と秋分の日に挟まれた、国民の休日です。かつて5月4日を休みにするために生まれた、祝日と祝日に挟まれた平日は休日とするという法案。5月4日が「みどりの日」となったときに廃案にならずにそのまま生き残ったため、ハッピーマンデーで敬老の日の第3月曜日が21日になる特定年に適用される状態となって、シルバーウィークが発生するのですよね。

今日は朝の鍵開け任務のあと、午前中は職場で過ごします。そして、16時からかつて務めていた御宿営業所の仲間との、年に一度の思い出の会が、御宿の民宿であります。会うのは、閉鎖になった御宿営業所のラスト5年ほどに務めていた仲間です。

今日もよい天気です。行きがけに第一森宮踏切で53Dを撮ります。
Isumi350_20150922_01
気になっていた、ヒガンバナと柿を両方入れた欲張り構図を狙ってみました。あんまり上手い構図がありませんでした。

鍵開け任務を終えて、朝食を買いに町に出ます。そのついでに、大多喜~小谷松間の祠のところに移動しました。
Isumi350_20150922_02
54Dが走っていきます。351スナフキンでした。

続いて、下り55Dを撮ります。少し南へ移動しました。
Isumi_koyamatu20150922_03
撮影知の前の人家、ネコさんがたくさんいるのです。車中からも気になっていました。

Isumi_koyamatu20150922_04
ヒガンバナの向こうで、ゆっくりくつろぐネコさんです。

Isumi350_20150922_05
そこに55Dがやってきました。352ムーミンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮ってから墓参り 

2015年9月21日(月・祝)。今日は第3月曜日なので、敬老の日です。21日が敬老の日なんて、ピンときません。自分の中では、いまだに敬老の日は9月15日に固定されていますから。

とりあえず、鍵開けを頼まれているので、7時半に職場へ行きます。昨日まで出かけていたので、起きたのがギリギリ。撮影もせず職場へ向かいました。今日は、本当に鍵を開けるだけです。その後、船橋の霊園に家人と向かうことになっているからです。

それでも、自宅へ戻りがてら写真を撮っていきます。
Isumi350_20150921_01
第一森宮踏切で、上り54Dです。

続いて、上り快速100Dです。
Isumi_kiha28_20150921_02
今日は祝日なのでヘッドマーク無しです。

国吉のミニストップでパンとコーヒーの朝食にします。
Kuniyosi20150921_03
そのミニストップの近くに、いすみシャトルの弥正青年館バス停があるのですが、その付近が紅白のヒガンバナで彩られているのです。毎年、ここの紅白の美しさにはビックリします。

それにしても、今日の道路は異常でした。東金有料と京葉道路の合流点、千葉東ジャンクションからわずかな区間で、追突事故が3件ありました。2重が2件に3重が1件。1件は起こしたてといった感じでした。そして何より、八千代市から船橋市に入ったとたんに、車が動かないのです。霊園は船橋の北部にあるのですが、すぐ近くにあるのが「船橋アンデルセン公園」なのです。そう、アンデルセン渋滞です。信号1つ越えるのに30分です。八千代市から船橋市に入って霊園に着くまで2時間半かかりました。
Funabasi20150921_04
船橋市の北部なので,梨の直売所があちこちにあるのですが、こういうふなっしーの幟が目に付きました。

結局、霊園に着いたのが14時近く。生家へ行ったのが14時半くらいでした。親も心配して、今日は早く帰りなといってくれたので、2時間ほどの滞在でいすみへと戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

箱根1泊2日(2-8) 

強羅でケーブルカーに乗り換えです。
Hakone20150920_36
公園下駅に停まりました。次の公園上駅とその先の交換場所がよく見えます。

Hakone20150920_37
公園上駅に停車中です。対向車は中強羅駅に停車中です。

交換場所を過ぎると、勾配が急になりました。
Hakone20150920_38
まもなく終点の早雲山駅です。

なんとか17時までに早雲山駅に戻ってきました。
Hakone20150920_39
駐車場から車を出して帰路につきます。さて、どうやって帰りましょうか。スマホナビにおまかせすると、意外にもいったん箱根町方面に進み、旧国道1号線を下れとでました。その先は、箱根新道、西湘バイパスとすすんで帰ることにしました。途中はけっこう渋滞しましたけど、22時頃には帰宅できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(2-7) 

箱根湯本駅の強羅行きのりばには3両編成の電車が停まっていました。ところが、案内を見ると次の電車は2両編成。ということは、あの旧型2両編成のはずです。どうせなら、それに乗っていきましょう。
Hakone20150920_31
やってきたのは、予想通り110+109の旧型2両編成でした。クロスシートの窓側に座れました。

途中の仙人台信号場では、海が見えました。
Hakone20150920_32
箱根登山鉄道から海が見えるなんて、今日まで知りませんでした。

強羅駅は降車ホームに到着です。
Hakone20150920_33
その脇を箱根湯本行きが通過していきます。

今度は、今乗ってきた旧型車が乗車ホームへ移動します。それを写しに踏切に行きます。
Hakone20150920_34
子どももここで撮影していました。

いったん、踏切を越えて引き上げます。
Hakone20150920_35
それから乗車ホームへと移動していきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

箱根1泊2日(2-6) 

箱根湯本から、小田原行きの普通電車に乗ります。
Hakone20150920_26
三線軌条区間を、小田急車を使った箱根と前鉄道の普通電車がやってきました。

これに乗って、風祭駅まで行きます。
Hakone20150920_27
ついに標高は2桁まで下がりました。

ここはかまぼこの鈴廣の駅です。駅近くにある、鈴廣がやっているレストラン「えれんなごっそ」へ向かいます。混んでいましたが、ここはカウンター席もあるので、一人でもそれほど気兼ねはいりません。1時間弱で席へ案内されました。ランチバイキングのみ、1850円です。ここで、あの「かながわお楽しみクーポン券」を使います。
Hakone20150920_28
さすがは鈴廣。かまぼこ関係だけで、こんなにあるんです。いろいろなものを少しずつ、何度もおかわりしていただきました。

15時過ぎの電車で、風祭を後にします。17時までに早雲山駅に戻らなければ、駐車場が閉まってしまいますから。
Hakone20150920_29
先ほどと同じ、箱根登山色の小田急電車がやってきました。

箱根湯本に着くと、特急ホームには最新型のVSE50000形が停まっていました。
Hakone20150920_30
これ、まだ1回しか乗ったことがありません。もう一度乗ってみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(2-5) 

箱根湯本に到着しました。
Hakone20150920_21
多客期なので、臨時ホームの4番線に到着です。3番線には、100形の2両編成が停まっていました。今日は旧型車両5両全部出場ですね。さすがにシルバーウィークですね。

Hakone20150920_22
この旧型車にだけ付く、この行き先板がとってもいいですね。

小田急線特急ホームには、これまたいい電車がいました。
Hakone20150920_23
ロマンスカー7000形(LSE)です。現在4形式ある小田急の特急車両の中で、唯一の昭和生まれの車両です。

次にやってくる箱根登山鉄道に、新型3000形「アレグラ号」が連結されていたのを、すれ違った電車でわかったので、やってくるのを待つことにしました。
Hakone20150920_24
ガラスが縦に長いです。とても大きく見えます。

Hakone20150920_25
側窓も大きいです。ゆったりボックスシートに乗ってみたいですね。それには、もっと空いている時期でないとダメかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

箱根1泊2日(2-4) 

その後、いったん踏切の先まで戻って、乗車用ホームに入ってきました。
Hakone20150920_16
1000形の3両編成です。すべてセミクロスシートです。ボックス席に座れました。

途中駅で旧型の100形3連と行き違います。
Hakone20150920_17
旧型のみの3連って、初めて見ました。さすがシルバーウィークです。所有車両総動員といったところでしょう。2両がロングシートで、1両がセミクロスシートでした。

カーブのきつい信号場では、車両がよく見えます。
Hakone20150920_18
貫通路が非常用で幌もついていない理由がよくわかります。

スイッチバック式の出山信号場に着きました。標高は222mです。ネコ好きが喜びそうな標高ですね。
Hakone20150920_19
ここは、窓下のこれから行く線路が見えます。

Hakone20150920_20
180度カーブしながら坂を下って、この後あの鉄橋を渡ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(2-3) 

今回のおでかけで、ようやく鉄道に乗る機会がやってきました。
Hakone20150920_11
まずはケーブルカーです。「普 強羅」とあります。途中駅に停車しない快速便もあるのでしょうか。

Hakone20150920_12
標高が書かれているのが、箱根登山鉄道の駅名標の特徴です。ここは標高750mです。

一気に強羅まで下ります。
Hakone20150920_13
ここは標高541m。すでに200m下りました。さっきは、この200mをギアをローにして登っていったのですけど。

強羅駅には作業用の電車が停まっていました。
Hakone20150920_14
側線で荷物の積み込みをしていました。日中に動くことがあるのでしょうか。

そして、電車がやってきました。
Hakone20150920_15
まずは直進して、降車用ホームに入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(2-2) 

2日目は、まずは箱根の温泉を目指します。宮城野にある勘太郎の湯に行きました。
Hakone20150920_06
到着したのは9:45頃のことです。まだ駐車場がガラガラです。

Hakone20150920_07
それもそのはず、開館が10:00からです。入口で待っていると、5分ほど早く口開け客として迎え入れられました。今日は偶数日ですから、男性が露天岩風呂の日です。次のお客さんが入ってきたのは20分後くらいだったかな。それまで貸切状態でゆったり入れました。気持ちよかったです。

次は、やっぱり鉄道です。箱根登山鉄道の新車「アレグラ号」は、まだ見たことも乗ったこともありません。2両しかないし、増結用なのでどこで出会えるやら。いろいろ調べた結果、箱根の駐車場は高く、唯一見つかった無料駐車場はここでした。
Hakone20150920_08
早雲山駅の駐車場は無料なんです。ここに停めて、山の上から下っていくことにしました。

Hakone20150920_09
ロープウェイ運休中で、代行バス案内のため、たくさんの係の方が駅前にいました。

中に入りますが、窓口は閉まっています。ここでも1日乗車券「トコトコきっぷ」が買えるはずなのです。改札の方に言うと、窓口を開けて売ってくれました。
Hakone20150920_10
人家のない山の上の駅で、1日乗車券を購入しようという人がどれくらいいるのかわかりませんが、確かに早雲山駅発行の「トコトコきっぷ」が買えました。これで、夕方までいろいろと箱根登山鉄道を楽しむつもりです。一般の方と逆方向になるので、そこそこ座れるかなと思いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

箱根1泊2日(2-1) 

2015年9月20日(日)。今日は御殿場から箱根に向かいます。昨日は行けなかった温泉と、箱根登山鉄道に乗ろうと思います。

7:55にホテルの窓から外見ると、ようやく見えました。
Hakone20150920_01
少し雲がかかっていますが、山の形はよく見えます。

20分ほど経過した8:15の様子です。
Hakone20150920_02
かなり雲が出てきました。

Hakone20150920_03
山頂はなんとか見えますけど、だんだん雲が増えてきました。

朝食が終わった9時前です。
Hakone20150920_04
ついに富士山がまったく見えなくなりました。

今日は、御殿場から箱根に向けてドライブです。念のため、昨日も寄った乙女峠展望台に寄ってみます。
Hakone20150920_05_2
富士山の姿は、やはり全く見えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(1-8) 

箱根ガラスの森美術館は、館内の撮影も大丈夫でした。
Hakone20150919_36
シルバーウィークにちょっとローマまで行ってきたよと言ってもバレないかな。

Hakone20150919_37
鏡に映った天井です。

Hakone20150919_38
薄暗くなってきて、ガラスの木も輝き始めました。

Hakone20150919_39
開演時間は17:30まで、あと10分ほどで閉園です。そろそろ出ることにします。

再び乙女峠を越えて御殿場へ向かいます。せっかくだから、御殿場プレミアムアウトレットへ行ってみます。駐車場と食事場所があるでしょうから。駐車場は19時近いのに、かなり遠くまで誘導されました。ここで1時間半ほど過ごしてから、予約してある市内のビジネスホテルへと向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

箱根1泊2日(1-7) 

その後に美術館へ向かいます。入場券を買ってありましたから。
Hakone20150919_31
その手前にある屋外展示です。このガラス製の車のエンブレムがラリックの作品です。

美術館に入ります。
Hakone20150919_32
残念ながら館内は撮影禁止です。

入場券の図案も、車のエンブレムでした。
Hakone20150919_33
香水瓶とか車のエンブレム、その他、芸術的な実用品がたくさん展示してありました。かなり大きいものもあります。実際に使える美術品って、個人的には好きです。

その後、近くの箱根ガラスの森美術館へ行きました。
Hakone20150919_34
こちらも特別展で「魅惑の香水瓶」ということで、ラリックの作品も並んでいました。

それよりもこちらは風景ですね。
Hakone20150919_35
美術館の庭の向こうに、噴煙が上がる大涌谷が見えるのです。入口の方も、今は噴煙が見えますからと言っていました。安全だと言われても、ちょっと不安にはなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(1-6) 

パウンドケーキですが、メイプルキャラメル(だったかな)をかけてお召し上がり下さいとのことで、お説に従っていただきました。
Hakone20150919_26

それで、食べ終わるとこんなお皿だったのです。
Hakone20150919_27
これって、オリエント急行のオリジナルでしょうか。

そういえばカップも同じです。
Hakone20150919_28
同じロゴが入っています。

14:40になって、下車の時間となりました。先ほどとは反対側のデッキから降ります。車体の前方にも4人洋子室があることがこのときわかりました。ただ、この車両には厨房はありません。あくまでも食事をするための「食堂車」であって、厨房車は別にあるのがオリエント急行のようです。

外に出ても、しばらくは撮影タイムがあります。
Hakone20150919_29
これがサボですね。

Hakone20150919_30
これがエンブレムです。

係の方にたずねてみると、テーブルランプは後付けですが、ワゴン・リ社に頼んでイメージを合わせて造ってもらったもので、食器類は当時使われていた者を、日本のメーカーに復刻してもらったものだそうです。そして、それ以外のものは、すべて廃車時のオリジナルだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

箱根1泊2日(1-5) 

下車時刻は14:40で、それまでは車内にいてかまわないとのこと。ストロボを使わなければ、撮影は自由とのことで、いろいろと撮ってみました。
Hakone20150919_21
ラリックのガラス作品です。見るのと撮るのはかまいませんが、お手を触れませんようにとのことです。

Hakone20150919_22
天井のランプも当時のもののようです。

Hakone20150919_23
非常信号を引くハンドルの下にも、小さなラリックのぶどうのガラスがはめ込まれていました。

Hakone20150919_24
テーブルランプだけは廃車当時なかったので、前所有者のワゴン・リ社にお願いして、イメージが同じになるものを作ってもらったそうです。

Hakone20150919_25
乗車は、こちら側の貫通路からでした。入ってすぐの右側が4人用個室です。その先が8人の開放室。その壁の向こうが12人の開放室でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

箱根1泊2日(1-4) 

仙石原のラリック美術館に着いたのは、13時半でした。事前にローソンで前売り入館券を買ってきたのですが、オリエント急行だけなら、入館券は必要ありませんでした。

レストラン入口で、オリエント急行の乗車券を買います。2100円なので、先ほどのクーポン券を使います。おつりは出ませんが、購入価格は1750円ですから、損するわけではありません。
Hakone20150919_17
購入時に飲み物を聞かれます。ホットコーヒーをお願いしました。14時の3分前には戻ってきて下さいとのこと。

それまでは、無料のお庭を散策します。
Hakone20150919_16_2
庭からも、館内にいるオリエント急行をちらりと見ることができました。

13:50にオリエント急行の入口に戻りました。
Hakone20150919_18
本物のオリエント急行です。1回45分、定員20名のティーセット付きの見学会です。この回は8名でした。

まずは手前のビデオゾーンで、この車両と車内にあるラリックの作品の説明を受けます。その後車内に案内されました。4人個室が2室。オープン室が2部屋ありました。
Hakone20150919_19
これがオープン室です。2人掛けと4人掛けのテーブルが並びます。この部屋の定員が8名です。もうひと部屋が12名でした。今日は全員そちらの12人部屋(4人掛け1卓、2人掛け4卓)に通されました。

テーブルの上にはティーセットが用意されていました。
Hakone20150919_20
パウンドケーキとコーヒーポット、それにチョコがあります。このポットのコーヒーが超たっぷりでした。カップに3杯以上入ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

箱根1泊2日(1-3) 

道の駅「箱根峠」に到着しました。まじめに集めているわけではないですが、あれば買います。
Hakone20150919_11
道の駅記念きっぷです。そうだ180円になったのですね、というほど、買うのは久しぶりです。

ここに来た目的は、道の駅きっぷではないのです。
Hakone20150919_12
1750円で買える2500円クーポン「かながわお楽しみクーポン」です。箱根地区で売っているのは、湯本駅前の観光協会とこの道の駅だけとのこと。まあ、宿泊すればそこで買えるらしいのですけど。1800円以上の買い物をするなら、こっちの方が得です。とりあえず、確実に使うであろう2枚を購入します。

道の駅から見える芦ノ湖です。
Hakone20150919_13
これから、あのホテルの向こう側を通って、仙石原へ向かいます。

Hakone20150919_14
さすがに1人でボートに乗るキハないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(1-2) 

箱根スカイラインの料金所で310円払って進んでいったのですが、その先にまた料金所がありました。こちらは芦ノ湖スカイラインの料金所です。1本の有料道路だと思ったら違ったんですね。しかも、こっちは620円でした。
Hakone20150919_06
三国峠の展望台です。ここも、雲がなければ富士山が見えるはずなのですが・・・。それにしても、スポーツカーにアベックですか。まあ、いいです。マニュアルの軽でワインディングロードの走行を楽しみに来たのですから。教習所に通うようになってから、再度なめらかなギアチェンジを工夫するようになりましたから。成果を試すよいチャンスです。

その先の展望台で、再び芦ノ湖が見えました。
Hakone20150919_07
これはプリンスホテルと芦ノ湖神社の鳥居ですかね。

Hakone20150919_08
先ほどの展望台より標高が下がったので、ちょうど駒ヶ岳ロープウェイの交換が正面に見えます。

Hakone20150919_09
海賊船は小田急系の箱根観光船で、こちらの質素なのは西武系の芦ノ湖遊覧船ですね。運行区間は、どちらも同じなんですけどね。使えるきっぷが違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根1泊2日(1-1) 

2015年9月19日(土)。鍵開け任務が完了して、あとは自由の身です。せっかくのシルバーウィーク、どこかへいこうと画策していました。あまり遠くへは行けないし、それほどお金もないし。近場ということで箱根に行こうと思いました。だって、大涌谷の噴火で人が少ないだろうから、道路も空いているだろうと(これが甘かった)。以前から行きたいと思っていた、ラリック美術館のオリエント急行に行ってみたかったし、時間があれば、箱根登山鉄道の新車「アレグラ号」にも乗ってみたいですから。

ただ、シルバーウィークの初日、二日目は、東名高速下り渋滞30kmの予測が出ています。日帰りはちょっと厳しいかなと宿を探すと、御殿場ならギリギリでもビジネスホテルが取れました。これで、おでかけ決定です。

大多喜から市原鶴舞インターに向かいます。ここから圏央道に入って、アクアライン、首都高、保土ヶ谷バイパスと走って、横浜インターから東名高速に入ります。たしかに渋滞はありましたが、それほどひどくはなく、11時過ぎには御殿場インターを降りることができました。ここから箱根に向けて、乙女峠への国道を走ります。

途中の乙女駐車場でひと休みです。
Hakone20150919_01
展望台がありますが、雲しか見えません。

Hakone20150919_02
雲がなければ、正面に富士山が見えるのだそうです。残念です。

予定より2時間近く早いので、道の駅「箱根峠」を目指します。箱根スカイラインという道に入っていきます。
Hakone20150919_03
おおっ、芦ノ湖が見えます。路線バスの走っていない道なので、ここを通るのは初めてです。もちろん、この方角から芦ノ湖を見るのも初めてです。

Hakone20150919_04
立入禁止が続く大涌谷も、ほぼ正面に見えます。噴煙ではなく水蒸気なのでしょうか、白い煙がずっと上がっていました。

Hakone20150919_05
駒ヶ岳ロープウェイの山頂駅です。ここは、かつてケーブルカーが健在だった頃、ケーブルカーとロープウェイのセットで回ったことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

い鉄を撮りながら鍵開けへ 

2015年9月19日(土)。今日から、世に言うところのシルバーウィークです。秋分の日が23日(平年ね)で、敬老の日が21日になったときだけ起こる5連休です。平年だと9月1日が火曜日の年、うるう年(秋分の日が9月22日になることが多い)だと9月1日が水曜日になったときに起こるのですね。

そうは言っても、いつもの休日のように7時半に職場の鍵開けです。台風は予想よりはそれて、今朝は雨上がりといった雰囲気の曇り空です。
Isumi350_20150919_01
なかなかいい撮影知が見つかりません。時間がなかったので、線路脇の紫色の小花を入れて、53Dを撮ります。352ムーミンでした。

近くの墓地に咲いているヒガンバナを入れて撮ってみます。
Isumi_nittano20150919_02
国道をいすみ市民バスが行きます。土休日の運行は9月いっぱいで終了です。10月からは土休日完全運休になる市民バス循環線です。

大原行き52Dがやってきました。
Isumi300_20150919_03
301パパ&ママが、大原に向けて走っていきました。

この後、自家用車を大多喜に向けて走らせました。無事に鍵開け任務完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »