« 超早起きの鍵開け1日目  | トップページ | 居酒屋列車(1-1)  »

2015年9月 1日 (火)

これはリアル愛貧なんだと悟った 

2015年8月8日(土)。職場の超早朝鍵開けが終わって、しばらく職場で過ごしてから、自家用車で上総一ノ宮駅へ向かいます。駅近くの300円コインパークに車を停めて、上総一ノ宮駅8:45の千葉行き普通電車に乗って、鎌取駅へ向かいます。

鎌取駅から送迎バスに乗って教習所へ向かいました。今日は10:10からの学科が2つと、13:00からの実技が2時間です。

学科の内1時間は、体の不自由な方の乗車補助についての実習でした。今日も教官はSさんで、受講生は2人です。もう一方は前回と同じ人です。自分と同じ、中型限定8t(旧普通免許)からいきなり大型二種を目指している無謀者です。お互い同じなので、ちょっと親近感がわく方ですが、自分より若いので彼の方が進みは早くなるでしょう。

車いすからタクシーの後部座席に、介助をしながら移す方法や、バスの中ドアから補助スロープを引き出して、車いすのまま乗車させる方法、目の不自由な方に声をかけてステップを上がって座席に座っていただく方法を、2人一組になって実習します。

13:00からの実技は、初めてのO教官でした。厳しいです。
「ふだんどんなトラック乗ってるの」「いえ。軽自動車なんです。マニュアルの」
「中型限定8tならトラック乗れるでしょ」「ええ。でも乗ったことないんです」
「そんなクラッチの使い方じゃ、立ってるお客さん倒れるよ。これバスなんだから」
「そんな乱暴なギアチェンジしたら、見てるお客さんが不安になるよ」
もちろん、まだ左折はぜんぜん上手くできません。「もっと小回りやらなくちゃ」
そして、次のひと言が効きました。
「あんた、プロになるんでしょ」「はい、なりたいです」
「プロの運転を身につけるんでしょ」「はい、そうです」
「普通車で入所している人もバスの練習している人はプロなんだって目で見てるんだよ」

ああ、これは愛貧だ、ペンギンの女主人だ。そうか、自分は今、リアル愛貧の世界で修行をしている依頼人なんだと悟ったのです。みなみちゃんになってはいけない。結果的にプロに転職できるかどうかはわからないけれども、プロになる、なってやるという気持ちでやらなきゃ、なれないんだと実感しました。

でも、O教官の指導は具体的でわかりやすいです。「目視って、どこ見るかわかってるの」「ええ?実は正確には・・」
というと、自分でバスの外に出て「ミラーだけ見て、私が見えなくなったら声だして」「じゃ、そこで私を目視して。それが目視する方向。ミラーで見えない場所を見るのが目視。わかった」と左右ともやってくれるのです。言葉でわからなくことを、やってもらって、少しずつ教官の言ってみる意味が、実感としてわかってきています。

※愛貧とは、テレビ東京で放送していた「愛の貧乏脱出大作戦」という番組のことです。いやぁ、この番組好きだったんですよね。実際に、放送されたお店も何店か訪ねていったことありますし。

|

« 超早起きの鍵開け1日目  | トップページ | 居酒屋列車(1-1)  »

コメント

僕。
大型免許と大型二種免許持ってます。
運転免許試験センターで本番1回にチャレンジして何度か落ちましたがなんとか取得することができました。僕が大型免許を取得したのは学生時代にトヨタレンタカーでアルバイトしててマイクロバスなどの大型車両を運転する機会がしょっちゅうあり行動を走るにはどうしても必要だったからです。
別に無理に取得しなくてもよかったのですが大型免許を持ってると手当てが毎月5000円ついてくるのが大きなきっかけでした。

投稿: モモのパパ | 2015年9月 2日 (水) 03時57分

モモのパパさん、こんにちは。
実は数年前、道交法が変わる時(中型と大型にわかれるとき)に大型取得に行こうかなと真剣に考えました。そのときなら、地元の教習所でとれましたからね。今は、千葉県でも大型二種が教習できる場所は片手ほどしかありません。中型・大型に分かれてからは、大型教習を止めてしまった教習所が多いのです。こんなことになるのならと、実は悔やんでいます。まあ、始めた以上は最後までがんばりますけど。

投稿: わらしべ長者町 | 2015年9月 2日 (水) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはリアル愛貧なんだと悟った :

« 超早起きの鍵開け1日目  | トップページ | 居酒屋列車(1-1)  »