« 未乗線区乗車とネコさがし(2-3)  | トップページ | 未乗線区乗車とネコさがし(2-5)  »

2015年7月 9日 (木)

未乗線区乗車とネコさがし(2-4) 

改札前の売店でお昼用の弁当を買います。「ますのすし」で有名な源の売店があって、駅弁以外にもいろいろな弁当を売っています。駅弁の「ぶりずし」も魅力的なのですが、駅弁ではないけれどもおいしそうな「海鮮マスのぶつ切り丼」を買いました。

自動券売機であいの風とやま鉄道の東の端、市振までの乗車券を買います。
Otonapass20150627_16
あいの風とやま鉄道の営業区間は、倶利伽羅~市振間です。しかしながら、あいの風とやま鉄道の1日乗車券で乗れるのは、石動~越中宮崎間です。県境部分の倶利伽羅~石動と越中宮崎~市振はあいの風とやま鉄道の営業区間ですが、1日乗車券では乗れないのです。今回は、2日間かけて乗るということもあって、あいの風とやま鉄道に関しては、普通に乗車券を買ったのです。

8:05に乗車する8:25の泊行きがやってきました。
Otonapass20150627_17
ここで20分も停まります。先を急ぐ人は、8:08の黒部行きに乗り継ぎができます。

Otonapass20150627_18
どちらもJR西日本の521系を塗色変更したものです。あいの風とやま鉄道の車両は、海側が緑色で山側が青色という、左右で色違いのデザインになっています。

Otonapass20150627_19
駅名標もそれに合わせてあって、海側が緑色、山側が青色の表示になっています。

定刻8:25に発車しました。滑川では隣を走る富山地方鉄道の宇奈月温泉行きと併走しました。
Otonapass20150627_20
その電車は、なんと元東急の通勤電車でした。元京阪の転換クロスシート特急車なら、温泉へ行く雰囲気もありますが、4ドアロングシートの通勤電車が使われているとは。ちょっと予想外の車両に出会って、面食らってしまいました。

|

« 未乗線区乗車とネコさがし(2-3)  | トップページ | 未乗線区乗車とネコさがし(2-5)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/61864915

この記事へのトラックバック一覧です: 未乗線区乗車とネコさがし(2-4) :

« 未乗線区乗車とネコさがし(2-3)  | トップページ | 未乗線区乗車とネコさがし(2-5)  »