« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

い鉄で出勤(34) 

2015年3月19日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤です。

国吉駅の軌陸式の建機ですが、やっぱり作業をしているようですね。
Isumi_kuniyosi20150319_01
昨日の朝とは、位置も微妙に違いますし、アームの向きも違いました。

今朝の7Dがやってきました。
Isumi300_20150319_02
前日の最終が入る運用は変わっていないようです。昨夜30Dで乗った302スニフがやってきました。

城見ヶ丘で降ります。
Isumi300_20150319_03
ホームから走り去る7Dを撮っておきます。

いつものようにバイパスの跨線橋へ行き、8Dを待ちます。
Isumi300_20150319_04
今朝は301パパ&ママでした。どちらも300形が入るとは思っていもいませんでした。

帰宅は今日も最終になりました。
Isumi300_20150319_05
301パパ&ママに乗って、国吉駅へと運ばれたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月19日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月19日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

甑島国定公園指定記念 薩摩川内市
販売日 2015年3月27日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  薩摩川内市、阿久根市、伊佐市、出水市、さつま町、長島町内の計79局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(33-2) 

帰宅は最終になりました。これもダイヤ改正前は20:03の32Dでしたが、昼間1本削減されたので、20:05の30Dとなりました。
Isumi300_20150318_06
わずか2分ですが、遅くなったのでよかったとしゃべっている高校生の声が耳に入ります。

Isumi300_20150318_07
国吉駅に到着です。今日は302スニフでした。300形に乗るのは久しぶりな気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(33-1) 

2015年3月18日(水)。今朝もいすみ鉄道で出勤します。天気はあまりよくありません。

Isumi_kuniyosi20150318_01
軌陸式の建機は、昨日と同じ場所に停まっていました。

Isumi_kuniyosi20150318_02
下りホームの黄色い花も咲き始めました。何の木だか、実は名前を知りません。

今朝の7Dがやってきました。
Isumi350_20150318_03
352ムーミンです。ナノハナ咲く野中踏切を過ぎれば、まもなく国吉駅です。

どうしようかなと迷いながらも、体調と天気を考えるとなんとかなりそうと、城見ヶ丘で降りました。
Isumi350_20150318_04
走り去る7Dを撮ります。レールの踏面にテールランプの赤が反射して、ちょっときれいです。

バイパスの跨線橋から8Dを狙います。
Isumi200_20150318_05
2両編成がない高校生の春休み期間は、どうも運用が固定されているようです。8Dは、ほぼ毎日206リトルミイに出会います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月18日は3件4種のリリースが出ていました。一目千本桜は郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月18日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

さくら名所百選の地 一目千本桜と船岡城趾公園2015
販売日 2015年4月1日(~発表
販売部数 5,000部

販売地域  宮城県内の計360局 

シートはオリジナルです。3月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


3月18日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

さくら浪漫III
販売日 2015年3月23日(~未発表
販売部数 1,250部

販売地域 八王子市内の全64局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計67局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。3月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


3月18日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

2015善光寺御開帳(52円)
2015善光寺御開帳(82円)
販売日 2015年3月20日(~未発表
販売部数 各20,200部

販売地域 長野県内の計444局

シートは額縁(52円)、オリジナル(82円)です。52円は売価1000円、82円は台紙付きで売価1700円です。どちらも、3月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(32-2) 

今日の帰宅は26Dです。
Isumi350_20150317_06
上りホームの桜の花、開いている数がだんだんと増えてきました。

国吉駅で下り23Dと行き違いです。
Isumi200_20150317_07
それにしても国吉駅のナノハナは元気です。背丈もずいぶんと高いです。

Isumi350_20150317_08
26Dの脇を23Dが走り抜けていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(32-1) 

2015年3月17日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤します。昨日の雨は上がって、今朝は少し霧が出ています。

Isumi_kuniyosi20150317_01
軌陸車の建機は少し移動していました。

Isumi_kuniyosi20150317_02
まだ、先端の方はあまり工事が進んでいないようです。

そんな霧の風景の中、今朝の7Dがやってきました。
Isumi350_20150317_03
今朝は351スナフキンです。

昨日より少し体調はよいようです。今朝は、城見ヶ丘で降りて歩いて行くことにしました。
Isumi350_20150317_04
走り去る7Dを、城見ヶ丘駅のホームから撮って、その後バイパスの跨線橋へと向かいます。

バイパスの陸橋から8Dを狙います。
Isumi200_20150317_05
今朝は206リトルミイでした。ここのナノハナもだいぶ咲きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月17日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月17日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

熊本市営バス事業終了
販売日 2015年3月24日(~発表
販売部数 1,000部

販売地域  熊本市内(植木局、山東局、城南局、杉合局、杉上局、田底局、豊田局、肥後山本局、菱形局、守富局、鰐瀬局は除く)の計95局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(31-2) 

どうも、鼻水が止まらなかったりのどが痛いなど、風邪の症状があるので、今朝は城見ヶ丘で降りずに大多喜まで乗りました。
Isumi350_20150316_06
行き違いの8Dは206リトルミイです。車庫に停まる車両と合わせて、3形式そろい踏みです。

乗ってきた7Dもまもなく発車です。
Isumi350_20150316_07
駅構内のナノハナや桜もあちこちで色をつけ始めました。

線路沿いを歩いてみると、こんなものを見つけました。
Isumi_otaki20150316_08
フェンスにツクシが何本も顔を出しています。

帰宅の頃には、曇り空から雨が落ちていました。
Isumi350_20150316_09
今日がダイヤ改正後、最初の平日です。日中の列車が1往復削減されました。帰宅で乗った列車は、改正前は28Dでしたが、今日からは26Dと列車番号が変わりました。時刻はほとんど同じですけど。車両は351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(31-1) 

2015年3月16日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤するつもりで、6:55頃家を出ます。家を出てすぐのt頃で、茶色い巨大な毛玉がうごめいています。何だろうと、車を停めて、窓を開けてカメラを構えました。
Jitaku20150316_01
巨大な茶色い毛玉が左右に揺れています。いったい何なんだ。

Jitaku20150316_02
しばらく見ていると、突然毛玉が2つに割れました。なんと、タヌキが噛みつきあって1つになっていたのです。春の縄張り争いでしょうか。自宅の目と鼻の先のアスファルト道路でやっているですから。毛玉の正体がわかったので、国吉駅へと急ぎます。

体験運転線工事の建機が線路上にいます。
Isumi_kuniyosi20150316_03
軌陸兼用の特殊な建機ですね。

Isumi_kuniyosi20150316_04
体験運転線は、従来の側線より規格の高いレールを使っているようです。こんな特殊な接続版でつながっていました。

野中踏切の辺りだけ、ナノハナが咲いています。
Isumi350_20150316_05
そこへ今朝の7Dがやってきました。352ムーミンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら職場へ 

2015年3月15日(日)。今朝も職場の鍵開けを頼まれています。鍵開けに行きがてら、いすみ鉄道を撮影していきます。

Isumi200_20150315_01
大野の三叉路、築堤のナノハナがずいぶん咲いてきました。午前中は逆光、しかも朝は日陰なのですが、今朝は曇っていたので、ここで53Dを狙いました。

その後、一気に東総元まで走らせます。先日の駅清掃ボランティアで、この辺りもかなり咲いてきたことがわかったからです。
Isumi200_20150315_02
53D折返しの、上り54Dです。

その54Dが東総元駅に停車します。
Isumi200_20150315_03
梅の花は、もう終わりですね。ナノハナはこれからもっと咲くでしょう。ここも晴れていれば逆光ですが、曇り空が幸いしています。

そのまま、54Dと大多喜で行き違う下り55Dを待ちます。
Isumi300_20150315_04
302スニフがやってきました。今朝の鉄活動はここまでにしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

久しぶりに年間パスでい鉄に乗車(2) 

急行1号を国吉で降ります。
Isumi_kuniyosi20150314_06
土曜日ですが、体験運転線の整備工事が続いていました。

その後、黄色の応援団ジャケットを着て、久しぶりに国吉駅のボランティアをします。本当は12時で終わりにしようと思ったのですが、12時の急行2号と普通列車の行き違いがけっこうな混雑です。ここの乗車ボランティアをやってから終わりにすることにしました。

国吉13:36の大原行き普通列車に乗って、上総東まで行きました。
Isumi350_20150314_07
352ムーミンが大原へ向けて走り去っていきました。

上総東から急行3号に乗っていきます。
Isumi_kiha52_20150314_09
キハ28はスイーツ列車実施中です。キハ52に乗っていきます。

大多喜で降ります。
Isumi300_20150314_10
大多喜で急行3号と行き違う64Dがやってくるのを撮ってから駅舎を出ました。今日の年間パス乗車はここまでにしておきます。

易者の前では、ハーブアイランドさんが出店していました。
Isumi_rail20150314_10
前回買ったのは、サーモンとチーズのサンドウィッチでした。今回は塩麹とチキンのサンドウィッチです。自宅へ持ち帰って,遅い昼食にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに年間パスでい鉄に乗車(1) 

2015年3月14日(土)。今日は7時半に職場の鍵開け当番です。それが終われば、休日の任務終了です。久しぶりに、年間パスでいすみ鉄道に乗ってきましょう。

Isumi_kiha52_20150314_01
快速大原行き100Dに乗車します。キハ52側にヘッドマークはありませんでした。

Isumi_kiha28_20150314_02
キハ28側には、土曜日なので「夷隅」のヘッドマークが付いていました。

やっぱり乗るならキハ52でしょ。
Isumi300_20150314_03
窓の外には、ちょうど301が停まっていました。大多喜駅構内は、ナノハナも桜もかなり花を咲かせてきました。

上総東~西大原間の通称ムーミン池です。
Isumi_rail20150314_04
なんだか新しい切り株とか、オブジェが増えたみたいです。

大原に到着しました。
Isumi_kiha28_20150314_05
折返しの急行1号に乗っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

い鉄で出勤せず 

2015年3月13日(金)。今日は夜、茂原で年度末に退職する方の送別会があるので、自家用車で出勤します。

ちょっと家を出るのが遅くなって、7Dを撮ることはできませんでした。8Dを上総中川で撮ることにしました。
Isumi200_20150313_01
今朝の8Dは、206リトルミイでした。

今日は午後から、isumi鉄道駅清掃のボランティアです。担当の東総元駅を清掃しました。
Isumi350_20150313_02
上り20Dがやってきました。東総元駅の周りは、ずいぶんナノハナが咲いていました。大多喜より先に乗ることは、このところなかったのですが、これはロケハンをして花の状況を確認しなければいけないようです。

17時を過ぎて、茂原へ向かいます。今日は焼き鳥屋さんのお座敷で送別会です。けっこう長い時間お話をして、ゆっくりとした時間を過ごしました。まあ、出された料理は1/3は食べて、1/3は元気な若者に回し、残りはやむなく残しました。やっぱり宴会料理は、全部食べたら超高カロリーですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月13日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月13日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

花萌える里 ふくしま 花見山 
販売日 2015年3月23日(~発表
販売部数 5,000部

販売地域  福島市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村内の計89局

シートはオリジナルです。 


3月13日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

吉野山の風景
販売日 2015年3月20日(~未発表
販売部数 2,700部

販売地域 五條市、吉野町、大淀町、下市町、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村、野迫川村、十津川村、黒滝村、天川村内の全51局と奈良中央局の計52局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2015年3月12日(木)。今日は夕方用事があるので、自家用車で出勤です。もう、コブハクチョウはいないだろうなと思いながらも、朝は新田野に行ってみました。

すでに、水田には水が入っていて、コブハクチョウの姿はどこにもありません。もう、北へ帰ったのでしょう。
Isumi350_20150312_01
そんな風景の中、今朝の7Dがやってきます。

Isumi350_20150312_02
振り向けば、ナノハナの土手を走る7Dは、352ムーミンでした。

その後車を走らせて、森宮踏切近くで8Dを狙います。
Isumi300_20150312_03
蓮池の向こうにある1本の梅の木がほぼ満開でした。白いガードレールが気になるものの、空の青さと梅の花を入れて撮りたくなってしまいました。走り去る今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月12日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月12日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

ひろさき・ひとまち百景
販売日 2015年3月23日(~発表
販売部数 1,500部

販売地域  弘前局ゆうゆう窓口のみ

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。

ゆうゆう窓口でのみの販売だそうで、郵便局会社、郵便事業会社と分かれていた頃の、郵便事業会社版のような販売方法です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

い鉄で出勤(30) 

2015年3月11日(水)。今日は久しぶりにいすみ鉄道で出勤します。

今朝は晴れました。
Isumi350_20150311_01
今朝の7Dは351スナフキンです。

いつものように城見ヶ丘で降ります。ナノハナもだいぶ咲いてきたので、過ぎ去る7Dをホームから撮影します。
Isumi350_20150311_02
その後、バイパスの跨線橋へと歩いて行きました。

今朝の8Dがやってきました。
Isumi300_20150311_03
今朝の8Dは、302スニフでした。

帰宅は28Dになりました。
Isumi300_20150311_04
大多喜駅上りホームの桜も、少しずつ花が開いてきました。

国吉駅に到着です。
Isumi300_20150311_05
もう18時近いのですが、この明るさです。ずいぶん日が延びてきたなと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月11日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月11日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

信州まつしろ 真田十万石 
販売日 2015年3月16日(~発表
販売部数 2,000部

販売地域  長野市、飯山市、須坂市、中野市、飯綱町、小布施町、信濃町、山ノ内町、小川村、木島平村、栄村、高山村、野沢温泉村内の計108局 

シートは大型です。真田宝物館しぃるとのセットで、売価1500円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せずアクシデント 

2015年3月10日(火)。今日は午後から千葉へ行かなければいけないので、自家用車で出勤です。今日はどんよりと曇っていることもあるし、朝の家に作らねばならぬプリントもあったので、大多喜近辺で撮影することにしました。

ところが、カメラに入っていたSDカードがロックされたままでした。あわてて、ロックを外そうとスライドされると、なんとSDカードが壊れてしまったのです。これには参りました。とりあえず、カメラの内部メモリーに保存させることにします。
Isumi300_20150310_01
上り8Dです。301か302かは、わかりませんでした。その後、大多喜駅で行き違う7Dも同じ場所で撮ろうとしたのですが、内部メモリーがいっぱいで撮影できませんでした。

その後、職場へ向かい、必要なプリント類を始業前に作成して休み明けの仕事を迎えたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月10日は3件5種のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月10日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

家康公四百年祭~大御所の地 静岡市~
家康公四百年祭~出世の街 静岡県浜松市~
家康公四百年祭~生誕の地 愛知県岡崎市~
販売日 2015年3月18日(~発表
販売部数 各4,000部

販売地域  静岡県静岡市、浜松市、愛知県岡崎市内の計241局 

シートは3種ともオリジナルです。B4二つ折り台紙とのセットで売価1500円です。


3月10日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

出雲市合併10周年記念
販売日 2015年3月13日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 出雲市、雲南市、飯南町、奥出雲町町内の計71局

シートはグラデーションです。A4台紙とのセットで売価1500円です


3月10日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

山口県指定天然記念物「向島小学校の寒桜」
販売日 2015年3月13日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 防府市、下松市内の全31局と阿知須局、山口湯田局、小鯖局、嘉川局、山口吉敷局、山口宮野局、山口金古曽局、山口後河原局、佐山局、山口桜畠局、秋穂 局、大海局、二島局、小郡黄金町局、小郡大正町局、小郡局、小郡新町局、深溝局、山口神田局、仁保局、御堀局、大内局、山口県庁内局、山口中央局、山口中 讃井局、山口中市局、鋳銭司局、串局、島地局、八坂局、堀局、大原局、山口平川局、名田島局、大歳局、徳山一番町局、徳山岡田町局、徳山菊川局、徳山櫛浜 局、戸田局、徳山局、徳山桜木局、鹿野局、徳山周陽局、徳山秋月局、徳山初音局、徳山遠石局、須々万局、須金局、新南陽政所局、徳山速玉局、向道局、大津島局、徳山岐山局、中 須局、長穂局、湯野局、八代局、新南陽局、新南陽富田局、南陽福川局、新南陽開作局、徳山有楽町局、高瀬局の計95局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月9日は3件4種のリリースが出ていました。八戸以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月9日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

陸上自衛隊八戸駐屯地 郷土とともに空地の防人(くうちのさきもり)が集う千本桜と八幡馬(やわたうま)の駐屯地
販売日 2015年3月16日(~発表
販売部数 1,000部

販売地域  むつ市、三沢市、十和田市、八戸市、おいらせ町、横浜町、六戸町、七戸町、東北町、野辺地町、大間町、階上町、五戸町、三戸町、田子町、南部町、六ケ所村、佐井村、東通村、風間浦村、新郷村内の計113局

シートはオリジナルです。3月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


3月9日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

奥州・仙台 おもてなし集団 伊達武将隊
販売日 2015年3月12日(~未発表
販売部数 2,000部

販売地域 仙台市内の計125局

シートはオリジナルです。 


3月9日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

身延山の春(52円)
身延山の春(82円)

販売日 2015年3月16日(~未発表
販売部数 各1,000部

販売地域 身延町、南部町内の計17局

シートは額縁(52円)、オリジナル(82円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(23) 

伊豆急下田から、定期では最終の特急「スーパービュー踊り子10号」に乗って帰ります。今日は平日ですが、南伊豆町も河津町もさくらまつりの最中ということもあって、この後に臨時の「踊り子」が1本あります。
Izu20150309_61
帰りは1ヶ月前の発売日で、グリーン席は満席でした。普通席に乗っていきます。

Izu20150309_62
ボディには、こんな桜のステッカーが貼られていました。色合いがいやらしくなく、この車体色によくマッチしていると思います。

車内では、アイスクリームやサンドイッチを購入しました。プレミアム倶楽部の車内販売利用券が1000円分あったからです。行きの「リゾート踊り子」で使おうと思っていたのですが、なんと臨時列車だからか「リゾート踊り子」には車内販売がなかったのです。それよりも、帰りのこの時間で、大船軒のハムサンドが残っていたことです。迷わずゲットしてしまいました。これが、最後の1個でした。

西大井の手前で、緊急停車です。なんでも西大井~大崎間の踏切で非常停止ボタンが押されたからだとか。安全を確認してから運転再開とのことです。結局15分ほど遅れて、新宿駅6番線に到着となりました。

新宿駅5・6番線ホームは特急線用ホーム。代々木方にずれているので、他の線区へののりかえは少々面倒です。そこで、6番線から出る列車で帰るように支度してあります。
Izu20150309_63
千葉駅停車の特急「成田エクスプレス53号」です。指定席回数券で指定席をあらかじめ用意してあります。

Izu20150309_64
「スーパービュー踊り子10号」をはじめ、新宿湘南ラインが遅れている関係で、数分遅れての到着となりました。

車内で簡単な夕食にします。
Izu20150309_65
「スーパービュー踊り子10号」の車内で買った、大船軒のハムサンドに、成田エクスプレスの車内販売から買ったホットコーヒーです。「成田エクスプレス」の文字が入った車内販売レシートも、もう入手できなくなります。3月13日をもって、成田エクスプレスの車内販売は廃止になりますから。

千葉では、後続の上総一ノ宮行き快速に乗り換えます。荷物が多いのと、足が悪い家人を各日に座らせたかったので、グリーン券を買って乗っていくことにしました。新宿では雨が降っていたのですが、上総一ノ宮では雨が止んでいました。これ幸いと、家人を待合室に待たせて、コインパークへと急ぎます。自家用車を引き取って、駅で家人を乗せて、自宅へと戻りました。なかなか充実した2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

伊豆ツアー1泊2日(22) 

ついに海岸まで降りることができました。
Izu20150309_56
白い岩はつねに海面上にあって、緑の岩が海面に沈んだり出たりするのでしょうか。

岩を歩いて行きます。とにかく歩きにくいです。白い岩の間には、漂流物がけっこう挟まっています。この白い岩の部分が波打ち際なんでしょうね。
Izu20150309_57
緑の岩の間には、ほとんど漂流物はありませんでした。海中になっていることが多いからなのでしょうか。

Izu20150309_58
バスの時間も気になりだし、真ん中まで行って引き返してきました。

堂ヶ島14:40の下田駅行き普通便に乗車します。
Izu20150309_59
行きはワンステップバスでしたが、帰りはさらに視点が低くなるノンステップバスでした。観光タイプには見放されたようです。特急バスは45分ほどでしたが、帰りの普通便は1時間ほどかかります。ただ、停留所が多いだけではなく、桜田付近と蓮台寺付近は、県道から集落のある脇道に入っていったのでした。

さて、ツアーに付いてきた500円金券2枚をまだ使っていません。駅近くでは、平井製菓というお店で使えるとあります。ネットで調べてみると、和菓子屋さんなのですが、あんぱんが有名なようです。
Izu20150309_60
季節の「桜あんぱん」や、ラム酒を使った「大人なあんぱん」など、自分用と職場の同僚用に十数個購入しました。ちゃんと専用の箱もあって、同僚へのお土産は箱入りにしてもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(21) 

観光船は、いよいよ天窓洞を抜けます。
Izu20150309_51
これで、この観光船の見どころは終わりです。観光放送もそのように告げています。あとは港へ戻るだけです。

Izu20150309_52
堂ヶ島の桟橋が見えてきました。停泊中の船は、シーロマンとか横文字の名前が付いています。

Izu20150309_53
今回乗船したのは「せばま3」という大きく魚の絵が描かれた船でした。せばまは瀬浜のことでしょう。瀬浜海岸が、あのトンボロ現象で有名なところです。

これから、その瀬浜海岸までトンボロ現象を見に行ってきます。家人は足があまりよくないので、歩きはパス。土産物屋で待っているとのことなので、ひとりで国道を歩いて行きます。バス停1つ分歩いたところが瀬浜海岸の入口でした。
Izu20150309_54
おお、たしかにトンボロ現象が起こっています。再び登ってくることを気にしなければ、あそこまで降りていけるのです。

実際に見てしまったら、帰りのことなど気にせず、やっぱり近くまで行ってみたいモノです。鉄製の階段を降りて、急な坂道を下っていくと、海岸が近づいてきました。
Izu20150309_55
あと、もう少しで、海岸まで降りることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(20) 

今日は曇っているのですが、天窓から光が差し込んでいる海面は、鮮やかな青色をしています。青空を映しているわけではないのですね。とても不思議な感じがしました。
Izu20150309_46

船が天窓の下で停まります。
Izu20150309_47
ぽっかりと岩が開いて空が見えます。曇り空ですから,真っ白に見えます。

Izu20150309_48
ここが入ってきたところです。ここは正式には天窓洞というそうです。入口は3カ所あるそうですが、観光船が出入りできる大きさの入口はここだけのようです。

Izu20150309_49
洞窟の中央で、船は向きを変えます。上を見ると、遊歩道の手すりが見えました。2010年に来たとき、欠航であの遊歩道から海面を眺めて、下から見上げてみたいと思ったのですね。今日、夢が叶いました。

Izu20150309_50
船が向きを変えたとき、もう1つの入口が見えました。たしかにあの低さでは、小型のモーターボートくらいしか出入りできそうにありません。干潮であの高さですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(19) 

堂ヶ島の港を出て南側を見学していたのですが、一気に北側に移動しました。
Izu20150309_41
なんとこの隙き間を行きます。くれぐれも手や顔を船縁から出さないようにと放送が入ります。

Izu20150309_42
なんと、ここをすり抜けてきたのです。なかなかスリルがありました。

Izu20150309_43
いよいよ天窓のある洞窟に入ります。

Izu20150309_44
ゆっくりと進みます。

Izu20150309_45
正面の明るいところが天窓のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(18) 

堂ヶ島に来たのは、ここの観光船に乗ってみたかったからです。2010年9月のバス旅で来たときは、波が高く欠航でした。なんといっても、船が洞窟に入り、その奧で天井が崩落している「天窓」があるといのが、他の観光船とはまったく違います。遊歩道で、その「天窓」から海面を見て、あの海面から一度は上を眺めてみたいという気持ちが忘れられなかったのです。

それから、陸地と島がつながるトンボロ現象が見られるところがあります。堂ヶ島では、干潮時、潮位が50cm以下で見られるそうです。今日の干潮は13時半頃で、潮位は35cmと、トンボロ現象を見るには絶好のタイミングです。もし、観光船が欠航でもこちらはみることができるでしょうから。

願いが通じたのか、今日は観光船は動いていました。
Izu20150309_36
1200円の乗船券を買ってのりばへ向かいます。

Izu20150309_37
干潮が近いので、かなり海面が下がっているのが、岩肌に付いた潮の跡でわかります。

後部の展望デッキに乗ります。ここに乗る人は、救命胴衣をつけるようにとの指示がありました。オレンジ色の救命胴衣をつけて乗っていきます。
Izu20150309_38
海の上を歩いて行く人が見えます。あそこがトンボロ現象が起こっているところでしょうか。

Izu20150309_39
潮位が下がっているので、洞門がよく見えます。何カ所も洞門がありました。

Izu20150309_40
これは、亀が這い上がっているように見える岩だそうです。たしかに、そう見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(17) 

伊豆急下田駅前から、12:25の特急堂ヶ島行きのバスに乗ります。時刻表にはライナーと表示されていたバスです。
Izu20150309_31
観光タイプのバスを期待していたのですが、普通のワンステップバスでした。乗客は、自分たちを含めて3人です。平日の日中ですから、こんなものなのでしょう。下田駅を出ると、下田セントラルホテル、大沢温泉口、松崎、堂ヶ島と、途中は3カ所しか停まりませんから地元の方の利用はほとんどないのでしょう。

Izu20150309_32
桜の咲く峠道を登っていきます。

Izu20150309_33
小さなレストランの前にあるバス停がバサラ峠バス停でした。そこから少し登ると、婆娑羅峠トンネルです。このトンネルを抜けると、西海岸の町、松崎町に入りました。

Izu20150309_34
行き違う普通便の下田駅行きは、観光タイプのリクライニングシート車です。特急バスだから、あんなバスを期待していたのですけど。

松崎バスターミナルを過ぎると、伊豆の西海岸の海が見えてきました。
Izu20150309_35
下田駅から1時間で堂ヶ島に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

伊豆ツアー1泊2日(16) 

河津から伊豆急下田まで、伊豆急行の特急「踊り子」に乗車します。このツアー、期間中は伊豆急行線に乗り放題のチケットがついてきます。しかも、特急自由席は乗り放題です。全席指定席の「スーパービュー踊り子」「マリンビュー踊り子」「リゾート踊り子」には乗れませんが、自由席のある無印「踊り子」なら大丈夫です。
Izu20150309_26
次に乗るのは、河津11:26の特急「踊り子105号」です。自由席は伊東側2両なので、ホームの端まで歩いていって、電車を待ちます。やってきたのは、登場時のリバイバルカラーになっているA5編成でした。

発車してすぐに、あの桜が咲いている川を渡ります。車窓から見るとそこそこきれいなのですが、近づくと葉っぱの緑が目に付きます。
Izu20150309_27

乗ってしまえば10分ほどで、伊豆急下田駅に到着です。
Izu20150309_28
185系登場時の斜めストライプがなつかしい塗色です。

Izu20150309_29
3番線には、もう1編成の青いリゾート21がいました。

駅前で昼食にします。
Izu20150309_30
生サクラエビ天丼です。スゴイボリュームです。でも、おいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(15) 

足湯を出て、再び川沿いの遊歩道を歩きます。
Izu20150309_21
桜のトンネルです。左へ曲がると、そこは踊り子温泉会館でした。ここからもバスに乗れます。まだ少し時間があるので、桜の下を歩きます。

Izu20150309_22
こんな感じで、のんびり歩くにはとても気持ちがよいところでした。

そろそろ時間とバス停に戻ります。
Izu20150309_23
踊り子温泉会館にやってくるのは、バガテル公園~踊り子温泉会館~河津駅~河津桜観光交流館を結ぶ,季節運行の路線バスです。今年度の運行は、明日3月10日までです。通常の路線バスは、ここにはやってきません。次に来るのは、11:05のバスです。

Izu20150309_24
やってきました。ここから自分たちを含めて4人が乗りました。次の峰温泉でも数名が乗ってきました。

東海バスのウェブで調べたとき、このバスの所要時間が短いのです。不思議に感じていたのですが、乗って理由がわかりました。
Izu20150309_25
行きに乗った通年運行の路線バスとは違い、人家の少ない川の南岸の道を行くのです。もちろん、途中の停留所はありません。10分とかからずに、河津駅に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

伊豆ツアー1泊2日(14) 

公園の大噴湯も終わりました。
Izu20150309_16
川沿いの遊歩道を歩いたり、ところどろにある、河原へ降りる階段から川岸に降りてみたりします。昨日の南伊豆町よりも、こちらの方がナノハナがあります。そのせいか、色の対比が濃かった気がします。

Izu20150309_17
先ほどバスで渡ってきた橋です。コンクリート製ですけど、朱塗りの欄干がなんだかとってもいい感じで写真に収まります。

Izu20150309_18
駅周辺は葉が目立ちましたが、峰温泉はまだまだ花の方が目立つ状態です。とってもきれいです。しかも、駅周辺よりは人が少ないです。

Izu20150309_19
遊歩道沿いに無料の足湯がありました。しばし、足湯に入りながら桜を眺めます。

Izu20150309_20
こんなこともあろうかと、ザックにはタオルを1本入れてきていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

伊豆ツアー1泊2日(13) 

卵がゆであがりました。でも、最後に冷水に30秒つけるのを忘れたので、殻がキレイにむけませんでした。
Izu20150309_11

殻をむき始めると、まもなく大噴湯が始まりました。
Izu20150309_12
なかなか迫力があります。

Izu20150309_13
だんだん、勢いが増してきました。

それと同時に、風向きの関係で、こちらに温泉シャワーが降ってきました。
Izu20150309_14
みんなあわてて、桜の木の下に隠れますが、ほとんど役立たずで濡れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(12) 

伊豆半島東海岸は、けっこうな波です。
Izu20150309_06
今日は、午後に西海岸の堂ヶ島へ行く予定なのですが、観光船は動くでしょうか。心配です。

河津の町に入りました。
Izu20150309_07
川沿いの桜や、伊豆急行の鉄橋が見えます。

河津駅からは大勢のお客さんが乗ってきて、通路までぎっしりの立ち客になりました。河津観光協会のウェブサイトで、今の河津桜の盛りは、駅前から少し入った峰温泉付近とあったので、峰温泉バス停で降りました。
まずは、大噴湯公園へ行きます。9:30から15:30まで、1時間毎に噴湯が見られるとのことです。今は10時を回ったところです。あと20分ほどで見られるはずです。
Izu20150309_08
源泉からは噴湯するときでなくても、湯気が上がっています。

その下には、こんな施設がありました。
Izu20150309_09
温泉卵を作る場所です。売店で生卵を買ってくればいいようです。

2人分買ってきました。
Izu20150309_10
今は10:15です。大噴湯が始まる前には、食べられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

伊豆ツアー1泊2日(11) 

2015年3月9日(月)。びゅうプラザで申し込んだ伊豆ツアーの2日目です。今日は、伊豆急下田16:05の特急「スーパービュー踊り子10号」まで、たっぷりと伊豆を楽しもうと思います。

朝6時前に目が覚めました。6時までは、海上保安庁の船に明かりが灯っていたのですが、6時を過ぎて消えてしまいました。
Izu20150309_01
それを知っていれば、起きてすぐ写真をとるのでした。6時を回った頃の、ホテルの部屋から眺めた風景です。目の前が観光船の桟橋です。その後、朝の温泉ということで、浴場へ向かいました。夜よりも朝の方が混んでいました。

朝食も部屋食です。9時の送迎バスに乗りたかったので、8時でお願いしました。ちなみに、7時半、8時、8時半から選べました。
Izu20150309_02
こんな豪華な朝食はいついらいでしょう。いつもはおかずは1品だけですから。

ホテルからは、9時の送迎バス(といっても9人乗りのワゴン車でしたが)に乗って、伊豆急下田駅まで送ってもらいました。コインロッカーに大きなキャリーバッグを収めて、身軽になってバスの旅です。下田駅9:25の修善寺行きに乗っていきます。
Izu20150309_03
数年前に路線バスの旅をやったときは、1日1往復だった下田駅と修善寺駅を結ぶバス。今は2往復になっていました。

板戸一色バス停までが、下田市内のバスが走っているところです。ここから河津町までの間が、1日2往復しかバスのない区間です。
Izu20150309_04
下田市から河津町に入りました。

Izu20150309_05
小湊第一隧道、小湊第二隧道とトンネルが連続します。どちらも、素掘りにコンクリートを吹き付けただけのような、素朴なトンネルです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(10) 

途中で橋を渡って、川の対岸の道を歩きます。
Izu20150308_46
夜間ライトアップ用の照明が、桜の木の下に転々と設置されています。今日は残念ながら、ライトアップ前にホテルへ戻らなければなりません。

Izu20150308_47
当初はここから歩こうと考えていた九条橋から、帰りのバスに乗ることになりました。つまり、当初の予定より上流部分を歩いたのですね。

17:33の下田駅行きは、それほど遅れることなくやってきました。
Izu20150308_48
いすゞの中型ツーステップバスです。トップドアの観光地仕様ですね。ワンステップバスより乗り降りはしにくいですが、やっぱりこういうバスに乗ると、路線バスの旅をしているという実感がわきます。

下田駅からは18:25の板戸一色行きのバスに乗ります。
Izu20150308_49
走り出せばわずか数分で、ホテル最寄りの間戸ヶ浜バス停に到着しました。

ホテルの夕食は部屋食でした。
Izu20150308_50
これが全部ではないです。特別料理は頼みませんでした。少しずつ、品数がけっこうでたので、十分満足できました。その後、一休みして温泉へ行きました。浴場は結構広く、露天風呂もほどよい風に当たりながら入ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(9) 

下賀茂バス停で降りて、さらに道を進んだところが前原橋です。
Izu20150308_41
もう山の影がかかってきて、日陰が多くなっています。菜の花はあまりありませんが、桜はほぼ満開です。

Izu20150308_42
橋を渡って、対岸の桜並木の下を歩いて行くことにしました。

Izu20150308_43
ふと足下を見ると、ツクシが顔を出していました。

Izu20150308_44
菜の花は川沿いでないところにありました。そして、その向こうには源泉があるようです。独特の匂いとともに湯気が上がっています。

Izu20150308_45
川に架かる橋は、左側の源泉を川の対岸に送る、温泉の橋です。ここは桜の下に少し菜の花が咲いていました。さらに並木の下を歩いて行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

伊豆ツアー1泊2日(8) 

伊豆急下田駅からホテルまでは、ちょうどよい時間に路線バスも送迎バスもなかったので、タクシーを利用します。歩いたところで1kmもないのですが、家人はキャリーバッグ。これをガラガラ引きながら10分以上歩くのはたいへんですから。ワンメーター800円で運ばれました。

チェックインして荷物を置くと、すぐに出発です。
Izu20150308_36
後ろが今夜の宿の黒船ホテルです。ホテル前にある間戸ヶ浜バス停15:58のバスに乗ろうと思っていたのですが、5分経過してもやってきません。そうえいば、事前に時刻を調べたとき、このバスは1日2本しかない、遠路修善寺駅からやってくるバス。たぶん河津の渋滞で遅れているのでしょう。もうキャリーバッグもないし、駅まで歩くことにします。

駅に行く途中に橋を渡ります。新下田橋という橋で、欄干に人魚の像がありました。
Izu20150308_37
帰宅して調べると、けっこう有名なもののようです。欄干の左右の両端4カ所に像があり、全部違うのだそうです。堤達男氏の作品で4体で春夏秋冬なのだとか。ちなみに、今回撮影したのは「冬」の像だとのことでした。

伊豆急下田駅に着きました。3番のりばから下賀茂行きの路線バスに乗車します。
Izu20150308_38
写真付き切手やフレーム切手では知っている「みなみの桜と菜の花まつり」を見に行こうというわけです。この先にある南伊豆町の下加茂地区で行われているのです。事前に調べて、九条橋で降りて、夜間ライトアップもやっている区間を加畑橋まで戻ろうと考えていました。運転士さんにたずねると、手前はもう終わりかけているから、終点の下加茂まで乗って、前原橋から歩いた方がよいとアドバイスしてくれました。

途中の日野で右折して、国道から下賀茂地区へと向かいます。
Izu20150308_39
そこには、一面の菜の花畑が広がっていました。窓ガラスが黒いのでこんな色に写りましたが、突然の風景にびっくりです。

Izu20150308_40
まだ下賀茂地区までは2kmあるようです。どんな風景になっているのか、期待をしながらバスに乗って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

伊豆ツアー1泊2日(7) 

アルファリゾート21のグリーン車、トンネル内のイルミネーションですが、消灯時とイルミネーション時で、色だけでなく何か違うような。何度も見ていると、その違いがわかりました。
Izu20150308_31
イルミネーションが点灯すると、貝殻のような形の照明器具から、羽根のようなものが3本立ち上がってくるのです。イルミネーションが終わると、また照明器具の中に入っていきました。

河津駅を発車します。
Izu20150308_32
さくらまつりの最中だけあって、川沿いには色づいたカワヅザクラが見えます。露天もたくさん出ていました。そして、グリーン車内は自分たちを残して、みな降りてしまいました。

室内に自分たち以外の乗客がいなくなったので、気兼ねなく撮影ができます。
Izu20150308_33
グリーン車内はこんな感じです。左側の、座席を30度回転させてあるところが、我々2人の席です。

伊豆急下田駅に到着です。
Izu20150308_34
1番線には、在来型のリゾート21黒船電車を使った、普通列車熱海行きが停まっていました。

自分たちの乗ってきた、特急「リゾート踊り子」は3番線の到着です。
Izu20150308_35
さっそく展望席の掃除が行われていました。この後、車庫のある伊豆高原駅まで回送されるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

伊豆ツアー1泊2日(6) 

行き違いになる特急「スーパービュー踊り子8号」が少し遅れたため、こちらも遅れての発車です。

グリーン車の1人掛けA席には、半円形のテーブルがついています。その下にはDUSTBOXの文字がありました。
Izu20150308_26

えっ、これってゴミ箱なの? 小さな取っ手を引っ張ってみます。
Izu20150308_27
本当だ、小さいけど捨てられるようになっている。東京から2時間乗って、ようやく気づきました。

Izu20150308_28
片瀬白田を過ぎると、線路は海沿いを走ります。

Izu20150308_29
雲は多いですが、その下に伊豆大島が見えます。

Izu20150308_30
大島の南に見えるとんがり帽子は、利島でしょう。その奧の島影は、無人島の鵜渡根島ではないでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(5) 

途中駅で行き違った特急「踊り子」です。
Izu20150308_25
185系の斜めストライプ。そうです、185系のリバイバル塗色です。

Izu20150308_21
列車は進み、先ほどとは違う角度から初島が見えます。後ろは三浦半島でしょうか。それとも、本土の海岸かな。

伊豆高原駅に到着しました。
Izu20150308_22
貸切運用に1両だけ残っている103号は、車庫の中で休んでいました。

特急「リゾート踊り子」は、上り特急「スーパービュー踊り子」到着まで、交換待ちです。
Izu20150308_23
まだ少し発車まで時間があるので、写真を撮りにホームに出ました。

Izu20150308_24
グリーン車は4枚降戸ですが、普通車はドアが外側に開くプラグドアになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(4) 

伊豆急行線内に入り、グリーン車内ではトンネル内でのイルミネーションが始まりました。
Izu20150308_16
伊東では、半分くらいの方が降りてしまったので、車内に残っているのは10人弱です。

Izu20150308_17
花の色も、時間とともに変わります。

Izu20150308_18
車端部の絵は、よりカラフルになっていました。

トンネルから出ました。
Izu20150308_19
妻面にアルファリゾート21のエンブレムがありました。

イルミネーションとともに音楽が流れてきたのです。
Izu20150308_20
なんと妻面にBOSEのスピーカーが設置されていたのです。バブル期の車両とはいえ、今乗っても豪華な造りだなと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

伊豆ツアー1泊2日(3) 

アルファリゾート21の表示器が「特急 伊豆急下田」に変わりました。
Izu20150308_11
でも、列車番号は8050Mと上り列車のままですね。どうしたんだろう。

そう思っていたら、変わりました。
Izu20150308_12
8051Mリゾート踊り子号です。

これだけ近代的なのに、アナログなサボが泣かせる味を出しています。
Izu20150308_13
これは6号車ですが、乗車するグリーン車4号車にはサボがありませんでした。これはちょっとさみしいです。

Izu20150308_14
グリーン車の出入り口は、こんな4枚折り戸です。乗ったことはないけど、貴賓車クロ165のドアもこんな感じなんだろうな。

今回の座席は、海側の1人掛けシートを連番でとってもらいました。やっぱり海側に傾けて座れる、アルファリゾート21のグリーン席はいいですね。
Izu20150308_15
小田原を過ぎると、駿河湾が見えたり隠れたりします。湯河原辺りからは、初島がよく見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツアー1泊2日(2) 

2015年3月8日(日)。今日から家人と1泊2日で伊豆に行きます。昨年まで、家人は国吉駅の駅ねこクロの世話をしていて、泊まりで出かけることはありませんでした。クロがいなくなってしまった悲しみも少し癒えたみたいなので、でかけようということになったのです。

9時40分に家を出て上総一ノ宮駅近くのコインパークへ向かいます。1日300円パークにさいわい空きがあり、2日分600円券を買ってフロントガラスに貼り付けます。

秋葉原までの乗車券を買って改札を通ります。
Izu20150308_06
特急「わかしお10号」に乗車します。今日は指定席回数券で指定席を用意してあります。数少ない9両編成のわかしおです。

Izu20150308_07
そう、9両編成ということは、元祖ビュー特急255系です。この特急に乗って東京へ向かいます。

東京駅からは山手線で秋葉原へ行きます。駅ナカのTokyo Food Barで昼食にします。東京駅は混んでいるし、気軽さでは秋葉原の方がいいですからね。2人ともさぬきうどんの店にして、好きなメニューを注文します。

食事が終わって、いったん改札を出ます。ツアーの乗車券は山手線内発になっているので、秋葉原ツアー乗車券を使い始めるのです。東京駅では10番線へ向かいます。
Izu20150308_08
特急「リゾート踊り子」に乗車します。行先表示器に「始発」の文字が入っていました。どうやら3月14日の上野東京ライン開業に備えて、始発なのかどうかを表示するようになったようです。

Izu20150308_09
隣のホームには、東北新幹線が停まっています。

そこへ、回送でアルファリゾート21がやってきました。
Izu20150308_10
この車両に乗車するのは、たしか初めてです。在来型のリゾート21なら何回か乗っているのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

伊豆ツアー1泊2日(1) 

2015年3月8日(日)。今日から1泊2日で、家人と一緒に伊豆に旅行に行きます。JR東日本の大人の休日倶楽部で、昨年プレミアメンバーサービスでシングルAを取得しました。びゅうのツアーでグリーン車利用にアップグレードすると8000円割引になる券を使わないともったいない気がして、今回の旅を企画しました。

びゅうのJR+宿泊のセットツアーです。1人26200円のコースです。1ヶ月以上前の早期予約で1000円引き。グリーン車利用で1000円増し。本当は往復グリーン車を予約したのですが、帰りは取れずに普通車になりましたので、片道分だけアップになりました。ということで、ツアー代金は26200-1000+1000=26200円。これから大人の休日倶楽部カード割引が5%で、1人分24890円。2人ですから49780円になりました。ここから、プレミアメンバーサービスのアップグレード券8000円を使用して、41780円で今回のツアーに参加です。

このツアーの特徴は2つあります。それは、ツアー期間中は伊豆急行線が特急自由席を含めて乗り放題になること。もう1つは、伊東~修善寺~戸田のラインから南の東海バス(中伊豆東海バス、南伊豆東海バス、西伊豆東海バス)の路線バスに乗り放題になることです。伊豆フリーQきっぷが廃止になってから、伊豆半島の路線バスに乗り放題になる乗車券はありませんでした。もちろん、一部区間を限ればありましたけど、半島のほぼ全域を自由に乗れるものはなかったのです。

Izu20150308_01
ゆき券もJRの乗車券は伊東までです。特急券は伊豆急下田までで発券されます。

Izu20150308_02
伊東以南の乗車券は、乗り放題バスチャー券で対応です。伊豆急行・東海バス、それぞれ各日1人1枚ずつのバウチャーが発券されました。2人で2日間ですから、バウチャーだけで1人4枚発券されました。このバスチャー券がそのまま乗車券になり、交換する必要もないので、非常に簡単に乗り放題ができました。

そのほか、下田駅周辺の観光施設や指定のお店で使用できる500円の金券が、1人に1枚ずつ付いていました。以前使用した伊豆フリーQきっぷは、東京からは自由席使用で13000円あまり。今回は片道グリーン、片道普通車指定席で2食付き宿泊込みで、1人21000円ほどです。8000円分の割引券を使ったとはいえ、かなりお得感を感じました。

さて、どんな内容だったかは、次からのエントリーで書いていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立つ前にいすみ鉄道へ(2) 

大多喜からは、大原行き快速100Dに乗車します。
Isumi_kiha52_20150308_11
やはりキハ52にはヘッドマークはありません。初日の昨日はあったのですが。

Isumi_kiha28_20150308_12
キハ28の方は新調された大型ヘッドマークが着いていました。今日は日曜日なので「そと房」です。種別幕もしっかり「快速」になっています。乗車したのは、もちろん車検明けのキハ52です。エンジン音と振動を楽しみながら大原まで乗りました。

大原からは、急行乗り放題の年間パスなので急行1号で折り返したいところですが、この後伊豆へ行く時間を考えて、すぐに発車する57D大多喜行きに乗車します。
Isumi350_20150308_13
国吉駅まで乗って、市営駐車場に停めてある自家用車で自宅へ戻ります。そろそろ早起きが苦手な家人も、旅立ちの支度ができあがっていることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

旅立つ前にいすみ鉄道へ(1) 

2015年3月8日(日)。今日から1泊2日で、家人と一緒に伊豆に旅行に行きます。出発は9時半過ぎで大丈夫なので、その前に昨日から復活したいすみ鉄道のキハ編成に、少し乗ってくることにしましょう。

7時半過ぎに自家用車で家を出て、国吉駅の市営駐車場へ向かいます。
Isumi_kuniyosi20150308_06
駐車場には、Kさんのボンネットバスがいました。きっと、昨日の夜行列車とのコラボレーション企画で、夜間撮影のモデルとしてやってきたのでしょう。

ホームから駐車場を見ます。
Isumi_kuniyosi20150308_07
こんな風に、線路に一番近いところに停まっていました。

国吉8:01の55Dに乗車します。これに乗って、大多喜へ向かいました。55Dは、大多喜で4分停車します。その間に上り列車と行き違いです。その時間を使って、自転車置き場まで先回りします。
Isumi_otaki20150308_08
停まっているキハ52にヘッドマークの台座はありません。こちらにヘッドマークをつけたのは、初日だけになるのでしょうか。

Isumi_otaki20150308_09
時間になり、乗ってきた55Dが発車して行きます。ちなみに、ヘッドライトを点けて走って行く55Dが352ムーミン。一番左の上り54Dが351スナフキンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いすみ鉄道「夜行列車」を見に国吉へ 

2015年3月8日(月)。朝5時15分頃、市の防災無線のサイレンが鳴り、「火災発生、火災発生」と繰り返している。早朝から人家火災が発生したようで、ちょっと早いが起きてしまった。この時間に目が覚めたのなら、まもなく終着になる、いすみ鉄道の「夜行列車」を撮りに国吉駅まで行こうかなと支度を始めた。

たしか、「夜行列車」は国吉駅で上り初便と行き違いになるはず。50Dの国吉発は5:48だから、それまでに着けば撮れるでしょう。実際についたのは5:45を過ぎたところでした。すぐに「夜行列車」がやってきました。
Isumi_kiha52_20150308_01
昨日の定期急行では着いていた、キハ52の大型ヘッドマークは、すでに外してありました。キハ28の方には、まだ大型ヘッドマークが着いていました。

Isumi_kiha52_20150308_02
50Dのヘッドライトに照らされて、キハ52が光っています。さすがに、これを撮って自宅に戻りました。大多喜まで追いかけていく元気はありませんでした。これだけ撮影して、いったん自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

い鉄で出勤(29-3) 

大原から折返しの急行5号に乗っていきます。
Isumi_kiha28_20150307_11

年間パスを持っていますから、土曜日の今日は自由席なら乗り放題です。
Isumi_rail20150307_12
車内で買ってきた「い鉄の輪」を開けてみます。思ったより大きいです。

1個484kcalあります。自分のほぼ1食分ですね。
Isumi_rail20150307_13
あまりにも怖い数値だったので、半分だけ食べることにしました。ブルーベリージャムは酸味がきいていて、なかなかおいしかったです。

定刻に発車しました。
Isumi_rail20150307_14
西大原~上総東間の通称ムーミン池。焼けた跡があったりして、またどこか変わったのかな。

国吉に到着です。
Isumi_kiha52_20150307_15
今日はここまでにしました。駅前の市営駐車場に停めてあった自家用車で自宅へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(29-2) 

土曜日の仕事は、予定以上に早く終わりました。仕事が片付いたので、1時間の早退をしました。これで、今日の急行に乗れますから。

大多喜駅の売店に行くと、第一パンの「い鉄の輪」が売ってました。
Isumi_rail20150307_06
実は、茂原のイオンや近所のベイシアへ行ったのですが、売っていなかったのです。

キハ28の新しいヘッドマーク台座、初めて見ました。
Isumi_kiha28_20150307_07
台座も車体の塗り分けと同様、2色に塗ってあるのですね。

大多喜から急行4号に乗っていきます。
Isumi_kiha52_20150307_08
塗り直した床下機器がまぶしいです。とくに消火器の文字が鮮やかです。

国吉駅に着きました。ここで観光停車です。
Isumi_kiha52_20150307_09
今日は土曜日なので、「夷隅」のヘッドマークです。

大原に着きました。
Isumi_kiha28_20150307_10
キハ28の大型ヘッドマークも、土曜日の定番「夷隅」をつけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(29-1) 

2015年3月7日(土)。今日は土曜出勤です。いつものように国吉駅まで自家用車で行きます。

Isumi_kuniyosi20150307_01
体験運転線は、ここまで伸びてきました。側線は付け替えが終わって最初にキハ30が展示されていた線路へとつながっています。

土曜日の53Dがやってきました。
Isumi350_20150307_02
352ムーミンです。平日の7Dより5分早く発車します。

大多喜駅の脇を通ります。
Isumi_otaki20150307_03
ヘッドマークの台座が取り付けてあります。間違いなく、今日から車検明けの復活運転になるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2015年3月6日(金)。明日は土曜出勤です。そして、明日はいろいろと小物が必要なのです。そこで、それらを今日のうちに運んでおくために、自家用車で出勤となりました。それと、今日は18時半から千葉で会合があるので、勤務が終わり次第、茂原まで車で行く必要もあるからです。

それでも、行きがけにどこかで撮影をしてきましょう。小谷松駅近くの踏切に咲くナノハナが気になっていたので行ってみました。
Isumi350_20150306_01
連写モードにしておいたつもりが、単写モードになったままでした。もう少し、手前に来たところで押すべきでした。

Isumi350_20150306_02
小谷松駅に停まる7Dです。今朝は352ムーミンです。

仕事を定時で切り上げて、茂原駅に着いたのは17時半を過ぎていました。普通列車では間に合わないので、蘇我まで520円の自由席特急券を買って「わかしお20号」に乗車します。前5両は、隣の上総一ノ宮からの増結車両ですので、けっこうな人数が並んでいましたが、無事に座ることができました。なんとか18時半の会合には間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月6日は4件のリリースが出ていました。大宮駅以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月6日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

JR大宮駅 開業130周年記念
販売日 2015年3月16日(~発表
販売部数 1,050部

販売地域  さいたま市大宮区・見沼区・中央区・西区・北区、上尾市、北本市、桶川市、伊奈町内の計81局 

シートはオリジナルです。A3二つ折り台紙とのセットで売価2450円です。3月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


3月6日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

本美濃紙
販売日 2015年3月16日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 美濃市、山県市、各務原市、関市、郡上市内の計62局

シートは額縁(52円)です。記念台紙、本美濃紙付き記念カードとのセットで売価1700円です


3月6日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

近江日野商人と花のまち 日野町
販売日 2015年4月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 近江八幡市、東近江市、守山市、栗東市、甲賀市、湖南市、野洲市、日野町、竜王町内の計84局

シートは大型です。


3月6日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

横浜マラソン2015
販売日 2015年3月13日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 横浜市内の計302局

シートはオリジナルです。売価1400円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2015年3月5日(木)。今日は職場で会議があります。そんなに遅くなることはないのですが、中途半端な時間に終わる可能性があり、することもないままいすみ鉄道の時間まで待つのもいやだったので、自家用車で出勤しました。

行きがけに国吉駅に寄ります。実は、昨日の帰宅時、ひなまつり期間中勝浦の売店に出張していた撮影ボードが戻ってきているのを確認していたからです。
Isumi_kuniyosi20150305_01
ムーミンとフローレンの撮影ボード、「かつうらビッグひな祭り」が終わって、無事に国吉駅に戻ってきました。

職場へ向かう途中に大多喜駅を見ると、キハ52が検修庫から出てキハ28と連結されていました。
Isumi_otaki20150305_02
3月7日の運転再開に備えて、試運転がありそうな雰囲気ですね。

結局、会議はほぼ定時で終わりました。これなら28Dに乗れましたね。もっと時間がかかるかと思ったのですが。帰りも国吉駅に寄ってみました。
Isumi_otaki20150305_03
少し動いたような。やっぱり昼間、試運転をしたのでしょう。

Isumi_otaki20150305_04
車体の再塗装はありませんでしたが、床下機器は再塗装されました。グレイの塗装と白いペイント文字が鮮やかです。

Isumi_otaki20150305_05
黒い部分も鮮やかな黒です。床下がきれいになっただけで、新車のように見えるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

い鉄で出勤(28-2) 

いつものように、バイパスの跨線橋から8Dを狙います。
Isumi200_20150304_06
今朝は206リトルミイでした。

今朝もバイパスの車が途切れたので、道を渡って城見ヶ丘駅を撮ります。
Isumi200_20150304_07
沿線が途切れずに黄色になるのは、まだ1~2週間かかりそうです。

帰宅は30Dになりました。
Isumi350_20150304_08
今日の30Dは352ムーミンでした。今日は単行ですから、明日の通学対応は必要ないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(28-1) 

2015年3月4日(水)。今朝はいすみ鉄道で出勤します。国吉駅へ行く前に、早起きして新田野に寄ってみました。

Isumi_nittano20150304_01
よし、この白鳥といすみ鉄道6Dを撮ってから国吉駅へ移動しました。

やがて6Dがやってきました。
Isumi_nittano20150304_02
そうだ、今朝の6Dは通学対応の2連だったのだ。まあ、入りきらないけど、コブハクチョウが大きく写ったからいいや。

国吉駅下りホームの花々は、まだつぼみが膨らみ始めた木がほとんどです。
Isumi_kuniyosi20150304_03

そんな木々の向こうを、今朝の7Dがやってきました。
Isumi350_20150304_04

城見ヶ丘で降りて、乗ってきた列車を見送ります。
Isumi_siromigaoka20150304_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月4日は2件3種のリリースが出ていました。新幹線は郵便局のネットショップ扱いがあります。

3月4日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

世界遺産平泉PRキャラクター「ケロ平(ひら)」
販売日 2015年3月10日(~発表
販売部数 2,000部

販売地域 岩手県内の計308局 

シートはオリジナルです。 


3月4日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

WELCOME TO NAGANO 北陸新幹線 長野-金沢間開業記念
信濃路の旅 北陸新幹線 長野-金沢間開業記念
販売日 2015年3月13日(~未発表
販売部数 各1,050部

販売地域 長野市、飯山市、須坂市、中野市、飯綱町、小布施町、信濃町、山ノ内町、小川村、木島平村、栄村、高山村、野沢温泉村内の計108局

シートはオリジナルです。クリアファイルとのセットで売価1900円です。3月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(27-2) 

帰宅は30Dになりました。大多喜駅に向かって歩いて行くと、検修庫のシャッターが開いて、整備中のキハ52が見えました。
Isumi_otaki20150303_06
もしかすると、週末の運転に備えて、明日から試運転でもするのでしょうか。

今日の30Dは2両編成でした。
Isumi350_20150303_07
明日から、また高校3年生の登校が始まるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(27-1) 

2015年3月3日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤です。昨日はよい天気だったのですが、今日はまた曇っています。

国吉駅の大原方にある野中踏切では、ナノハナが咲き始めました。
Isumi300_20150303_01
今朝の7Dは301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へ行きます。カメラを構えていると、何かが横切りました。
Isumi_siromigaoka20150303_02
オスのキジが飛び出してきたのです。線路を横断していきました。

そして、今朝の8Dがやってきました。
Isumi300_20150303_03
今朝は302スニフでした。

バイパスの車が切れたので、道路を横断して城見ヶ丘駅を撮ります。
Isumi300_20150303_04
城見ヶ丘駅は、かなりナノハナが咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(26-2) 

帰宅は28Dになりました。大多喜駅上りホームには、何本かの桜が植えられています。
Isumi_otaki20150302_06
少しずつ開花が始まったようです。花の色からして、ソメイヨシノではなようですが。

そんな桜の向こうを28Dがやってきました。
Isumi350_20150302_10

国吉駅に到着しました。28Dは、国吉駅で下り27Dと交換です。
Isumi350_20150302_07
27Dは今朝乗った352ムーミンです。

27Dが先に発車します。
Isumi350_20150302_08
乗ってきた28Dは351スナフキンです。

Isumi350_20150302_09
28Dもヘッドライトが点いて、国吉駅を発車していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(26-1) 

2015年3月2日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤します。昨日の雨と風がウソのように止んで、キラキラした朝になりました。

Isumi_kuniyosi20150302_01
工事中の体験運転線も、ここまで伸びてきました。

キハ30も朝日で輝いていました。
Isumi_kuniyosi20150302_02
手前に置かれているトロッコ風の台車も、体験運転線の工事に使われているのでしょう。

今朝の7Dがやってきました。
Isumi350_20150302_03
352ムーミンです。乗り込むとガラガラです。お客さんは自分を含めて3人です。そうか、今日は高校入試があるので、現役高校生は乗っていないのです。もちろん、受験生は乗るのでしょうが、まだ入試の時間には早いですからね。

上総中川で付近の工場へ通勤している方が降りてしまうと、車内は自分だけになりました。
Isumi350_20150302_04
帰宅の最終32Dが貸切だったことは何回かありますが、朝の通勤につかう7Dが貸切になったのは、この日が最初です。記念にガラガラの車内を撮ってしまいました。

優雅な貸切なので、今朝は城見ヶ丘で降りずに大多喜まで乗ってしまいました。
Isumi350_20150302_05
大多喜駅に停まる8Dは351スナフキンです。こちらの乗客も少なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

3月2日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

3月2日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

淡路島百景 第4編
販売日 2015年3月13日(~発表
販売部数 1,000部

販売地域 淡路市、洲本市、南あわじ市内の計49局

シートはグラデーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(20) 

南房パラダイスバス停からの最終便に乗車します。
Minami_boso_free20150301_31
14:32の館山駅経由東京行きです。館山までは普通の路線バスで、館山駅からは全席指定の高速バスになるという便です。末端部が全席自由席になる特急「わかしお」に似た運用です。

Minami_boso_free20150301_32
停車駅案内は液晶モニターで行います。高速バスの愛称を使って「なのはな号直通」というのですね。館山駅までは普通便、つまり一般の路線バスと同じですよとなっています。実際に、高速バスの予約券を持って乗ってきたお客さんには「館山駅までは自由席ですから、空いている席に座ってください」と案内していました。どんな短区間でも、乗車時運賃を受け取って乗車券を発券するので、乗車の多い停留所では停車時間が長くなります。

Minami_boso_free20150301_33
海沿いのさみしい伊戸漁港バス停です。ここに東京駅の文字があること自体、不思議な感じがします。

結構途中乗車が多かったです。スポーツバッグの高校生も乗ってきて、学校最寄りのバス停で降りていったりしました。それでも、ほぼ定刻に館山駅に到着です。
Minami_boso_free20150301_34
バスは15分ほど停まって、15:30の東京行き「なのはな号」になるそうです。

館山駅の近くに、中村屋さんという地元では有名なパン屋さんがあります。名物はブドウパン。でもこの時間では売り切れだろうな。でも、この天気ならあるかな。行ってみます。
Minami_boso_free20150301_35
かろうじて、何個か残っていました。しかも一番人気のピーナッツバターもありました。ここのブドウパン。店主さんが、どうやったら自分の大好きな干しぶどうをいっぱい食べられるかということから作ったものだそうで、一般的なブドウパンとはまったく違っています。パンの中心にこれでもかと干しぶどうが詰まっているのです。

今日は、この後次のような行程を考えていました。
館山駅16:00→16:26南三原駅前(鴨川日東バス)
南三原16:34→16:55安房鴨川(JR)
安房鴨川16:58→17:08安房小湊(JR)
歩いて鯛ノ浦へ
鯛ノ浦17:45→17:51実入海岸(鴨川市コミュニティバス)
たこやき北斗星で夕食
実入海岸19:04→19:25鴨川駅東口(鴨川日東バス)
安房鴨川19:36→20:05勝浦(JR)
勝浦20:11→20:54上総一ノ宮(JR)
鴨川市コミュニティバスを含めて、すべて「南房総フリー乗車券」で乗車できます。ところが、この雨と風。これだけの乗り継ぎをするのが億劫になってしまいました。ブドウパンも買えたことだし、まっすぐ自宅へ戻ることにしました。

実際には、次のような行程になりました。
館山16:15(185M)16:55安房鴨川
安房鴨川16:58(286M)18:00上総一ノ宮
コインパークから自家用車を出して、18:30前には自宅へ戻りました。

さて、今回の使った乗車券分はいくらになったのでしょうか。こんなの計算するのはケチ臭いのですが、やっぱりやってしまいます。
<1日目>
上総一ノ宮→大原(JR)240円
大原→勝浦(JR)240円
勝浦駅→部原三叉(小湊鉄道バス)200円
部原海岸→塩田病院(小湊鉄道バス)250円
勝浦→上総興津(JR)200円
上総興津→勝浦(JR)200円
大原→上総一ノ宮(JR)240円

<2日目>
上総一ノ宮→千倉(JR)1320円
千倉駅→安房白浜(館山日東バス)530円
野島崎灯台→安房白浜(JRバス)160円
安房白浜→南房パラダイス(JRバス)500円
南房パラダイス→館山駅(JRバス)690円
館山→上総一ノ宮(JR)1490円

ということで、合計額は6260円分です。千葉発の「南房総フリー乗車券」の発売額3080円を超えていますから、ゆき券を放棄しても十分元は取れているということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(19) 

連続温室を歩いて行くと、いろいろな鳥がいる音節がありました。植物ばかりでなく、動きがあるのは変化があって見ていて飽きません。
Minami_boso_free20150301_26

大温室、連続温室から抜けて、他の施設も見に行きます。南房パラダイス時代、けっこう気に入っていた、蝶が乱舞する温室は閉鎖になっていました。
Minami_boso_free20150301_27
マーライオンのいる蘭の温室はありました。ただ、時期が悪いのか、あまり花は咲いていませんでした。

さて、これまたリニューアルしたというレストランに行ってみましょう。それなりにお客さんが入っていました。入口にもいろいろとメニューが書いてありました。ところが、席に着くとお昼はロコランチというセットメニュー4種類のみとの説明がありました。う~ん、それなら入口に昼食はこの4種と出しておけばいいのにと思います。
Minami_boso_free20150301_28
タコライスのロコランチ1480円(税別)にしました。お飲み物はと聞かれて、ジンジャエールにしましたが、ウイルキンソンじゃなかったですね。甘かったです。

その後、歩いて旧いこいの村である「千里の風」に向かいました。
Minami_boso_free20150301_29
雨だというのに、日帰り入浴はけっこうの入りでした。バスタオル付きで1000円というのも、観光地では手頃な値段なのでしょう。フェイスタオルは別売りだそうですが、今日は入浴するつもりだったので、持参しています。

来た道を戻って、南房パラダイスバス停へ向かいます。着いた後で、そうだ、まだ道の駅きっぷ売っているのかなと買いに行ってみました。
Minami_boso_free20150301_30
裏面の図案がハワイアンなものになっていました。昨年来たときに買ったのは、南国のオウムだったし、その前に来たときは、指定管理者が運行していたボンネットバスでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(18) 

南房パラダイスは、1970年に開業した県の管理施設で、巨大な温室、蝶の飛び交う温室、ミニ動物園やいこいの村といった宿泊施設がありました。2006年10月に道の駅「南房パラダイス」が開設されると、他の施設共々指定管理者制度が採用されました。東日本大震災による観光客の落ち込みもあり、指定管理者の辞退などいろいろあって、2014年3月末でいったん閉館となっていました。

そして、2014年9月13日に民間に売却されてリニューアルオープン、施設名も「アロハガーデンたてやま」とハワイアンリゾートになって再開しました。
Minami_boso_free20150301_21
リニューアルしてから入場するのは初めてです。「南房パラダイス」時代800円だった入園料が、1300円になっていました。でも、会社の福利厚生施設に指定されているので、利用券を出すと割引があるはずです。「南房パラダイス」時代は、利用券提出だけで自己負担は0円だったのですが、どうなったのでしょう。窓口で訪ねると「差額500円になります」とのこと。値上げ分だけ負担すればいいのね。

しかも、いこいの村改め、こちらも民間に売却されて2014年12月5日にリニューアルオープンした「たてやま温泉 千里の風」の日帰り入浴券を無料でくれるというのです。こちらの日帰り入浴だけでも1000円するのですから、合計2300円分を500円の負担で楽しめることになりました。

大温室の入口です。
Minami_boso_free20150301_22
ウミガメにレイがかけてあります。ここがハワイアンな証なのでしょうか。

中の植物は、南房パラダイス時代と変化はないように感じました。
Minami_boso_free20150301_23
ウツボカズラですね。

Minami_boso_free20150301_24
バナナですね。これはハワイにもあるんだろうな。

Minami_boso_free20150301_25
サボテンの花ですね。サボテン=暑いところ=ハワイってことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

南房総フリーで春旅(17) 

フラワー号は安房白浜駅3番のりばからの発車です。
Minami_boso_free20150301_16
たった1本の季節便のために、専用の番線が割り振られていました。昔は通年で多くのバスが走っていたのでしょう。

Minami_boso_free20150301_17
時間になり、先ほどのバスが「フラワー館山駅」の表示を出してやってきました。

Minami_boso_free20150301_18
サボもフラワー号館山に変わっています。

車内からなので、それほど雨を気にせず景色を眺められます。
Minami_boso_free20150301_19
再び、千葉県最南端の野島崎灯台を目指して走ります。もちろん、今度は灯台ではおりませんけど。

Minami_boso_free20150301_20
正面に見える大温室が、「南房パラダイス」改め「アロハガーデンたてやま」という施設です。ただ、併設の道の駅の名前は「南房パラダイス」のままですし、その前にあるバス停名も南房パラダイスです。ここからは、通年運転の定期便が2便あります。この南房パラダイスで降りて、約2時間後の定期便最終に乗ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(16) 

この先は、2・3月の土休日のみ運転される、フラワー号の安房白浜発着便(1日1本)に乗ります。安房白浜は11:38なので、まだ30分以上あります。折返しバスの姿が見えないので、いつ着くのかなと検索してみると、安房白浜は11:27ですから、十分灯台まで行って出迎えられそうです。

傘を差して、風が強くなってきた道を、野島崎灯台へと歩いて行きます。
Minami_boso_free20150301_11
傘を差しながら何度も来ている野島材灯台の写真なんて撮らなくてもと思うのですが、やっぱりこんな天気に来たという証拠写真を撮ってしまいます。

Minami_boso_free20150301_12
ところが、バス停が見当たりません。とりあえず館山行きのポールはあったので、その向かい側で待つことにします。

定刻に数分遅れて、バスがやってきました。
Minami_boso_free20150301_13
去年は幕式車でしたが、今年はLED行き先表示になりました。

再び、安房白浜に到着です。
Minami_boso_free20150301_14
昨年乗った幕式車はL537-99802です。今年の車両はL537-98503です。今年の車両の方が98年式と古いのですが、LEDに改造したのでしょう。

JRバス関東館山支店の特徴であるサボが、このバスにも着いていました。
Minami_boso_free20150301_15
フラワー号安房白浜の文字は、2・3月の土休日に1日1便だけ見られるサボです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

南房総フリーで春旅(16) 

千倉駅から路線バスの旅になります。千倉駅10:25の安房白浜行きのバスに乗ります。
Minami_boso_free20150301_06
発車までまだ30分ほどあります。バスは来ていますが、運転士さんも詰め所で休んでいるようで、ドアは開いていません。

そのうちに雨が降ってきました。やっぱり花のシーズンだからでしょう、10人ほどのお客さんが待合室で待っています。
Minami_boso_free20150301_07
発車10分前を切ると、ようやく乗車が始まりました。この頃には雨が本降りになってきました。

お花畑が見えてくると、観光客の下車が始まります。
Minami_boso_free20150301_08
海の見えるお花畑が広がる白間津バス停でも4~5人の方が降りて行かれました。

終点の安房白浜まで乗ったのは、やはり4~5人でした。
Minami_boso_free20150301_09
日野のノンステップバスが停まっていました。館山支店はほとんどが高速車。たしか路線車は3台しか配置がなかったはずです。その、数少ない路線車も世代交代が進んでいるようです。昨年、フラワー号で見た幕式の路線車は、もういないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

南房総フリーで春旅(15) 

2015年3月1日(日)。今朝はどんより曇っています。天気予報では、この後雨です。「南房総フリー乗車券」の旅2日目は、上総一ノ宮駅近くのコインパークに車を停めて、長い傘を持っての汽車旅・バス旅となります。

上総一ノ宮駅の自動券売機で、勝浦まで510円の自由席特急券を買って自動改札を入ります。
Minami_boso_free20150301_01
乗車する特急「わかしお1号」は、勝浦~安房鴨川間は普通列車です。510円の自由席特急券で乗れるのは、安房小湊まで。安房鴨川だとわずかに50kmを越えてしまいす。だから、510円で安房鴨川まで特急車両に乗れる「わかしお1号」はちょっとうれしい存在です。でも、これは3月13日まで。ダイヤ改正からは、特急は勝浦止まりが増え、勝浦~安房鴨川を普通列車として運転する特急車両は、大幅に減ります。

Minami_boso_free20150301_02
元祖房総ビュートレイン255系電車です。安房鴨川まで行く定期列車は、この1往復だけです。

安房鴨川に到着しました。
Minami_boso_free20150301_03
乗り継ぐ内房線は3番線からです。隣のホームから、乗ってきた255系電車を撮ります。

安房鴨川9:22の2166Mに乗っていきます。
Minami_boso_free20150301_04

千倉で降ります。
Minami_boso_free20150301_05
今日はこの先しばらくバス旅になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

コブハクチョウいるかな? 

2015年3月1日(日)。今日は「南房総フリー乗車券」の旅2日目です。でも、昨日いすみ鉄道の快速に乗って、新田野の田んぼにコブハクチョウがたくさん来ているのを見ました。今朝も来てるかな。「南房総フリー乗車券」の旅に入る前に、新田野へ行ってみました。

Isumi_nittano20150301_01
いました。今朝は、まだ少しだけですけど。

Isumi_nittano20150301_02
全部で4羽です。少しクロっぽいのは幼鳥ですかね。

Isumi_nittano20150301_03
羽ばたいたりしています。

Isumi_nittano20150301_05
田んぼにいるのは4羽ですが、上空では仲間なのか、鳴きながら飛んでいる一群がありました。

Isumi_nittano20150301_04
その後ろを、上総中野行きの初便53Dが走って行きました。

これを撮ってすぐに上総一ノ宮に向けて、自家用車を走らせました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(14) 

千倉を発車すると、次の九重で普通列車行き違いのため停車です。ふとホームを見ると、ヒガンザクラが咲いているではないですか。
Minami_boso_free20150228_66
やってきた普通列車と「ニューなのはな」、それにピンクのヒガンザクラで1枚撮ります。

館山での停車時間はわずかです。すぐに発車となりました。ここからは、東京湾の眺めがところどころで楽しめます。
Minami_boso_free20150228_67
臨海学校発祥の地、岩井海岸の風景です。

Minami_boso_free20150228_68
東京湾観音が見えます。今日の東京湾は波もなくおだやかです。

佐貫町が近づくと、山の上に東京湾観音の顔だけが大きく見えてきます。
Minami_boso_free20150228_69
頭とかに柵が見えます。高さ56メートルの20階(頭の部分)まで、314段のらせん階段で登れるそうですが、実は眺めるだけでまだ行ったことがないのです。

終点の君津に到着しました。
Minami_boso_free20150228_70
ホームの向かいには、16:34の快速東京行きが接続しています。今までの浜金谷行きから君津行きになって、鉄道でのアクセスが便利になりました。

この快速に乗って蘇我へ。蘇我から17:25の勝浦行きに乗って18:39大原に到着です。これで、勝浦からの240円きっぷ大回り乗車は終了です。年間パスもあるし、もう少しいすみ鉄道に乗ってからとも思ったのですが、明日もあるし今日はこれで切り上げることにします。

再び「南房総フリー乗車券」の旅に戻って、18:45の千葉行きに乗って19:02上総一ノ宮到着。コインパークに停めてあった自家用車に乗って、自宅へ戻りました。なかなか充実した「南房総フリー乗車券」の旅1日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

南房総フリーで春旅(13) 

安房小湊駅に到着します。なんと、3番線の到着でした。勝浦方からの下り列車に乗って3番線に入ったのは、たしか初めての経験です。
Minami_boso_free20150228_61
安房鴨川止まりのときは、安房鴨川~安房小湊間が回送になります。安房小湊止まりのときは、その区間が客扱いになります。どちらも3番線に入って、折返し時間までここで待機になります。今回は、その待機時間を使って安房小湊~勝浦間を運転したようです。ですから、安房小湊の到着が3番線になったのでしょう。上り「わかしお14号」と行き違うだけで、下り列車の追い越しはありませんから、1番線使用でも問題ないはずですから。

Minami_boso_free20150228_62
太海~江見間では、海の上に架かる国道「房州大橋」を徐行しながら眺めます。

そうしているうちに、記念撮影はいかがですかと担当の方が回ってきました。
Minami_boso_free20150228_63
毎回のこの手作り撮影ボード、実は楽しみにしているのです。今回は区間名も今までとは違います。日付も入ったボードです。もちろん、1枚撮ってもらいました。

車内改札もありました。
Minami_boso_free20150228_64
指定席利用者にだけ配布される、乗車証明書です。今回の図案は、上総湊駅の桜と菜の花ですね。

千倉に到着しました。ここも3番線に到着です。
Minami_boso_free20150228_65
せっかくだったので、撮影ボードを運転席にヘッドマークのように置いて撮らせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(12) 

定刻13:28に「リゾートあわトレイン」が勝浦を発車しました。
Minami_boso_free20150228_56
勝浦カッピーや駅長犬、勝浦駅の皆さんに見送られて発車しました。

さっそく昼食にします。いすみ鉄道のお店で先週に続いて買ってきた、楽働会・安藤さんの巻き寿司です。今日はあと2パックだったので、手を出してしまいました。
Minami_boso_free20150228_57

今日はいい天気です。鵜原~上総興津間できれいな海で有名な守谷海岸沿いを走ります。
Minami_boso_free20150228_58
熱帯魚屋さんも、バキュームカーできれいな海水を汲みに来ると聞いたことがあります。鳥居のあるのが渡島です。年に20回ほど、干潮のときに浜と陸続きになるトンボロ現象が見られるそうです。

上総興津を過ぎて、配りものがありました。
Minami_boso_free20150228_59
「リゾートあわトレイン」が初めて勝浦に乗り入れた記念だそうです。勝浦駅から乗車した人限定で配られたようです。

Minami_boso_free20150228_60
中には、こんなカラープリントがされたおせんべいが入っていました。裏の製造元を見ると、たしか、鯛せんべいを作っているのと同じ会社のような気がします。形は違いますが、そんな感じの甘いおせんべい(瓦せんべいみないな感じ)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

南房総フリーで春旅(11) 

この勝浦始発の「リゾートあわトレイン」は、先週と今週の土曜日2回のみの運行です。しっかり今日の指定券をおさえてあります。「南房総フリー乗車券」の旅とうたっていますが、君津まで行って来た道を引き返すのは時間がかかりま過ぎます。かといって、かえり券を使ってしまっては、明日乗ることができません。そこで、勝浦駅で240円の乗車券を買って、大原まで大回り乗車で「リゾートあわトレイン」に乗ることにします。

駅の行き先表示器は、列車名と発車時刻を交互に表示していました。
Minami_boso_free20150228_51

発車は1番線です。
まずは、4号車のイベントカーを見に行きました。今回のコンセプトは「勝浦のひな祭り」だそうです。
Minami_boso_free20150228_52
小さなひな壇が飾られて、その後ろに「かつうらビッグひな祭り」のポスターが貼ってありました。

しばらくすると、そこにカッピーが入っていきました。よく、あのドアや客室仕切り扉を頭が通ったものです。
Minami_boso_free20150228_53

ありがとうカッピーとお礼を言って写真を撮っていたら、今度は駅長犬まで入ってきました。
Minami_boso_free20150228_54

発車直前には、列車の先頭に来て、2人でポーズしてくれました。
Minami_boso_free20150228_55
いやあ、発車前の大サービスですね。館山の「だっぺぇ」もよくホームや車内でサービスしてくれましたが、今回は2人ですものね。大いに盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

南房総フリーで春旅(10) 

上総興津12:16の上り電車で勝浦に戻ります。電車は2番線に到着しました。
Minami_boso_free20150228_46
3番線には、12:40の普通「わかしお7号」がやってきました。側線に停まる「彩いろどり」と並びました。

並んだとはいっても、先頭の位置が少し違うので、ちょっと離れて正面がちに撮ってみます。
Minami_boso_free20150228_47
架線の影がすごくなっただけで、LEDの内容は写りませんでした。

改札を出て踏切へと歩いて行きます。
Minami_boso_free20150228_48
勝浦に特急列車として全車グリーン車の「彩いろどり」が来ようとは思ってもいませんでした。

踏切へと歩いて行きます。
Minami_boso_free20150228_49
13:11に「リゾートあわトレイン」が到着しました。

位置を変えて撮っておきます。
Minami_boso_free20150228_50
リゾートあわトレインの発車は13:25です。そろそろ車内にもどりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(9) 

勝浦11:48の安房鴨川行きに乗って、上総興津へ向かいます。まだ今年は行っていない、地域会場の1つ興津会場へ行くのです。
Big_hina_okitu20150228_41
駅前の興津公民館が会場です。

一昨年、興津保育所が統合でなくなって、保育園の展示がなくなってから少しさみしくなりました。
Big_hina_okitu20150228_42
毎年、海をモチーフにした大胆な雛飾りが保育園児らしく好きだったのですけどね。他の会場とはひと味違ってましたから。

それでも、ここは毎年凧の展示があります。
Big_hina_okitu20150228_43
今年はこのカラス?の凧ですかね。骨組みと一緒の展示でおもしろかったです。意外と簡単な骨組みなんですね。袖の部分が、風を受けて抜けるようになっているのでしょうね。これで揚がるのですね。

ここも募金箱がありました。
Big_hina_okitu20150228_44
会場版の絵はがきをいただきました。

興津といえば、旅番組にも出た「たいやきイワセ」です。このところ、行っても閉まっていることが多かったのですが、今日はやっていました。
Big_hina_okitu20150228_45
イワセといえば、やっぱり「ウイニー」でしょう。黒あんとウイニーを買います。前回といっても2年前かな。そのときはハムでしたが、今日はウインナーです。日本ハムのウイニーを使っているかどうかはわかりませんけど。マヨネーズも入っていて、けっこうおいしいですよ。

上総興津12:16の上り電車で、再び勝浦へ戻ります。興津滞在は20分弱でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

南房総フリーで春旅(8) 

塩田病院から、細道を通って市立図書館へ出ます。そこから歩いて、覚翁寺へ行きます。
Big_hina_katu20150228_36
青空に、赤と黄色が映えます。

さらに歩いて行きます。
Big_hina_katu20150228_37
いすみ鉄道の売店前では、キャラクターの縫いぐるみが、みんなそろってひな人形の衣装を身に点けていました。

Big_hina_katu20150228_38
遠見岬の石段にやってきました。今日は、圧倒的に撮っている人の方が多いです。

ここは、募金箱の置いてある寄付コーナーがありました。
Big_hina_katu20150228_39
お礼のポストカードは2種類ありました。どっちにしますと聞かれて、両方欲しいなと言ったら、両方くれました。ありがとうございます。

石段下の社務所への木戸が開いていて、今日はお店が出ていました。先週の日曜日は、雨のためかお店はまったく出ていませんでしたが。
Big_hina_katu20150228_40
ここは毎年、腰古井とひしこ寿司の2店がメインですね。事故責任で飲んでくださいと注意書きのある「甘酒」を飲みます。いや、そんなに甘くないのです、どちらかというとあったかいどぶろく?

その後、勝浦駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(7) 

国道を海沿いに御宿方面に歩いたところにある、部原海岸バス停で勝浦行きのバスを待ちます。
Minami_boso_free20150228_31
次の勝浦行きは、旧道経由です。

Minami_boso_free20150228_32
先ほどのバスがやってきました。

部原三叉路から旧道に入ります。普通乗用車でもすれ違えないような狭隘路が連続します。普段は、この路線用に導入したジャーニーJか、新しく入ったポンチョロングが使われているようです。
Minami_boso_free20150228_33
新官の漁港です。ここを過ぎて左折し、さらに海沿いを行きます。

そのとき、昨年まで会場になっていた、新官の妙海寺の脇を通りました。
Minami_boso_free20150228_34
途中に道路がある独特の石段に、昨年はひな人形が飾られていたのですが、今年はまったく展示をやっていません。

沢倉から急坂を登って市役所前へ行きます。運転士さんが「ここで降りて見学しますか」ときいてくれます。「街中を見学したいので、塩田病院で降ります」と答えます。う~ん、もしかして、コイツは観光客ではなく地元民だなと感づかれたかもしれません。
Minami_boso_free20150228_35
昨夜、自家用車を停めた市営出水駐車場のはす向かいにある塩田病院バス停で降りて、バスを見送ります。昨夜通った道を、明るいときにたどってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(6) 

さらに上の方へと続く道があり、そこにも小さなお社がありました。
Big_hina_hebara20150228_26
海を背景にしたひな壇がありました。

Big_hina_hebara20150228_27
小さな鳥居には竹がくくりつけたらて、そこにはお雛様が飾ってありました。

Big_hina_hebara20150228_28
途中の道は、こんな感じです。これまた、不思議な光景でした。雨が降ったら、絶対に再現されない風景です。今日が晴れでよかったです。

Big_hina_hebara20150228_29
先ほどのバスが御宿から折り返している30分ほどでの見学でした。

海を見ると、たくさんの船がでています。
Big_hina_hebara20150228_30
漁をしているのかな。帰りは、こんな海を見ながら、部原海岸バス停まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(5) 

2015年のかつうらビッグひな祭りでは、2月28日と3月1日の2日間、部原にある瀧口神社を会場とした展示があるとチラシにかかれていました。そこで、「南房総フリー乗車券」でも乗車できる、勝浦~御宿間の小湊バスに乗って、行ってみることにします。

10:25の御宿行きは国道経由です。国道と行っても旧128号線で、今は勝浦市道になっています。現在の国道128号線は、旧県営勝浦有料道路です。
Minami_boso_free20150228_21
少し遅れてやってきたバスは、見慣れない三菱ローザでした。一瞬迷いましたが、「勝浦-御宿」とあるから間違いないようです。

車内には、「大網白里市コミュニティーバス」とか「運賃200円」などの文字があり、押しボタンなどがありません。どうやら、何らかの事情で土休日に使わないコミュニティバス用の車両が回ってきたようです。運転士さんに「どこまで」と聞かれたので、部原の瀧口神社に行きたい旨と伝えました。
Minami_boso_free20150228_22
部原三叉バス停で降ろしてもらいました。「帰るときは、隣の狭い道から乗るから」と、帰りは旧道経由弐鳴るバスののりばを教えてくれました。

Big_hina_hebara20150228_23
これが瀧口神社の入口です。石段ではなかったのですね。坂道を登っていきます。

Big_hina_hebara20150228_24
これが本殿ですが、この展示がとくにすごいとは感じませんでした。

すごいなと感じたのはこれです。
Big_hina_hebara20150228_25
自然の地形を生かして、こんな風に展示してあるのです。これは他の会場にはない見せ方で、なかなかいいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(4) 

勝浦で降りて、街中へと歩いて行きます。
Minami_boso_free20150228_16
墨名交差点の雛飾り。今日はビニールの被いがとれて、全容が見えるようになっていました。

募金箱も置いてあります。
Big_hina_katu20150228_17
いつものように50円ほど募金して、絵はがきを1枚もらいます。ここは、昨年と図柄は変わっていないようです。

今日はこの後、勝浦駅10:25の御宿行きバスに乗ります。ビッグひな祭りの見学はひとまず切り上げて、駅へと戻ります。
Big_hina_katu20150228_19
駅へ向かう道の途中に、エドヒガンザクラが咲き、その下に竹の雛飾があるお宅があります。

Big_hina_katu20150228_20
敷地内もご自由に見学してくださいとのこと。手作りの顔出しパネルも見えます。たしか市議会議員をやっておられる方のご自宅だったかと思います。

駅前の観光協会の後ろに、エドヒガンザクラが咲いている小さな公園があります。
Big_hina_katu20150228_18
そこで、この子がひなたぼっこをしていました。数人が遠巻きに写真を撮っていました。猫を見つけると、近づいて触りたがる人と、写真を撮りたがる人の2つに別れるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(3) 

さらに進むと、先ほど大原から大多喜に行くとき気づいたポイントがあります。窓を開けて写真を撮ります。
Isumi_azuma20150228_11
通称「ムーミン池」に、今まではなかった新しい造作があります。

Isumi_azuma20150228_12
切り株に宝箱。これは今までなかったですよね。リトルミイもあんなに立派な獲物を釣っていたかなあ。ミイの近くにも何か箱があるし。ここも最近、かなり手を入れたようです。

100D快速大原行きが、終点の大原に到着しました。
Isumi200_20150228_13
大多喜で先発した206が大多喜行きになって停まっています。206リトルミイのこちら側をとる機会があまりないので、1枚撮っておきます。

Isumi200_20150228_14
いすみ鉄道レールバス全形式集合です。右側が200’型。左側が300形と350形に2連です。300形はあまりよく見えませんけどね。年間パスはここまでにして、再び「南房総フリー乗車券」の旅に戻ります。

大原9:35の外房線に乗ります。
Minami_boso_free20150228_15
今日は天気がよいです。ようやく明るい時間のビッグひな祭りを楽しむことができそうです。勝浦へ向かいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

南房総フリーで春旅(2) 

大原行き快速100Dの入れ替えが始まりました。
Isumi350_20150228_06
大原方は351スナフキンですね。

上総中野方は302スニフですね。
Isumi300_20150228_07
快速列車ですが、今日は「急行」を表示して走るようです。

大多喜駅ホームの桜が咲き始めました。
Isumi300_20150228_08
今日はお休み中の301をバックに、咲き始めた桜の花をバックに撮ってみます。

快速大原行き100Dに乗っていきます。
Isumi_kuniyosi20150228_04_2
国吉駅の、体験運転線もだいぶできあがってきました。

さらに車窓に注目していくと・・・
Isumi_nittano20150228_10
新田野を過ぎて、線路の隣の田んぼに、こんなにたくさんのコブハクチョウがいました。新田野にコブハクチョウが来ているとは聞いていたのですが。つい1時間ほど前、大原から大多喜へ行くときには、見かけませんでした。これは、見てびっくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総フリーで春旅(1) 

2015年2月28日(土)。今日と明日の2日間。「南房総フリー乗車券」を使って、ほぼ地元の鉄道とバスの旅をします。目的の1つは、かつうらビッグひな祭り期間だけ「リゾートあわトレイン」が勝浦発で運転されるので、これに乗ってみること。もう1つは、毎年2・3月の土休日のみ運転されるJRバスのフラワー号安房白浜発着便に乗ることです。

先日、八日市場支店の黄色いつばめバスに乗ったとき、次はどこの支店へいくのですかねとそれとなく聞いてみると、花の季節だし館山じゃないのかねという不確定ながら、もっともらしい言葉を聞いたのです。たしか、館山支店には路線車は3台しか配置がないはず。路線バスも、一部は高速車で運行されていますから。あの、安房白浜発着のフラワー号は、昨年乗ったとき路線車の運用でした。そうすると、3月は黄色いつばめバスフラワー号に入るかも。一般のJRバスカラーでの運行を見たいなら2月中に行こうという気持ちになったのです。

まずは自家用車で上総一ノ宮駅近くのコインパークへ行きます。1日300円なので、空いていれば茂原より安いですから。まだ7時ちょっと過ぎということで停めることができました。

「ゆき券」は放棄です。いきなりフリーエリアに使用できる「かえり券」から使い始めます。
Minami_boso_free20150228_01
まずは、上総一ノ宮始発の安房鴨川行きに乗っていきます。

Minami_boso_free20150228_02
上り列車の折返しなので、停止位置目標がかなり前です。4両編成なので、階段からちょっと離れた位置に停まっています。これに乗って大原まで行きます。

大原からは、いすみ鉄道の年間パスを使って大多喜まで行きます。キハ52の車検にともなう急行列車のレールバス代行もこの週末が最後。明日は乗りに行けないので、今日乗り納めをしておこうという意味もあります。
Isumi350_20150228_03
大原7:44の55Dは、352ムーミンでした。大多喜で降ります。

大多喜駅では、上り54Dと行き違いです。
Isumi200_20150228_04
206リトルミイです。土休日に200型が動いているのを見るのは、久しぶりな気がします。

昨日は庫の中に入っていたキハ52です。
Isumi_kiha52_20150228_05
今日は少しだけ顔を出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

かつうらビッグひな祭り(3-2) 

もう少し歩くと、松の屋旅館があります。
Big_hina_katu20150227_06
玄関を入ったところに展示があり、誰でも入れるようになっています。また、オリジナルのポストカードも売っています。

そして、その先。京葉銀行の角を曲がったところが、遠見岬神社です。
Big_hina_katu20150227_07
ちょうど18時を過ぎたところです。どこかの局のニュース番組でしょうか。生中継のようです。映り込まないように、慎重に見学をします。

Big_hina_katu20150227_08
階段上のお内裏様とお雛様まで、しっかりライトアップされています。けっこう、入れ替わり立ち替わり見学者がやってきます。

Big_hina_katu20150227_09
墨名交差点のライトアップは土日だけなので、平日のライトアップはこれで全部周りました。由基屋に寄ると、なぜか担々鶏メンチだけ残っていました。1つ買って、かじりにながら出水駐車場へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(3-1) 

2015年2月27日(金)。今日は午後からいい天気になりました。かつうらビッグひな祭りも、今夜なら夜間ライトアップが実施されているでしょう。

そこで、17時半を過ぎて大多喜から勝浦へと向かいました。自家用車は、旧勝浦警察署跡地にできた市営出水駐車場に停めます。20時まで利用できて、駐車料金は無料です。そこから、今年は展示会場にはなっていない市立図書館の前を抜けると、覚翁寺です。ここの山門前がライトアップ展示会場の1つになっています。
Big_hina_katu20150227_01
金曜日の夜、ここを見学に来ている人はわずかでした。

ここには、夜でも募金箱に人がいました。
Big_hina_katu20150227_02
募金をして絵はがきをいただきました。昨年と同じ図案のようです。

山門の手前に地蔵堂があります。
Big_hina_katu20150227_03
この中も、つるし雛が飾ってありました。お地蔵様もライトアップされています。

商店街を歩いて行きます。すでに、いすみ鉄道のお店は閉店しています。
Big_hina_katu20150227_04
中央商店街のひな壇には、こんなライトアップがされていました。

その隣のビルです。
Big_hina_katu20150227_05
毎年のことですが、ここは窓の外に向けて展示されています。昼間は高いところにあることもあり、気づきにくいのです。夜になると内部からライトアップされて、けっこう目立つ展示になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤 

2015年2月27日(金)。今日は、夜勝浦へ行こうと考えて、自家用車で出勤します。

今朝は新田野駅に寄ってみました。
Isumi350_20150227_01
田起しが始まったのですね。まだ水は張っていないので、水鏡にはなっていませんけど。

Isumi350_20150227_02
昨日の雨も上がりました。雲の間から青空がのぞいています。

出勤途中に大多喜駅に寄ってみました。
Isumi_kiha52_20150227_03
キハ52の上部がビニールでマスキングされています。何か塗装をするのでしょうか。

夕方、再び通ってみるとビニールがなくなっていました。
Isumi_kiha52_20150227_04
どうやら作業は終わったようです。いったいどこを塗装したのでしょうか。ここからではわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2月27日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

2月27日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

上野東京ライン JR常磐線 東京駅乗り入れ記念
販売日 2015年3月10日(~発表
販売部数 5,050部

販売地域 茨城県内の計465局、(3/10のみ)東京中央局内臨時出張所、JR水戸駅構内臨時出張所 

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。台紙とのセットで売価1600円です。3月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


2月27日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

北陸新幹線 金沢・富山-東京開業
販売日 2015年3月13日(~未発表
販売部数 10,000部

販売地域 富山県(富山西局を除く)、石川県(新金沢局を除く)、福井県内の計674局

シートはオリジナルです。オリジナル台紙とのセットで売価1800円です。3月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(25) 

2015年2月26日(木)。今日はいすみ鉄道で出勤します。天気は雨です。雨粒が木の枝についています。

Isumi300_20150226_01
今朝の7Dは、301パパ&ママでした。

風がそれほど強くないので、城見ヶ丘で降りて歩いて行くことにしました。
Isumi300_20150226_02
今朝の8Dは、302スニフでした。ここの菜の花も少しだけ色づいてきました。

帰宅は、最終の32Dになりました。
Isumi350_20150226_03
まだ小雨が降っています。今日の32Dは、351スナフキンでした。

Isumi350_20150226_04
車体やガラスに、雨粒が光っています。

国吉駅に着きました。
Isumi350_20150226_05
ヘッドライトに雨筋が光っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸新幹線の支社版フレーム切手 

2015年3月14日の北陸新幹線開業まで、あと1週間ほどになりました。郵便事業会社の信越支社、北陸支社から北陸新幹線関係のフレームj切手が多種発売されています。リリース発表が別々の日で全容がわからなくなりつつあるので、まとめてみました。

<北陸支社>
「北陸新幹線開業 富山」3月3日発売(1,000部)
Hokuriku_02
これだけ人気の題材で、わずか1000部ですか。売価は通常のオリジナルと同じ1230円です。

「北陸新幹線 金沢・富山-東京開業」3月13日発売(10,000部)
Hokuriku_03_3  
オリジナル台紙とのセットで、売価1800円とお高めです。

<信越支社>
「北陸新幹線開業」2月2日発売(2,050部)
Hokuriku_01
ポストカード1枚ついて、売価1500円と少しだけ高め。

WELCOME TO NAGANO 北陸新幹線 長野-金沢間開業記念」3月13日発売(1,050部)
Hokuriku_04
クリアファイルとのセットで、売価1800円と高めです。

信濃路の旅 北陸新幹線 長野-金沢間開業記念」3月13日発売(1,050部)
Hokuriku_05
クリアファイルとのセットで、売価1800円と高めです。

とりあえず、発表になっているのは5件です。北陸支社はJR西日本、信越支社はJR東日本の許諾となっています。題材も、北陸支社はW7系、信越支社はE7系車両ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2月26日は4件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

2月26日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

東広島・呉自動車道全線開通記念
販売日 2015年3月6日(~発表
販売部数 1,000部

販売地域 東広島市、竹原市、呉市、大崎上島町、熊野町、坂町、海田町、広島市安芸区内の全125局と瀬戸田局、御寺局、名荷局、瀬戸田中野局、本郷局、神田局、和木局、大草局、南方局、三原小泉局、高坂局、広島中央局、広島県庁内局の計138局 

シートはオリジナルです。


2月26日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

尾道松江線 東広島・呉道路 全線開通記念
販売日 2015年3月6日(~未発表
販売部数 2,700部

販売地域 福山市、府中市、尾道市、三原市、庄原市、三次市、神石高原町、世羅町、東広島市、竹原市、呉市、大崎上島町、熊野町、坂町、海田町、府中町、広島市安芸 区・東区・中区・南区・西区、愛媛県今治市、上島町内の全局と可部局、高陽局、安佐南局、安芸五日市局、廿日市局、大野局、大竹局の計494局

シートはオリジナルです。クリアファイル、パンフレットとのセットで、売価1350円です。


2月26日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

宇和島鉄道 予土線宇和島-近永間 開通100周年記念
販売日 2015年3月4日(~未発表
販売部数 1,300部

販売地域 宇和島市、北宇和郡、南宇和郡内の全51局と松山中央局、徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計55局

シートは大型です。


2月26日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

伊豆の国市制施行10周年記念
販売日 2015年4月3日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 韮山局、伊豆長岡局、伊豆長岡駅前局、大仁局、田京局の計5局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

い鉄を撮りながら出勤 

2015年2月25日(水)。今日は18時から大原で会議があるので、自家用車で出勤します。空はどんより曇り空です。これなら、シャッタースピードは出ませんが光線は気にせず撮影できます。

先週末、通勤では乗らない大多喜~上総中野間の車窓を見ていて、小谷松駅近くにちょうど花が咲いた梅の木があるのが目に入りました。あそこで撮ろうと思います。

木の根元に行こうとしたら、突然何かが動きました。なんと雄のキジがいたのです。これは済まないことをしました。
Isumi350_20150225_01
ちょっと電線が邪魔でしたね。花の色が映えるには、やっぱり青空がいいのでしょうけど。

Isumi_koyamatu20150225_02
驚いて飛び出していったキジ君、となりの田んぼを歩いていました。ゴメンね、驚かせて。

ほぼ定刻に始まった会議ですが、終了予定の20時では終わらず、結局20:40頃散会となりました。自宅に戻ったのは、21時を過ぎた頃でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2月25日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

2月25日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

動物園小海線全線開通80周年 これからも地域の皆さまと共に走ります。
販売日 2015年3月2日(~未発表
販売部数 1,050部

販売地域 佐久市、小諸市、立科町、御代田町、軽井沢町、小海町、佐久穂町、南牧村、南相木村、北相木村、川上村内の計44局 

シートはオリジナルです。売価は1450円です。3月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(24) 

2015年2月24日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

今朝は曇っています。「風そよぐひろば」から撮ってみました。
Isumi300_20150224_01
今朝の7Dは、302スニフでした。

いつものように、城見ヶ丘で降ります。
Isumi300_20150224_02
菜の花が咲き始めた線路を、大多喜へ向けて走り去ります。

その後、バイパスの跨線橋へと向かいました。
Isumi350_20150224_03
今朝の8Dは、351スナフキンでした。

帰宅は、最終の32Dになりました。
Isumi350_20150224_04
今日は352ムーミンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2月24日は2件3種のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

2月24日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

京都市動物園 ゾウの来園記念
販売日 2015年2月26日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 京都市内(旧京北町域を除く)の全218局と北浜東局の計219局

シートはオリジナルです。


2月24日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

よみがえる国宝 姫路城 平成の大修理 其之壱
よみがえる国宝 姫路城 平成の大修理 其之弐
販売日 2015年3月2日(~未発表
販売部数 各3,000部

販売地域 姫路市内の計93局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(23) 

2015年2月23日(月)。今朝は雨です。それでも車で行く理由はないので、いすみ鉄道で出勤します。

雨に濡れたレールの踏面を輝かせて7Dがやってきました。
Isumi350_20150223_01
今朝は351スナフキンです。

城見ヶ丘駅周辺の菜の花が、写真にしてもだいぶ黄色く写るようになりました。
Isumi350_20150223_02
まだ、バイパスの向こう側はほとんど咲いていないのですけどね。

ということで、バイパスの跨線橋へと歩いて行きます。
Isumi300_20150223_03
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

帰宅は30Dになりました。
Isumi350_20150223_04
今日は352ムーミンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2月23日は3件のリリースが出ていました。バリィさん以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

2月23日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

常長と川崎町
販売日 2015年3月2日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 名取市、岩沼市、角田市、白石市、川崎町、柴田町、大河原町、村田町、亘理町、山元町、七ヶ宿町、蔵王町内の計59局

シートはオリジナルです。


2月23日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

淡路花博2015 花みどりフェア
販売日 2015年3月2日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 淡路市、洲本市、南あわじ市内の計49局

シートはグラデーションです。 


2月23日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

いまばりバリィさんの5周年記念 オリジナルフレーム切手
販売日 2015年2月24日(~未発表
販売部数 4,000部

販売地域 愛媛県内の全317局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計320局

シートは額縁(52円)です。オリジナルクリアファイル、箔押しポストカードとのセットで売価1450円。2月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

年間パスでもうひと乗り 

勝浦から普通列車で大原に着いたのが13:37です。これなら、いすみ鉄道の急行3号に間に合います。年間パスもあることだし、もう少し列車に乗りましょう。
Isumi350_20150222_06
今朝乗った快速と同じ編成です。まだ沿線の菜の花はそれほど咲いていないのですが、添乗員さんの旗に誘導された団体さんが乗っていて、自由席車は満席です。後ろの「和菓子列車」も空席わずかでした。しかたないので、先頭部分に立っていきます。

団体さんの乗車は大多喜まででした。大多喜を過ぎると、車内に残ったのは3人ほど。もちろん、大多喜から乗ってくる人もいましたが、降りた人数に比べればわずかでした。
Isumi300_20150222_07
終点の上総中野に到着しました。この折返し急行4号に乗車します。今度は、途中の国吉で降りました。

国吉からは、行き違いになる67D上総中野行きに乗車します。
Isumi350_20150222_08
大多喜で、その普通列車を降りることにしました。

ここでは、上り66Dと行き違いです。
Isumi350_20150222_09
キハ編成が使えないので、今日はいすみ300・350形がフル稼働のようですね。今日のいすみ鉄道乗車は、この辺りで切り上げることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝浦から大原へ 

雨で見るべきところもあまりなく、予定より早く勝浦滞在を切り上げて、大多喜へ戻ることにしました。
Sotobo20150222_06
臨時特急でやってきた「彩いろどり」は、側線に移動して折返しまで待機していました。

勝浦13:21の千葉行き普通電車に乗っていきます。
Sotobo20150222_07
209系の8両編成です。最後部車両の空いていたボックス席に座っていきます。大原までの15分ほどで、昼食にしてしまいましょう。

まずは、楽働会安藤さんの巻き寿司です。
Sotobo20150222_08
着物の部分のパーツが細かいです。さすが、安藤さんの巻き寿司だなと感じました。酢飯にチーズは合うんですよね。おいしかったです。

それから由基屋の揚げ物も食べます。
Sotobo20150222_09
右側のちょっと色の濃いのが、担々鶏メンチです。食べてみると、ほどよいピリ辛で、かなりいけますね。今から二十数年前まで勝浦のアパートでひとり暮らししていました。そのときは、よく買いに行った由基屋さん。久しぶりに買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(2-4) 

勝浦市芸術文化交流センター「Küste」に入ります。入ってすぐのところに、享保ひな人形の展示がありました。
Big_hina_katu20150222_16
昨年まで、行川会場に展示されていたものですね。

会場内は一方通行になっています。2階に上がって、上から見ます。
Big_hina_katu20150222_17
見るだけならすぐですが、最下段ではこの雛飾をバックに写真を撮る人が列を作っています。

メインはホールの客席です。
Big_hina_katu20150222_18
客席に赤毛氈を敷いて、そこにこれでもかとひな人形が並べてあります。その規模には圧倒されます。ただ、最前列にしか近づけないので、長居をする人はあまりいないようです。そういう自分も、ざっと眺めて外へ出ました。

坂道を下って、街中へと入っていきます。先ほど通ったいすみ鉄道の出店前を通って、歩いて行きます。あいかわらず、外の展示はほとんどありません。

街中の玉川ストアが閉店して、そこに今年は勝浦市観光協会が入って展示をしていました。
Big_hina_katu20150222_19
スーパーの跡地を利用しているので、なんと奥行きのあることか。それを利用して、とても長いひな壇がつくってありました。

その向かいにあるのが、TAKEOKAさんです。毎年、手作り変わりびなを飾っているお店です。
Big_hina_katu20150222_20
今年はこんな人形が飾ってありました。これを見て、さらに由基屋で牛肉メンチと担々鶏メンチを買って、勝浦駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

かつうらビッグひな祭り(2-3) 

2015年2月22日(日)。今日のかつうらビッグひな祭りは、丘の上の勝浦市芸術文化交流センター「Küste」に行かないと、ほとんど展示を見ることができないようです。でも、この雨の中、丘の上まで歩く気がしません。たまたま駅前で何か調べていた人に声をかけると、やはりどうやって行こうかまよっていたところだとのこと。それじゃ、一緒にタクシーで行きましょうということになりました。

タクシーでワンメーター730円で運ばれました。しかも、雨に濡れないように、建物の前まで運んでくれました。一般車はシャットアウトでしたが、タクシーだとここまで入れてくれるのですね。

昨年は、海岸通りに停まっていたチーバくんロンドンバス、今年は
「Küste」の駐車場にいました。観光客はたくさんいるのですが、雨の中に停まるバスまで足を伸ばす人はほとんどいません。
Big_hina_katu20150222_11
こちらから見ると、菜の花色のチーバくんロンドンバスです。

Big_hina_katu20150222_12
反対側に回ると、チーバくんカラーのロンドンバスです。こちら側は、窓ガラスまでラッピングされています。

Big_hina_katu20150222_13
後部が2階への乗車口になっています。入ってみます。先客はアベック1組だけでした。今年は、本当にバスの見学者がいません。乗り物を見ると真っ先にやってくるはずの子どもがいないですものね。

Big_hina_katu20150222_14
2階は千葉県のPRコーナーです。映画ロケ地になった地図などが貼ってありました。

そして、1階は撮影用のコーナーです。「写真撮りますよ」とお兄さんが声をかけてくれます。本当に人がいないのです。
Big_hina_katu20150222_15
ということで、1枚シャッターを押していただきました。う~ん、チーバくん帽子、横向きにかぶった方がチーバくんらしく写ってよかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時特急「勝浦ビッグひな祭り号」 

かつうらビッグひな祭り開催中の土日、2月21・22・28日と3月1日の4日間、東京~勝浦間に全車グリーン車の特急が走ります。長野支社の「彩・いろどり」という車両を使った臨時特急です。

勝浦着が11:11なので、入場券を買ってホームに入ります。
Big_hina_jr20150222_01
2月22日、そうだ、今日はネコの日だったんだ。

到着番線を改札口で確認すると3番線とのこと。それではと2番線の先端で待ちました。
Big_hina_jr20150222_02
来ました。「彩・いろどり」による臨時特急「かつうらビッグひな祭り号」です。

反対側の先頭はこんな色です。
Big_hina_jr20150222_03
こちら側は、ヘッドサインがすでに消えているようです。

反対側の先頭へ行ってみます。
Big_hina_jr20150222_04
こちら側はヘッドサインが出ていました。駅舎の勝浦駅の文字を入れて撮影です。

Big_hina_jr20150222_05
尾灯にはなりましたが、カラーの液晶「ヘッドマーク」は浮いたままで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(2-2) 

さらに先に歩いて行きます。いすみ鉄道の出店している建物があります。
Big_hina_katu20150222_06
国吉駅から消えたボードが、やっぱりここに来ていました。

何か、ひなまつりの特別企画がないかと見て回ります。
Big_hina_katu20150222_07
ありました。い鉄もなかの「ダース」です。通常は3個入り、5個入り、10個入りです。12個入りは会場だけの販売だそうです。

Big_hina_katu20150222_08
国吉駅「里山弁当」でおなじみ、楽働会の安藤さんが作った巻き寿司です。他のお店でも飾り巻き寿司を売っていましたが、安藤さんのはパーツの細かさが違います。1パック400円だそうで、これを買いました。

さて、10時半を回って、そろそろ臨時特急「勝浦ビッグひな祭り号」の到着時刻が気になりだしました。勝浦駅へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(2-1) 

2015年2月22日(日)。昨日とは一変して、雨になりました。勝浦駅の改札には、雨のため遠見岬神社の石段への雛飾りは中止になった旨の掲示がありました。そんな雨の勝浦の街を歩きます。
Big_hina_katu20150222_01
墨名の交差点にある雛飾りは、雨でビニールをかぶったままです。

Big_hina_katu20150222_02
遠見岬神社の石段も、今日はひな人形の飾りは無しです。ある意味、何もない石段をじっくり見るには初めてかもしれません。

屋外展示は、中止かあってもビニールをかぶっていてほとんど見えません。
Big_hina_katu20150222_03
そんな中、勝浦区三町祭屋台保存館の公開がありました。期間中の土日のみ公開しているそうです。

Big_hina_katu20150222_04
立派な彫り物です。これは仲本町の屋台です。この奧に、上本町、下本町の2台の屋台があり、合計3台が保存されていました。

Big_hina_katu20150222_05
この保存館ができるまでは、毎年祭の前に組み立てて、祭が終わるとバラして仕舞っていたそうです。交差点で向きを変えるときは、屋台の下の中心にある丸い柱に、転車台のように当て木をあてて回転させるのだということも、教えていただきました。お祭りの時に見るだけでは知らないことがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道に乗ってビッグひな祭りへ 

2015年2月22日(日)。いつものように7時半に職場の鍵開けをします。これで任務は完了です。

大多喜8:29の100D快速大原行きに乗って、勝浦を目指すことにします。
Isumi300_20150222_01
天気は、昨日とは打って変わって雨です。長傘を持っていきます。

Isumi350_20150222_02
今日の行先表示器は駅名の大原表示です。

大原に到着しました。
Isumi350_20150222_03
2番線に停まる大多喜行きは351でした。いすみ350形が2両並びました。

大原から外房線に乗り換えます。
Sotobo20150222_04
大原9:35の安房鴨川行きに乗って勝浦へ向かいます。

勝浦駅の階段がすごいことになっていました。
Sotobo20150222_05
階段に遠見岬神社の石段写真が貼り付けてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(1-5) 

19時からお二人の演奏が始まりました。
Big_hina_ueno20150221_21
初めて演奏を聴きました。トークも楽しかったですし、オリジナル曲が多いのですね。それぞれのソロ演奏もあり、寒い空の下、力強い演奏が響きました。

演奏が終わって、ぼちぼち帰ることにします。
Big_hina_ueno20150221_22
境内には、墓石のライトアップもありました。あまりライトアップする素材ではないような気はしますが、寺院らしくていいかもしれません。

Big_hina_ueno20150221_23
帰りがけに山門から境内を撮ります。演奏に使われた大太鼓が、満月のように輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(1-4) 

茂原から自家用車で、松野の長勝寺に着きました。ここは、今日の12:00~20:00と明日の9:00~20:00の2日間だけ、回廊の雛飾とライトアップが開催される、かつうらビッグひな祭りの会場です。毎年、ライトアップが楽しみで来ています。昨年は、降雪の直後だったので、ミニかまくらの中にひな人形が飾ってあったりして、その演出にびっくりしたものです。

Big_hina_ueno20150221_16
竹の灯籠が効果的に使われているのは毎年の光景です。やっぱりきれいですよね。

Big_hina_ueno20150221_17
今年は、山門を入ってすぐにある竹のアーチが目新しいです。通路の両側には、あの竹灯籠が置かれています。

Big_hina_ueno20150221_18
2年ぶりに勝浦タンタンメン船団の出店です。

Big_hina_ueno20150221_19
寒いときは、この辛い勝タンに限ります。1杯400円でした。

Big_hina_ueno20150221_20
今年も本堂内の展示はありません。でも、大きな太鼓が置いてあったり、下の方にはマイクがセットされていたり、舞台のようになっています。何かあるのでしょうか。その後、放送が入り、津軽三味線と和太鼓の競演があるとのことでした。(津軽三味線:星野通映さん、和太鼓:小玉尚弘さん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

千葉で会議 

2015年2月21日(土)。今日は13時から千葉で会議です。総野会場から自家用車を走らせて、いったん長者町にあるかかりつけの内科に向かいます。あと10日ほどで心臓の薬が切れるので処方箋を書いてもらうためです。来週末は出かける予定がありますから。でも、その前に国吉駅に寄っていきました。ホームで駅弁を売っていた掛須団長と団長と少し話をしてから、大原方を見ると工事が進行していました。
Isumi_kuniyosi20150221_01
いつも朝晩しか国吉駅に寄らないので、工事をしているところを目にするのは初めてです。

Isumi_kuniyosi20150221_02
あの緩いカーブの上にレールが敷かれて、このキハ30で体験運転ができるようになるのですね。10分弱の滞在で、内科へと向かいました。

診療が終わり薬局に寄りがてら、茂原駅近くのイオンの駐車場に停めます。イオンとはいっても、駐車場はタイムズがやっているので、買い物をしなくても使用できます。茂原11:48の京葉快速に乗って蘇我へ。駅構内のラーメン屋さんで昼食にして千葉へと向かいました。

会議終了予定が16:30だったので、終わってすぐ千葉へ行けば、彩を使った臨時特急「かつうらひな祭り号」が撮れるかなと思ってカメラも持って行ったのです。ところが、会議が延びて終わったのが16:45です。これでは、もう見ることはかないません。普通電車で茂原まで戻ってきました。

イオンで買い物をしたので、無料時間が拡大しました。精算機に通すと、料金は200円でした。今日はこれから、松野長勝寺のライトアップへ行こうと思います。これも、かつうらビッグひな祭りの1会場ですが、21日と22日の2日間しか展示されない会場なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(1-3) 

つづいて総野会場へと向かいました。
Big_hina_ueno20150221_11
会場は総野集会所です。

Big_hina_ueno20150221_12
ここは、竹を上手く利用した造作があり、立体感を感じる展示になっています。

別室はごく普通の展示ですが、古いものが多くあります。
Big_hina_ueno20150221_13
毎年展示されている、大正4年のおひな様です。

ここでは振る舞いがありました。
Big_hina_ueno20150221_14
昨年までのように、茶碗によそってはダメになったそうです。調理場でパックして封をしたものを、そのままお客さんに出すだけというやり方で、なんとか保健所のOKをもらったそうです。

Big_hina_ueno20150221_15
こちらの絵はがきはこんな図案でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(1-2) 

もちろん、上野会場へも行きました。
Big_hina_ueno20150221_06
上野集会所が上野会場です。神社は植野の字を使いますが、こちらは上野の字を使うのです。

Big_hina_ueno20150221_07
玄関のところで、竹飾のひな人形が出迎えてくれます。

Big_hina_ueno20150221_08
この会場は、本当に人が着る衣装の展示があって、他の会場とは違った雰囲気だったのですが、今年は衣装の展示はなく、ひな人形の展示になっていました。段飾りばかりでなく、御殿飾りが多いのも特徴です。

Big_hina_ueno20150221_09
けっこう古い人形も展示されていました。

昨年までは、甘酒、おそば、漬け物の振る舞いが土日にあったのですが、今年は保健所の指導があり、甘酒だけになったそうです。それも11時からとのことでした。女衆が振る舞いで頑張っているから、男衆は神社の雛飾をやるんだと、昨年神社のところでおじいさんが言っていました。

そうそう、今年から地域会場を巡る循環バスの運転も取りやめです。会場も大きく変わり、行川会場、市立図書館会場がなくなりました。新官の妙海寺も今年は展示会場から外れました。各会場を回って、募金箱に寄付をして絵はがきをもらうのが楽しみだったのですが、今年から行川や図書館の葉書が消えました。

Big_hina_ueno20150221_10
上野会場のはがきはこれです。たしか、昨年のと同じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつうらビッグひな祭り(1-1) 

2015年2月21日(土)。昨日2月20日から3月3日まで、かつうらビッグひな祭りが開催されています。今朝は、職場の鍵開け任務完了の後、8:45頃職場を出発して、地域会場のうちの2つ、上野会場と総野会場へ行きました。

まずは植野香取神宮の石段飾りです。これは、期間中4回ある土日(雨天中止)のみの展示です。
Big_hina_ueno20150221_01
遠見岬神社より、規模はかなり小さいですが、ひと目で全体を見渡せます。また、脇の部分を登って、階段の上まで行くことができます。

Big_hina_ueno20150221_02
初めて上まで来ました。神社の本殿がありました。思ったよりも大きな神社です。

Big_hina_ueno20150221_03
石段の上から雛飾を見てみました。

Big_hina_ueno20150221_04
この座布団に座って、雛飾のひとつになった自分を記念撮影できます。さすがにひとりではやりませんでしたけど。やっぱり2人でいかないと、雛飾には見えないですものね。

Big_hina_ueno20150221_05
神社の由来が書かれたプリントと、手作りの落花生ひな人形が自由に持ち帰れるようになっていました。ありがたく、1つずついただいてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤 

2015年2月20日(金)。いすみ鉄道通勤に使っている回数券。朝は城見ヶ丘で降りるので国吉~城見ヶ丘の260円区間。帰りは大滝から乗るので大多喜~新田野の330円区間の2種類を買っています。朝用の260円区間が昨日でなくなってしまいました。買いに行く時間がなかったのです。今朝は現金払いにしようかなとも思ったのですが、昼休みに買い物に出かける用事があるので、自家用車出勤にしました。

行きがけに、森宮踏切付近で8Dを撮影します。
Isumi300_20150220_01
今朝はとっても青い空でした。そこで、空をたくさんしれて撮りました。

昼休みに、郵便局と銀行へ行く用事があり、そのついでに大多喜駅に寄って回数券を買って来ました。これで、また来週からい鉄出勤ができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2月20日は2件のリリースが出ていました。北陸新幹線は郵便局のネットショップ扱いがありません。

2月20日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

富山で休もう。
販売日 2015年3月2日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域  (3/2~3/8)KITTE内「とやま Week in 東京 2015」会場、(3/9~)富山県内(富山西局を除く)の計212局

シートは大型です。3月15日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


2月20日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

北陸新幹線開業 富山
販売日 2015年3月3日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  富山県内(富山西局を除く)の計212局

シートはオリジナルです。ストラップとのセットで売価1980円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »