« 195円房総半島大回り(3)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2015年5月18日 (月)

195円房総半島大回り(4) 

千倉を発車すると、次の九重では行き違い列車待ちで、千倉よりも長い停車時間がありました。
Boso_20150506_16
せっかくですから、行き違い風景を撮影します。

館山で車掌さんが交代して、ここから君津までは快速運転になります。
Boso_20150506_17
浜金谷を過ぎると、左手に東京湾がよく見えます。今までのダイヤでは見ることがなかった、東京竹芝桟橋へ向かう東海汽船のジェットフォイルが見えました。

Boso_20150506_18
上総湊の鉄橋からは、映画「孤高のメス」のロケ地になった家が見えます。しばらく売家の札がでていたようなのですが、すっかり外壁もキレイになっていました。買い手がついたのでしょうか。もう映画の面影は外観からは見られないですね。

Boso_20150506_19
山の上に東京湾観音が見えてきたら、まもなく佐貫町です。ここまでくれば、君津まではあとわずかです。

定刻、君津に到着しました。
Boso_20150506_20
ホームの向かいに停まる、快速久里浜行きに乗り換えます。この快速に乗車中、ドア上の表示器に外房線運転見合わせという文字が流れました。土気~大網間の信号確認のため千葉~上総一ノ宮間で運転見合わせだそうです。信号確認ということは、事故ではないようなので、不都合がなくなれば運転再開になるでしょう。

そのまま乗って行くと、蘇我に着く前に運転再開・遅延という情報に変わりました。蘇我からは18:01の大原行きが18:19にやってきました。それに乗って茂原へ向かいます。ほぼ、そのままの遅れで18:50に茂原に到着です。

改札では、上総一ノ宮でタッチしたSUICAで出ます。過去の経験から、自動改札機どうしなら今回のように5時間程度経過していても大丈夫なはずです。片方が簡易改札機だと赤ランプになりますけど。そうは思っても、大回りの時は緊張します。自動改札機にタッチすると、何事もなくバーが開き、運賃195円の文字が液晶パネルに表示されました。

改札前のヴィドフランスが、10%引き謝恩セールをやっていたので、そこで夕食用にパンをいくつか買って、後続の電車で上総一ノ宮へと向かいました。今日は、運賃195円×2と指定席券520円で、房総半島大回りを楽しんでくることができました。

|

« 195円房総半島大回り(3)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/61610290

この記事へのトラックバック一覧です: 195円房総半島大回り(4)  :

« 195円房総半島大回り(3)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »