« 伊豆ツアー1泊2日(17)  | トップページ | 伊豆ツアー1泊2日(19)  »

2015年3月27日 (金)

伊豆ツアー1泊2日(18) 

堂ヶ島に来たのは、ここの観光船に乗ってみたかったからです。2010年9月のバス旅で来たときは、波が高く欠航でした。なんといっても、船が洞窟に入り、その奧で天井が崩落している「天窓」があるといのが、他の観光船とはまったく違います。遊歩道で、その「天窓」から海面を見て、あの海面から一度は上を眺めてみたいという気持ちが忘れられなかったのです。

それから、陸地と島がつながるトンボロ現象が見られるところがあります。堂ヶ島では、干潮時、潮位が50cm以下で見られるそうです。今日の干潮は13時半頃で、潮位は35cmと、トンボロ現象を見るには絶好のタイミングです。もし、観光船が欠航でもこちらはみることができるでしょうから。

願いが通じたのか、今日は観光船は動いていました。
Izu20150309_36
1200円の乗船券を買ってのりばへ向かいます。

Izu20150309_37
干潮が近いので、かなり海面が下がっているのが、岩肌に付いた潮の跡でわかります。

後部の展望デッキに乗ります。ここに乗る人は、救命胴衣をつけるようにとの指示がありました。オレンジ色の救命胴衣をつけて乗っていきます。
Izu20150309_38
海の上を歩いて行く人が見えます。あそこがトンボロ現象が起こっているところでしょうか。

Izu20150309_39
潮位が下がっているので、洞門がよく見えます。何カ所も洞門がありました。

Izu20150309_40
これは、亀が這い上がっているように見える岩だそうです。たしかに、そう見えますね。

|

« 伊豆ツアー1泊2日(17)  | トップページ | 伊豆ツアー1泊2日(19)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/61343878

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ツアー1泊2日(18)  :

« 伊豆ツアー1泊2日(17)  | トップページ | 伊豆ツアー1泊2日(19)  »