« 休日おでかけパスとぶらり川越号(6)  | トップページ | 休日おでかけパスとぶらり川越号(8)  »

2015年2月13日 (金)

休日おでかけパスとぶらり川越号(7) 

小川町駅は東武鉄道東上線との共同駅。改札口は東部側にしかない構造でした。自動改札に「休日おでかけパス」を入れると、ピンポンと鳴って扉が閉まってしまいました。有人改札に行くと「そのきっぷはここで見えて通ってください」とのこと。

無事、改札を抜けると、駅前のバス停に停まっている小川パークヒル行きの路線バスに乗ります。
Kyujitupass20150201_31
川越観光自動車という会社がやっているバスです。小川町駅11:00のバスに乗ります。これに乗って、5分ほどで伝統工芸館前バス停に着きます。運賃は190円ですがIC乗車券で少し安くなりました。

ここは道の駅と伝統工芸館という施設が建っています。
Kyujitupass20150201_33

この小川町は、和紙の生産で有名なところなのです。
Kyujitupass20150201_32
道の駅の前にあるモニュメントも、和紙製のようです。その後、伝統工芸館にも入ってみます。入館料がかかりましたが、和紙づくりについてけっこう勉強になりました。

1時間弱の滞在で、伝統工芸館バス停12:07のバスに乗って戻ります。今度は、本町バス停で降りて、市街地にあるうどん屋さんへ行きます。
Kyujitupass20150201_34
武州めん本店というお店です。そばもやっていますが、「本格手打ちうどん・蕎麦処」と名乗っていますから、やっぱり蕎麦よりうどんがメインなのでしょう。天ざるうどんをお願いしました。こしのあるうどんでおいしかったです。食べ終わると、小川町駅まで歩きます。8分ほどで駅に着きました。途中に地場の野菜で料理をつくるレストランがありました。今度来るときがあれば入ってみたいなと思うお店でした。

|

« 休日おでかけパスとぶらり川越号(6)  | トップページ | 休日おでかけパスとぶらり川越号(8)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/61131474

この記事へのトラックバック一覧です: 休日おでかけパスとぶらり川越号(7) :

« 休日おでかけパスとぶらり川越号(6)  | トップページ | 休日おでかけパスとぶらり川越号(8)  »