« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

い鉄で出勤(90) 

2015年7月10日(金)。今日も天気は今ひとつです。それでも、いすみ鉄道で出勤します。

国吉駅の市営駐車場に車を停めます。
Isumi_kuniyosi20150710_01
いすみ202がいなくなって、ガランとなった側線です。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20150710_02
352ムーミンです。

いつものように、城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi200_20150710_03
今朝の8Dは、206リトルミイでした。

帰宅は、ちょっと早めの28Dです。そうはいっても、勤務時間は2時間ほど前に終わってますけどね。
Isumi200_20150710_04
これも206リトルミイでした。夏至を過ぎたとはいえ、まだまだ明るいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

7月10日は3件のリリースが出ていました。小松邦夫は郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月10日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

アクアマリンふくしま「わくわく里山・縄文の里」
販売日 2015年7月17日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 いわき市内の計58局

シートはオリジナルです。 


7月10日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

紙で再現! GINZA 1964
販売日 
2015年7月21日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 
銀座通局のみ

シートはオリジナルです。 


7月10日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

小池邦夫 絵手紙の源泉地・道後温泉 第2弾
販売日 2015年7月17日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 松山市内の全63局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計66局

シートは学部対(52円)です。7月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤 

2015年7月9日(木)。今朝も天気はあまりよくありません。午後から勝浦まで荷物を取りに行く用事があるので、自家用車で出勤します。

四之町踏切の下にガマの穂がでています。下草も刈られたのを車内から確認していました。そこで、まずは四之町踏切に行きました。
Isumi350_20150709_01
ガマの穂の向こうを、今朝の5Dが行きます。351スナフキンです。

その後、第一森宮踏切へ移動します。
Isumi_rail20150709_02
そろそろ蓮の花が咲いたのではないかと思ったのですが、まだまだつぼみでした。

雨も強くなってきたので、蓮池は入れずに車両中心で撮ります。
Isumi200_20150709_03
今朝の8Dは206リトルミイでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

7月9日は3件のリリースが出ていました。JUNICHIは郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月9日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

秋田竿燈まつり
販売日 2015年7月17日(~未発表
販売部数 1,400部

販売地域 秋田市、男鹿市、潟上市、井川町、五城目町、八郎潟町、大潟村内の計71局 

シートはオリジナルです。 


7月9日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

富士登山2015
販売日 
2015年7月10日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 
富士山頂局のみ

シートは額縁(52円)です。 


7月9日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

JUNICHI ART FRAME STAMPS
販売日 2015年7月23日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域  西宮市(山口局、西宮東山台局、塩瀬局は除く)、芦屋市内の計58局

シートはグラデーションです。7月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

7月8日は3件のリリースが出ていました。日本平は郵便局のネットショップ扱いがありません。

7月8日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

おぶせくりちゃんおぶせまろんちゃんの信州おぶせ散歩
販売日 2015年7月15日(~未発表
販売部数 1,030部

販売地域 長野市、飯山市、須坂市、中野市、飯綱町、小布施町、信濃町、山ノ内町、小川村、木島平村、栄村、高山村、野沢温泉村内の計107局

シートは額縁(52円)です。7月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


7月8日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

信州の国立公園 
販売日 
2015年7月15日(~未発表
販売部数 2,030部

販売地域 
長野県内の計443局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションシートです。7月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


7月8日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

静岡市立日本平動物園フォトコンテスト入賞作品 
販売日 2015年7月10日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域  静岡市内の計95局

シートは額縁(52円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら いすみ202 

2015年7月8日(水)。上り最終の30Dを国吉で降りて駅前にでると、そこにはトレーラーに載せられたいすみ202がいました。
Isumi202_20150708_02
小雨が降っているし、ISO1600とかISO3200にしないと撮れない状態です。

車の中に入って窓を開けて、なんとか固定して撮ってみます。
Isumi202_20150708_03
今夜中には、次の活躍馬所に運ばれていくのでしょう。202は故障して走れませんから、ミャンマーではないことはたしかです。どこへ行くのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(89) 

2015年7月8日(水)。今朝はいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅の市営駐車場に自家用車を停めます。普段は白いガードレールでいすみ鉄道との敷地が仕切られているのですが、一部ガードレールが外れています。
Isumi_kuniyosi20150708_01
そういえば、202は夏休み前にはいなくなるという話です。なにかあるのかな。「作業により駐車場使用休止」という看板はどこにもありません。もしかすると、近々何らかの動きがあるのかもしれません。

下りホームにカエデの木です。
Isumi_kuniyosi20150708_02
アジサイにカエルではなく、カエデにカエルでした。

今朝の5Dがやってきます。
Isumi350_20150708_03
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20150708_04
今朝の8Dは302スニフです。今日は206リトルミイはお休みのようです。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi350_20150708_05
期末テスト中なので高校生はほとんどいません。今日も座って帰宅することができました。降りるとき、運転士さんが「202、これから運び出すそうですよ。急遽決まったそうです」と教えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小谷松駅に寄って出勤 

2015年7月7日(火)。今日は七夕ですが、朝から小雨が降っています。午後から、地区のスポーツ大会が大原であり、そちらに顔を出さなければならない関係で、今朝は自家用車出勤です。

どこかでいすみ鉄道を撮影していきましょう。小谷松駅が、そろそろアジサイからヤマユリに変わるんじゃないかなと思って、寄ってみることにしました。
Isumi_koyamatu20150707_01
咲いてはいましたが、まだまだつぼみの方が多いです。しかも、線路に向かって咲いているので、花と列車を同時に撮るのが難しいです。花の後ろ姿は、あまり絵になりませんからね。

上り8Dがやってきました。車両全体を入れて撮るのは不可能です。
Isumi_koyamatu20150707_02
とりあえず、ヤマユリにピントを合わせて、なんとか花と車両を入れますが、ダメダメですね。

下り5Dがやってきました。
Isumi_koyamatu20150707_03
とりあえず駅名標と一緒にとりますが、ヤマユリはつぼみがたくさんです。

結局、小谷松のヤマユリはもう少し後にならないと、上手く撮れないということがわかりました。
Isumi_koyamatu20150707_04
こんな日もあるさ、ということでちょっと失敗したなと感じながら、仕事場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

い鉄で出勤(88) 

2015年7月6日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤です。自宅を少し早めに出ました。腕時計を見ると、新田野へ行けば6Dが撮れそうです。国吉へ向かう道を、途中で左折して新田野へ向かいました。

雨のなかやってきた6Dを撮影します。
Isumi350_20150706_01
今朝の6Dは、351スナフキン+302スニフでした。撮影後、自家用車を国吉駅の市営駐車場へと走らせます。

5Dがやってきました。
Isumi300_20150706_02
今朝は301パパ&ママでした。やはり300形だと、350形より混雑しますね。

雨がだんだん強くなってきたので、城見ヶ丘で降りるのは止めて、大多喜まで乗りました。
Isumi300_20150706_03
大多喜で行き違いになる8Dは、206リトルミイでした。ここから、歩いて出勤しました。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi350_20150706_04
高校生が期末テストでいません。ガラガラの351スナフキンの車内に、1人で座って帰宅します。

Isumi350_20150706_05
小雨降る国吉駅に1人で降り立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日(6) 

上総中川の踏切に来ました。毎日の通勤で、桜の下の草が刈られているのを知っていたからです。
Isumi350_20150705_26
大原行き60D「チーバくん号」が走り去ります。

その後、国吉駅の市営駐車場に車を停めて、駅前の喫茶「かとれあ」さんで、鶏唐揚げ定食のお昼にします。そろそろ時間と、13時ちょっと前に店を出て国吉駅へ向かいます。ここで、104D急行2号と63Dの行き違いを撮ります。
Isumi_kuniyosi20150705_27
急行2号がやってきました。ここで、63Dと行き違います。63Dは、先ほどの「チーバくん号」の折り返しです。

Isumi_kuniyosi20150705_28
急行2号の脇を63Dを走り去ります。

Isumi_kuniyosi20150705_29
アジサイが咲く線路の走り去る63D「チーバくん号」を撮って、今日はここまでと帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日(5) 

103Dに続いて、60Dが給油線から転線してきました。
Isumi_otaki20150705_21
今日は、県民の日夷隅支庁企画で大人向けいすみ鉄道の旅「チーバくん号」が運転されます。60Dの1両がその貸切車両になるはずです。

Isumi_otaki20150705_22
まだヘッドマークはついていませんが、351の車内にはテーブルがセットされていますから、こちらが「チーバくん号」で間違いないようです。

そのうちに係の方がやってきてヘッドマークを装着しました。
Isumi_otaki20150705_23
豪華に、左右両方とも「チーバくん」ヘッドマークがつきました。

そのうちに、駅前の観光本陣から参加者の方々がお弁当を手にホームにやってきては「チーバくん号」に乗り込んでいきます。
Isumi_otaki20150705_24

103Dが「チーバくん号」の脇を走り抜けます。
Isumi_otaki20150705_25
あと20分ほどで、60D「チーバくん号」も発車です。駅前の駐車場から自家用車を出して、どこか途中で走行写真を撮りましょう。雨もだいぶ小降りになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日(4) 

地元の区民館に同居している総元駅です。塗り替えのときに、地元の方がムーミンハウスを意識して、青い外壁と赤い屋根にしてくれました。
Isumi_fusamoto20150705_16
ホームのない側から駅舎をゆっくり眺めたのは、今日が初めてです。ムーミンハウスのような円柱状ではないですけど、よく雰囲気が出ていると思います。

大多喜行き102Dがやってきました。
Isumi_kiha28_20150705_17
まあ、これが走行写真ということで。天気も悪く、こんなところでないとシャッタースピードがついていきませんから。

総元を出てすぐのムーミン鉄橋です。
Isumi_fusamoto20150705_18
どんな天気でも、ムーミンは釣りをしています。

大多喜駅に到着しました。
Isumi_otaki20150705_19
給油線に停まる2連が、このあと11:58の普通大原行き「チーバくん列車」になるのでしょう。

102Dが折り返し103Dになるための転線が始まりました。
Isumi_otaki20150705_20
これが済むと、60D大原行き「チーバくん列車」が入線してくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日(3) 

大多喜でお客さんが降りて、少なかった車内はますます閑散としました。観光急行にも、こんな日があるのですね。
Isumi_kiha52_20150705_11
七夕の笹飾りがあるキハ52車内を1枚撮っておきます。前部ロング席は誰もいませんでした。

どうしようかなと迷いながら、総元で降りることにしました。
Isumi_kiha28_20150705_12
急行1号を見送ります。折り返しの大多喜行き普通列車102Dは、11:03ですから40分以上の待ち時間があります。

ホームの向かいにある田んぼの片隅に、こんな花畑が作られていました。
Isumi_fusamoto20150705_13
緑に塗られたタイヤの中にアジサイの株。その周りには、ヒマワリが植えられています。地元の方が作ってくれたのでしょうね。ヒマワリが咲くのが楽しみです。

まだ行ったことのない、黒原不動滝まで歩いて行ってみることにします。
Isumi_fusamoto20150705_14
今日の天気では、遊歩道に降りるのは止めた方が良さそうです。

橋の上から眺めます。
Isumi_fusamoto20150705_15
もともと、落差が3~4mしかない滝だそうですから、濁流で出来ている段差が滝なのでしょう。もう少し水量の少ないときに来ないと、滝なのかどうかはっきりしませんでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

雨の日曜日(2) 

9:18に急行1号が大原駅を発車します。
Isumi_kiha52_20150705_08
今日は、若干いすみ鉄道の急行1号の方が早く走り去りました。

通称ムーミン池の様子です。
Isumi_azuma20150705_09
だいぶ草が伸びてきました。テントの中も草だらけです。雨が斜めに走っています。まだ雨脚は強いです。

国吉駅で観光停車です。
Isumi_kiha28_20150705_06
雨が強いので、ホームに出て写真を撮る人は少ないです。

Isumi_kiha52_20150705_07_3
キハ52の方も撮っておきましょう。

行き違いになる大原行き普通列車が発車していきます。
Isumi_kiha28_20150705_10
まもなく急行1号も国吉を発車します。さて、どこまで乗りましょうか。ただ乗るだけはつまらないし、せっかくの雨の日スペシャルヘッドマークですから、どこかで走行写真も撮りたいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日(1) 

2015年7月5日(日)。今日は雨の日曜日です。昨日、まったくいすみ鉄道に乗れなかったので、今日は午前中だけ、いすみ鉄道に乗ってこようと思います。6月28日と今日の2回だけ、千葉県民の日夷隅支庁企画で走る「チーバくん号」も撮影したいですからね。前回は、「大人の休日倶楽部会員パスの旅」で見ることができませんでしたから。

大多喜まで自家用車で行って、町営駐車場に車を止めて大多喜駅へ向かいます。
Isumi_kiha28_20150705_01
けっこう強い雨が降る中、100D快速大原行きが、雨の日スペシャルで「水郷」のヘッドマークをつけて待っています。緑色の小型「水郷」は撮ったことがありますが、大型水郷はもしかすると初めてかもしれません。

Isumi_kiha28_20150705_02
キハ28の愛称版は、すでにレストランキハになっていました。これが、社長ブログでも紹介されたファンから寄贈された愛称版ですね。

Isumi_kiha28_20150705_03
駅前には、まだ8時台だというのに、今日のレストランキハの待ち合わせ掲示が出ていました。

快速100Dに乗って大原を目指します。
Isumi_kiha28_20150705_04
折返し、急行表示になった急行1号に乗っていきます。

こんな天気なので、車内はけっこう空いていました。
Isumi_kiha52_20150705_05
今度は、七夕飾りがあるキハ52に乗っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議の帰りの買い物 

2015年7月4日(土)。今日は千葉で、年に1度の定期大会です。職場の代表で出席します。久しぶりに自宅から徒歩で長者町駅へ向かいました。長者町8:08の千葉行きで出発です。

ほぼ夕方までかかって、今年の年次大会は終了です。帰りは茂原で家人と待ち合わせて買い物です。駅前のイオンで買い物です。今日は、地元の工場、三真コーナーというのがありました。そこに並んでいるのは自社製品ですが、いすみ鉄道の「い鉄揚げ」をはじめOEMで他社のおせんべいやあられ類を作っている会社です。
Sansin20150704_01
こんな製品がありました。もしかして、い鉄揚げのカレー味と同じ味かなと買ってみました。

どちらかというと、カレー感は薄かったです。やっぱり、い鉄揚げカレー味くらい、個性があると止められなくなりますね。これはこれで、それなりにおいしかったですけど。次はやっぱり、い鉄揚げのカレー味を買おうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(88) 

2015年7月3日(金)。今朝もいすみ鉄道で出勤です。雨がなかなか厳しい朝になりました。

そんな雨の中、今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20150703_01
今朝は351スナフキンでした。

いすみ市から大多喜町に入ると、ますます雨が強くなってきました。城見ヶ丘で降りるのは止めて、大多喜まで乗っていきました。
Isumi350_20150703_02
側線から352ムーミンが転線して、351の後ろに連結されました。何でも、折返し10Dに上総中野から団体が乗車するので、ここから増結するのだそうです。

その2連になった5Dの脇を、今朝の8Dが走り去っていきます。
Isumi200_20150703_03
当然7Dは、高校生の通学対応で2連のはず。短い時間ですが、現有5台のレールバスが予備車ナシでの運用に就きました。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi300_20150703_04
今日はセミクロスの301を貸切で帰りました。今日は、高校生も乗っていませんでした。

Isumi300_20150703_05
朝のような強い雨は止みました。国吉駅に降り立ったのも、もちろん自分1人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

7月3日は4件のリリースが出ていました。旭市以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

7月3日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

旭市合併10周年記念 
販売日 2015年7月13日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 旭市、神崎町、多古町、東庄町、香取市、匝瑳市、銚子市内の全61局と東陽局、木戸局、日吉局、下総局、大栄局、昭栄局、小御門局の計68局

シートはオリジナルです。7月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


7月3日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

祇園祭 
販売日 2015年7月10日(~未発表
販売部数 5,000部

販売地域 京都市内(旧京北町域を除く)の全218局と北浜東局の計219局

シートはオリジナルです。


7月3日に日本郵便株式会社沖縄支社からリリース文が配信されました。

特別天然記念物 イリオモテヤマネコ発見50年 
販売日 2015年7月17日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 石垣市、竹富町、与那国町内の全15局と那覇中央局、知念局の計17局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションシートです。クリアファイルとのセットで売価1300円です。


7月3日に日本郵便株式会社沖縄支社からリリース文が配信されました。

石垣島北部の自然 平久保半島 
販売日 2015年7月13日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  石垣市、竹富町、与那国町内の全15局と那覇中央局、知念局の計17局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションシートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(87) 

2015年7月2日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅のアジサイも、そろそろ終盤です。
Isumi350_20150702_01
今朝の5Dは、352ムーミンです。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20150702_02
今朝の8Dは301パパ&ママでした。206はお休みのようです。

帰宅は、最終の30Dになりました。
Isumi350_20150702_03
昨日と同様、高校生の期末テストが近いからか、乗客が少なく座って帰宅できます。

Isumi350_20150702_04
国吉で降りると、車内に残っているのは大会が近い野球部の生徒数名でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

7月2日は2件のリリースが出ていました。八戸は郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月2日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

八戸三社大祭
販売日 2015年7月10日(~未発表
販売部数 2,000部

販売地域 青森県内の計267局

シートはオリジナルです。7月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


7月2日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

いなかだて田んぼアート
販売日 2015年7月10日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域  青森市、黒石市、平川市、平内町、外ヶ浜町、今別町、蓬田村、藤崎町、大鰐町、田舎館村内の計77局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

い鉄で出勤(86) 

2015年7月1日(水)。今朝は久しぶりのいすみ鉄道での出勤です。国吉駅に来るのも久しぶりになります。

Isumi_kuniyosi20150701_01
Kさんのボンネットバスは、まだ国吉に停まっていました。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20150701_02
351スナフキンです。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へ向かいます。
Isumi200_20150701_03
小雨降る中、今朝の8Dがやってきました。206リトルミイです。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi350_20150701_04
高校生が期末テストだからでしょう。乗客がとっても少ないです。座って帰ることができます。

Isumi350_20150701_05
今日の30Dは352ムーミンでした。明日は、これのお世話になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

7月1日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月1日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

白山
販売日 2015年7月15日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 金沢市(新金沢局を除く)、かほく市、白山市、野々市市、津幡町、内灘町内の計116局 

シートはオリジナルです。7月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


7月1日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

黒田博樹選手広島東洋カープ復帰記念 一球の重み
販売日 2015年7月7日(~未発表
販売部数 5,000部(別途 通販1,500部)

販売地域 広島県、山口県玖珂郡和木町内の全583局と由宇局、岩国新港局、岩国藤生局、柱島局、岩国元町局、岩国愛宕局、通津局、岩国今津局、南岩国三局、岩国川下局、岩国室木局、岩国局、東京中央局の計596局

シートは大型です。オリジナル台紙、クリアファイルとのセットで売価2000円です。7月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。こちらは、クリアファイルの代わりに大型はがきがセットになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤 

2015年6月30日(火)。今日は夜、大原で会議があるので、自家用車で出勤です。昨夜の帰宅が遅かったので、今朝はちょっと家を出るのが遅くなりました。いつもは出勤で使う5Dを、小谷松駅で撮ることにしました。

まだアジサイが咲いている小谷松駅に5Dがやってきました。
Isumi350_20150630_01
アジサイは綺麗です。平日の朝なので、他の撮影者はいません。

Isumi350_20150630_02
小谷松駅に5Dが入ってきました。今朝は352ムーミンです。

Isumi350_20150630_03
5Dが上総中野へ向けて発車していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月30日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月30日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

富士十景2015 
販売日 2015年7月3日(~未発表
販売部数 3,000部

販売地域 富士宮市、御殿場市、裾野市、小山町内の全35局と富士山頂局、沼津局、沼津大岡局、沼津平町局、沼津杉崎局、沼津大岡駅前局、沼津駅前局、沼津花園局、 沼津西局、沼津片浜局、沼津金岡局、浮島局、愛鷹局、沼津真砂局、沼津高島局、沼津間門局、沼津椎路局、沼津大塚局、沼津西添局、三津局、三の浦局、沼津 西浦局、沼津下香貫局、沼津我入道局、沼津志下局、沼津大平局、沼津西島局、沼津本町局、沼津下河原局、沼津本郷局、沼津合同庁舎内局、吉原局、鈴川局、 富士富士岡局、大渕局、今泉局、富士依田橋局、吉原原田局、広見局、吉原中央町局、富士富士見台局、富士北局、富士局、岩松局、富士柳島局、田子浦南局、 富士伝法局、富士水戸島局、富士横割局、富士松岡局、富士市役所前局、富士宮島局の計87局

シートはグラデーションです。 


6月30日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

ねんりんピックおいでませ山口2015
販売日 2015年7月9日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域  山口市、和木町内の全局と宇部市、下関市、下松市、岩国市、光市、長門市、萩市、美祢市、防府市、柳井市、山陽小野田市、周南市、阿武町、上関町、田布施町、平生町、周防大島町内の一部の局の計71局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月29日は3件のリリースが出ていました。松山駐屯地以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月29日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

富士総合火力演習(平成27年) 
販売日 2015年7月2日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 小山町、富士宮市、御殿場市、裾野市内の全35局と沼津局、沼津大岡局、沼津平町局、沼津杉崎局、沼津大岡駅前局、沼津駅前局、沼津花園局、沼津西局、沼 津片浜局、沼津金岡局、浮島局、愛鷹局、沼津真砂局、沼津高島局、沼津間門局、沼津椎路局、沼津大塚局、沼津西添局、三津局、三の浦局、沼津西浦局、沼津 下香貫局、沼津我入道局、沼津志下局、沼津大平局、沼津西島局、沼津本町局、沼津下河原局、沼津本郷局、沼津合同庁舎内局、吉原局、鈴川局、富士富士岡 局、大渕局、今泉局、富士依田橋局、吉原原田局、広見局、吉原中央町局、富士富士見台局、富士北局、富士局、岩松局、富士柳島局、田子浦南局、富士伝法 局、富士水戸島局、富士横割局、富士松岡局、富士市役所前局、富士宮島局の計86局

シートはオリジナルです。 


6月29日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

陸上自衛隊松山駐屯地 創立60周年記念 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 愛媛県内の全局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計316局

シートはオリジナルです。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月29日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

被爆70年 長崎から平和の祈り 
販売日 2015年7月9日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 長崎市、長与町、時津町、諫早市、島原市、南島原市、雲仙市、西海市内の計144局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-23) 

仙台駅では、東北新幹線乗車まで1時間ほど夕食タイムをとってあります。やっぱり仙台に来たからにはと、駅ナカの牛タン通りへと向かいます。

今日は喜助というお店に入りました。
Otonapass20150629_b1
頼んだのは「特切り厚焼定食」2160円です。

Otonapass20150629_b2
厚切りの牛タンです。う~ん、満足でございます。

Otonapass20150629_b3
仙台から「はやぶさ34号」で東京に向かいます。途中停車駅は大宮だけです。21:23の定刻に東京駅到着です。そのまま、京葉地下ホームへと向かいます。平日だから通勤客で混むかなと思いましたが、22:00の最終「わかしお23号」はそれほど混まず、自分の隣も空席のままでした。

上総一ノ宮駅に23:01到着です。駅近くの1日300円駐車場に4日間停めておいた自家用車を引き取って、自宅へと戻りました。4日間、たいへん充実した汽車旅とネコさがしでした。新規開業で乗れずじまいだった、北陸新幹線、富山地方鉄道市内線の新設部分、仙石・東北ラインの新設部分に乗ることができました。仙石線の移設部分や女川の新駅にも行けました。JRから移管された第3セクターも乗りましたので、これで準日本の鉄道完乗です。完全にするには、四日市あすなろう鉄道と京丹後鉄道に乗ってこなくてはなりません。それぞれ、近鉄時代、北近畿タンゴ鉄道時代には乗っているのですけど、経営移管や指定管理者になりましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-22) 

高台への移設区間にある野蒜駅に到着しました。
Otonapass20150629_a6
画面中央に小さく見える白い建物が、旧野蒜駅の駅舎です。かつて、代行バスであの旧駅舎前を通ったことがあります。

東名~陸前大塚間にある、旧線との合流地点です。
Otonapass20150629_a7
堤防手前の道路のようになっているところが、移設前の旧仙石線です。ここからは、以前の海岸沿いの線路を走ります。線路は同じでも、堤防はかさ上げ荒れていて、景色は眺めにくく変わっていました。

Otonapass20150629_a8
船籍東北ラインとして新設されて、仙石線から東北線への渡り線に入り停車しました。この新設部分300mが、仙石線・東北線接続線という東北本線の支線として開業した新線という扱いということです。

Otonapass20150629_a9
この新線に停車中に、仙石線を普通列車が走り抜けていきました。車両はマンガッタンライナーでした。

Otonapass20150629_b0
東北本線に入って、停車駅は塩竃だけです。ここからも乗車客がありました。そして、終着仙台に到着です。この仙石・東北ライン専用のハイブリッド車HB-E210系は、他の列車へは使用されないようで、そのまま折返し石巻行き快速になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

未乗線区乗車とネコさがし(4-21) 

仙石東北ラインに使われているのは、専用のハイブリッド車です。
Otonapass20150629_a1
車内には、開業から1ヶ月経ちますが、まだダイヤ改正の中吊りが揺れていました。

窓の外には、こんなスナック?がありました。
Otonapass20150629_a2
病気してお酒は止めましたけど、ちょっと行ってみたい気がするお店です。

座席がほぼ埋まって、17:52に仙石東北ラインの快速仙台行きが石巻駅を発車しました。陸前小野を出ると、そこから高城町までが、今回復旧した区間です。とくに、陸前小野~陸前大塚間は、内陸部へ移設しての開業です。
Otonapass20150629_a3
陸前小野を出て少し行くと、真新しい白い高架橋が見えてきました。あれが、移設された新線でしょう。

Otonapass20150629_a4
鳴瀬川の鉄橋を渡ります。ここはもう新しい線路です。

Otonapass20150629_a5
鉄橋を渡り終わると、下に旧線跡が見えました。線路や架線柱などはすでにありませんが、明らかに線路跡ですね。先は山の切り通しへとつながっていますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-20) 

折返し、女川16:36の小牛田行きに乗っていきます。
Otonapass20150629_96

次の浦宿を出ると、左手に万石浦が見えてきます。ここは東日本大震災でも、奇跡的に被害の少なかった地域です。
Otonapass20150629_97
それでも震災後、堤防がかさ上げされているようです。

Otonapass20150629_98
向かいに見える橋が、万石浦と外洋をつなぐ水路です。外洋との接続部分が狭く、また向きも幸いして、津波が万石浦内はほとんど入らなかったようです。

小牛田行きを石巻で降りて、ここから仙石線へ乗り換えます。
Otonapass20150629_99
そうは言っても、乗車するのは仙石東北ラインです。昨日、すでに乗っていますが、真っ暗だったので景色を全く楽しめませんでした。夏至のこの時期なら、これから乗っても終点仙台まで明るいでしょうから。

17:13に仙石東北ラインの列車がやってきました。
Otonapass20150629_a0
17:52の発車まで、まだ40分以上あります。さすがにこの時間から待っていたのは、地元の高校生他数名です。これなら好きな席に座れます。海側のボックス席、進行方向に座っていくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

未乗線区乗車とネコさがし(4-19) 

浦宿駅を発車します。この辺りは、震災の被害は少なかったようで、以前からの家並みがあります。線路も以前のままのようです。
Otonapass20150629_91

しばらく進んで、トンネルを抜けると風景が一変しました。
Otonapass20150629_92
造成地の中に、真新しい線路が敷かれています。

そして、目の前に突然大きな女川駅が現れました。
Otonapass20150629_93
駅舎は大きいですが、線路は1面1線の単純な棒線駅になっていました。

Otonapass20150629_94
ホームの周りは、まだまだ造成中で、駅の周りにはこれといった建物はありませんでした。

Otonapass20150629_95
いったん改札を出て、駅舎を眺めますが、大きすぎて全体を撮ることができませんでした。ゆっくりするには、折返し時間が短いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-18) 

石巻駅に戻ってきました。実質は、ここからが「大人の休日倶楽部会員パス」最終日4日目の旅になります。
Otonapass20150629_86
コインロッカーから荷物を出して、改札口へと向かいます。

まずは、これに乗ります。
Otonapass20150629_87
東日本大震災で、長きにわたり普通になっていた浦宿~女川間が、今年の3月21日に運転再開しました。女川駅は200m内陸部に移設された新駅です。震災後というか、石巻~女川間は国鉄時代にしか乗っていないような気がします。

Otonapass20150629_88
改札前の3番線から跨線橋を渡って、4・5番線ホームへ向かいます。どちらの階段も、石ノ森章太郎さんの炒らすが描かれていました。

5番線には、すでに列車が入線しています。
Otonapass20150629_89
キハ110の2両編成です。

Otonapass20150629_90
5月30日の仙石・東北ライン開業に合わせて、石巻線からキハ40系列は引退して、すべてキハ110系列になったそうです。新しい女川駅へキハ40系列が姿を見せたのは2ヶ月しかなかったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

未乗線区乗車とネコさがし(4-17) 

旧北上川の両岸に並ぶテトラポットには、ウミネコがぎっしりと並んでいました。
Otonapass20150629_81

河口に架かる道路橋をくぐれば、乗船場はまもなくです。
Otonapass20150629_82

乗船場が見えてきました。社屋前の堤防が乗船場です。
Otonapass20150629_83
乗船券を下車の時に渡して、堤防を越えて道路に出ます。

社屋前に行ってみると、ここにもネコさんがいました。行きはバスから降りて慌てていたので、気づきませんでした。
Otonapass20150629_84

さて、石巻駅までどうやって行きましょうか。バスは1日3本でこの時間はありません。距離は約3kmです。これは歩くしかないですね。用意してきた地図を頼りに歩きます。すると、途中で石巻中央一郵便局がありました。たしか、石巻市内の郵便局は石ノ森章太郎さんのキャラクター入り風景印を使っていたはず。田代島簡易郵便局の消印は押せませんでしたが、これは押せそうです。
Otonapass20150629_85_2

駅に近い石巻立町郵便局の場所も教えてもらいました。結局、40分ほどかかって、石巻中央一郵便局、石巻立町郵便局の2局に寄りながら、石巻駅に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-16) 

仁斗田港の浮き桟橋の左手に、公衆トイレのある広場があります。そこによってトイレを済ませます。
Otonapass20150629_76
ここにもネコさんがいました。

さて、出航10分前です。そろそろ浮き桟橋に行こうと歩き出しますが、あれっ、浮き桟橋には誰もしません。ここがのりばではないようです。港を見渡すと、コの字型に回った堤防の対岸に人がいるではないですか。あそこがのりばのようです。あと10分を切って、あそこまで歩くのはきついです。急ぎ足で歩きます。
Otonapass20150629_77
なにしろ、行きは大泊港で降りてしまったので、仁斗田港ののりばがわからなかったのです。以前は、浮き桟橋のある辺りの岸壁から出航していたのですけどね。

それでも無事に乗船できました。
Otonapass20150629_78
仁斗田港を出港します。ネコさんたち、元気でね。またいつか来るからね。

線内の放送が入ります。乗船客がいないので、大泊港は通過するとのことです。
Otonapass20150629_79
そういえば、今朝大泊港で降りたとき、待合室に「大泊港からご乗船の方は出航20分前までに係員の乗船の旨をお伝え下さい」とありました。利用客がいないときは、寄港そのものをしないということだったのですね。

帰りも心地よい風に当たりながら、気持ちのよい船旅でした。
Otonapass20150629_80
旧北上川の河口に架かる橋が見えてきました。あの橋をくぐれば、石巻の乗船場はすぐそこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

未乗線区乗車とネコさがし(4-15) 

なんて気持ちよさそうなんでしょう。
Otonapass20150629_71

人間なんて気にしません。
Otonapass20150629_72
とにかく寝たいときに寝ます。ネコですから。

これが、自分的には今回の旅のベストショットです。
Otonapass20150629_73
う~ん、幸せそうです。瞑想して、自分たちの世界に入っていってしまったみたいです。

さて、そろそろ仁斗田港へ戻りましょう。
Otonapass20150629_74
帰りがけに撮ったこれが、今回の旅の次点作です。逆光でピンクに透ける耳がなんともネコらしいです。

仁斗田港が目の前に見えてきました。
Otonapass20150629_75
なんだかわかりませんが、ネコ型容器が置いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-14) 

ここは島ネコさんだけでなく、飼い猫さんもいるようです。
Otonapass20150629_66
手作りの首輪をしているこのネコさんは、たぶん飼い猫でしょう。

さらに歩いて港を目指します。
Otonapass20150629_67
人家の塀沿いに、こんなものが並んでいました。おもわず、シャッターを切ってしまいました。

ようやく仁斗田港に着きました。
Otonapass20150629_68
まだ船まで30分ほどあるし、以前来たとき泊まった海浜館の前を通って、島内唯一のお店まで行ってみましょう。

海浜館は、震災後は閉館中のようです。そのまま上の通りに出て右に曲がれば、島内唯一のお店「阿部ツ商店」に出ます。
Otonapass20150629_69
店の前には、ジュースの販売機に並んで、こんなレトロなたばこの販売機があります。これって、現役じゃないですよね。

そして、お店の前の通りは、ネコネコネコです。
Otonapass20150629_70
ネコが落ちてる! 状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-13) 

クロネコ堂にネコが入ってきました。
Otonapass20150629_61
なんと三毛猫です。田代島に茶色い毛のネコなんていたのですね。クロネコ堂の方によると、田代島に茶色い毛色のネコは3匹しかいないらしいとのことでした。

ここで、Tシャツやファイルなどお土産を買いました。
Otonapass20150629_62
お店を出て湊へ向かうと、すぐにマンガアイランドの軽ワゴンが停まっていました。もしかして、クロネコ堂ってマンガアイランドの人がやっているお店なのでしょうかね。

仁斗田の集落にもネコさんはたくさんいました。
Otonapass20150629_63
この植え込みの上では、2匹のネコさんがケンカをしていました。

Otonapass20150629_64
かなり暑くなってきたので、ネコさんたちは日陰にいることがおおくなりました。

Otonapass20150629_65
この脇のお家で、おばあさんが魚をさばいていました。ネコさんたち、ごちそうが来るのを待っているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-12) 

そろそろマンガアイランドを出て、仁斗田港へ向かいましょう。
Otonapass20150629_56
ネコさんたち、元気でね。

標識に従って、港へと近道を歩いて行きます。
Otonapass20150629_57
徒歩専用の道です。4年ほど前に来ているから歩けますが、初めてだったら不安になって引き返していたでしょう。

途中、人家から白ネコさんが飛び出してきました。
Otonapass20150629_58
こちらには目もくれずに、海の方へ歩いて行きました。この島では、ネコにとって人間は警戒するに値しない生き物なのでしょう。

田代島簡易郵便局の建物に到着しました。
Otonapass20150629_59
しかし郵便局の看板がありません。クロネコ堂の文字と「13:00にオープンします」という張り紙があります。もう13時を回っていますが開いていません。

しばらくすると女の方がやってきてドアを開けてくれました。
Otonapass20150629_60
中は小さな資料館とお土産物屋さんになっていました。郵便局は昨年の3月で閉局したそうです。前回来たときは土休日で消印を押せなかったので、今日は「田代島」の消印を記念に押していこうと考えていたのです。まさか、島で1つの郵便局が閉局しているとは思っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

未乗線区乗車とネコさがし(4-11) 

管理棟の前には軽ワゴンが停まっています。
Otonapass20150629_51
これまた、ネコデザインです。後ろ側には尻尾の絵も描いてあります。

管理棟のドアには鍵がかかっておらず、ご利用下さいと表示があります。何かあるのですかとたずねると、2階の休憩室が使えますし、いろいろ展示もありますとのこと。入ってみます。
Otonapass20150629_52
有名漫画家さんのサイン入りスリッパです。もちろん、展示品で使うことはできません。

階段や休憩室には、漫画家さんの色紙額がたくさん展示されていました。
Otonapass20150629_53
私の好きな、矢口高雄先生の色紙ですね。マンガではないけど『三毛猫がくれた幸福ボクを癒してくれた「役立たず」のナッコ』は泣いたなぁ。

Otonapass20150629_54
えっ、日野日出志さんの色紙です。日野さんって、おどろおどろしいホラーものしか知らないのですけど。こんなほのぼのした絵も描くのですか。

管理棟の前にはネコ小屋があって、子猫が飼われていました。
Otonapass20150629_55
地面で転げ回っているのや、こうやって屋根に載っているのがいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

未乗線区乗車とネコさがし(4-10) 

さあ、マンガアイランドのベンチで昼食にしましょう。
Otonapass20150629_46
「大漁宝船」というちらし寿司風の弁当です。食べる前に写真を撮ろうとここまで中身を引き出したところで、テーブル上はネコさんに占拠されました。

あわてて、中身をパッケージに戻します。
Otonapass20150629_47
しまってもネコさんは狙ってきます。ネコさん、酢飯は好きじゃないでしょ。しかたない、イクラを2粒ほどお裾分けして、しばしどいてもらいます。

Otonapass20150629_48
なんとか中身の撮影に成功しました。

このままテーブルを使って食べていたら、また襲撃に遭ってしまいます。テーブルを背にベンチに座って弁当を食べます。それでも、箸を持つ右手の脇の下から顔を出して、弁当を狙うネコさんも出てきました。
Otonapass20150629_49
こうやって、テーブルの下で落ちてくるのを待ち構える消極的なネコさんもいます。

結果的に、イクラ3粒と佃煮少々でネコさんたちには手を打ってもらいました。
Otonapass20150629_50
もう少し、ゆっくり味わって食べたい、おいしい弁当でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-9) 

マンガアイランドに着きました。
Otonapass20150629_41
ここはロッジやテントサイトがあるキャンプ場です。

有名漫画家さんがプロデュースしたロッジが建っています。
Otonapass20150629_42
たしかこれが里中満智子さんのプロデュースしたロッジです。

Otonapass20150629_43
今の時期は土~月の週3日の営業だそうです。つまり、土・日の泊まりに対応しているようです。

そして、ここにもネコさんがたくさんいました。
Otonapass20150629_44
こんな感じに、キャンプ場のテーブルの上にたくさんいるのです。

Otonapass20150629_45
青い海をバックに毛繕いをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-8) 

あれっ、塀の上で何を話し合っているのかな?
Otonapass20150629_36
どっちが道を譲るか、ケンカしないで決めようね。

Otonapass20150629_37
事の成り行きを見つめる八割れネコさん。

Otonapass20150629_38
あれま、軽トラの下にもたくさんいました。

そろそろ先に進もうと歩き始めると、ネコさんがついてきます。
Otonapass20150629_39
こっちへ来たいのかなと思ったのですが、自分の脇をそのまま通り過ぎていきました。なんだ、行きたいところがあったんだ。

Otonapass20150629_40
何か考えているのかな? また後でね。とりあえず、マンガアイランドへ行ってくるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-7) 

人家が見えてくると、道路にネコさんの姿が見られるようになりました。
Otonapass20150629_31
暑いからでしょうか、日陰からこちらを見ています。

この辺りまで来ると、同じ船に乗ってきて仁斗田港で降りた人たちとすれ違います。
Otonapass20150629_32
お腹の大きな白黒ネコさんが、こちらに向かって歩いてきました。

Otonapass20150629_33
同じような模様ですが、兄弟でしょうか。

Otonapass20150629_34
近づいても逃げようとしません。人間もムリに追いかけたりしないのです。ネコの時間が流れているようです。

その先の人家には、ネコさんがたくさんいました。
Otonapass20150629_35
足の太~い黒ネコさんが塀の上を歩いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-6) 

何で、こんな人家もないところにネコさんがいるのでしょう。地面には水飲み用のお皿も置いてあります。
Otonapass20150629_26
ここにいれば、誰かにエサをもらえると悟ったのかもしれません。このネコさんは、少々お年のようです。

もう1匹、若いのがいました。
Otonapass20150629_27
本当はいけないのだけれども、国吉のクロちゃんにあげられずじまいになっていた猫エサを持ってきているのです。ここのネコさんなら、あげても大丈夫でしょう。ご飯を上げると、どうやらお年のネコさんは目が悪いみたいです。大丈夫なのかな。心配ですが、いちおうここで生きているのですから、過保護は禁物です。お別れして、先を急ぎます。

かつての小中学校跡がありました。
Otonapass20150629_28
東日本大震災のときは、ここに島民の方が集まって避難したそうです。

Otonapass20150629_29
比較的新しいヘリポートが、元校庭のところにできていました。

さらに歩いて行くと本土側が見えるところがありました。
Otonapass20150629_30
本当に今日はよく晴れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-5) 

帰りの船は、仁斗田港14:12です。これから4時間ほど、島内をネコ探しをしながら散歩します。
Otonapass20150629_21
大泊港にも島の案内板がありました。猫神社を通ってマンガアイランドへ行き、そこから仁斗田港へと向かう予定です。2010年の秋に来たときは、仁斗田港から猫神社を往復したので、この大泊港へ来るのは今日が初めてなのです。

港を出ると、いきなり上り坂です。
Otonapass20150629_22
ネズミがひっくり返って死んでいたり・・・。

Otonapass20150629_23
大きなカタツムリがゆっくり横断するアスファルト道路を歩いて行きます。車もまったく走っていません。

ようやく猫神社に到着しました。
Otonapass20150629_24

ここは近くに人家などありません。神社があるだけです。
Otonapass20150629_25
そんなところにもかかわらず、ネコさんがいたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-4) 

仁斗田港へと向かうブルーライナーを見送ります。
Otonapass20150629_16

大泊港の岸壁にはウミネコがたくさんいました。
Otonapass20150629_17
会いたいのはウミネコじゃなくて島ネコさんなんですけど・・・。

さっそくおいでになりました。
Otonapass20150629_18
のんびりと毛繕いをしています。

Otonapass20150629_19
日陰に別なネコさんもいました。久しぶりに晴れたので、暑いのかもしれませんね。

黒い子もいました。
Otonapass20150629_20
大泊港で会ったのは、この3匹だけでした。他のネコさんは、暑くてどこかに隠れているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-3) 

小さな船を載せた船が停泊しています。何かの調査船かなと思って帰宅後調べてみると、遠洋トロール船だそうです。
Otonapass20150629_11

今日は本当によい天気です。久しぶりの晴れ間を見ました。
Otonapass20150629_12
そして海も穏やかです。平日だし、こんな梅雨の時期に田代島へ行く物好きは自分だけだろうと思っていたのですが、まったくのハズレでした。20人以上です。しかも外人さんもいます。地元の方は船室へ、ネコ探しの観光客は展望デッキへと、なんとなく乗船位置が分かれています。

Otonapass20150629_13
ウミネコを引き連れて走って行く船です。漁船でしょうか。

Otonapass20150629_14
右手に田代島が見えてきました。この船は、田代島の大泊港、仁斗田港、網地島の網地港と停まります。

最初の寄港地、大泊港で降ります。
Otonapass20150629_15
ここで降りたのは、地元の方1人と外人さん2人を含めて観光客4人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-2) 

到着した網地島ラインバス停は、一面の被災地の中でした。大きなお寺の建物以外、ほとんどが更地となっています。かつては、バス停は船のりばの前でしたし、鮎川方面のバスもこちらを経由していたのです。しかし、今はほとんど人が住んでいない状況ですから、船のりばへ行くバスも大幅に減ってしまったのでしょう。
Otonapass20150629_06

1本川沿いの道に出ると、そこに網地島ラインの建物があり、川沿いの岸壁に船が出航の準備をしていました。建物の自動券売機で田代島往復の乗船券を買って、船の乗り込みます。
Otonapass20150629_07
高速船のブルーライナーです。田代島まで40分ほどです。

Otonapass20150629_08
石巻の乗船場は川にあります。あの灯台を出ると海ですね。

9:00に石巻を出航します。
Otonapass20150629_09
道路をくぐって海へと進んでいきます。

しばらくして乗船券の拝見がありました。
Otonapass20150629_10
行きは大泊港までで、帰りは仁斗田港からなのですが、大泊往復を買ってしまいました。拝見の時にその旨を伝えると「値段は同じだからいいですよ。行きは大泊で降りるのですね」と下船地の確認だけされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(4-1) 

2015年6月29日(月)。「大人の休日倶楽部会員パス」の旅、有効期限の最終日、4日目でようやく晴れました。でも、今日鉄道に乗るのは夕方になってからです。それまでは、バスと船の旅ですから。3日間、雨が続いてネコさんにも会えずじまいです。今日は思いっきりネコさんに会ってきましょう。

ちなみに、昨日1日でもらったパンフレットや記念品はこんな感じです。
Otonapass20150629_01
「福島DCファイナル号」と「SLふくしまDC号」の車内でもらったものです。温泉の素と扇子がうれしいかな。無料お食事券はせっかく当たったけど、使用期限までに再び訪れる機会はなさそうです。

荷物も多いので、その大半を石巻駅のコインロッカーに預けていきます。
Otonapass20150629_02
駅舎の中にNEWDAYSがありました。なんと、石巻駅でも駅弁を売っているのですね。駅弁に飲み物におやつを買って「大人の休日倶楽部会員パス」を提示すると、しっかり10%引きになりました。

駅前からミヤコーバスに乗っていきます。
Otonapass20150629_03
どう見ても神姫バスなミヤコーバスがやってきました。被災地支援で無償譲渡を受けた車両は、そのままの塗色で使われている場合が多いそうです。

乗車するのはこのバスです。
Otonapass20150629_04
1日3本の市内循環線です。降りるバス停、網地島ラインまで250円です。

小銭がなかったので、窓口で崩してもらおうとお願いすると「きっぷを買えますけど」とのこと。
Otonapass20150629_05
駅前のバス窓口、高速バスだけでなく短距離のきっぷも買えるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

未乗線区乗車とネコさがし(3-14) 

到着した列車の先頭は、少しくらい時間が経っても大混雑です。
Otonapass20150628_66
こんなに人が多いのは久しぶり。これは人を入れて記録しておかないね。

Otonapass20150628_67
とりあえず、潜り込んで下から撮りました。隣を金太郎が走り去ります。

SLの撮影はこれくらいであきらめましょう。
Otonapass20150628_68
ふと後ろを見ると、「フルーティア」が停まっていました。これもまた、乗る機会がない列車です。

改札を抜けて、コインロッカーから荷物を取り出します。そのまま新幹線改札へと向かいました。
Otonapass20150628_69
「やまびこ149号」の自由席に乗って仙台を目指します。仙台止まりの「やまびこ」ですから、郡山からなら空席多数だろうと予想したのですが、意外と空席がすくなく、ようやく空いていたC席に座っていきます。それでも次の福島での下車が多く、そこからは空席が多数できました。

仙台からは、この5月30日に開通した「仙石東北ライン」を走る快速列車に乗って石巻を目指します。
Otonapass20150628_70
「仙石東北ライン」専用のハイブリッド車EB-E120系車両に乗っていきます。せっかくに新規開業部分も真っ暗でよくわかりませんでした。明日また明るいときに乗りましょう。

今夜は石巻で泊まります。ここで泊まるからには寿司屋にでも行きたいと思っていたのですが、日曜日休業のお店が多いそうで。時間も遅いし、街中を歩くのが面倒になって、ホテル1階のコンビニで買い物して、ホテルの部屋で夕食にしました。新津で買った三色団子もまだ残っていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-13) 

本宮駅は30分の停車です。まだ少し時間があるので、列車の写真を撮りましょう。2番線は大混雑なので1番線へ回ってみます。
Otonapass20150628_61
残念、1番線の方がホームが短く先頭を撮ることができません。

再び2番線へ回ります。
Otonapass20150628_62
とりあえずヘッドマークのアップです。

Otonapass20150628_63
なんとか撮ってはみますが、暗いし雨は止まないし。状況は最悪です。そろそろ出発時刻なので、客車に戻ります。

本宮駅からは、郡山市の観光関係者が乗っていました。
Otonapass20150628_64
楽都を名乗る郡山です。パンフレットの他、扇子などを頂いてしまいました。

郡山に到着です。
Otonapass20150628_65
久しぶりにフィーバーといえるSL列車の旅でした。ここまで人があふれている列車に、久しぶりに乗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-12) 

えきねっとの1ヶ月1週間前予約で、今日の「SLふくしまDC号」の指定券が取れてしまったのです。もちろん、5時半すぐに予約を入れたのですけど。位置指定せず1人だと、意外と3人グループのツアーの残りに潜り込めたりしてとれるという感触があったからです。

ただし、「あいづ4号」からの乗り継ぎでは、新幹線を使っても始発の福島から乗るのはムリ。このSL列車は松川と本宮で長時間停車があるので、松川からなら乗れると、松川~郡山で取ったのです。

そんなわけで、また郡山に戻ってくるので、コインロッカーに大きなバッグを収めて、郡山15:40の福島行き普通電車の乗っていきます。雨の中、途中までは順調に走っていたのです。ところが、二本松を出てしばらく行ったところで緊急停車です。なんでも、人が線路に立ち入ったということです。SL目当ての撮影者でしょうか。さて、このまま松川まで行くか、次の安達で降りてSL列車の前を走る普通列車に乗って、二本松からSLに乗るか。迷いながら、なんとなくSLが待ってくれそうな気がして、安達で降りるのを止めたのです。
Otonapass20150628_56
これが裏目に出ました。汽笛が聞こえたと思ったら、上り線を乗車するはずだった「SLふくしまDC号」がすれ違っていきました。

まあ、仕方ないです。松川で降りて上り電車を待ちます。少なくとも、これで本宮まで行けば、最後の20分ほどはSL列車に乗れますから。
Otonapass20150628_57
2番線に停まる「SLふくしまDC号」へ向かいます。

車掌さんに指定券を提示して、下り列車遅れで松川から乗車できなかった旨を伝えます。
Otonapass20150628_58
「どうもすみませんでした。ご迷惑をおかけしました」の言葉とともに、乗車証明書をくれました。

Otonapass20150628_59_2
これがその乗車証明書です。

NREの車内販売の方も乗車していました。
Otonapass20150628_60
久しぶりに記念プレートを売っていました。もちろん、買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-11) 

今日が運転最終日ということで、指定席をとってあります。
Otonapass20150628_51
乗車変更したので、券面が汚らしいですけど。

Otonapass20150628_52
乗車したのは最後部のクハ481 1015です。

発車までの間に、先ほどいただいた振る舞いを頂きます。
Otonapass20150628_53
りんごジュースと、あかべえの形をしたタルトです。

今日は磐梯山が見える進行方向左側のA席を予約したのです。
Otonapass20150628_54
でも、こんな天気ですから、山なんてまったく見えませんでした。

自由席は混雑したようですが、自由席から一番遠い6号車だったので、飛び込み客が数名いたほかは落ち着いた車内でした。
Otonapass20150628_55
会津若松から1時間05分で郡山に到着しました。シートピッチ改良型のリクライニングシートで、快適に過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-10) 

会津若松からは、臨時快速「あいづ4号」に乗っていきます。
Otonapass20150628_46
この列車も福島DCに関連して、今日が運転最終日です。

Otonapass20150628_47
国鉄カラーの485系電車ですが、内部はシートピッチ改良型です。元は、新宿から東武日光へ行く特急に使われていた車両だそうです。

Otonapass20150628_48
6両編成中3両が指定席です。

Otonapass20150628_49
この方向幕も今日が最後です。

Otonapass20150628_50
郡山方の先頭です。奧には、会津鉄道の展望車、ばんえつ物語号の展望車も見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-9) 

相変わらず外は雨です。
Otonapass20150628_41_2
それでも車窓は楽しめます。

ときには、急流が見えることもありました。
Otonapass20150628_43

それよりもビックリしたのは、畑にこんなものがいたのです。
Otonapass20150628_42_2
なんと、野生の子熊が走っていました。本物のクマですよ。くまモンじゃありません。

新潟県から福島県に入った野沢駅から西会津町の観光関係の方が乗車してきて抽選会です。引いたくじはなんと1等です。賞品はロータスインという温泉施設のランチお食事券です。路線バスの旅で寄ったことがあるので、ロータスインがどんなところかは知っているのですが、野沢駅から歩いて行ける距離ではなく、たぶん有効期限までに行く機会はないだろうなと思いました。

Otonapass20150628_44
列車は走っていきます。

新潟から4時間の旅が終わり、会津若松駅に到着しました。到着前の放送は、「福島DCファイナル号」の特別バージョンでした。
Otonapass20150628_45
会津若松駅でも、この列車からの下車客に、りんごジュースとクッキーの振る舞いがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

未乗線区乗車とネコさがし(3-8) 

さてお昼です。車内で弁当を買いましょう。
Otonapass20150628_36
へえ、こんな弁当があるのですか。知りませんでした。4号車の売店へ行きます。

他の弁当にしようかなと思ったのですが、弁当を買うと「DLばんえつ物語号」の乗車記念カードをくれるというで、モノに釣られて買ってしまいました。
Otonapass20150628_37
これがその乗車記念カードです。ちなみに「DLばんえつ物語号」は、昨日が運転最終日でした。

編成は昨日と同じですが、今日だけ「福島DCファイナル号」という列車名で運転なのです。
Otonapass20150628_38
ちなみに、これが今日の記念乗車証です。

弁当はこれです。
Otonapass20150628_39
不織布でできた巾着に入っています。

グリーン車の座席テーブルに載らないほどの内容です。
Otonapass20150628_40
ちまきはちょっと柔らかすぎるかなという食感ですが、そのほかは美味しかったです。「SLばんえつ物語号」のコースターもついて、巾着もお土産になりますから。まあ、記念に残る弁当ということでいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-7) 

改札前から「福島DCファイナル号」を撮影します。
Otonapass20150628_31

ヘッドマークのアップです。
Otonapass20150628_32
ここなら雨に当たらずに撮影できました。

雨に濡れますが、ホームの先端にあるSL見学スペースから撮ってみます。
Otonapass20150628_33
やっぱり改札前からの方がよかったですね。

Otonapass20150628_34
こちら側は手すりではなく、ナンバープレート前の車体に直接ヘッドマークが取り付けてありました。

Otonapass20150628_35
機関車直後の「オコジョルーム」。外部塗装にも、ちゃんとオコジョがえがかれてしましあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-6) 

車窓に阿賀野川下りののりばが見えます。船が数隻停まっていますが、この雨で今日は開店休業状態なのでしょうか。
Otonapass20150628_26

津川駅に到着しました。「SLばんえつ物語号」は、ここで水の補給などをするので、長時間停車があります。この「福島DCファイナル号」も「SLばんえつ物語号」と同じダイヤなので、長時間停車があります。
Otonapass20150628_27
津川駅のホーム待合室は、「オコジロウの家」のプレートがついていました。

ホームではオコジロウくんとオコミちゃんが出迎えてくれました。
Otonapass20150628_28
一緒に記念写真は、遠慮しました。

その隣では、地元の酒粕で作ったという甘酒が振る舞われていました。
Otonapass20150628_29
アルコール分は入っていませんよと呼びかけていました。冷たい甘酒で、おいしかったです。

まだ時間があるので、改札側から撮影しようと跨線橋を渡ります。
Otonapass20150628_30
改札前にはキツネが鎮座していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-5) 

C57が検査入場中は「DLばんえつ物語号」として運転されていたのですが、1番線の表示はSL列車のままなのですね。
Otonapass20150628_21

そろそろ発車時刻が近づき、写真を撮る人もいなくなりました。
Otonapass20150628_22
2番線ホームにも行ってみたのですが、あちらからは先頭を撮ることができませんでした。

最後部のグリーン車に戻る途中、駅弁売り場でおだんごも売っているのがわかりました。
Otonapass20150628_23
新津名物「三色団子」です。いったいどこに団子があるのと、楊枝でつついてみると、あんこの下に団子がならんでいました。さすがに、こんなにたくさんは食べられないので、各色2個ずつ食べてしまってきました。

新津を発車します。
Otonapass20150628_24
ヘッドマークの方たちも見送ってくれます。あれっ、さっきよりヘッドマークが増えてますね。

花咲駅でも、地元の温泉街の方たちのお見送りを受けました。
Otonapass20150628_25
その後、車内で花咲温泉の入浴剤をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(3-4) 

今日だけの特製バナーを持った駅職員の方々に見送られて、新潟駅を発車します。
Otonapass20150628_16

今日の座席は、進行方向左側です。複線区間は新津までのわずかな区間ですから、すれ違う列車が見えなくてもそれほど残念ではありません。
Otonapass20150628_17
そのかわり、新潟駅を出てすぐ車両基地が見えました。「きらきらうえつ」も出発準備をして停まっていました。

新津駅に到着です。停車時間にホームでイベントがありました。
Otonapass20150628_18
すきなヘッドマークを持って、本日だけの特製ボードと一緒に記念撮影するコーナーです。でも、これだけヘッドマークが並んでいると、こうやってマークだけ撮影する人の方が多かったです。

新津駅があるのは、新潟市秋葉区です。
Otonapass20150628_19
その秋葉区のキャラ「さつきちゃん」がホームに来ていました。

そして、その脇で観光関係者がプレゼントを配っていました。
Otonapass20150628_20
秋葉区の会社が作っている「SLせんべい」をいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

未乗線区乗車とネコさがし(3-3) 

そろそろ空いたかなと、先頭の機関車へ行ってみます。まだ撮影者はいますが、黒山と言うほどではないので、少し待てば撮れそうです。
Otonapass20150628_11
現在、C57は検査入場しているので、牽引はディーゼル機関車のDE10です。

機関車直後の普通展望車「オコジョルーム」に入ってみます。
Otonapass20150628_12
その展望室から機関車のヘッドマークを眺めます。こちら側は、直接車体にヘッドマークが取り付けてありました。

Otonapass20150628_13
オコジョルームの中は、こども用のお遊びスペースです。滑り台なども設置されています。

Otonapass20150628_14
デッキから室内には行ってすぐのところには、シーズン毎のヘッドマークが描かれていました。

EF81が去ったので、一番後ろのグリーン展望室を車外から撮ります。
Otonapass20150628_15
こんな角張った形のガラス張り展望室がグリーン車です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

未乗線区乗車とネコさがし(3-2) 

新潟まで来たのはこれに乗るためです。
Otonapass20150628_06
今日は福島DC最後の週末です。そんなこともあって、いろいろな臨時列車が走ります。そのいくつかが「えきねっと」の事前予約で取れてしまったのです。

3番線へ行くと、すでに列車は入線していました。機関車部分は撮影者が大勢います。
Otonapass20150628_07
それではと、まずは方向幕から撮ります。今日だけの特別デザインになっているのですね。たぶん、ヘッドマークも特別なので、あれだけたくさんの人がいるのでしょう。

今日はグリーン席を取ってあります。もちろん、「大人の休日倶楽部会員パス」の無料発券対象ではないので、有料ですけど。ドアが開いたので乗り込みます。
Otonapass20150628_08
グリーン席は、グリーン券を持った人しか入室できないようチェックがあります。そのため、乗車時にこの乗車記念券を渡されます。以後、指定券か記念券を入室時に提示するようになります。一人掛けA席を狙ったのですが、二人掛け窓側のC席しかとれませんでした。ギリギリまでえきねっとで変更を試みましたがダメでした。昨日、直江津駅で実券にしてきました。

グリーン車つき編成になってから乗車するのは初めてです。
Otonapass20150628_09
室内から見た手グリーン車専用展望室です。前には、新津からここまで牽引してきたEF81が停まっています。

Otonapass20150628_10
展望席と客席との仕切りには、蒸気機関車の模型などが飾られています。大人向けの雰囲気がする室内ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

未乗線区乗車とネコさがし(3-1) 

2015年6月28日(日)。「大人の休日倶楽部会員パス」の旅、3日目です。大宮駅で朝食用の駅弁を買おうと思ったのですが、新幹線改札口前のNEWDAYSに入ってしまいました。なかなかいい弁当があるじゃないですか。サラダも買って「大人の休日倶楽部会員パス」を見せると10%引きです。

Otonapass20150628_01
大宮7:26の「とき303号」に乗っていきます。大宮を出ると越後湯沢まで停車しません。

Otonapass20150628_02
E2系の10両編成です。上越新幹線もE2系が増えましたね。

この旅3日目にして、初めて太陽を見ました。
Otonapass20150628_03
高崎の観音様もくっきり見えました。でも、天気予報では新潟や東北は雨なんです。

越後湯沢では曇りでした。
Otonapass20150628_04
浦佐では雨が降ってきました。

そして長岡に着く頃には完全に雨です。
Otonapass20150628_05
車体についた雨が、窓ガラスを流れていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-21) 

これで北陸新幹線の長野~金沢間。IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道の全線。富山地方鉄道市内線の地鉄富山駅~富山駅~新富町の新規開業区間。しなの鉄道北しなの線と、この3月に開業した鉄道を完乗しました。まだ未乗線区があるので、鉄道完乗奪還にはなっていませんが。妙高高原19:05の長野行きに乗っていきます。
Otonapass20150627_101
妙高高原駅はえちごトキめき鉄道の駅です。

ということは、当然スタンプがあります。窓口に声をかけると出してくれました。
Otonapass20150627_102
ここも他の駅と同様の赤い丸形スタンプです。しなの鉄道との接続駅だからといって、特別な形や色にはなっていません。

この時間に長野へ向かう電車なので、極めつきに空いていました。車内で夕食にしましょう。
Otonapass20150627_103
直江津駅で買ってきた「鱈めし」で夕食にします。半生のタラコと甘辛く煮た鱈です。食べるのは何回目になるでしょうか。逸食べても美味しいと思う駅弁です。

長野からは北陸新幹線に乗っていきます。
Otonapass20150627_104
全車指定席の「かがやき714号」に乗車します。

長野の次の停車駅が大宮です。本当は高崎で泊まろうと思ったのですが、この北陸新幹線も明朝乗る上越新幹線も高崎に停まりません。そこで、大宮に泊まることにしました。
Otonapass20150627_105
この北陸新幹線もE7系でした。本当にW7系には縁のない旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-20) 

豊野からしなの鉄道北しなの線に入ります。ドアは開きませんが停車しました。
Otonapass20150626_14
ここからは、昨日買ってきた「北しなの線フリーきっぷ」を使います。

「おいこっと」が終着の長野に到着しました。
Otonapass20150627_97
十日町から長野まで2時間半の旅でした。車内イベントと車窓、それに車内販売とけっこう楽しめました。

こちらは、しなの鉄道北しなの線の妙高高原行きです。これに乗車します。
Otonapass20150627_98
JRから購入した115系の3両編成です。長野18:15ですが、この時期なら終着まで景色が眺められるでしょう。

Otonapass20150627_99
途中駅の駅名標は、JR東日本仕様からしなの鉄道仕様に変わっていました。

終着の妙高高原に到着です。
Otonapass20150627_100
折返しまで7分あるので、今回は改札を抜けてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

未乗線区乗車とネコさがし(2-19) 

戸狩野沢温泉に到着です。ホームの道祖神を見て下さいと、停車時間が2分ほどありました。
Otonapass20150627_91
しかし、さみしくなった戸狩野沢温泉の駅前を車窓から見ました。かつては野沢温泉の玄関駅として、バスが発着してそれなりに賑わっていたのですが。バスのポールは立っていましたが、そこに時刻表はありませんでした。新幹線開業で、野沢温泉へのバスはすべて飯山へ移ってしまったのだそうです。

そして飯山に到着です。かつての飯山駅の面影はどこにもありません。
Otonapass20150627_92
ここで18分の停車です。在来線ホームに売店がなかったので、改札で断って買い物がてら出してもらいました。

Otonapass20150627_93
改札口のスタンプ台も「おいこっと」仕様になってしました。

行き違いになる普通列車がやってきました。
Otonapass20150627_94
そろそろ車内に戻ります。

売店で買ってきたおとなのかりんとうを食べます。
Otonapass20150627_95
エスプレッソ珈琲の苦みがきいたかりんとうでした。それよりも、NEWDAYSで「大人の休日倶楽部会員パス」を提示すると、全品10%オフになるですね。これはいけない。ついついお土産を買ってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

未乗線区乗車とネコさがし(2-18) 

車内では、まんが日本昔ばなしの声優として有名な常田富士男さんの声で観光案内が流れます。
Otonapass20150627_86
飯山線唯一の信濃川の鉄橋だそうです。信濃川は長野県に入ると千曲川に名前が変わります。つまり、飯山線が新潟県内でこの川を渡る鉄橋は、ここ1カ所なのだそうです。

車内ではアテンダントさんからふるまいがありました。
Otonapass20150627_87
地元の野沢菜の醤油漬が配られました。なかなかおいしかったです。

新潟県から長野県に入りました。
Otonapass20150627_88
長野県最初の駅が森宮野原です。

アテンダントさんによる車内販売もあります。
Otonapass20150627_89
地元抹茶のパウンドケーキと日本茶、それに「おいこっと」のキーホルダーを買いました。コーヒーは長野発だけでの販売で、売り切れると日本茶のみになるそうです。あまり売れ行きがよくなかったようで、残り少なくなったときに「お湯、足しましょうか」と継ぎ足してくれました。このティーバッグなら2杯は出ますものね。

Otonapass20150627_90
長野県に入って、名前が千曲川に変わった流れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-17) 

ちなみに「おいこっと」の名前は、東京とは逆ののんびりした田舎という意味だそうです。TOKYOを逆から読んでOYKOT(おいこっと)なのだそうです。

Otonapass20150627_81
クロスシートとロングシートの仕切りには、おいこっとのシンボルマークがこんな風についていました。

はじめ写真で見たときは障子かなと思っていた日よけは、ロールカーテンにプリントされたものでした。
Otonapass20150627_82
でも、それなりの雰囲気が出ています。

車内には記念スタンプも設置されています。
Otonapass20150627_83
シンボルカラーなのでしょうか、スタンプインクが茶色というのが目をひきます。

記念写真はいかがですかと、アテンダントさんがボードを持って回ってきます。
Otonapass20150627_84
ボードだけでなく、コスプレして写真を撮ってくれるのです。

しかも、このボード持ち手がついているのです。
Otonapass20150627_85
こんな感じです。これはいいですね。ここまでしっかり造ってある撮影ボードを見るのは初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-16) 

今年、2015年4月4日から運転を開始した全席指定席の快速「おいこっと」です。JR東日本長野支社に専用のウェブサイトも用意されています。

この指定券を手に入れるまでがたいへんでした。長野支社のウェブサイトによると、長野行きの2人掛けボックス席の進行方向は、1号車2号車とも1桁奇数番のB席です。発売初日に行ったものの、希望の席は売り切れです。とりあえず、お金を払って別な席を買っておきました。再度ウェブサイトを調べると、「おいこっと」を使ったびゅう旅行商品の販売は、出発の5日前までとなっています。ということは、5日前を過ぎると旅行商品で売れなかった席が戻されるはず。そこで、乗車5日前の夕方、茂原駅のみどりの窓口に行って席番制定で空席を調べてもらいます。すると、「2号車の1番と5番ならB席が空いています」とのことです。それではと、2号車5番B席を指名買いです。

次は、この指定券が「大人の休日倶楽部会員パス」の無料発券の対象になるかどうかです。値段も520円だし、お金を払ってもよいのですが、その当たりの規則がどうなっているか知りたいということもあり調べてもらいました。というのは、3月の北陸新幹線開業から、運転区間のうち長野~豊野がJRからしなの鉄道になりました。「大人の休日倶楽部会員パス」では、長野~豊野間は乗車できず別払いになります。「おいこっと」はパスで使用できない区間を走るのですから、無料発券の対象にならないように思えます。ところが、豊野には停車しないためかしなの鉄道に指定席料金の設定がないのです。JR区間だけ乗っても長野まで乗っても、指定券は520円と同じなのです。

窓口のお姉さんも機械を操作すると、無料発券がはじかれたとのこと。でも「問い合わせてみますね」と言ってどこかへ電話をかけてくれました。結果は、乗車券は別払いが必要だが、指定券はパスで無料発券可能とのこと。とうことで、6回の無料発券のうち5回は機械発券だったので赤い★がつき、1回はスタンプでの対応となったのでした。
Otonapass20150627_76

十日町駅の2・3番線には、普通列車が停まっています。
Otonapass20150627_77

この普通列車に使われているキハ110形を改造したのが「おいこっと」専用車両です。
Otonapass20150627_78
2両あり外部の塗色は違いますが、内装はほぼ同じです。

ドアが開いたので乗り込みます。
Otonapass20150627_79
これがクロスシート部分です。つり革や天井の照明も普通列車とは違ったものになっています。

Otonapass20150627_80
これがロングシート部分です。クロスシート部分以上に改造されています。すべて2人掛けになり肘掛けがつきました。そして、肘掛けにはテーブルが内蔵されています。このように、最初からテーブルがセットされた形でドアが開きました。「おいこっと」に使用しない日は、普通列車に使用することもあるそうで、そのために優先席モケットの席もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

未乗線区乗車とネコさがし(2-15) 

直江津からは14:19の北越急行ほくほく線の越後湯沢行きに乗り継ぎます。
Otonapass20150627_71

先ほど、妙高高原行きに乗ったのと同じ6番線からの発車です。
Otonapass20150627_72
今度はセミクロスシートのHK100形がまっていました。

Otonapass20150627_73
直江津を発車すると、カラフルなえちごトキめき鉄道のイベント塗色ディーゼルカーにおめにかかることができました。

次第に雨が降ってきました。
Otonapass20150627_74
一面の穀倉地帯ですが、姉で道路が黒く輝いています。

この電車を十日町で降りました。
Otonapass20150627_75
JRのりばへと続く跨線橋を歩いてききます。JRホームに停まる、あの列車に乗るためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-14) 

高田13:23の妙高高原行きに乗っていきます。
Otonapass20150627_66
JR時代のままの塗色編成でした。

混んでいるので立っていきますが、6分ほどで上越妙高に到着です。
Otonapass20150627_67

ここらは、ホームの向かいに停まる特急「しらゆき5号」に乗って直江津へ向かいます。
Otonapass20150627_68
えちごトキめき鉄道には特急料金が設定されています。直江津まで210円です。

Otonapass20150627_69
えちごトキめき鉄道のホリデーパスでは別途特急券が必要です。しかしながら、大人の休日倶楽部会員パスで直江津~新井間が使用でき、えちごトキめき鉄道の特急も追加料金なしで利用でします。そんなわけで、ここからは再び「大人の休日倶楽部会員パス」の旅に戻ることになります。

Otonapass20150627_70
ということで、常磐線からここへコンバートされたE653系4両編成に乗っていきます。耐寒耐雪構造が追加されて、1100番台を名乗っています。直江津まで約15分、特急電車の座り心地を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

未乗線区乗車とネコさがし(2-13) 

妙高高原から乗った直江津行き電車を高田で降ります。
Otonapass20150627_61
駅舎にも、えちごトキめき鉄道のマークがつきましたね。

駅前の小公園で、富山で買ってきた弁当で昼食にします。
Otonapass20150627_62
駅弁ではないので、掛け紙はありません。そのかわり、保冷剤とめて渡してくれました。

Otonapass20150627_63
ぶつ切りの1つ1つが結構大きい、マスのぶつ切り丼です。富山駅「ますのすし」で有名な源のお弁当です。いやあ、これは美味しかったですよ。

もちろん高田駅でもスタンプを押しました。
Otonapass20150627_64
新しい鉄道に新しいスタンプ。それも統一のとれた様式なのが、集める意欲をかき立てます。

次の上り電車で、いったん上越妙高駅へ戻ります。
Otonapass20150627_65
そういえば、まだ駅名標を撮っていなかったな。どこにあるのだろうと探せば、改札口の上に行灯式のものがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-12) 

今度は直江津行きの下り電車に乗って、二本木のスイッチバックを見学します。
Otonapass20150627_56
折返し線のスノーシェイドが見えてきました。

Otonapass20150627_57
スノーシェイドの脇を通過します。

Otonapass20150627_58
一番右側のカーブしている線路が本線です。本線がかなりの下り勾配なのがわかります。この電車はそのまま直進して二本木駅のホームへと入っていきます。

Otonapass20150627_59
一番手前の渡り線が、二本木駅を通過する列車が走る本線です。えちごトキめき鉄道になってから、二本木駅を通過する列車がほとんどないからか、少し錆が浮いてきたように見えます。

再びバック運転で、今度は折返し線に入ります。
Otonapass20150627_60
運転士さんの信号位置までがバックする区間です。2両編成ですから、ここまでしかバックしません。スノーシェイドの中まで入るのは、妙高高原行きの上り電車だけなのですね。もちろん、6両編成のように長ければ、後部車両はスノーシェイドの中まで届くでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

未乗線区乗車とネコさがし(2-11) 

二本木駅のホームへとバック運転が続きます。
Otonapass20150627_51
左側から来て右側へと進むのが本線です。ポイント部分以外ずっと勾配が続いているのがよくわかります。

Otonapass20150627_52
かつては、隣の関山駅と2駅連続のスイッチバック駅でしたが、あちらは国鉄末期に本線上にホームが移設されました。ちょうど社会人になった年に移設されたので、学生時代に何度かスイッチバック時代の関山駅を通った記憶があります。

終点の妙高高原に到着しました。
Otonapass20150627_53
えちごトキめき鉄道は3番線で、しなの鉄道北しなの線が2番線です。乗降に便利な1番線は使われていません。乗り継ぎに便利なようにとのことですが、県境を越えての利用は少ないようです。JR時代の信号設備をそのまま使用しているので、1番線での折返し利用が出発信号等の関係でできないのでしょう。ちなみに、停まっているしなの鉄道は1時間後の発車です。今乗ってきた電車に接続するしなの鉄道はありません。

Otonapass20150627_54
ここは新潟県なので、管轄はえちごトキめき鉄道です。跨線橋を渡り改札へ行けばスタンプがあるのでしょうが、折返し時間が5分とわずかなので、次の機会にします。

折返し12:15の直江津行きに乗車します。
Otonapass20150627_55
今度は高田まで乗車する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-10) 

行き違いになる直江津行きがやってきました。
Otonapass20150627_46
あちらはJR東日本時代のままの塗色です。全部で10編成が譲渡されたそうですが、まだ全部の編成が新塗色になったわけではないようです。

新井の次は二本木です。日本の鉄道では数少ないスイッチバック駅です。ワンマン運転の放送でもスイッチバックの案内が流れました。JR時代は115系電車だったので不可能でしたが、ワンマン仕様のET127系になって前面展望が楽しめるようになりました。
Otonapass20150627_47
右側の本線へは進まず、左側に入っていきます。

Otonapass20150627_48
右側の本線はどんどん高度を上げていきます。こちらは水平で、スイッチバックへの折返し線です。

Otonapass20150627_49
2両編成ですが、6両停止位置で停まります。6両以下の編成は、すべてここまで入るようです。

Otonapass20150627_50
運転士さんは立って窓から顔を出して安全確認です。その後、路面電車のように立ってマスコン操作して、バック運転でホームへと入っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-9) 

直江津駅の改札内、改札の前には昨日上越妙高駅で話を聞いたとおり、駅弁屋さんがありました。昼食用の弁当は、富山駅の源売店で買ってきましたが、ここでは夕飯用の駅弁を買います。やっぱり、この駅ならニシンか鱈だな。迷って、鱈めし弁当を買いました。

次に乗る、えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインは6番線かからの発車です。
Otonapass20150627_41
同じホームから、その次の発車は逆方向の北越急行ほくほく線の越後湯沢行きです。

壁には、この駅から発車する、3社4方向の時刻表が貼られていました。
Otonapass20150627_42
ほくほく線から特急は消えましたが、信越本線にはまだ数本が残っています。新設の特急「しらゆき」ですね。

6番線へ降ります。
Otonapass20150627_43
乗車する妙高高原行きの向こう側を、先ほど乗ってきたディーゼルカーが車庫へと回送されます。えちごトキめき鉄道の電車とディーゼルカーが同時に撮れる数少ない瞬間ではないかと思っています。

妙高はねうまラインに使用されている車両は、新潟で活躍していたJR東日本のE127系を譲り受けたET127系電車です。ところが、高田駅に到着すると、反対側に北越急行ほくほく線のHK100形2両編成が「妙高はねうまライン」とLEDを出して停まっているではないですか。いったい何があったのかとびっくりしてしまいました。帰宅して調べたところ、直江津10:27(8354M)11:00新井11:05(8353M)11:30直江津の1往復が、北越急行ほくほく線と直通運転しているとのこと。8354Mの前は越後湯沢9:17の超快速「スノーラビット」で、8353Mの後は直江津11:32の835M越後湯沢行きのようです。しっていれば、高田駅到着時にカメラを構えていたのですが。

新井駅で交換列車待ちで8分の停車です。
Otonapass20150627_44
これがET127系電車の塗色です。単純なラインではないので、サイドを撮ってみたくなります。

もちろん、ここもえちごトキめき鉄道の駅です。
Otonapass20150627_45
窓口には真新しスタンプが用意されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

未乗線区乗車とネコさがし(2-8) 

この扉が開いて、中のキハ52156が線路の上を移動して屋外に展示されます。
Otonapass20150627_36
今日は天気が悪いのでかないませんが。そんな日に、また糸魚川に来られたらと思います。

予定では、ここで1時間過ごして、次の直江津行きに乗車するつもりでした。しかし、屋外展示もないので、乗ってきた快速直江津行きに戻ります。実は、この快速、糸魚川着9:48で糸魚川発10:08です。なんと20分も停車するのです。
Otonapass20150626_23
市振からは昨日買ったホリデーフリーパスを使っているのです。糸魚川の改札を入るとき見せると、改札スタンプが押されました。

いったん、反対ホームに行って写真を撮ります。
Otonapass20150627_38
えちごトキめき鉄道のET122形ですが、JR西日本の姫新線で使われているキハ122形と同じタイプです。先ほどより乗客は増えていますが、それでも転換クロスシートの窓側に空席がありました。こんどは後ろのET122-6に座っていきます。

糸魚川からは快速運転です。途中は、能生と名立の2駅にしか停まりません。
Otonapass20150627_39
トンネル内駅の筒石は、あっというまに通過してしまいました。やっぱり普通列車の方が楽しかったかなと思いながらも、また乗りに来ることがあるだろうからと、今日は先に進みます。

直江津に到着しました。
Otonapass20150627_40
3番線には、特急「しらゆき」がやってきました。どちらの車両も新幹線開業までは直江津には来なかった車両です。今の直江津駅は、JR東日本新潟支社、えちごトキめき鉄道のディーゼルカーと電車、北越急行ほくほく線の電車と、塗色だけで言ったら新幹線開業前よりも多彩な車両に出会えるようになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

未乗線区乗車とネコさがし(2-7) 

ここには、大糸線で活躍したキハ52が保存展示されているのです。
Otonapass20150627_31
晴れた日は、屋外に展示されるのですが、今日は雨模様なので屋内展示です。そして、屋外に移動させるのがこの「アント」です。貨車移動機として、かつては小さな駅でよくみかけたものです。まだ現役で動くのがあったのですね。

Otonapass20150627_32
ちゃんと「アント」の説明書も展示されていました。貨車移動機なんてものの存在さえ知らない世代もいるでしょうから、この展示は貴重です。

Otonapass20150627_33
大糸線で使用されたヘッドマークが展示されています。でも、ここに展示されていると車番が見えないのですよね。

車内も公開されています。
Otonapass20150627_34
いすみ鉄道のキハ52125が、大糸線からやってきた当時の室内と同じですね。茶色の座席モケットも、キハ52125がいすみにやってきた当時を思い出して懐かしかったです。

Otonapass20150627_35
糸魚川にいるのは、キハ52156です。大糸線に残った最後の3両のうちの1両ですね。

ここは糸魚川時尾ステーション ジオパルの一部です。ジオパルの方に、キハ52156の屋外展示をきいてみると、不定期だとのことです。絶対の条件は、晴れていること。そして、屋外に移動させてくれるボランティアの方が、ほぼ土休日しかボランティアにこられないので、土休日の可能性が高いそうです。またいつか、晴れた日に糸魚川に来て、屋外にいるキハ52156を眺めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-6) 

泊では雨が降っていましたが、新潟県に入った親不知では太陽が顔を出していました。
Otonapass20150627_26

糸魚川の手前、姫川の鉄橋を渡るときに北陸新幹線の橋梁が見えました。
Otonapass20150627_27
とってもデザイン的な橋梁なんですね。昨日、新幹線に乗っているときは気づきませんでした。

快速列車を糸魚川で降ります。
Otonapass20150627_30
ここもえちごトキめき鉄道の駅ですから、新しいスタンプがありました。

新幹線開業で新しくできた糸魚川駅のアルプス口(南口)に出てみました。
Otonapass20150627_28

このアルプス口に、新幹線建設で解体された赤レンガ車庫の一部が保存されています。
Otonapass20150627_29
そして、その奧にはキハ52が保存されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-5) 

車窓に日本海と魚津の水族館が見えてきました。
Otonapass20150627_21

まもなくこの列車の終着駅、泊に到着します。
Otonapass20150627_22
雨がフロントガラスについて見にくいですが、テールライトが見える中線にこの列車も入ります。

ゆっくりと進んでいきます。
Otonapass20150627_23
前に停まる、快速直江津行きの手前に停車します。

市振まではあいの風とやま鉄道、市振から先がえちごトキめき鉄道になります。
Otonapass20150627_24
車両はえちごトキめき鉄道のディーゼルカー2両編成です。

Otonapass20150627_25
おお、車番1号のET122-1ですね。こちらに乗っていきましょう。えちごトキめき鉄道ですが、英字表記だとTOKIだけすべて大文字になるのですね。これは知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

未乗線区乗車とネコさがし(2-4) 

改札前の売店でお昼用の弁当を買います。「ますのすし」で有名な源の売店があって、駅弁以外にもいろいろな弁当を売っています。駅弁の「ぶりずし」も魅力的なのですが、駅弁ではないけれどもおいしそうな「海鮮マスのぶつ切り丼」を買いました。

自動券売機であいの風とやま鉄道の東の端、市振までの乗車券を買います。
Otonapass20150627_16
あいの風とやま鉄道の営業区間は、倶利伽羅~市振間です。しかしながら、あいの風とやま鉄道の1日乗車券で乗れるのは、石動~越中宮崎間です。県境部分の倶利伽羅~石動と越中宮崎~市振はあいの風とやま鉄道の営業区間ですが、1日乗車券では乗れないのです。今回は、2日間かけて乗るということもあって、あいの風とやま鉄道に関しては、普通に乗車券を買ったのです。

8:05に乗車する8:25の泊行きがやってきました。
Otonapass20150627_17
ここで20分も停まります。先を急ぐ人は、8:08の黒部行きに乗り継ぎができます。

Otonapass20150627_18
どちらもJR西日本の521系を塗色変更したものです。あいの風とやま鉄道の車両は、海側が緑色で山側が青色という、左右で色違いのデザインになっています。

Otonapass20150627_19
駅名標もそれに合わせてあって、海側が緑色、山側が青色の表示になっています。

定刻8:25に発車しました。滑川では隣を走る富山地方鉄道の宇奈月温泉行きと併走しました。
Otonapass20150627_20
その電車は、なんと元東急の通勤電車でした。元京阪の転換クロスシート特急車なら、温泉へ行く雰囲気もありますが、4ドアロングシートの通勤電車が使われているとは。ちょっと予想外の車両に出会って、面食らってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-3) 

電鉄富山駅・エスタ前電停を発車して少し行くと、右へ曲がる新線区間に入ります。昨日は暗い中、ただ乗るだけでしたので、今朝はしっかり見ていきます。
Otonapass20150627_11
さっき、駅前交差点からも撮影したのですが、それなりに複雑な線路配置になっています。とくに出発は両方向が信号手前で待機できるように、かなり手前から分岐しています。

Otonapass20150627_12
ホームは4番線まであります。到着時に進行左側になる2・4番線が降車ホームです。1番線が南富山駅方面、3番線が大学前方面と環状線のりばです。

Otonapass20150627_13
こんな感じで駅ビルの下に駅があります。

乗ってきた環状線のセントラムが発車しました。
Otonapass20150627_14
ホームが空くのを待っていた大学前行きの脇を走って行きます。

Otonapass20150627_15
3番線にはたくさんの乗客が待っていたのですが、環状線に乗ったのは数名。大半の人がこの大学前行きに乗っていました。3番線は、大学前方面と環状線の両方が使うため、けっこうタイトな時間設定になっているようです。平日の朝はどうなるのか、ちょっと観察してみたい衝動に駆られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(2-2) 

駅前の交差点から歩いて新富町電停に着きました。
Otonapass20150627_06
ここから、目の前に見える富山駅まで、ぐるっと環状線を大回りしていきます。富山地方鉄道の市内線は乗車距離に関係なく1乗車200円ですし、環状線は一方通行で逆回りはありませんから。

Otonapass20150627_07
先ほど、駅前の交差点で撮影したセントラムが、富山駅で進行方向を逆にしてこちらへ向かってきました。

Otonapass20150627_08
富山駅のホームには、ちょうど北陸新幹線が停まっていますね。さすがにここからでは、E7系かW7系かは判断できませんけど。

環状線に乗っていると富山城が見えます。
Otonapass20150627_09
後部運転台から正面に富山城を眺めます。ここは環状線の一方通行区間、単線です。

Otonapass20150627_10
土曜日の朝7時半ということもあり、車内は自分を含めて3人だけ。大きなバッグを持っていたので心配だったのですが、これだけ空いていれば迷惑にはなりませんでした。このまま、富山駅まで運ばれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

未乗線区乗車とネコさがし(2-1) 

2015年6月27日(土)。今日は富山から出発して、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道、しなの鉄道北しなの線に乗って、大宮で一泊する予定です。

ホテルの無料朝食が6時半からです。ちょっと前に行くと、どうぞと迎え入れられました。開始時刻要理早いので、まだ食べている人は4人ほど。今朝は予定より早く事が進みそうです。これなら、軌道市内線の循環線に乗ってから富山駅へ行けるかもしれないと時刻表を調べます。土曜日の7時台は、セントラムは1台のみ運用で30分毎の運転でした。それでも、7時22分の便に間に合いそうです。7時10分過ぎにホテルを出て、駅前の交差点に行きました。新しくできた駅前への分岐となるデルタ線で撮影です。

7:15頃に、乗車予定の循環線が地鉄富山駅からやってきました。
Otonapass20150627_01

ここから左側に分岐して富山駅下に入る路線が新設されました。
Otonapass20150627_02
新しくできた線路に入り、セントラムは富山駅下に入っていきます。ちなみに、富山駅へ寄らずに従来の線路を直進する電車は、平日の朝に大学前行きのみ設定されています。

富山駅を発車した路面電車が並んでいます。
Otonapass20150627_03
南富山方面と大学前方面が並んでいます。

先に、南富山方面のサントラムが発車しました。
Otonapass20150627_04

続いて、大学前方面の在来型が、あの唸る吊り掛けモーター音を響かせて発車していきました。
Otonapass20150627_05
こちらも、この大学前行きの次に来る環状線に乗るため、新富町電停へ歩いて行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

未乗線区乗車とネコさがし(1-8) 

さて、富山の夕食をどうしましょうか。もう20時半近いです。居酒屋ならいくらでもありますが、食事ができるところはそれほど多くないようです。ホテル近くのCiCという施設の地下1階にある「麺家いろは」というお店に行きました。

ストロボを炊かなければ写真は撮ってもかまいませんとのことで、1枚撮らせてもらいました。
Otonapass20150626_36
富山ブラックラーメンと富山おでんです。それにノンアルコール1本つけました。富山おでんは、とろろ昆布が載っているのが特徴だとか。右側の赤いの、ニンジンだと思いました。富山はおでんにニンジン入れるんだとはしでとると、これがかまぼこというか練り物なんですね。へえ、こんなネタがあるんだ。けっこう新しい体験でした。とろろ昆布広げておでんだねと一緒に食べるのってのは、なかなかいいですね。ブラックラーメンも初体験でした。もっとしょっぱいというか塩辛いものと想像していましたが、そうではなかったです。これもおいしかったです。

さて、まだ富山地方鉄道の市内線は動いています。新規開業部分には今日のうちに乗っておきましょう。新富町~富山駅前~地鉄ビル前と乗ります。これで新規開業になった、JR富山駅に乗り入れる部分を乗車しました。でも、複線の路面電車ですから、両方向乗っておかないとダメですよね。
Otonapass20150626_37
ちょうどやってきた循環線のセントラムに間に合うかと期待しましたが、歩行者信号が赤。ギリギリ間に合いませんでした。その後の路面電車に乗って、再び新富町電停で降ります。22時前にはホテルに戻りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(1-7) 

終着の金沢駅に到着しました。
Otonapass20150626_31

ホームの向かい側には、富山行きの区間運転の新幹線「つるぎ722号」が停まっていました。
Otonapass20150626_32
しかしながら、この列車もE7系でした。W7系って、なかなか出会えないのですね。

新幹線の改札を抜けて、在来線のきっぷうりばへ向かいます。
Otonapass20150626_33
IRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道に乗って、富山へ向かいます。乗車券は1220円です。金沢~倶利伽羅のIRいしかわ鉄道が360円、倶利伽羅~富山のあいの風とやま鉄道が860円です。

当初の予定では、ここから平日のみ運転の「あいの風ライナー」に乗る予定でした。しかし、現在予定から2時間遅れです。「あいの風ライナー」の金沢発車時刻は、17:17、18:13、20:20の3本。残念ながら19時台はないのです。

19:17の普通列車富山行きに乗車します。
Otonapass20150626_34
JR西日本から購入した521系をIRいしかわ鉄道塗色に塗り替えたもののようです。2両編成の車内は、座席の大半が埋まっていました。転換クロスシートの通路側に空席を見つけて座っていきます。発車時刻までには、立ち客もたくさん出ました。

窓側の座席に座っていたお兄さんが降りたのは、高岡でした。大半の乗客が、あいの風とやま鉄道の区間まで乗り通します。
Otonapass20150626_35
20:12に富山駅の到着しました。しばらくすると、隣のホームにJR高山線のディーゼルカーがやってきました。

今日は富山で泊りです。改札を抜けて、駅近くの予約してあるホテルへ向かいます。すぐそこに見えるのですが、駅前の歩道がけっこう遠回りになっているし、交差点の横断歩道も直接対面へ渡れないなど、雨の中ちょっといらいらしながらホテルへと向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(1-6) 

上越妙高駅の改札前には売店街がありました。そこに山崎屋という駅弁屋さんが出店していました。新しい駅弁屋さんができたのかと思ったのですが、直江津駅の駅弁業者さん、ホテルハイマートさんのお店だそうです。直江津駅は止めてしまったのですかとたずねると、特急が減ってホーム販売は止めたけど改札前の販売は数は減りましたがやっていますとのことでした。明日は、直江津の駅弁を買う予定です。今日も、長野のおそばだけでは物足りなかったので「あとひくいなり」を買いました。

指定席券売機で、スマホで変更した上越妙高から金沢までの「はくたか569号」の指定券を発券して自動改札を通ります。ところがピンポンピンポンと閉まってしまいました。あれっ、何でだろう。よく見ると、変更した指定券は明日の列車じゃないですか。とにかく2時間後に変更しようと、スマホの小さな画面で列車にばかり気を取られていて日付が1日ずれていたことに気づきませんでした。発車まであと10分あまりですが、窓口には5人ほどの列ができています。間に合うかな。

窓口での変更がなんとか間に合って、自動改札を入ります。
Otonapass20150626_28
指定席券売機(MV)で買った指定券を、すぐさま窓口で変更というなんともお粗末な特急券です。金沢駅で記念にもらってきました。

Otonapass20150626_26
通過待ちがないときでも、13番線ではなく14番線からの発車になるのですね。

やってきました。柵があってまともに撮れませんけど。
Otonapass20150626_27
またしてE7系です。今回はW7系には乗れませんでした。割り当てられた席は、中学生の団体が降りた後の席でした。ほぼ1両乗っていたようで、乗降に時間がかかりちょっと焦りました。ただ、ここからこの号車への乗車が自分だけではなかったので、無事乗車できましたけど。

車内でいなりずしを開けます。
Otonapass20150626_29
お昼ともおやつともつかない時間ですけど、さすがにはわさびそば1杯ではお腹が持ちませんでしたから。ご飯に混ぜ物があるいなりずし。おいしかったですよ。

糸魚川を発車します。
Otonapass20150626_30
糸魚川の街をこの高さから眺められるのは、新幹線になってからです。新鮮な気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

未乗線区乗車とネコさがし(1-5) 

上越妙高駅に降りるのは、今日が初めてです。せっかくですから駅舎を眺めていきます。
Otonapass20150626_21
これがJR側の駅舎です。駅名と一緒に撮ろうとすると、上杉謙信公の背中しか撮れません。

Otonapass20150626_22
前から見るとこんなお顔をした像になっています。

その後、えちごトキめき鉄道の上越妙高駅にも行きます。
Otonapass20150626_23
ここで、明日から使う「トキめきホリデーフリーパス」を買います。1000円で全線土日2日間乗車できるという、コストパフォーマンス高過ぎの乗車券です。1日しか使いませんし、一部区間(直江津~新井)は「大人の休日倶楽部会員パス」で利用できるえちごトキめき鉄道ですが、この値段なら十分に元が取れます。

それから、えちごトキめき鉄道上越妙高駅には、駅スタンプがありました。
Otonapass20150626_24
新しく作ったスタンプですね。まだきれいです。これで、えちごトキめき鉄道の有人駅に降りる楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(1-4) 

再び長野駅の新幹線ホームへ行きます。
Otonapass20150626_16
次の「はくたか567号」で、大人の休日倶楽部会員パスで行ける最遠駅上越妙高まで行きます。

「はくたか567号」がやってきました。
Otonapass20150626_17
今回もE7系でした。W7系には、乗れませんでした。

Otonapass20150626_18
信濃川を渡ると飯山駅です。この「はくたか567号」は、飯山駅に停車します。

飯山駅の次が妙高高原駅です。
Otonapass20150626_19
ここから先の北陸新幹線は、JR西日本の路線になります。乗務員は長野からすでにJR西日本になっていますが、駅はここまでがJR東日本の駅です。

Otonapass20150626_20
乗ってきた「はくたか567号」は、ここで後続の「かがやき533号」に抜かれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(1-3) 

新幹線ホームから在来線ホームへ移動します。信越本線が長野鉄道北しなの線に移管されてから、長野駅に降りるのは初めてです。
Otonapass20150626_11
まだJR塗色のしなの鉄道車両って、残っていたのですね。このホームは真ん中で分断されて、塩尻方が3番線、豊野方が4番線になっています。3番線はしなの鉄道上田方面、4番線は飯山線が使っていました。

Otonapass20150626_12
駅名標も新しくなっています。カラー版の駅名標はJR時代のままのようですが、屋根から下がる行灯式の駅名標は新しくなりました。

Otonapass20150626_13
2番線がしなの鉄道北しなの線ののりばになったようです。北しなの線は3両編成ですが、運賃収受をしないワンマン運転を行っているようです。

いったん改札を出て、しなの鉄道の乗車券うりばへ行きます。明日使う北しなの線の1日乗車券を買うためです。
Otonapass20150626_14
1枚1000円です。明日は、豊野~長野~妙高高原~長野と乗る予定です。この通り乗れば、250円+830円×2で1910円分乗りますから、かなり得になるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

未乗線区乗車とネコさがし(1-2) 

東京駅から北陸新幹線に乗車します。自由席になるので、座れれば「はくたか565号」、はくたかが混んでいればその次の「あさま615号」で長野まで行くことにしました。
Otonapass20150626_06
「はくたか565号」ですが、自由席E席に空きはありませんでしたがA席なら空席多数です。これに乗っていくことにします。

Otonapass20150626_07
E7系に乗るのは初めてです。

Otonapass20150626_08
見た目はE7系もW7系も同じです。ここに書いてある文字を見ないとわからないです。これはJR東日本の車両ですから、E7系で間違いないです。

Otonapass20150626_09
長野で降りました。上越高原まで線路はJR東日本ですが、乗務員はここでJR西日本に交代するそうです。そのため、停車時間が2分ほどありました。

お昼をほとんど食べていなかったので、ホームのそば屋さんで食べます。
Otonapass20150626_10
はわさびそばというのを頼みました。はわさび、これだけしか入ってないのかとちょっとガッカリしましたが、食べてみるとけっこう辛い。たしかにこれくらいで十分ですね。おいしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未乗線区乗車とネコさがし(1-1) 

2015年6月26日(金)。今日から29日までの4日間、『大人の休日倶楽部パス』を使って未乗線区を回ってきます。6月はじめから仕事のやりくりをして、なんとか月曜日は空けることができたのですが、今日はどうしても2時間ほどたまっている仕事を片付けてからの出発です。

ところが、出がけに若干のトラブルがあって出発が遅れてしまいました。当初の計画は次のようなものでした。
上総一ノ宮11:19(4136F)12:39東京
東京12:56(563Eはくたか563号)15:09上越妙高
上越妙高15:45(565Eはくたか565号)16:48金沢
金沢17:17(1471Mあいの風ライナー1号)18:02富山
上越妙高からは別払いで金沢に向かい、北陸新幹線完乗です。折返しは第3セクターになった在来線を行きます。平日のみ運転の有料ライナーを体験して富山泊です。富山では、まだこの時間なら明るいので、富山地方鉄道の市内線の新規開業区間、電鉄富山駅~富山駅~新富町を乗ってしまうつもりです。

実券にしてしまった「はくたか563号」はあきらめましょう。どうせ、パスで発行した指のみ券ですから。まだ実券にしていない「はくたか565号」は変更しなくては。スマホでえきねっとのサイトにアクセスして、なんとか2時間後の「はくたか569号」に変更しました。

Otonapass20150626_01
指定券は限度いっぱいの6枚発券してありますが、乗車前から1枚は無駄になってしまいました。

上総一ノ宮駅近くの1日300円のコインパークに停めます。4日分1200円の券を買ってフロントガラスに貼り付けておきます。

予定より1時間遅れの出発です。
Otonapass20150626_02
特急「わかしお12号」に乗っていきます。10両編成ということは、自由席が8両もありますから、十分座れるでしょう。

1番線に訓練車と表示された209系が停まっていました。まだ時間もあるし、行ってみます。
Otonapass20150626_03

引き込み線に入るのかと思っていたら、そのまま大原方面へ発車して行きました。
Otonapass20150626_04

3番線に回って、特急を待ちます。
Otonapass20150626_05
この時間に10両編成ですから、予想通り自由席はガラガラでした。進行方向右側の座席を確保して東京駅までの1時間を過ごします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月26日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月26日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

第84回 土浦全国花火競技大会 
販売日 2015年7月6日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 土浦市、つくば市、牛久市、取手市、龍ケ崎市、阿見町、美浦村、利根町内の全93局と田伏局、出島局、安飾局、牛渡局、志士庫局、江戸崎局、鳩崎局の計100局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションシートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(85) 

2015年6月25日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

昨日、帰宅時に国吉駅の市営駐車場にKさんのボンネットバスが停まっていました。また何かイベントで使うのでしょうか。今朝も停まっていたので、1枚撮ります。
Isumi_kuniyosi20150624_01
今朝は曇りです。今回のKさんのボンネットバスですが、全部日よけが降ろされていました。何ででしょうか。

今朝の5Dをこれらを入れて撮ります。
Isumi350_20150625_02
351スナフキンがやってきました。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi200_20150625_03
今朝の8Dは、206リトルミイでした。

今日は仕事は最終までかかりそうです。でも、回数券がなくなったので、夕方大多喜駅まで買いに行きました。
Isumi_otaki20150625_04
残念ながら検修庫のシャッターが降りていて、今日はキハ20の様子を見ることができませんでした。

そして、帰宅はやはり予定委通り最終の30Dになりました。
Isumi350_20150625_05
今日は352ムーミンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月24日は4件のリリースが出ていました。佐用町以外は郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月24日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

青森ねぶた2015 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 5,000部

販売地域 青森市、黒石市、平川市、平内町、外ヶ浜町、今別町、蓬田村、藤崎町、大鰐町、田舎館村内の計77局 

シートはオリジナルです。B5台紙とポストカード2枚とのセットで売価1500円です。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月24日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

心の原風景 下野街道 大内宿 
販売日 2015年6月29日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 喜多方市、会津若松市、猪苗代町、北塩原村、会津坂下町、会津美里町、下郷町、南会津町、只見町、檜枝岐村内の計98局

シートは大型です。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月24日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

越後長岡大花火2015 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 2,350部

販売地域 長岡市、出雲崎町内の計68局

シートはグラデーションです。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月24日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

佐用町のひまわり 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  たつの市、太子町、佐用町、相生市、赤穂市、上郡町、宍粟市内の全67局と神戸中央局の計68局

シートはグラデーションです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(84-2) 

今日はいすみ鉄道の駅清掃のボランティアがあるのを忘れていました。16時ちょっと前に、メンバーで大多喜駅へ向かいます。
Isumi_otaki20150624_06
206が22Dで出庫したので、キハ20を自転車置き場から狙うことができました。

自分たちの清掃担当は、先月と同じ東総元駅です。清掃の合間に、ホームから大戸の洗い越しを狙います。
Isumi_higasifusamoto20150624_07
ここから望遠で狙うと、確かに道になっていて、その上を水が流れているのがわかります。ここを水しぶきを上げながら軽トラックが走る写真を撮りたいのですが、未だに目にすることができません。

蛍光灯や畳をきれいにして、駅清掃のボランティア完了です。
Isumi350_20150624_08
24Dに乗って大多喜に戻ります。

その後職場で仕事をして、昨日のこともあるので少し早めに(といっても勤務時間はとっくに過ぎてますが)28Dに乗って帰宅します。
Isumi200_20150624_09
今日は206リトルミイでした。まだ夏至から2日しか過ぎていないので、19時を回ってもまだこんなに明るいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(84-1) 

2015年6月24日(水)。今朝の体調は、別に異常なしです。いつも通り仕事には行きますが、少し早めに家を出ました。早めにでたので、これならどこかで6Dが撮れそうです。新田野駅へ寄っていくことにしました。

今朝は青空がとってもキレイです。
Isumi300_20150624_01
今朝の6Dは、302スニフ+351スナフキンでした。

撮影後すぐに車を国吉駅へ走らせます。
Isumi350_20150624_02
今朝の5Dは、352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi200_20150624_04
今朝の8Dは、206リトルミイでした。

今日は昼休みに銀行と町役場へ行く用事がありました。ついでにカメラを持って行って大多喜駅をのぞきます。
Isumi_otaki20150624_04
シャッターは開いていますが、206がいるのでキハ20を正面から撮ることはできませんでした。

その車両たちの脇を513D上総中野行きが走っていきます。
Isumi_otaki20150624_05
今日は水曜日、平日レストラン・キハの開催日です。そのため、列車番号500番台はキハ編成での運転です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月23日は2件のリリースが出ていました。萩は郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月23日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

女子プロレス界の至宝 里村明衣子 デビュー20周年記念 
販売日 2015年6月26日(~未発表
販売部数 850部

販売地域 仙台市青葉区・泉区・宮城野区・若林区・太白区内の計126局

シートはグラデーションです。売価1300円です。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月23日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

萩の産業遺産群 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 3,000部

販売地域 萩市、長門市、美祢市、阿武町内の全59局と地福局、生雲局、徳佐局、篠生局、嘉年局、三谷局の計65局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(83) 

2015年6月23日(火)。今日はいすみ鉄道で出勤です。でも、大変な1日になってしまいました。

国吉駅に少し早めに着きました。
Isumi_kuniyosi20150623_01
運ばれてきた202ですが、こんなに草が伸びたレールに押し込まれたのですね。故障で運転できなくなり、さよなら運転もないまま廃車になってしまった、不運な元フローレンです。自分が動いているところを撮影したのは、昨年の11月19日朝の8Dが最後になりました。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20150623_02
たぶん、352ムーミンですね。

いつものように、城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいました。
Isumi300_20150623_03
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

仕事をしていて、昼前に胸の痛みと軽い吐き気を覚えたのです。これは普通じゃないぞ。上司と相談して病院へ行きますが、結果的に救急車を呼ばれて心筋梗塞の緊急手術をしてもらった病院へ直行です。まあ、結論から言うと異常なしとしか言い様がないねとのこと。心電図から新たな心筋梗塞はなし。前の部分の再発の可能性もあるので、血液検査をしたけど、これもなし。狭心症の可能性はゼロとはいえないけど、たぶん大丈夫でしょうとのこと。緊急搬送されているあいだに、胸の痛みも吐き気も治まってしまったので、この時点で大丈夫と言われれば、それを信じるしかないでしょう。家人に迎えに来てもらい、いったん職場へ寄って荷物を引き取って、この日は自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月22日は1件4種のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月22日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

あさひやまどうぶつえんV~Vol.1~
あさひやまどうぶつえんV~Vol.2~
あさひやまどうぶつえんV~Vol.3~

あさひやまどうぶつえんV~Vol.4~ 
販売日 2015年6月29日(~未発表
販売部数 各2,500部

販売地域 旭川市、富良野市、美瑛町、鷹栖町、東川町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、南富良野町、上富良野町、中富良野町、占冠村内の計93局 

シートはVol.1とVol.3が額縁(52円)、Vol.2とVol.4がオリジナル(82円)です。すべて台紙とのセットで、売価はVol.1とVol.3が1200円、Vol.2とVol.4が1500円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月19日は3件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月19日に日本郵便株式会社本社からリリース文が配信されました。

ふなっしーのThank youフレーム切手 
販売日 2015年6月26日(~未発表
販売部数 未発表

販売地域 全国の約2000局

シートは額縁(52円)です。売価1500円です。6月26日0時15分から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月19日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

上野浅草夏まつり 
販売日 2015年6月26日(~未発表
販売部数 1,330部

販売地域 台東区、文京区、荒川区内の全87局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計90局

シートは額縁(52円)です。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月19日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

博多祇園山笠 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 3,000部

販売地域 福岡市、古賀市内の全174局と甘木局、粕屋南局、新宮局、太宰府局、筑紫野局、福間局、前原局、宗像局の計182局

シートは額縁(52円)です。7月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月18日は4件のリリースが出ていました。置戸町以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月18日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

SAPPORO FLOWER CARPET 2015 
販売日 2015年6月22日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計8局

シートはオリジナルです。


6月18日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

置戸町開町100周年記念 
販売日 2015年6月22日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 北見市、網走市、美幌町、斜里町、佐呂間町、置戸町、訓子府町、津別町、大空町、小清水町、清里町内の全67局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計75局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションです。6月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


6月18日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

Mt. IBUKI 2015 
販売日 2015年6月25日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 伊吹局、市場局、山東柏原局、醒井局、山東局、東草野局、近江宇賀野局、息長局、米原局の計9局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションです。


6月18日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

日本一のおんせん県 
販売日 2015年7月1日(~未発表
販売部数 3,500部

販売地域 大分県内の計304局

シートはグラデーションです。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月16日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月16日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

宮島 朱の大鳥居
販売日 2015年6月22日(~未発表
販売部数 2,000部

販売地域 広島市安佐南区・安佐北区・佐伯区、大竹市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸太田町、広島町内の計136局

シートはオリジナルです。売価は1300円です。6月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

6月15日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

6月15日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

湘南ひらつか七夕まつりと夏まつり
販売日 2015年6月22日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 平塚市、二宮町、大磯町、中井町内の計28局

シートは額縁+グラデーションのコンビネーションシートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

い鉄にキハ20がやってきた(11) 

今日は、このキハ20の搬入があるため、運用についていない5両が、すべて洗浄線・給油線に並べられていました。
Isumi_otaki20150622_51
南側から、いすみ206,キハ52125です。

Isumi_otaki20150622_52
その前がキハ282346です。

Isumi_otaki20150622_53
そして、いすみ302といすみ301です。

残念ながら、5両が1列に並んでいるところは、鳥にでもならない限り撮れそうにありません。もちろん、線路内ですから、ドローンを飛ばすわけにもいきませんので。そもそも、ドローンを持ってないですしね。

さて、キハ201303ですが、まだエンジンをかけられる状態ではないので、人力で入庫となりました。
Isumi_otaki20150622_54

作業員の方々が、本当に人力で押しているのです。
Isumi_otaki20150622_55
動かすよりも停めるのが難しいのが人力です。でも、さすがプロですね。ちゃんと入庫の位置で車両が停まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(10) 

再び、脇道を通って今度は駅構内から撮影することにします。
Isumi_otaki20150622_46
まだ、オレンジ色の吊り上げようロープはついたままです。

Isumi_otaki20150622_47
吊り上げようロープを外す作業に入ったようです。

Isumi_otaki20150622_48
オレンジ色のロープが車体から離れていきます。

Isumi_otaki20150622_49
そこへ11:06着の14Dがやってきました。正面が同形の350形352です。もうすぐ、国吉駅や上総東駅で並ぶ姿が撮れることでしょう。

Isumi_otaki20150622_50
吊り上げ用の部材も外されて、これで外観上は営業車になったのでしょう。もちろん、エンジン関係の作業はまだ残っているでしょうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(9) 

自転車置き場に移動して、そこから撮影します。
Isumi_otaki20150622_41
台車の上に車体が降りてきましたが、まだ位置は合っていないようです。

Isumi_otaki20150622_42
慎重に位置合わせをして降ろしていきます。

Isumi_otaki20150622_43
心棒が台車の穴にもう少しで収まるようです。

Isumi_otaki20150622_44
位置は合ったようです。あとは、車体を完全に降ろすだけです。

Isumi_otaki20150622_45
無事に車体が台車の上に降りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(8) 

いよいよ線路上へ移動させるための「ひねり」が始まりました。
Isumi_otaki20150622_36

ひねりが始まると同時に、下にいたトレーラーが前へと移動を始めました。
Isumi_otaki20150622_37

ほぼ真横になります。
Isumi_otaki20150622_38

今度は逆向きにひねって、線路上へ移動させます。
Isumi_otaki20150622_39

ほぼ線路上へ移動したようです。これから線路上に置かれた台車の上に、吊り降ろしていきます。
Isumi_otaki20150622_40
吊り上げるよりも、吊り降ろすときの方が慎重なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(7) 

いよいよ吊り上げが始まりました。10時40分過ぎのことです。
Isumi_otaki20150622_31
オレンジ色のロープがピンと張って、少し車体が上がりました。

Isumi_otaki20150622_32
道路の端で路面が傾いています。でも、吊り上げられた車体は水平になります。当然、下がっている方に先に力がかかってしまうはずですから、このへんの力のかけ具合がプロの技なのでしょうね。

Isumi_otaki20150622_33
だいぶ吊り上がりました。

Isumi_otaki20150622_34
この高さで吊り上げは完了みたいです。

Isumi_otaki20150622_35
ここからひねりを加えて、2台のクレーンの間を通して、線路へと移動させます。このひねって間を通すところが、何度見てもプロだなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

い鉄にキハ20がやってきた(6) 

脇道を通って、南廓踏切側へ行きます。
Isumi_otaki20150622_26
どうやら、反対側でも吊り上げ用の部材を取り付ける作業をしているようです。

Isumi_otaki20150622_27
まだ大手門の向こう側で作業が続いているようです。

しばらくして動きがありました。
Isumi_otaki20150622_28
大手門をくぐって、トレーラーがこちら側へとやってきました。

Isumi_otaki20150622_29
屋根上に上がって、なにやら作業をしています。どうやら、屋根を保護しているようです。

Isumi_otaki20150622_30
いよいよクレーンからつり下げ用のロープが下りてきました。10時30分少し前のことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(5) 

車体が完全に大手門前の道路に入ってしまうと、再び道路の入口が閉鎖されました。
Isumi_otaki20150622_21

そうなると、みんな立入禁止線ぎりぎりまで行って撮影します。
Isumi_otaki20150622_22

しばらく動かないので、何をしているかなと思っていたら、なにやら資材が運ばれてきました。
Isumi_otaki20150622_23

これからクレーンでつり下げるのですが、そのクレーンからのロープをひっかける部品を取り付けているのです。
Isumi_otaki20150622_24
ボルトでしっかり車体にこの部材を固定していきます。

Isumi_otaki20150622_25
手前にも1本止めます。片側に2本、このような部材をつけていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(4) 

どうやら、医者に行っていた間に、台車の運び込みと線路への搬入が終わっていたようです。
Isumi_otaki20150622_16

9時40分を回って、いよいよ移動が始まりました。
Isumi_otaki20150622_17

トレーラーがゆっくりと前進を始めました。
Isumi_otaki20150622_18

キハ20のサイドが、障害物に邪魔されずに撮影できた瞬間です。
Isumi_otaki20150622_19

横断歩道から先は立入禁止区域です。
Isumi_otaki20150622_20
ゆっくりと大手門を目指して進んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

い鉄にキハ20がやってきた(3) 

9時半少し前に大多喜に戻ると、すでに青い保護ビニールが剥がされていました。
Isumi_otaki20150622_11
ただし、空は曇りになっていました。

Isumi_otaki20150622_12
トレーラー後部からの様子です。

Isumi_otaki20150622_13
これがトラクター側からの様子です。

Isumi_otaki20150622_14
やっぱり国鉄キハ20によく似た、いすみ鉄道キハ20の顔を撮っておかないと。

そして、これがキハ20形である証拠です。
Isumi_otaki20150622_15
移動が始まるまで、しばらく待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(2) 

8時を過ぎて、外側のシートがはがされました。
Isumi_otaki20150622_06

全部で3枚のシートで覆われていました。左側、右側、そして最後に真ん中が外されます。
Isumi_otaki20150622_07

真ん中のシートが引っかかってしまいましたが、最後にはゴムバンドを切って外しました。
Isumi_otaki20150622_08
まだ保護用の青いビニールに覆われてはいますが、キハ20の様子がわかるようになりました。

とりあえず作業が終わったようなので近づいてみます。
Isumi_otaki20150622_09

やっぱり、正面からが欲しいですよね。
Isumi_otaki20150622_10
まだ台車を積んだトラックが着いておらず、移動は9時半過ぎとの情報です。それでは、それまでに医者に行ってきましょう。心臓の薬の処方箋を書いてもらわないといけませんので。1時間はかからずに戻ってこられるでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄にキハ20がやってきた(1) 

2015年6月22日(月)。今日は土曜出勤の代休です。ゆっくりしていてもかまわないのですが、いつもの出勤時間よりも早く家を出て大多喜駅へと向かいました。

今日はいすみ鉄道の新車搬入日です。今までの新型車4両は、年度末も近くなる冬の搬入でした。夏至の日の長い時期に搬入があるのは、今回が初めてです。
Isumi_otaki20150622_01
7時半過ぎの大多喜駅前です。こんな状態で、駅前にトレーラーが停まっていました。

Isumi_otaki20150622_02
もちろん、積荷は新車のキハ20です。

Isumi_otaki20150622_03
こうやって、大多喜駅前に旧国鉄カラーのディーゼルカーが停まっているのです。

Isumi_otaki20150622_04
キハ52のぼりと搬入されるキハ20です。まだビニールかぶってますけど、似てるでしょ。

まだ、この時点ではキハ編成が停まったままです。
Isumi_otaki20150622_05
このキハ編成が移動しないと、今日の作業は本格的に始まらないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

い鉄とバスで滝見学(8) 

上総中野駅からは、再びいすみ鉄道に乗って、大多喜の駐車場へと戻ります。
Isumi_kiha52_20150621_36
急行3号がやってきました。

折返しになる、急行4号に乗っていきます。
Isumi_kiha28_20150621_37
比較的お客さんも少なめでした。

キハ52の一番後ろに座っていきます。
Isumi_kiha52_20150621_38
風に当たったり、久我原駅のアジサイを眺めたりしながら進みます。結局、大多喜では降りずに国吉まで乗りました。

国吉駅で、行き違いになる下り67Dの乗り継ぐため、下りホームへ移動します。
Isumi200_20150621_39
すると、大多喜にいた202元フローレンが、国吉駅の側線に移動してきていました。昨日の夕方は、大多喜駅の検修庫前にいたのを確認していますから、夜中の内に運ばれてきたのでしょう。

Isumi300_20150621_40
その202の脇を302スニフがやってきました。この67Dに乗って大多喜まで戻ります。そして、町営駐車場から自家用車を出して、自宅へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »