« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-12) 

「はくたか21号」を、今朝バッグをコインロッカーに預けた高岡駅まで乗ります。
Otonapass20150125_56
降りるとき見てみると、増結した6両も北越急行の車両でした。

改札前には、「はくたか」と「北越」への感謝ポスターがありました。
Otonapass20150125_57
「サンダーバード」と「しらさぎ」は、新幹線が開業しても金沢まで走るのでしょう。完全に在来線から消えるのは「はくたか」と「北越」です。

Otonapass20150125_58
その後ろ側では、富山県のキャラクターきときと君が、新幹線開業を待ち望んでいました。

今朝買った万葉線の1日乗車券がまだ使えるので、コインロッカーから荷物を出す前に、終点の越ノ潟まで
、往復してこようと思います。
Otonapass20150125_59
新しくなった駅前の線路を、アイトラムがやってきます。

Otonapass20150125_60
今朝とは違い、3番線への線路に入っていきます。ビルの天井から下がる鋼体架線が、何とも路面電車らしくない立派な設備です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-11) 

大人の休日倶楽部パス(東日本・北陸)は、七尾線の和倉温泉駅まで使用可能です。
Otonapass20150125_51
七尾駅から、再びそのパスを使った旅に戻ります。

七尾~和倉温泉間の普通列車は、すべてのと鉄道の車両での運行です。
Otonapass20150125_52
だから、あののと鉄道車両にも、隣の和倉温泉までなら乗車することができます。今日は時間がないので乗りませんけど。

3番線には普通列車が停まっていました。
Otonapass20150125_53
「わくたまくん」という和倉温泉のキャラクターがラッピングされていました。つい、撮りに行ってしまいました。

Otonapass20150125_54
これから乗るのは15:21の「はくたか21号」越後湯沢行きです。北陸新幹線が開業すると、七尾線からJR東日本へ直通する特急はなくなります。金沢駅で進行方向を変えて運転する列車自体なくなります。

Otonapass20150125_55
七尾線内は3両編成です。先頭の7号車のみが自由席です。金沢からは6両増結されて9両編成になって越後湯沢を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-10) 

ひみ浜での食事が終わったのが13:50頃でした。この時間、列車はないので、バスに乗って行く予定を立ててあります。
Otonapass20150125_46
商店街のモニュメントなどを眺めながら、氷見駅へと歩いて行きます。ハットリ君人形が動くカラクリ橋で14時にカラクリは動くのかなと期待したのですが、3月までの降雪期はカラクリ作動停止中との張り紙がありました。

氷見駅の前には、こんな顔出しがありました。
Otonapass20150125_47
手作り感たっぷりなんですけど、藤子スタジオ公認のものなんですね。駅舎内の観光協会に、確かスタンプがあったはずと入ります。これから乗るバスのチラシがあったので、1枚もらいます。「このバス、あそこの屋根の下でよかったんですよね」「えっ、違います。番屋街です」「でも、さっき、ひみ番屋街バス停ってどこですかって聞いたら、あの屋根の下って教えてくれましたよ」「それは、ひみ番屋街へ行くバスが、あの屋根の下からでるということです」。こんなやりとりを観光協会のお姉さんとしました。実は、ひみ浜へ食事に行く前に、この1月10日から運行を開始した「わくライナー」というバスのひみ番屋街バス停の位置を、観光協会の人に確認したのです。そのときに、上手くこちらの意図が伝わらなかったのです。

さあ、困りました。ひみ番屋街はひみ浜から駅とは反対の方向に歩かなければいけないところです。あと4分しかありません。駅前のタクシーのりばに向かいます。チラシを見せて、このバスのひみ番屋街バス停に行きたいのだけれども、時間がないのですがと相談すると、間に合うでしょうと車を出してくれました。

タクシーがひみ番屋街のバスのりばに着いたのは14:18でした。発車時刻は過ぎていますが、バス停は一番奥で、入口からの道でバスとはすれ違っていません。運転士さんもタクシーを停めたままにして「聞いてきてごらん」と言ってくれます。駐車車両を誘導している方に「和倉温泉行きのバス、もう行ってしまいました」とたずねると「まだ、来てないですよ」とのこと。運転士さんにOKサインを出して、帰ってもらいました。氷見から七尾駅までのバス代が800円なのですが、氷見駅からひみ番屋街までのタクシー代は1040円かかりました。運転士さんが急いでるんだから1000円でいいよって、40円おまけしてくれましたけど。ありがとう。

Otonapass20150125_48
1月10日から3月8日までの土日祝日運行の高速バス「わくライナー」です。高岡駅、ひみ番屋街、七尾駅前、和倉温泉観光会館に停車します。七尾駅前~和倉温泉観光会館間のみの利用はできません。1日4往復走っています。3月14日の新幹線開業からは、新高岡駅にも停車し、毎日運転になるそうです。

氷見北インターから灘浦インターまでは、能越自動車道を走ります。その先、七尾大泊インターまでは、まだ自動車道が未完成なので海岸沿いの国道を走ります。
Otonapass20150125_49
そんな海沿いの国道に、富山・石川県境がありました。富山県から石川県に入ります。

到着予定の15:08より若干早く、七尾駅前に到着しました。
Otonapass20150125_50
走り始めて3週間目。まだ知名度がないから空いているのではと思ったのですが、その通りでした。ひみ番屋街までは乗客ゼロ。ひみから乗ったのも自分だけ。結局この便は、区間乗車の乗客1名だけです。不振で廃止にならなければいいのですけど。ひみ番屋街と七尾駅前を50分あまりで結んでくれるので、観光の足として十分プランニングに使用できる路線だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-9) 

さて、氷見では昼食をとることにします。2009年7月のバス旅のときに寄った、ばんや料理「ひみ浜」というお店を目指します。あのときは夏だったので岩ガキを食べました。おいしかったです。今は冬、目指すは氷見の寒ブリです。お店のウェブサイトを見ると、10キロ以上の寒ブリのみ提供で、けっして安くはないけれども地元のいいものを提供するとあります。今回の旅は、この昼食だけは予算をいつもの10倍用意してあります。

お店に着きました。行列はできてはいません。
Otonapass20150125_41
ドアを開けて中に入ると、たくさんの人が待っていました。ノートに名前と人数を書くと、お店の人がやってきて「お客さんで食材がなくなりました。ここで終わりです」といいます。「えっ、もうダメですか」ときくと「お客さんまで大丈夫です」とのこと。

12時ちょっと過ぎに入って、テーブルに案内されたのが13:10頃。結局1時間以上待ちました。それだけ人気店なんです。まあ、テーブル6卓だけ。予約すると2階の座敷も使えるようですけど。
Otonapass20150125_42
寒ブリ御膳です。あと、汁物がつきます。

Otonapass20150125_43
身の光り方が違います。一切れ食べると、すごい、本当にとろけるうまさって、これなんですね。

Otonapass20150125_44
別に頼んでおいた、寒ブリの塩焼きもでてきました。塩をかけて外はカリッと、中はジューシーなまま。醤油はかけずに温かいうちにどうぞとのこと。塩の付いた部分は、香ばしくなっているのに、中がホントにジューシーなんです。絶妙ですね。刺身はひと切れ食べてしまいましたけど。

Otonapass20150125_45
汁物もきました。こちらも熱いうちにどうぞとのこと。刺身はひと切れ食べてしまいましたが、これが今回頼んだ全容です。しめて税込み5300円でした。この食材とこの味、自分では食べてみて妥当な値段だと思いました。だって、本当においしかったんですもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-8) 

11:05に高岡に到着です。10分の接続で、今度は氷見線に乗ります。1番線へ行ってみると、なんと先ほど撮影したハットリ君車両の単行です。車内は満席、立っている人も何人もいます。これは、あわてて乗ってもどうしようもありません。いったん2番線へ回って、車両の撮影をしました。
Otonapass20150125_36
先ほどとは反対側から撮った写真です。

車内の乗客は、観光客が大半です。みんな手に氷見のパンフレットを持っています。座れないなら、海の見える側を向いて立っていきます。発車してもう1つ驚いたのは、案内が忍者ハットリ君の声優さんだったということです。ちゃんとニンニン口調で、沿線案内や藤子不二雄先生との関係を話していました。
Otonapass20150125_37
富山新港に架かる新しい吊り橋が見えました。この下を走る県営渡船は、まだ運航されています。

列車は雨晴の海岸に出ました。
Otonapass20150125_38
残念ながら曇っていて、雪景色の立山連峰を見ることはできませんでした。

Otonapass20150125_39
どれが弁慶岩なのだかよくわからないのですが、海岸の景色を眺めることはできました。

終点の氷見に到着です。
Otonapass20150125_40
ホーム先端の車止めが終着駅の証です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-7) 

城端駅は観光協会への委託駅です。ひと言断って、終着駅の風景を撮らせてもらいました。
Otonapass20150125_31
この時期は、車止めよりもずっと手前に、雪の車止めができていました。

Otonapass20150125_32
駅前には白川郷方面へのバス停があります。かつては普通の路線バスでしたが、今は一部高速道路を走るバスになっていました。

折返しの高岡行きの発車まで1時間以上あります。城端の町を見学に行きます。
Otonapass20150125_33
城端別院善徳寺の前を通って、曳山会館・蔵回廊へ行きました。入館料520円を払って、城端の曳山祭の山車などを見学しました。

行きとは違う道を通って城端駅へ戻りました。
Otonapass20150125_34
城端10:15の高岡行きに乗っていきます。

Otonapass20150125_35
城端と高岡にはそれほど雪はないのですが、途中はこんな雪景色が広がっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-6) 

高岡を出て3つ目の戸出駅で高校生たちが下車していきます。たちまち、車内は空席があちこちにできました。ここから、ゆったりとボックス席に座っていくことができました。

途中の福野で上り列車と交換で5分停車すると放送が入ります。それだけ時間があるならと、ホームに出て写真を撮ります。
Otonapass20150125_26
後ろの1両はJOHANA HIMI LINE と城端線・氷見線のラッピング車両になっていました。

Otonapass20150125_27
サイドもけっこう大きなラッピングがされています。

Otonapass20150125_28
車内にもあちこちにキャラクターが貼られていました。それにしても今どき「停車中使用禁止」というトイレがあるとは思ってもいませんでした。別に、垂れ流し式ではないようですけど。

Otonapass20150125_29
まもなく城端に到着です。高岡ではほとんど雪はなかったのですが、ここまで来ると線路上にも雪があります。

Otonapass20150125_30
ホームには、なつかしい大型琺瑯駅名標が下がっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-5) 

万葉線の本社もここにあるようです。
Otonapass20150125_21
車庫の敷地内ですが、あの建物だけは一般の人も入っていいようです。すでに1日乗車券を持っているのでいきませんでしたけど。

米島口7:16の高岡駅でいったん朝の万葉線乗車は終わりです。
Otonapass20150125_22
真っ赤なアイトラムがやってきました。これに乗っていきます。

Otonapass20150125_23
途中で、先ほど行き違ったネコ電車(アニマル電車)ともすれ違いました。そういえば、車庫の奥に先代のネコ電車も停まっていましたね。あちらはもう廃車になっているようですが。

Otonapass20150125_24
高岡駅に到着です。1番線側に降ります。2番線側に乗車する人が待っていました。でも、これは朝だけなんだそうです。朝の時間が終わると、乗降とも3番線を使って折返しをするのだそうです。

次に乗車する城端線まで20分ほどです。日曜日だから大丈夫だと思うものの、座って行きたいからと食事は駅ビル2階のパン屋さんで買って車内に持ち込むことにしました。ところが、1番線に行ってみると、車内は高校生でほぼ満員です。日曜日なのにこんなに高校生が乗っているとは。
Otonapass20150125_25
どうせ座れないならと、側線に停まっている車両を撮ります。氷見線用?の忍者ハットリくん列車が停まっていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-4) 

車庫に入る手前で、ドラえもんトラムがいったん停車しました。
Otonapass20150125_16
ここなら、公道上から撮ることができます。

そのほかにも、敷地に立ち入らなくても公道上からいろいろと撮れました。
Otonapass20150125_17
これが路面区間の除雪をする作業車のようです。万葉線株式会社の文字が入っています。

Otonapass20150125_18
これが鉄道専用区間の除雪をする車両のようです。かなり新しめです。

Otonapass20150125_19
これが富山地方鉄道時代の車両を利用した除雪車です。よく鉄道雑誌に載っているのを見ましたが、今はもう走っていないのでしょう。

Otonapass20150125_20
在来車とアイトラム、それに入庫したドラえもんトラムです。アイトラムとドラえもんトラム、色が違うだけで印象が全く違いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-3) 

車庫のある米島口が近づきました。前を見ると、電停にコカコーラ電車が停まっています。
Otonapass20150125_11
どうやら、調子が悪いのは架線ではなくドラえもんトラムそのもののようです。ここで車両交換になるのでしょう。ドアが開くと、コカコーラ電車の運転士さんがやってきて「前の車両にのりかえてください」といいます。「ここで降りますから」と答えると、そのまま車内へと入っていきました。

Otonapass20150125_12
乗ってきたドラえもんトラムは車庫入りするのでしょう。すぐにバックしていきました。

Otonapass20150125_13
自分が降りてしまったので、無人のままコカコーラ電車は越ノ潟へと走って行きました。

Otonapass20150125_14
高岡方の渡り線で転線したドラえもんトラムは、再び前へ進んできました。車庫への連絡線に入るようです。

Otonapass20150125_15
車庫への連絡線を行くドラえもんトラムです。今日はこのまま運休になってしまうのか、それとも直ってたら途中から予定のダイヤに復帰するのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-2) 

高岡駅を発車するとしばらくは単線です。道路の中央に1本の線路が敷かれていて、その上をゆっくりと走って行きます。
Otonapass20150125_06
貫通路の所には、ドラえもん実物大のシルエットが描かれていました。

Otonapass20150125_07
ドアは内側から見ても、どこでもドアピンクです。

停留所など何カ所かが複線になっていて、そこで行き違うようになっています。
Otonapass20150125_08
最初に行き違ったのはネコ電車(アニマル電車)でした。真っ赤な連接車アイトラムが普通で、よっぽどのことがないと在来車は出てこないと勘違いしていました。在来車も、普通に走っていました。

ところで、ドラえもんトラムの調子が悪いようです。すぐに電気が落ちてしまいます。架線に氷が着いていて集電できないのか、それとも故障なのか。室内灯が消えて、モーター音がたびたびしなくなります。モーターが回っては惰行、また回っては惰行の繰り返しです。

複線になった末広町で、運転士さんが1日乗車券を用意してくれました。
Otonapass20150125_09
ドラえもんトラム形のきっぷです。1枚800円で1日乗り放題です。とりあえず朝は車庫のある米島口まで行きます。

Otonapass20150125_10
座席周りも楽しいです。いろいろなドラえもんアイテムが描かれています。外もだんだんと明るくなってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

大人の休日倶楽部パスの旅(3-1) 

2015年1月25日(日)。「大人の休日倶楽部会員パス」の旅、3日目です。今日は、パスを使う前に万葉線に乗ってきます。万葉線には現在「ドラえもんトラム」という装飾電車が1編成走っていて、これの運用が万葉線のウェブサイトに掲載されています。今日は、高岡駅6:45の便に充当されるとのことで、これに間に合うようにホテルをチェックアウトしました。まずは、万葉線のりば前のコインロッカーにバッグを収めて、折返し電車の到着予定の6:39を待ちます。

Otonapass20150125_01
どうやら2番のりばにやってくるようです。この新しい高岡駅へ来るのは初めてです。路面電車の鋼体架線というのも珍しいと思います。

6:39の到着予定でしたが、そこは路面電車ですから、時間通りに走れないこともあるのでしょう。少し遅れて到着しました。
Otonapass20150125_02
本当にドラえもんブルーの電車です。

Otonapass20150125_03
窓にもドラえもんのキャラクターたちが白ラインで描かれています。

Otonapass20150125_04
運転席にもドラえもんが乗っています。ドアがピンクなのは、どこでもドアなんでしょうね。

発車時刻になり、ドアが開いたので乗り込みます。
Otonapass20150125_05
1日乗車券をお願いすると、降車場所を確認してから「発車時刻なので、後ほどご用意します」と言って、すぐに発車しました。運転席直後にもドラえもんが乗っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-10) 

新潟駅のホームで写真を撮っていると、17:04の快速「くびき野4号」が回送でやってきました。
Otonapass20150124_46
旧国鉄塗色じゃないですか。つい、乗っていきたくなりましたが、予定通り新幹線に乗ることにします。これに乗っていって、直江津で乗り換えても大丈夫なんですが。

新潟「MAXとき340号」に乗車します。
Otonapass20150124_47
E4系MAXだって、廃止が決定していてもう何年も乗れないのですから。8両編成なのに1~4号車が自由席という内容でした。つまり、2階席の普通車は5・6号車しかないのです。それでも越後湯沢まではガラガラでした。越後湯沢で降りると、ホームは人で埋まっています。たちまち満席になって、越後湯沢を発車していきました。

こちらは、18:39の「はくたか22号」に乗り換えます。ここも30分以上の接続を撮っておきました。たぶん最後になる「はくたか」乗車です。写真を撮っておきたいですからね。
Otonapass20150124_48
在来線通路に、こんな手作り感いっぱいのありがとうカウントダウンボードがありました。廃止まで今日であと48日です。

Otonapass20150124_49
指定席は、いちばん後ろの9号車でした。この車両クハ681-9、681系のかなり初期の車両でした。越後湯沢で、JR西日本の車両が見られるのも、あと48日なのですね。

車内で、新潟駅で買ってきた駅弁で夕食にします。
Otonapass20150124_50
新発田三新軒の「まさかいくらなんでも寿司」という長い名前の駅弁です。三新軒って、新潟、新津、新発田と3社あるけど、たしか新発田はすでに駅売りをしていないはず。でも、新潟で買えたのですね。鱒と鮭と蟹といくらの押し寿司だそうです。

富山県に入ると、窓ガラスに雨が斜めに走ります。まさか雨になるとは思っていませんでした。定刻20:59に高岡駅に到着しました。新しくなった高岡駅に降りるのは初めてです。実は、新しい駅になって万葉線が少し伸びました。だから、これに乗っておかないと日本の鉄道完乗タイトルが一時返上状態のままなのです。ホテルは本当に駅前なので、ほとんど濡れずにチェックインすることができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-9) 

新庄からは、13:18の陸羽西線余目行きに乗車します。
Otonapass20150124_41
陸羽西線の列車はほとんど酒田まで直通するのですが、この列車は余目止まりで、余目で上下の普通列車に接続するダイヤになっています。途中で最上川が見える、進行方向右側に座りました。

Otonapass20150124_42
古口を過ぎると、車窓に最上川が見えてきました。

Otonapass20150124_43
レストハウスの婿に見える白糸の滝です。冬でも凍らないのですね。

途中に徐行25キロ制限などがあったからでしょうか、余目到着が4分遅れました。これは困りました。実は、この後新潟に出るのです。少しでも長く特急に乗っていたいので、普通列車で酒田まで行って折り返し特急にのるつもりだったのです。定刻で、余目2分、酒田5分が接続時間です。余目からの普通列車が5分以上遅れたら乗るのを止めて余目で待つことにします。とりあえず乗り継いだものの、時計とにらめっこ。発車しないようなら降りようと荷物を持ってスタンバイしていると、定刻4分遅れで発車しました。ギリギリです。もう運に任せるしかありません。キハ110+キハE120の2連ですが写真を撮る時間もありませんでした。

酒田には14:24の到着です。乗車予定の「いなほ10号」は14:26です。秋田始発ということもあり、まだ入線していません。どうやら間に合ったようです。

この列車は、特急券を別途購入してグリーン車にしました。このグリーン車は、久しぶりにお金を払って乗ってみたいと思う車両でしたから。
Otonapass20150124_44
常磐線で「フレッシュひたち」に使っていたE653系の普通車を改造したもの。普通車の座席2列分に1列座席を配置したゆったり座席。前後にはパテ-ションを置いて、ちょっとしたプライベート感覚もあります。在来線では久々の横3列シートです。1人掛けのC席をとって、座席を倒して新潟までの区間はうつらうつらしていきました。途中の田んぼでは、白鳥がいるのを何カ所も見かけました。

こちらは定刻に新潟に着きました。
Otonapass20150124_45
すぐに接続する上越新幹線に乗れば、1時間早く今日の宿泊地高岡に着くのですが、あわてずに行く予定をたてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-8) 

定刻12:16に新庄に到着します。降りるときデッキでアテンダントさんから木製のとれいゆストラップをプレゼントされました。これは、終点新庄まで乗った人だけの特典なのかもしれません。

この時間は、奥羽本線秋田方面、陸羽東線と連絡があり、乗り継ぐ陸羽西線の1時間待ちが最長なのです。でも、接続列車が多いからか、強制的に「改札口を出るように」との放送もなかったので、ホームで写真を撮って待つことにします。この時間は、意外とたくさんの列車がやってきますから。

Otonapass20150124_36
まずは、ホームの柱と乗ってきた「とれいゆつばさ1号」です。

12:28には、陸羽東線の「リゾートみのり」がやってきます。
Otonapass20150124_37
今日は2両編成のようです。というか、自分が見かけるときはいつも2両で3両のフル編成を見たことがありません。

Otonapass20150124_38
「とれいゆ」と「みのり」です。片方が日陰、片方が雪の順光では、きれいに撮れる技を持ち合わせていませんでした。

12:35には「つばさ131号」がやってきます。
Otonapass20150124_39
新色つばさと「とれいゆ」の並びです。このあと「とれいゆ」は大石田まで回送されます。

「とれいゆ」の出た後に、13:18の「つばさ144号」が入線してきました。
Otonapass20150124_40
1時間ほどの待ち時間に、E3系だけでも3色に出会えました。もちろん、このほか在来線の普通列車も撮れました。そうしているうちに、乗車する陸羽西線の余目行き227Dになる折り返し列車が入線してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-7) 

山形駅で撮影をして、「とれいゆつばさ1号」が発車したのが11:25です。足湯の予約時間5分前です。タオルを持って16号車へと向かいます。380円でタオル付きなのですが、記念のタオルはとりあえず使わずに持ち帰りたいですからね。

入り口の湯守の方にチケットを渡すと、タオルの入ったビニール巾着を渡されて、車両中央の黒いソファで待つように指示されました。
Otonapass20150124_31
この黒いソファで待ちます。

Otonapass20150124_34
天井には、温泉マークのような飾りもありました。

Otonapass20150124_32
これが足湯です。一度に4人が入れます。黒いソファの前後に1つずつあります。つまり、定員8名で15分間使えるのです。

お見苦しいですが・・・
Otonapass20150124_33
なかなか気持ちよいです。

湯上がりラウンジの売店で、ついついワインは渋いジュースだよなとか言って、一番瓶が小さかった月山ワインを買ってしまいました。
Otonapass20150124_35
足湯を出たのが11:45で、終点新庄到着が12:16です。約30分で、先ほど買った米沢駅の駅弁「米沢牛 焼肉重 松川辨當」と月山ワインで昼食にします。うん、おいしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-6) 

いよいよ福島・山形の県境の峠越えに入ります。粉雪が列車の勢いで舞い上がり、窓の外を流れていきます。
Otonapass20150124_26
ちょうど太陽の当たる側なので、その粉雪が太陽光線でキラキラ輝きながら、窓の外を後ろへと飛んできます。

Otonapass20150124_27
そんな峠越えの最中に、こんな山形の法被を着た人と、たすきを掛けたきれいなお姉さんの2人組が回ってきました。

プレゼントをくれました。
Otonapass20150124_28
「つや姫」という新しい品種のお米だそうです。山形といえば「はえぬき」「どまんなか」だったのですが。まあ、家に帰ったら、食べてみましょう。

米沢を過ぎると峠は終わり盆地の風景になります。
Otonapass20150124_29
足跡のない雪原が広がっていました。

山形に到着しました。ここで5分停車するそうです。新幹線ホームも自由に行き来できるパスなので、在来線ホームまで行って撮ってくることにしました。
Otonapass20150124_30
残念ながら新幹線3番線の先が曲がっているので、6両編成中5両しか写りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-5) 

16号車まで来たので、とりあえずホームから先頭車を撮っておきましょう。
Otonapass20150124_21

16号車は鎖がかかっていますが、15号車はもうやっているようで。
Otonapass20150124_23
手前が湯上りラウンジで奥が売店のカウンターです。もう行列ができています。足湯の当日券もすでに販売しているそうです。それではということで、列に並びます。

「足湯は何時がよろしいですか」と聞かれたので「峠を越えて山形を過ぎてからの時間がよいのですが」と答えます。それなら11:30か11:45ですということなので、11:30を予約しました。
Otonapass20150124_22
当日券はコピー用紙に必要事項を書いただけの簡単なものでした。1枚380円です。そのほかに、だだちゃアイスとお昼のお弁当を買いました。NREがやっているので、全部まとめてSuicaで払うことができました。

Otonapass20150124_24
日本酒、ワイン、アイス。すべて地元産のものだけが並んでいました。アイスはこのほかにラフランスがありました。

売店から自席に戻ると、かなりお客さんが増えています。ほとんどの座席が埋まっているのですが、向かいの4人席はまだ空席です。先ほどの写真だと座面が写っていなかったので、これ幸いと1枚撮りました。
Otonapass20150124_25
こんな感じに、座面が畳になって、そこに座布団が置いてあります。これを「お座敷」と表現するのはちょっと違う気がしますが、特急券の指定方法は「お座敷」を指定しないと、こちらの席にはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-4) 

指定券は12号車になっています。
Otonapass20150124_16
とりあえず、車内に入って自分の席を確認しがてら荷物を置いてきましょう。

特急券には「とれいゆ つばさ1号」としかありませんが、えきねっとで予約するときは「とれいゆつばさ」と「とれいゆつばさ(お座敷)」がありました。元グリーン車が列車名だけで普通車を畳椅子に改造したのがお座敷です。今回はお座敷を撮りました。

Otonapass20150124_18
片側が4人ボックス席(A~D)で、もう片側が2人ボックス席(E・F)です。今回は2人用の進行方向になるE席を指定して撮りました。

まだ発車まで時間があるので、車外を撮影してきましょう。
Otonapass20150124_19
表示機は、この表示と「山形・新庄」という行き先を交互に表示していました。

入り口にも鎖が渡してあり、通常は立ち入りできない16号車を窓の外からのぞいてみます。
Otonapass20150124_20
これがこの列車最大の売りである「足湯カー」です。前売りはびゅうの旅行商品にしかなく、後はその残りを車内で当日売りするそうです。果たして当日券が買えるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-3) 

「大人の休日倶楽部パス」の2日目に入ります。今日の出発がこんなに遅いのは、この列車に乗るためです。
Otonapass20150124_11
東北エモーションなどとは違って、指定券さえとれれば乗れるのですが、なかなか機会がありませんでした。

鉄道ダイヤ情報で9:40入線となっていました。どこか、編成が撮れるところと探しますが、障害物が多くなかなかよい場所がありません。
Otonapass20150124_12
時間がなかったので、2番線から撮りましたが、ぜんぜんだめです。サイドから、あの独特のカラーリングを撮りたかったのですけど。

Otonapass20150124_13
在来線トンネルが走れる企画のE3系ですけど、在来線車両と並ぶとやっぱり大きいですね。

Otonapass20150124_14
乗車する5番線ホームの待合室は、とれいゆ一色になっています。

Otonapass20150124_15
5番線ホームへ行く階段も、こんな感じで装飾されていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-2) 

今度の電車は、青帯のオリジナル塗色の電車でした。
Otonapass20150124_06
元東急電車ですね。青森県の弘南鉄道にも、似たのがいますよね。あちらも、最近まったく乗りに行ってないですけど。

Otonapass20150124_07
開業90周年なのだそうで。知りませんでした。

Otonapass20150124_08
無人駅が多いからか、ワンマン運転ではありませんでした。車掌さんは、車内できっぷの販売をしたり、ホームできっぷの回収をしたりと、駅間が短いのでかなり大変そうでした。

地図を見ると、1つ手前の曾根田から歩いても、ホテルまでの距離はそれほど差がないようです。
Otonapass20150124_09
帰りは曾根田駅で降りて、福島駅へと走っていく電車を見送ります。

Otonapass20150124_10
今は無人駅ですが、有人駅だったころの駅舎が残っている曽根田駅を後にして、ホテルへと向かいました。やはり、距離はさほど差がありません。地下にもぐったり、コの字型に歩いたりというのがないので、精神衛生上こちらのほうが自分にはよかったです。

ホテルの無料朝食も8時過ぎなのですいていました。ゆっくり食べて9:20頃チェックアウトしてJR福島駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-1) 

2015年1月24日(土)。5:40頃目覚めました。これなら間に合いそうだなと、起きて身支度を始めます。せっかく福島に泊まったのですから、早起きできたら飯坂温泉に朝風呂に行こうと考えていたのです。初電の6:12には間に合いませんが、2本目の6:32には乗れそうです。

泊まったホテルが西口なので、東西地下道を歩いて東口出に出ます。そこから福島交通ののりばまで、さらに歩きます。窓口で1日乗車券を購入します。飯坂温泉まで片道370円ですが、1日乗車券は800円です。
Otonapass20150124_01
単純に往復するだけなら損なのですが、この1日乗車券には、温泉の無料入湯券がついているのです。入湯料は温泉により200円~300円。温泉に入るのなら、単純往復でもこの券の方が安くなるのです。

Otonapass20150124_02
福島6:32の電車は、こんなピンクの桜ラッピングの電車でした。25分ほどで飯坂温泉に到着です。

Otonapass20150124_03
駅から一番近い「波来湯」に行きました。入湯料300円ですが、乗車券の付属の券で入れます。朝6時からやっているので、すでにかなりのお客さんがいました。心臓を悪くしていることもあって、熱め44度の方は遠慮して温め42度の浴槽に入ります。とにかく、指先と足が温まりました。

Otonapass20150124_04
「波来湯」から見る十綱橋です。もう少し流れが穏やかなら、水鏡になるのですけどね。

福島交通の飯坂電車、平日は15分間隔、土日は20分間隔です。7:45に間に合いそうです。
Otonapass20150124_05
駅舎を入ると、すぐに階段です。下の階にいくと、そこに待合室やきっぷうりば、改札やホームがあります。鉄道はがんばって坂を登ったけれども、これ以上は無理だよといった雰囲気の飯坂温泉駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パスの旅(1) 

2015年1月23日(金)。今日から4日間「大人の休日倶楽部パス(東日本・北陸)」を使って、3月でJRから分離される信越本線や北陸本線、しばらく乗っていない氷見線、城端線に乗ってこようと思います。今年度は、6月も11月もこのパスを使う機会がありませんでした。やっぱり、1回くらいはこの有利なパスを使いたいですからね。

家人に上総一ノ宮駅まで送ってもらいました。着いたのが19:20です。
Otonapass20150123_01
上総一ノ宮始発の特急「わかしお24号」に乗っていきます。

Otonapass20150123_02
10両中8両が自由席です。「大人の休日倶楽部パス」なので、自由席ならば回数無制限で乗り放題です。

東京からは、東北新幹線に乗ります。
Otonapass20150123_03
「やまびこ221号」です。10両中7両が自由席なので、指定をとるか迷った列車です。結局、東京での乗り継ぎ時間を考えて、指定席を撮りました。「大人の休日倶楽部パス」は6回まで無料で指定席が使えます。権利を1回行使しました。

Otonapass20150123_04
E2系の10両編成です。ホームで見ていたら、座席が自動で回転するのですね。昔はそうじゃなかった気がしますが、E2でもいろいろあるのでしょうか。初日は福島で降りました。福島到着22:42です。ホテルにチェックインすると、すでに23時近かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2015宇年1月23日(金)。今日は夜から出かけます。なるべく早く帰宅したいので、自家用車で出勤します。天気は、雨は昨日で終わりだと思っていたのですが、今朝も雨です。

出勤途中に、横着して車の中から撮ります。
Isumi350_20150123_01
国吉~上総中川間の田んぼの中から撮りました。今朝の7Dは352ムーミンでした。

森宮踏切に移動します。雨はだいぶ小降りになりました。
Isumi200_20150123_02
今朝の8Dは、206リトルミイでした。

結局、職場を出たのは17時半でした。自宅には18時ちょっと過ぎに着きました。19時には出発したいので、大急ぎで、支度と夕食を済ませました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

い鉄で出勤(10) 

2015年1月22日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤です。

国吉駅の駐車場に着くと、いつもと雰囲気が違うのに気づきました。
Isumi_kuniyosi20150122_01
側線に沿って、中古のレールが置かれています。また、駐車場との間には、中古のまくらぎがけっこうな高さに積まれていました。3月から開始予定と社長ブログに書かれている、キハ30の運転体験用の線路敷設が本格的に始まるのでしょう。

今日の天気予報は雨です。まだ降ってはいませんが、今にも降り出しそうな雲です。
Isumi350_20150122_02
今朝の7Dは、352ムーミンでした。キハ30の後ろに、まくらぎが積まれているのがわかるでしょうか。今日は、午後からいすみ鉄道に乗る用事があるので、1日乗車券で出勤します。

1日乗車券を持っていますが、今日は城見ヶ丘で降りて撮影しました。
Isumi300_20150122_03
今朝の8Dは、302スニフでした。

10時頃にお客様をお迎えして、そのお客様に同行して大原へ行きます。お見送りした後は、大原からいすみ鉄道で大多喜の職場へ戻ってくるというのが、今日仰せつかった仕事です。
Isumi300_20150122_04
そんなわけで、大原13:50の21Dに乗って大多喜へ戻ります。乗客は3名でした。3月の時刻改正で、平日昼間の減便が予告されていますけど、確かに乗ってないのは事実です。

帰宅は最終の32Dになりました。夜になって、また雨が強くなってきました。
Isumi350_20150122_05
352ムーミンでした。国吉駅は、待合室の明かりはあるものの、ホームの丸い電灯がつかず、暗いホームになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(9) 

2015年1月21日(水)。今日もいすみ鉄道で出勤です。天気予報は、今日と明日は雨模様。まだ降っていませんが、どんよりと曇って暗いです。国吉駅に着きました。久しぶりに傘を持って自家用車を出ます。

7Dを撮ろうと構えてみますが、まったくシャッタースピードがあがりません。ISO1600にしても望遠だと厳しいです。ふと、「風そよぐひろば」を見ると、あの茶猫さんがいるじゃないですか。
Isumi_kuniyosi20150121_01
周りの枯れ草に紛れてわかりませんでした。でも、なんでこんな寒いのに外いるんでしょ。

7Dがやってきました。ホームのツバキも、まだ花をアップで撮れるほど咲いていません。
Isumi350_20150121_02
今朝は352ムーミンです。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi200_20150121_03
やってきたのは206リトルミイです。暗いので、踏面に光るヘッドライトがキレイです。

帰宅の頃には雨になっていました。今日は30Dで帰宅です。
Isumi350_20150121_04
明日の通学対応2連です。352+302でした。比較的空いていたので、座っての乗車ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

1月20日は2件のリリースが出ていました。冬の湿原号意外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月20日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

SL冬の湿原号2015
販売日 2015年1月26日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の全局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計75局 

シートはオリジナルです。売価は1400円です。2月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


1月20日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

あびこ観音2015
販売日 2015年1月26日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域  大阪市中央区・天王寺区・浪速区・大正区・西成区・住吉区・住之江区内の計112局

シートはグラデーションです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

い鉄で出勤(8) 

2015年1月20日(火)。今日はいすみ鉄道で出勤します。それにしても、寒い朝です。

国吉駅の駐車場に着きました。真っ白です。隣の水田は凍っていました。
Isumi_kuniyosi20150120_01

保存中のキハ30も、正面の窓が凍っています。
Isumi_kuniyosi20150120_02
とにかく、寒いと感じる朝です。

そんな真っ白な世界に7Dがやってきました。
Isumi350_20150120_03
今朝は351スニフです。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの陸橋へと向かいます。
Isumi200_20150120_04
今朝の8Dは206リトルミイでした。

帰宅は最終の32Dになりました。
Isumi350_20150120_05
今日の最終は、352ムーミンでした。ということは、明日の7Dは352かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

1月19日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

1月19日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

フランチェスカ
販売日 2015年1月26日(~未発表
販売部数 1,600部

販売地域 札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村内の全288局と千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計290局

シートはオリジナルです。2月3日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道で出勤せず 

2015年1月19日(月)。今日は15:30から千葉で会合があります。そこで、今日は自家用車出勤にしました。

Jitaku20150119_01
朝6:20頃、自宅の雨戸を開けると、すごく細い月が朝焼けの空に浮かんでいました。つい1枚撮ってしまいました。

自家用車出勤と言うこともあり、普段より家を出るのが遅くなってしまいました。
Isumi300_20150119_02
今日は寒い上に太陽も陰っているので、地面や畑は真っ白です。そんな中をやってきた8Dは、302スニフでした。

Isumi300_20150119_03
テールライトを残して去りゆく8Dを撮ってから出勤しました。

昼休みが終わって、千葉へ向かいます。でも、その前に鶴舞の循環器病センターへ寄っていきます。実は14日の23時過ぎに、胸の中央部を締め付けられるような痛みを感じ、心配になって救急診療でお世話になったのです。なんたって、心筋梗塞やって心臓が半分動かない人間ですから。心電図と心エコーと血液検査屋って、心臓は大丈夫ですねと言われて帰ったのが、午前2時半でした。そんな時間だから会計ができず、つい先日請求書が送られてきたのです。

循環器病センターで、その未払い分を払って、それから千葉へと向かいました。3日連続の千葉は大変でしたが、これからしばらくは千葉行きはないですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜朝のいすみ鉄道 

2015年1月18日(日)。今日も7:30に鍵開け。その後は、昨日に引き続き千葉で用事があります。とりあえず、今日は5分遅刻で鍵開け任務完了でした。

その後、ちょっとだけいすみ鉄道を撮っていきます。
Isumi300_20150118_01
上総中野行き55Dを森宮踏切で撮ります。今日は青空がキレイです。301パパ&ママでした。

同じく、大原行き54Dをほぼ同じ場所で撮ります。
Isumi350_20150118_02
こちらは、351スナフキンでした。

さて、ムーミン快速をどこで撮るかな。あまり時間がないので、城見ヶ丘駅のホームから撮ることにしました。
Isumi350_20150118_03
あれっ、なんか変だな。

Isumi350_20150118_04
方向幕が回送のままですね。今日のアテンダントは、押上店のMさんでした。「方向幕、前も後ろも回送になってますよ」。今日は乗りもしないのに、文句?だけ言ってしまいました。ごめんなさい。

この後、自家用車で千葉へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ田園の美術館へ 

2015年1月17日(土)。大多喜から千葉へ向かう途中、ちょっと時間があったのでいすみ市の国吉にある「田園の美術館」に寄っていきました。
Isumi_kyodokan20150117_01
郷土資料館に併設されています。

ここで現在行われているのが、大多喜高校美術部の作品展です。
Isumi_kyodokan20150117_02
知り合いの作品も展示されているので、20分ほどですが寄って鑑賞していきました。3月22日まで、2ヶ月強のロングラン作品展です。

その後、自家用車で上総一ノ宮駅近くのコインパークへ行きます。上総一ノ宮11:19の総武線快速に乗って千葉へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

ムーミン快速・急行乗車(3) 

大原に到着しました。1番線には、先発の大多喜行き普通57Dが停まっています。
Isumi350_20150117_11
折返し急行1号になります。今度は行き先ではなく「急行」幕になりました。

Isumi350_20150117_12
いつもの土曜日の「夷隅」ヘッドマークはありません。定刻に大原を発車します。乗客は全部で4人しかいないようです。

Isumi350_20150117_13
外部の表示も車内の運賃表示器も、「急行」という表示になっています。ワンマン運転ではないので、こういう表示で大丈夫でしょう。

Isumi300_20150117_14
国吉駅に到着しました。ここで、約10分の観光停車も通常通りあります。

Isumi300_20150117_15
大多喜駅に到着しました。ここから終点の上総中野までは普通列車になるのですが、表示は急行のまま走るようです。自分はここで降ります。今日は13時から千葉での会議があるので、これから向かうことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーミン快速・急行乗車(2) 

快速100D大原行きに乗車します。
Isumi350_20150117_06
レストラン列車に使用するため、いすみ350形にはテーブルが設置されています。国吉駅の張り紙にあったように、急行1号大多喜駅から急行4号大多喜駅までは使えませんが、それ以外はいすみ350の方にも乗車できるようです。

Isumi350_20150117_07
そこで、今日はこのテーブル席で遅めの朝食にしようと、コンビニでお弁当を買ってきたのでした。

今日の100Dの乗客は、なんと自分だけでした。
Isumi350_20150117_08
城見ヶ丘を発車して、ゆったりと朝食にします。

車内はアテンダントさん乗車の普段の快速・急行と同じ体勢です。ドアも中間部しか開きません。
Isumi350_20150117_09
ワンマン運転ではないので、運賃表示器は大原行きとだけ表示しています。

国吉駅に停車しました。
Isumi350_20150117_10
「風そよぐ広場」のあぜ道では、大きな茶色猫さんがひなたぼっこをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーミン快速・急行乗車(1) 

2015年1月17日(土)。今日は7:30に職場の鍵開けを頼まれていたので、まずは職場へ向かいました。ちょっと遅れてしまいましたが、7:40には鍵開け任務終了です。さあ、今日から車検に入ったキハ編成に変わって、ムーミン列車による快速・急行が運転されます。どんなふうになるのか、乗ってこようではありませんか。

大多喜駅近くの町営駐車場に車を停めると、ここで時たま目にするネコさんがいました。
Isumi_otaki20150117_01
まん丸のオス猫顔、ノシノシといった歩き方をする猫です。堂々としてると言えば、そうとれる動作です。

まずは自転車置き場の方へ行きます。
Isumi_otaki20150117_02
右から、上総中野行き55D、大原行き54D、そして出庫準備の大原行き快速100Dです。300形、350形総出場です。

100Dの入れ替えが始まりました。
Isumi_otaki20150117_03
まずは洗浄線から本線の南廓踏切の方へ移動します。

Isumi_otaki20150117_04
手旗の誘導で、下り本線へと進んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(7) 

2015年1月16日(金)。今日はいすみ鉄道で出勤です。今朝も寒いです。

Isumi350_20150116_01
今朝の7Dは352ムーミンでした。ということは、昨日車番がわからなかった7Dは、351スナフキンの可能性が高いですね。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へ向かいます。
Isumi200_20150116_02
今朝の8Dは206リトルミイでした。

帰宅は30Dになりました。
Isumi350_20150116_03
洗浄線には、352+302の2連が停まっていました。352の車内を見ると、すでにテーブルがセットされています。明日からのキハ編成代用で走るムーミン列車急行は、この2連が担当するようです。

Isumi300_20150116_04
今日の30Dは301パパ&ママでした。明日が土曜日なので、翌朝の通学対応がないので単行です。土曜日はいいですが、日曜日は、翌朝に備えて2連にするのでしょうから、ムーミン急行を入庫させてすぐにバラして増結でしょうか。それとも、月曜の朝に増結かな。どちらにしても、300形と350形だけで運用するのは厳しそうです。このところ、土休日には運用につかない200型が、どこかで登場するかもしれませんね。

Isumi_kuniyosi20150116_05
待合室には、明日からのキハ編成運休でムーミン列車代用のお知らせが貼られていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

1月16日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

1月16日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

羽生 結弦 選手
販売日 2015年1月23日(~未発表
販売部数 4,000部

販売地域 (宮城県)仙台市、塩竈市、多賀城市、白石市、名取市、岩沼市、角田市、気仙沼市、石巻市、登米市、東松島市、大郷町、大和町、富谷町、七ヶ浜町、松島町、利府町、柴田町、川崎町、村田町、大河原町、山元町、亘理町、丸森町、七ヶ宿町、南三陸町、女川町内の計285局、(青森県)むつ市、三沢市、十和田市、八戸市、おいらせ町、横浜町、六戸町、七戸町、東北町、野辺地町、大間町、階上町、五戸町、三戸町、田子町、南部町、六ケ所村、佐井村、東通村、風間浦村、新郷村内の計113局、(岩手県)盛岡市、滝沢市、二戸市、八幡平市、一関市、遠野市、久慈市、宮古市、釜石市、大船渡市、陸前高田市、葛巻町、岩手町、雫石町、一戸町、軽米 町、洋野町、紫波町、矢巾町、平泉町、大槌町、岩泉町、山田町、九戸村、野田村、田野畑村、普代村内の計229局、(福島県)相馬市、南相馬市、いわき市、新地町、広野町、川内村内の計87局、磐田市、掛川市、袋井市、御前崎市、牧之原市、吉田町、川根本町、森町内の全74局と金谷局、川根局、笹間局、五和局の計78局 

シートは額縁(52円)です。台紙1部とのセットで売価は2200円です。1月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

支社版フレーム切手 

1月15日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月15日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

菊川市マスコットキャラクター きくのん
販売日 2015年1月23日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 菊川市、磐田市、掛川市、袋井市、御前崎市、牧之原市、吉田町、川根本町、森町内の全74局と金谷局、川根局、笹間局、五和局の計78局

シートは額縁(52円)+グラデーション(82円)のコンビネーションシートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2015年1月15日(木)。今朝は、洗濯などやっていて家を出るのが遅くなってしまいました。国吉駅では完全に7Dに置いてきぼりです。そのまま自家用車で出勤することにしました。

それでも、ギリギリ間に合いそうと、大多喜~小谷松間の祠のところへ行きました。
Isumi350_20150115_01
今朝は曇っていて、暗いです。写真もシャッタースピードが上がりません。写真で見ると351なのか352なのか、わからないほどダメダメ写真になってしまいました。

とりあえず、大多喜駅の様子を見てから出勤します。
Isumi_otaki_20150115_02
キハ52は、まだ庫の外にいました。全検には、まだ入らないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

1月14日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月14日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

世界らん展日本大賞2015
販売日 2015年1月19日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 東京都内の一部の計102局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(6) 

2015年1月14日(水)。今日もいすみ鉄道で出勤です。今日は夕方、歯医者の予約があったりするので、とりあえず1日乗車券で乗ります。せっかくの1日乗車券なので、城見ヶ丘で降りずに大多喜まで乗りました。

Isumi_otaki20150114_01
今朝の7Dは352ムーミンでした。

Isumi_otaki20150114_02
その7Dの脇を、8Dが走り抜けます。206リトルミイです。給油線の302合わせて、3形式そろい踏みとなりました。

Isumi_otaki20150114_03
検修庫を見てみると、いすみ202とキハ28が連結されていました。キハ28をいすみ202で移動させるのでしょうか。

夕方、歯医者の予約は17時からです。早く終わって17:33の28Dに乗れるかなと思ったのですが、今日は間に合いませんでした。それならと、オリブまで歩いて行って1000円カットで髪の毛をさっぱりさせました。

城見ヶ丘18:40の下り29Dの乗って大多喜へ行きます。1日乗車券ですから、短い区間でも気にならずに利用できます。
Isumi350_20150114_04
29Dは351スナフキンでした。すぐに上りホームへ向かいます。

30Dに乗って帰宅します。
Isumi350_20150114_05
352ムーミンと300形の2連でした。301、302どちらだったかは、確認しませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(5-2) 

今日は午後から、駅清掃のボランティアに出向きます。
Isumi_otaki20150113_06
この三連休で運転が終わったキハ52はここに停まっていました。

Isumi_otaki20150113_07
全検って、大宮まで運んでやるのかなと思っていたのですが、ここでやるようです。検修庫の中の片付けをしていました。運賃精算箱とか、いろいろなものが庫の中から運び出されて、積んでありました。

帰宅は、最終の32Dになりました。
Isumi350_20150113_08
大多喜駅のイルミネーションが終わっていました。

Isumi350_20150113_09
今日の32Dは、352ムーミンでした。国吉駅のイルミネーションも、まだ機材はありましたが点灯していませんでした。こちらも終わったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(5-1) 

2015年1月13日(火)。三連休が終わって、今日はいすみ鉄道で出勤です。

国吉駅に到着すると、キハ30が大多喜から国吉駅に戻っていました。
Isumi_kuniyosi20150113_01
この三連休に運転された、団体「夜行列車」に合わせて戻ってきたのでしょうね。

Isumi_kuniyosi20150113_02
留置されていてるいすみ201とは接近していますけど連結はされていません。

今朝の7Dがやってきます。
Isumi350_20150113_03
351スナフキンでした。出勤時の単行は、350形だとホッとします。やっぱり300形だと混みますからね。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20150113_04
今朝の8Dは、302スニフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

東名高速バス45周年きっぷの旅(10) 

C席は、東西に走る東名高速道路上では南向きになることが多いです。だから、東名高速より北にある富士山を眺めることがほとんどできません。それでも、一部区間やインターを降りるバス停に行くときなどに、見ることができました。

たぶん、これは焼津辺りを走っているときでしょう。
Tomei20150112_11
今回のバス旅は、3日間とも天気に恵まれました。

Tomei20150112_12
さった峠を越えて由比の海岸へと降りて行ったところです。ここだけは、展望のよい1番席のお客さんがうらやましかったです。

Tomei20150112_13
たしか、これは沼津インターを降りて東名沼津バス停への行き帰りの道路を走っていたときだと思います。

Tomei20150112_14
同じく、御殿場インターを降りて東名御殿場バス停への行き帰りの道路を走っていたときに撮ったと思います。かなり、太陽も傾きました。

その先の、足柄サービスエリアで2回目の下車休憩です。行きとは違い、日本坂パーキングエリアでの休憩はありませんでした。肉声で案内が入り「現在、約20分の遅れで運転しています。この先、大和トンネル付近で事故渋滞25キロ、大井松田インター付近までつながっていおり、渋滞通過に90分かかる見込みです。東京駅到着は大幅な遅れが予想されますので、ご了承ください」とのことです。

その後も、事故車は撤去されたものの、依然渋滞は続いている旨の放送も入りました。結局、東京駅には予定より1時間30分ほど遅れた19:40頃の到着となりました。
Tomei20150112_15

今回はバスに3回乗っただけです。
東京駅~東名掛川 3460円
東名掛川~名古屋駅 2100円
名古屋駅~東京駅 5250円(早割1だと4200円)
4500円の乗り放題きっぷで、正規運賃10810円分使いました。今回は、このきっぷが手に入らなければ実施しなかったのですが、時間に余裕を持って旅するなら、高速バスの旅もいいかなと感じました。とくに、4列ワイドシートは、思ったより隣の人が気になりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(9) 

今日の座席は5番C席です。
Tomei20150112_06
高速バスネットで予約しましたが、カード決済ではなかったので、自分でシートマップから選ぶことはできませんでした。

Tomei20150112_07
C席は、メイン通路の右側、運転席側の1人掛けシートでした。車内は若干の空席があるものの、ほぼ満席です。空席は途中停留所からの乗車客でしょう。

名古屋駅で買ってきた駅弁で昼食にします。
Tomei20150112_08
「とろーり玉子とヒレカツ重」というのを買ってきました。玉子のとろーりに負けました。冷めたお弁当になっても
それなりにとろーりとしていました。

最初の下車休憩は、浜名湖サービスエリアでした。
Tomei20150112_09
休憩時間は10分間でした。

Tomei20150112_10
サービスエリアで買いました。ミカンということはシャーベットかなと思ったのですが、ちゃんとアイスクリームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(8) 

2015年1月12日(月・祝)。今日は「東名高速線開業45周年記念3日間乗り放題きっぷ」の旅の3日目、最終日です。今日は、名古屋駅から東京駅まで、スーパーライナー20号に乗るだけです。

Tomei20150112_01
東名ライナーは3番のりばからの発車でした。それにしても、東京行きと高山行きが同じのりばとは、何とも不思議な感じでした。

Tomei20150112_02
次の発車は、12:00のスーパーライナー20号です。

しばらくして、バスがやってきましたが、まだのりばにはつけずに準備をしているようです。
Tomei20150112_03
スーパーライナー20号は、夜行用のダブルデッカーを使用します。数少ない3列シート便だったので、これを予約しました。新幹線がホームにやってきました。その新幹線が、二階席の窓ガラスに写ります。

Tomei20150112_04
1階席は、たった3席のプレミアムシートです。乗り放題きっぷでは、差額を払っても利用することができません。

Tomei20150112_05
1階の窓ガラスには、大きな東名ハイウェイバス45周年のステッカーが貼られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋近郊乗り周り 

2015年1月12日(月・祝)。念願だった喫茶マウンテン単独登頂に成功したのに、時刻はまだ9時前。予約してある高速バスまで3時間あるので、気ままに乗りまわろうという気になりました。今度は、距離的にはいりなか駅よりも近い、八事日赤駅を目指します。日赤病院の近くまで来たのですが、地下鉄の入口がわかりません。名古屋の市営地下鉄って、駅の規模の割に地上への出入り口の数が少ない気がします。それとも、東京メトロが多すぎるだけなのか。

名城線内回りに乗って大曽根で降ります。コロプラの未踏破地ゲットを兼ねて、名鉄瀬戸線に久しぶりに乗ってみようと思います。
Meitetu20150112_01
しばらく前に「さよなら赤電」という企画があったのは知っていましたが、今ではステンレス車の4両編成ばかりになったのですね。以前来たときは、鋼製の赤い2両編成が時間帯で4両になったり2両だったりで走っていたのですけど。新瀬戸駅で降りて、愛知環状鉄道の瀬戸市駅へ向かいます。未踏破地は、尾張旭地区と瀬戸地区がゲットできました。

乗車する電車よりも先に、高蔵寺行きが来たので撮ります。
Aikan20150112_02
塗色は違いますが、どちらもセミクロスシートの電車でした。

そして、乗車した岡崎行きです。
Aikan20150112_03
こちらはロングシートの2両編成でした。「愛・地球博」の頃から走っている緑のがセミクロスシートで青いのがロングシートかと思ったのですが、そうではないのですね。最近、車両のことには疎くなりました。

八草駅で降りてリニモにのりかえます。
Rinimo20150112_04
これも、たしか「愛・地球博」以来の乗車です。あのときは、大混雑で景色なんて見られたものじゃなかったですからね。ボックスシートに座って、ゆっくり高所からの景色を楽しみました。昨日「リニア・鉄道館」で見たのは超電導リニアモーターカーで、こちらはたしか常電動リニアモーターカーだったはず。加速の良さや勾配への強さはリニアの特徴なのでしょう。

終点の藤が丘は、リニモが地下で市営地下鉄が地上です。
Nagoyasi20150112_05
最後は、再び名古屋市営地下鉄に乗車します。東山線に乗ってなごや駅へ向かいます。この線もステンレス車ばかりですね。昔は真っ黄色の地下鉄が走っていたのですけど。学生時代は東山公園のユースホステルに行くのによく乗りました。11時半頃、名古屋駅へ戻りました。高速バスまで、あと30分ほどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

早朝登山(2) 

なぜ、この店がそんなに有名なのか。それは、他店にはないメニューの独自性にある。辛いかき氷。甘いスパゲティ、鍋で煮るスパゲティなど、想像を絶するメニュー、文字からは内容が想像できないメニューのオンパレードなのだそうだ。

あんこは好きだ。よし、今日は「甘口抹茶
小倉スパ」に挑戦しよう。甘いだけでは遭難するかもしれない。ちなみに、この店のファンは、完食することを「登頂」、残すことを「遭難」と呼んでいるそうだ。そこで、コーヒーも一緒に頼むことにする。普通のコーヒーとストロングコーヒーというのがある。どうちがうのだろう。マスターのお母さんだろうか、お店の人に違いを尋ねると、焙煎方法が違い、ストロングの方が濃くて苦いとのこと。よし、これだ。「甘口抹茶小倉スパとストロングコーヒーお願いします」と口から発していた。

「コーヒーお待たせしました」と運ばれてきたストロングコーヒーを見ると、確かに濃くて苦そうだ。これなら、小倉あんにも対抗できるだろう。ところが「モーニングです」の言葉とともに、パンとゆでたまごも運ばれてきた。そうか、朝は飲み物を頼むと、無条件でパンやらなにやらがついてくるのが名古屋の喫茶店の流儀だったのだ。予習したはずなのに、すっかり忘れていた。しばらくして、「甘口抹茶
小倉スパおまたせしました」とメインディッシュが運ばれてきた。
Mount20150112_06
「甘口抹茶小倉スパ」ってこれだけですか。

Mount20150112_07
ネット情報では、もっと巨大な大盛りを想像していたのですけど。

Mount20150112_08
標高もこれだけしかない。これなら、登頂できるんじゃないかな。あんこは好きだし。

とにかく、食べ始める。ネット情報によると、スパゲティの熱でホイップクリームが溶け出して食べにくくなるとあったからだ。食べると「意外とおいしいじゃん」が感想である。倍あっても完食できたのじゃないかと思われる。あっそうだ、パンとゆでたまごがあったのね。パンには、ホイップクリームとあんをお裾分けして食べる。なんたって、小倉トーストの名古屋ですから、あんとパンの相性は問題ないだろう。

8:25頃から食べ始めて8:40には完食していた。
Mount20150112_09
もちろん、ストロングコーヒーを含めて完食です。

レジで代金を払う。「甘口抹茶小倉スパ」900円、「ストロングコーヒー」400円で1300円だ。「スタンプカード持ってますか」「いや、初めてなので」。「ひとりで完食できた人にだけあげてるの」とのことだ。
Mount20150112_10
おおお、単独登頂者のみに授与されるスタンプカードか。「登頂」とか「遭難」って、ファンの間の隠語だと思っていたら、オフィシャルなスタンプカードにも載っているではないか。来冬に甘口イチゴスパで完全登頂しようと思えば、今年中に甘口バナナスパと甘口メロンスパ」を登頂しなければいけないのだ。先客のレンタカーは、男2人連れだった。彼らには、このスタンプカードの存在は知らされないのだろう。

まさか、9時前に無事に下山できるとは思ってもいなかった。予約してある東京行きの高速バスは12:00だ。それまで、今朝買った土日エコきっぷを有効に使えそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝登山(1) 

2015年1月12日(月・祝)。尾張一宮のホテルで5時半過ぎに目が覚めた。今朝は、いよいよ一度やりたいと思っていた、名古屋市内での登山である。ホテルの無料朝食には目もくれずにチェックアウトする。

尾張一宮7:17の快速電車で名古屋へ。駅のコインロッカーにバッグを収めてから、地下鉄のりばへと向かう。めざすいりなか駅までは、片道270円。少し迷いながら、土休日に市営地下鉄と市営バスが乗り放題になる「土日エコきっぷ」600円を購入した。

桜通線に乗り御器所へ。そこで鶴舞線に乗り換えて、いりなか駅に着いたのは、8時を過ぎたばかりの頃だった。
Mount20150112_01
1番出口を出て、登山道へと向かう。

Mount20150112_02
この緩い坂道が登山道か。地図を取り出し、方位を確認する。信号2つ行った辺りが目的地のようだ。1つ目の信号を渡ると、登山道は一方通行になった。小学校の下を歩いているようだ。その先、2つ目の信号を右に曲がれば、目的地はすぐそこのハズだが。

あっ、見えた。
Mount20150112_03
ネットで何度も見た、あの有名な看板が建っているではないか。営業中の文字もあるから、間違いなく8時からやっているようだ。

Mount20150112_04
名古屋が誇る喫茶マウンテンは目前だ。駐車場に停まっているのは、まだ車1台だけだ。成田ナンバーのレンタカーだ。この乗務員も、登山チャレンジャーなのだろうか。

初めての店はいつでも緊張する。ドアを開けると「いらっしゃいませ」の声で迎えられたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌煮込みうどん 

「リニア・鉄道館」を出て、再びあおなみ線に乗って名古屋駅に戻ってきました。今日は、名古屋のホテルが満室でとれなかったので、尾張一宮に泊まります。夕食は名古屋でとっていきましょう。お昼の駅弁に、味噌カツと天むすとひつまぶしが入っていましたから、あとは味噌煮込みうどんですよね。名古屋駅地下のメルサにある、山本屋本店に行きました。まだ18時を過ぎたところなのに、店外に行列が伸びています。

順番がきて、大きなテーブルに案内されました。冬季限定の牡蠣入りあると、ウエブサイトで見ていたのですが、どれかなとメニューを見ます。おぉ、けっこういい値段なんですね。でも、冬に名古屋に来る機会は次いつになるかわかりませんから、注文します。
Yamamotoya20150111_01
熱そう! と思ったのですが、ふたは取り皿代わりの後載せなので熱くありませんでした。下の鍋は熱々ですけど。店員さんに「写真撮っていいですか」って聞いたら、笑顔で「どうぞ」と返されました。混んでいる店内で大きなカメラを出すのは気が引けたので、スマホで撮りましたけど。

Yamamotoya20150111_02
この玉子をどこでくずして食べるかが問題なんですね。結局、先に牡蠣を食べて、最後の方でくずしました。プルプルの大ぶりな牡蠣が5個入っていました。おいしかったです。税込み2484円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

初めての「リニア・鉄道館」(5) 

そして、なんと言っても新幹線車両が豊富に展示されていることが、ここの特徴でしょう。
Rinia_tetu20150111_21
700系、300系、100系、0系の各先頭車が並べられています。やはり、JR西日本の500系は並んでいませんでした。

Rinia_tetu20150111_22
ドクターイエローことT3編成の先頭車922形が展示されています。そのほか、中間車としてはグリーン車や食堂車が展示されていました。

Rinia_tetu20150111_23
0系食堂車は、通路から当時のメニューが見えるように置かれていました。

Rinia_tetu20150111_24
100系食堂車は、テーブルがセットされた状態で展示されていました。どちらの食堂車も現役時代に1~2回乗ったことがあります。やっぱり、100系の食堂車はよかったよなあ。

16:50頃、館内の放送が入りました。何でも、在来線シミュレータに空きがあるので、先着順で17時からの利用権を発売するとのこと。かなり気持ちが動いたものの、17時からは予定通り、ジオラマ見学をすることにした。

結局、17:30の閉館まで、存分に楽しんだのでした。
Rinia_tetu20150111_25
建物を出たときは、すっかり暗くなっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての「リニア・鉄道館」(4) 

比較的、自分が実際に乗った車両が多く展示されているのも、ここを楽しく感じる一因なのだと思います。
Rinia_tetu20150111_16
キハ181系「しなの」です。残念ながら、写真でしか知りません。キハ181系は特急「おき」や「はまかぜ」で乗りましたけど。

Rinia_tetu20150111_17
381系振り子式電車の「しなの」です。これは何回か乗ったことがあります。

Rinia_tetu20150111_18
サロ381を改造して造った、展望グリーン車クロ381です。ホームライナー中津川で乗ったことがあります。「しなの」関連だけでも、3形式が展示されているのです。

Rinia_tetu20150111_19
急行「東海」です。この列車そのものには乗ったことがありますが、当時は東京-静岡が運転区間で、すでにヘッドマークの装着もありませんでした。本当は、東海といえば153系なんですけど、もう153系なんて残ってないですものね。165系でも大型ヘッドライトの車両を保存してくれただけでもよしとしなければいけないのでしょう。

Rinia_tetu20150111_20
数少ない、東海とは縁のない車両です。関東に住む自分にとっては懐かしい車両ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての「リニア・鉄道館」(3) 

1階の展示車両の数々です。東海地方に関係ある車両がほとんどです。
Rinia_tetu20150111_11
流電ことモハ52です。元々は関西の車両ですが、最後は飯田線で活躍しました。残念ながら、現役時代に乗ることはありませんでした。クモハ53007と53008なら乗ったことはあるのですけど。

Rinia_tetu20150111_12
これまた飯田線で最後の活躍をしたED18 1です。この機関車の牽引する「トロッコファミリー号」には、何回か乗ったことがあります。当時も、静態保存からの復活だったのですよね。

Rinia_tetu20150111_13
これも飯田線で走ったクモハ12041です。事業用車になっていたものを、再び旅客車に改造して「元祖ゲタ電号」などの臨時列車で走らせていました。自分が乗ったときは、畳敷きになっていてびっくりしたものです。

Rinia_tetu20150111_14
当時もびっくりしたのがこの運転士さんの椅子です。木の床に置いてあるだけ、動くのです。運転士さんが、ガタガタ動かして、自分の一番いい位置にセットしたいたのを見て、当時はすごく驚きました。

Rinia_tetu20150111_15
クハ111-1です。111系のトップナンバーですね。大型ライトのままで保存されていたのでしょうか。それとも、再び直したのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての「リニア・鉄道館」(2) 

シンボル展示室の2階に、唯一鉄道でない展示物があります。
Rinia_tetu20150111_06
国鉄バスの第1号車です。愛知県瀬戸が国鉄バス発祥の地です。

Rinia_tetu20150111_07
かつては、神田の交通博物館に展示されていたバスです。その後、一時大宮の鉄道博物館で展示されていましたが、今は発祥の地に近いここにやってきました。

この2階にはデリカステーションという駅弁などを売っている売店があります。ここで弁当を買って、屋外にある飲食可能な117系電車の中で食べましょう。
Rinia_tetu20150111_08
本来は4両編成なのですが、モハが1両しかない3両が展示されています。

Rinia_tetu20150111_09
買ったのは「特選名古屋」という、味噌カツやひつまぶしなど、名古屋名物が少しずつ入った弁当です。ただし、ここで買うと駅売りとは違いパッケージが「リニア・鉄道館オリジナル」になっています。

屋外にはもう1台展示車があります。
Rinia_tetu20150111_10
ケ90というタンク機関車です。かつては、JR東海の社員研修センターに教材として保存されていた機関車だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

初めての「リニア・鉄道館」(1) 

2015年1月11日(日)。前々から行ってみたいと思っていた、JR東海の「リニア・鉄道館」に初めて行くことができました。
Rinia_tetu20150111_01
大きな平屋建ての建物が建っていると思いました。実際は、中に入ると二階建てでした。

Rinia_tetu20150111_05
すぐ隣を、あおなみ線の高架線が走っています。

エントランスで1000円の入館券を買って中に入ります。入ってすぐがシンボル展示室でした。12:15からの「見どころガイドツアー」に参加して、説明を受けたのでよくわかりました。この3両は、その時代の世界最速記録を持った車両たちなのだそうです。
Rinia_tetu20150111_02
狭軌の蒸気機関車で当時世界最速記録をつくったC62形蒸気機関車です。

Rinia_tetu20150111_03
標準軌で世界最速を記録した300X形新幹線試験車です。

Rinia_tetu20150111_04
世界最速の時速581kmを記録した、超電導リニアモーターカーMLX01-1です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(7) 

名古屋駅に到着しました。10:35の予定でしたが、5分ほど遅れただけでした。三連休の中日ですが、高速道路はまったくといっていいほど混雑していませんでした。
Tomei20150111_11

それでも名古屋駅は大混雑です。ホテルが満室だった理由は、この三連休名古屋でSMAPのコンサートがあるからだとか。そのためか、コインロッカーがのきなみ使用中。結局、地下鉄のりばまで降りていって、預け入れの列を作っているロッカーを見つけました。残りの数を数えると、なんとか預けられそう。結局、荷物を預けるのに30分近くを要しました。

今日は、これから半日「リニア・鉄道館」へ行く予定です。あおなみ線のりばへと向かいます。
Tomei20150111_12
名古屋11:15の金城ふ頭行きに間に合いました。

Tomei20150111_13
折返し列車がやってきました。

あおなみ線に乗るは、これが2回目です。
Tomei20150111_14
たしか、前回は「愛・地球博」の時だったと思います。それ以来の乗車になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(6) 

「お待たせしました。急行名古屋行きです。」とスピーカーから声が流れてドアが開きました。「空席ありますか」とたずねると「ありますよ」とのこと。バッグをトランクに預けて車内に入ると、通路側に数席と2人掛けに1列空席がありました。

東名掛川バス停を発車してしばらく行った東名磐田で隣に大きな熊手を持った人が座ってきました。そして、その先の浜名湖サービスエリアで10分間の下車休憩です。
Tomei20150111_06
昨日、天浜線から見えた舘山寺の観覧車が大きく見えます。海上ロープウェイも見えました。

これが今日のバスです。
Tomei20150111_07
一般車で運行だと思っていたのですが、昨日東京から乗ったバスと同じワイドシート車でした。

Tomei20150111_08
同じ三菱ふそうのエアロクイーンでも、JRバステックとは塗色が違うのでまったく別のバスのようです。

浜名湖サービスエリアを発車しました。
Tomei20150111_09
先に見える赤い橋の下あたりが、天竜浜名湖鉄道の浜名湖佐久米駅ですね。昨日は列車から、あの赤い橋を眺めたのです。

大きな熊手を持った隣席のお客さんは、東名豊川で降りて行きました。豊川稲荷への参拝でしょうか。ここは、インターを出た一般道に面したところにバス停があるのですね。
Tomei20150111_10
車内はこんな感じです。シートが青とピンクの2色です。なんだか西日本JRバスみたいなカラーリングです。でも、これはJR東海バスなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(5) 

2015年1月11日(日)。今日は東名高速45周年の乗り放題きっぷ第2日です。今朝もよい天気です。ただ、ちょっと心配があります。

今日乗るのは、静岡駅始発の名古屋行き急行バスです。急行とはいっても途中停留所は各駅停車です。急行便は始発駅(静岡駅と、静岡インターバス停)から乗車する人しか予約はできません。昨日、高速バスネットで調べると、朝の静岡駅発名古屋行きは2便とも「満席」表示が出ているのです。座席定員制ですから、満席なら乗れません。まあ、満席で乗れなかったら、掛川駅まで戻って電車で行くしかないでしょう。2500円程度別払いになりますけど。

昨日歩いた道を戻って、ホテルから東名掛川バス停へ向かいます。
Tomei20150111_01
歩き始めて10分ほどで高速沿いの標識まで来ました。ここから高速をくぐります。

Tomei20150111_02
すると、ちょっとした広場になっていて、そこに自転車やバイクを置けるカーポートがあります。その左側の階段を上るとバス停です。

Tomei20150111_03
7:52の初便の次は、8:21というのがあります。これが大阪行きでした。名古屋行きの第2便は、9:22です。各駅停車の急行便は、もう15時過ぎまでありません。さすがに初便が始発で満席だったら、増号車が出るのではないかと思い、バス停にあった問い合わせ番号に電話してみました。すると、いろいろ調べてくれて「今日は、補助席のない新型車両で静岡を出たので、もしかすると満席かもし れません。とりあえず待ってみてください」との対応でした。やっぱり、来たバスを見るしかないようです。

Tomei20150111_04
定刻です。まだバスはやってきません。満席で遅れているのか、途中乗降があったからなのか。真相はわかりません。

やがて、3分遅れで姿が見えました。
Tomei20150111_05_2
さあ、どうでしょう。空席はあるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

天浜線乗り歩き(12) 

真っ暗な金指駅に着きました。
Tenhama20150110_56
この給水塔も有形文化財です。

Tenhama20150110_57
ホームの上屋も有形文化財です。19:24の掛川行きを待ちます。自分以外に誰も待っていません。

やってきた列車の先客は3名でした。
Tenhama20150110_58
この車両は、ひとり分ずつ枕カバーがつくタイプでした。これ以外に、JR東海の113系(今はもうないけど)のように、背もたれ部分にすっぽりかぶせるタイプのカバーがついている車両もありました。

20:39定刻に掛川駅に到着しました。
Tenhama20150110_59

自由通路を通ってホテルのある南口(新幹線口)へ回ります。
Tenhama20150110_60
駅名にライトがついて、11時前に乗ったときとは別の駅に来たような雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(11) 

天竜浜名湖鉄道のウエブサイトは、食べ物情報も充実していました。駅舎に飲食店が入っているところが多いことも影響しているのかもしれません。そんな中、気になったのが金指駅から1.5kmほどのところにある「とんきい」というお店です。畜産会社の直営レストランで、ミートレストランとんきいと農家のレストランとんきいが並んで建っているようです。行ってみたいと感じたのは「農家のレストランとんきい」の方です。

金指駅から浜松行きのバスに乗って、3つめの停留所、祝田(ほうだ)バス停で降りれば目の前だそうで、慣れない暗い道を歩くよりはいいだろうと、バスで行くことにしました。新所原からの列車が金指駅に着くのが17:04です。遠鉄バスのウエブサイトで時刻を調べると、金指バス停17:03と17:37があります。定刻なら17:03には乗れませんが、バスは遅れることが多いですから。

金指駅で列車を降りて、バス停へすぐに向かいました。案の定バスは遅れてきて、17:07頃やってきました。祝田バス停までは5分ほど、運賃は130円です。
Tenhama20150110_51
金指駅からのバス停は、横断歩道を渡ってちょっと離れていましたが、浜松駅からの金指方面へのバス停は、本当に店の前に立っていました。

バイキングということだけで、ウエブサイトを見ても値段とかわからなかったのです。まあ、1万円とかとられることはないでしょう。店の入口にシステムが書いてあって、ランチもディナーもバイキングのみ。ディナーは1890円(税込み2041円)だそうです。17:15頃店に入ると、まだ誰もいません。すぐにシステムの説明があって、制限時間は90分ということでした。それだけあれば十分です。
Tenhama20150110_52
さすが畜産会社の経営です。手作りハムだけで何種類もありました。ロースカツも揚げたてがならんでいます。ジュース類のほか、焼酎、赤ワイン、白ワインもフリードリンクです。日本酒とビールのみ別料金とありました。焼酎はさすがにアルコールですけど、赤ワインは渋いジュースですよね。

Tenhama20150110_53
ただ切っただけのカブに自家製の味噌をつけて食べるだけ。なんですが、これがおいしかった。

Tenhama20150110_54
デザート類も全部手作りです。プリンにチーズケーキ、コーヒーゼリーです。その他、地元の竜ヶ岩洞ジェラートが金属容器に冷やしてあって、自分で盛りつけて食べるようになっていました。それも、ぶどう、チョコレート、イチゴと3味も用意されているのです。

90分堪能させていただきました。祝田18:56の奥山行きバスに乗って、再び金指へ戻ります。
Tenhama20150110_55
幕式のバスです。ちょっと遅れてきましたけど、長距離を走るバスにしては数分遅れただけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

天浜線乗り歩き(10) 

天竜浜名湖鉄道の西側の終点、新所原に着きました。
Tenhama20150110_46
いつのまにか、正面につけていた幕がなくなっていました。どこで外したのかな。

ホームの先、JRとの接続線部分には、もう1両停まっていました。
Tenhama20150110_47
平日通学時の増結用かな。三連休は仕事無しでずっと休んでいるのかもしれません。

終点ですから、駅舎を出ます。
Tenhama20150110_48
駅舎にはうなぎ屋さんが入っています。ウナギの弁当などを並べて売っていました。でも、今夜は食事を食事をしたいところがあるので、買わずに折返し列車に乗車します。

Tenhama20150110_49
同じ車両に乗って戻ります。よく見たらTH2101です。同形式の1号車なんですね。

先ほど見た浜名湖の景色も、夕景へと変わっていました。
Tenhama20150110_50
食事に行くために、金指で降りることにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(9) 

3番線に、先ほど見た入れ替えをしていた車両が入線してきました。
Tenhama20150110_41
天竜二俣始発14:41の新所原行きです。日の当たらないすれ違い列車の見える進行方向右側に座るか、日は当たるけれども浜名湖が眺められる進行方向左側に座るか。悩んだけれども、浜名湖が見える方に座りました。

Tenhama20150110_42
浜名湖が見えました。舘山寺の観覧車もちらりと見えます。西気賀辺りの風景だったと思います。

Tenhama20150110_43
これが寸座辺りの風景だったと思います。

ゆりかもめが来る駅で有名な浜名湖佐久米に停まりました。
Tenhama20150110_44
列車の近くをけっこうな早さで飛ぶので、車内からきちんと撮影することはかないませんでした。

Tenhama20150110_45
これが奥浜名湖辺りだったと思います。けっこう長い区間で浜名湖が見えるのだなと、改めて認識することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

天浜線乗り歩き(8) 

資料館の見学も終わり、この転車台見学ツアーも終わりです。また、来た道を引率されて戻ります。
Tenhama20150110_36
これが有形文化財の建物です。細かい骨組みがきれいな木造建築です。

Tenhama20150110_37
こんな感じで、建物の間に給水塔が見えます。あの給水塔の所まで行くと、いったんフェンスから一般道へ出ます。

Tenhama20150110_38
一般道から駅裏の一般通行禁止の通路の入口に小さな公園のようなところがあります。そこに、1両の列車がやってきました。この後、天竜二俣始発の新所原行きになる車両だそうです。ここで一旦停止して、左側の線路にスイッチバックしていくと、扇状庫から本線へつながるようです。

鎖が開けられて、一般通行禁止の通路を通って2・3番線ホームへと渡ります。
Tenhama20150110_39
そのとき、保存されているキハ20とナハネ20がよく見えました。第三セクター移行時に、ここに鉄道公園を作ろうと、国鉄からいろいろな客車や貨車を借り受けたのだそうですが、公園になることなく他の車両は朽ち果てて解体されたそうです。貴重な20系ブルートレインも、よく見るとかなり傷んでいるようです。

上屋が有形文化財になっている2・3番線ホームで、先ほど入れ替えをしていた新所原行きがくるのを待ちます。
Tenhama20150110_40
せっかくの1日乗車券ですから、反対側の終点、新所原まで乗って、今日1日で全線踏破しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(7) 

続いて、鉄道資料館の見学です。どこにあるのかと思ったら、扇状庫の車両の前のロープを外すではありませんか。1番の脇が資料館になっていたのです。
Tenhama20150110_31
たしかに、資料館の看板が掛かっていました。

ありとあらゆるものが置かれていました。
Tenhama20150110_32
入ってすぐは、こんな掲示板が保存されていました。

もちろん、閉塞機も何台か置かれていました。
Tenhama20150110_33
閉塞区間でセットで保存されているものもあるようなのですが、実際に配線はされていないので、実演することはできないようです。

腕章も額に入れて展示されていました。
Tenhama20150110_34
信号故障時に、人間信号がつける区間名の入った指導者腕章や、国労の腕章まで、本当にいろいろな腕章が保存されていました。運転士、車掌、専務車掌のような一般的なものでないのが、見ていて興味深かったです。

Tenhama20150110_35
駅の出札窓口の再現だそうです。きっぷ類も保存されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(6) 

やがて転車台が回転を始めました。
Tenhama20150110_26
どうやら、この車両は出庫するようでこの位置に停まると前進していきました。

回転が終わるとロープが外され、足下の赤い線までは近寄ってよいということになりました。
Tenhama20150110_27
赤い線までといっても、本当に近くまで寄れます。回転部分がすり鉢状になっているところが多く、安全のためもっと離れてしか見学できないところが多いですからね。ここは、回転部分が平面なんですね。

Tenhama20150110_28
国鉄二俣線で走っていたのはC58という説明がありました。ディーゼルカーが載っているのを見ると、ほぼ転車台いっぱいの長さだった気がします。そうするとC58ってそんなに長くなかったのですかね。炭水車までいれるともっと長いと思ってました。

扇状庫にも近づけます。
Tenhama20150110_29
残念ながら、車両には近づけませんけど。

Tenhama20150110_30
天浜線の第二世代で1両残るTH3501は、今日は車庫の中です。走っているところは見られませんでした。第一世代のTH1~4型(いすみ200型と同じ富士重工製のレールバス)は、すべて引退しています。TH3500形は、もともと2両しか導入されませんでしたから、1両でも残っているのは奇跡なのかな。今の主流は、第三世代のTH2100形(一般用)、TH9200形(イベント対応)ですからね。両形式で15両います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

天浜線乗り歩き(5) 

車両基地の中は、有形文化財の建物がたくさんあります。ただし、どれも現役なので外観をながめるだけです。唯一、風呂場だけが使用されていないので、内部見学が可能でした。
Tenhama20150110_21
蒸気機関車時代は、ここで真っ黒になった体を洗ってから仕事を終えたのだそうです。建物の中に入って見学していいですよとのことで、入ってみました。
Tenhama20150110_22
何だろう、最近は何かの干し物に使っているのでしょうか。左右にロープがたくさん張られていました。

建物の間を抜けると、そこが車庫です。
Tenhama20150110_23
扇状庫が1番から4番まであります。4番の右側に、かつては5・6番があったのだそうです。

そして、目の前にあるのが転車台です。
Tenhama20150110_24
かつては、これでC58を方向転換していたらいいです。

今日はディーゼルカーを載せて、回してくれるそうです。
Tenhama20150110_25
一番手前の検修庫から、レールバスが1両出てきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(4) 

天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅では、毎日に転車台見学ツアーというのを開催しています。同社のウェブサイトによると13:45に待合室集合とありました。出札窓口で訪ねると、ツアー券を買って待っていてくださいとのこと。鉄道利用者は200円です。
Tenhama20150110_16
硬券仕様の台紙付きツアー券が渡されました。

天竜二俣駅の改札内には、撮影パネルがいろいろと用意されています。
Tenhama20150110_17
何を隠そう、この日は自分の誕生日。もう祝ってもらってもうれしい年齢じゃないですけど、どうしようかな。撮ろうかなとは思うものの、誰も撮っていないのではちょっとはずかしくて止めました。

時間になって、女性の方がやってきて今日の案内人とのこと。改札を入って、3番線の先の職員専用踏切を通って、いったん駅裏の一般道へと入りました。途中のフェンスには、地元のことばがいろいろとイラスト入りパネルで紹介されています。「これ、ちょっといいづらいですけどね」とその女性が足を止めて説明したのがこれ。
Tenhama20150110_18
もうお年寄りでも使う人は少ないですけど、お茶とかがとっても熱くて飲めないとき、とっても熱いことを「ちんち~ん」と表現するんです。とのことでした。

その先に蒸気機関車時代の給水塔が見えました。
Tenhama20150110_19
地下水をポンプでくみ上げて、この水槽にためて蒸気機関車に補給していたとか。この給水塔は現役で、現在は地下水をここにためて洗車機に使っているとのこと。

そして、その隣の建物がポンプ小屋という説明がありました。
Tenhama20150110_20
よく見ると、たしかに大型のポンプが設置されているようです。この小屋も給水塔も有形文化財になっているそうです。建物そのものは古くても、窓がアルミサッシになっているってことはけっこうあるのですが、ここは窓もガラスも昔のままという建物がたくさんあります。そのあたりが、有形文化財になっている理由かもしれません。

給水塔の下あたりのフェンスに「立入禁止」と書かれたドアがありました。係の方が鍵を開けて、そこから先導されて車両基地内に入っていきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

天浜線乗り歩き(3) 

気賀駅から、今度は上り列車に乗車します。
Tenhama20150110_11
待合室のホーム側には、木製のラッチが残っています。

Tenhama20150110_12
木製の上屋ですが、ホームの先の方だけ、天井の梁が狭くなっています。あそこは、元々ホーム待合室があったところのようです。今は壁もなくなり待合室の痕跡はありませんけど。

12:59の上り掛川行きがやってきました。
Tenhama20150110_13
今度は、14両在籍するTH2100形です。車内はセミクロスシートです。

これに乗って、天竜二俣駅を目指します。
Tenhama20150110_14
西鹿島~二俣本町間で、天竜川を渡ります。

天竜二俣駅に到着しました。ここで、下り列車と交換です。
Tenhama20150110_15
左が乗ってきた車両です。右が始発の新所原行きです。まもなく3番線に掛川から天竜二俣駅止まりの列車がやってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(2) 

1日乗車券を買ったとき「乗って楽しむ天浜線」という小冊子をくれました。なかなか内容豊富で、これを見ながら途中の駅舎などを見ていたら、1時間20分はアッという間でした。12:17に単線の気賀駅に到着しました。
Tenhama20150110_06
これが、乗ってきたTH9201です。正面は青とオレンジで、側面はグリーンが主体の色分けになっています。

気賀駅のホームと上屋が有形文化財になっているそうです。
Tenhama20150110_07
この上屋は、1938(昭和13)年当時のものだそうです。

天浜線は、元々の駅舎に食事処が入っている駅がけっこうあるのです。この気賀駅もその1つです。
Tenhama20150110_08
気賀駅もその1つで、「中華屋 貴長」というラーメン屋さんが入っています。有名なお店なんだそうで、ここでお昼を食べようと思ったのです。

ところが満席。名前を書いて待ってくださいと言われてしまいました。折り返し列車まで持ち時間は40分ほどです。でも、ラーメンだから何とかなるでしょう。10分ほど待って空席に案内されます。
Tenhama20150110_09
頼んだのは、当店一押しの塩ラーメンと餃子です。

Tenhama20150110_10
出てきました。あと20分以上あります。大丈夫です。スープを1口飲みます。あれっ、甘い。別に砂糖のように甘いのではありません。塩ラーメンという先入観からすると野菜の甘みなのかなぁ、とにかく甘いのです。でも、いやじゃない甘さです。不思議な感覚の塩ラーメンでした。おいしかったですよ、予想とは違いましたけど。餃子が300円で税別だったので、1188円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天浜線乗り歩き(1) 

2015年1月10日(土)。東名高速バスで東名掛川バス停に降りたのが、定刻より10分ほど遅れた10:35頃のことです。少し早足で歩けば、予定通り掛川10:58の新所原行きに乗れそうです。駅へ行く途中にあるスマイルホテルが今夜の宿。ちょっと寄って、大きなバッグだけ預けていきます。

掛川駅は南側の新幹線口につきます。
Tenhama20150110_01
でも、天竜浜名湖鉄道天浜線は反対側に回らないと駅舎がありません。自由通路を抜けて北側へ回ります。JRの駅舎の隣に建つ小さな駅舎へ階段を上って入ります。

Tenhama20150110_02
1日乗車券を買いました。1700円です。コロカ付きのコロプラフリーきっぷは2300円です。どうしようか迷ったのですが、もう今日はここまでに未踏破地をチェックしてきたので、残り回数がありません。コロプラは次の機会にします。

10:58の新所原行きは、1両しかないイベント対応車TH9201の単行でした。
Tenhama20150110_03
最初から貴重な車両に当たるとは、今回は運がいいのかもしれません。

Tenhama20150110_04
正面だけ見ると前後同じに見えますが、左右反転しているわけですから、サイドの模様はなかなか凝っています。

Tenhama20150110_05
イベント対応で転換クロスシートがずらりと並びます。乗っている分には快適でいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(4) 

日本坂トンネルに入ります。日本坂トンネルといえば、あの大火災のテレビ放送を知っている世代ですから、どうしても緊張してしまいます。日本坂トンネルを抜けると、まもなく日本坂パーキングエリアです。
Tomei20150110_16
ここで2回目の休憩があります。「ただいま9:54ですので、出発は10:04といたします。時間に遅れないように、バスにお戻りください」と肉声放送が入ります。

Tomei20150110_17
ここでは、ゴミ捨てだけして買い物はしませんでした。

運転士さんが、人数確認している間に隠し撮りです。
Tomei20150110_18
約10分遅れと放送していましたが、だいたいそのようです。東京駅で乗車するとき、乗客1人1人に「本日は、東名高速では大渋滞が予想されるため、大幅な遅延が起こることをご承知ください」と言って予防線を張られたのですが、ここまではたいした渋滞はありませんでした。

下車予定の東名掛川が放送されました。降車ボタンを押します。
Tomei20150110_19
乗ってきたバスを見送ります。東京駅でのチェック時、ちらっとみた座席表は、自分の指定席には東京-掛川と浜松北-名古屋の2つが書かれていました。自分が降りた後、浜松北から別の方が乗ってくるのでしょう。座席が×マーク(満席)だったのは本当のようです。

Tomei20150110_20
ここからJR掛川駅までは徒歩12分とありました。バス停と駅の間にあるホテルを地図で確認して予約してあります。荷物を預けてから、今日は残りの半日で、久しぶりに天浜線に乗ってこようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(3) 

まもなく足柄パーキングエリアに到着です。
Tomei20150110_11
ここで10分間の休憩があります。

Tomei20150110_12
富士山をバックに、路線バスエリアに停車する、スーパーライナー11号です。

車内はほどよく暖かいし、早起きで少し眠いので買ってしまいました。
Tomei20150110_13
ダークモカフラペチーノ+エスプレッソ1ショットです。高カロリー承知なので、チョコチップ追加は自重しました。まあ、ここまでやれば追加しても大差なかったかな。居眠りして、下車停留所を乗り過ごすのが怖いですから。うん、ほどよく苦くて甘いぞ。

本線上ではなく、インターの出入り口部分にバス停があるところも多いです。東名富士バス停もそんなインターにあるバス停でした。
Tomei20150110_14
東名富士バス停を発車して本線へ戻るところです。正面に富士山が見えました。

その先、由比の海岸線へと降りていきます。
Tomei20150110_15
東海道線も国道1号線も東名高速も、みんな海沿いを行くさった峠のところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

東名高速バス45周年きっぷの旅(2) 

定刻7時に東京駅を発車しました。

渋谷を過ぎたところでしょうか。まだ首都高速を走っています。
Tomei20150110_06

もうすぐ左ルートと右ルートに分かれるのですよね。
Tomei20150110_07

だんだん富士山が大きくなってきました。
Tomei20150110_08

高速バスは左ルートに入りました。右ルートの橋梁越しに富士山が見えます。
Tomei20150110_09

休憩の足柄サービスエリアはもうすぐです。
Tomei20150110_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速バス45周年きっぷの旅(1) 

2015年1月10日(土)。今日からの三連休は、12月1日に早朝から並んで手に入れた「東名高速線開業45周年記念3日間乗り放題きっぷ」を使った旅に出ます。とはいっても、このきっぷで思いっきり乗り倒すのではなく、これを足に使って、いろいろと鉄なところを訪ねる旅ですけど。

昨夜は、京葉線の汐見駅近くのホテルに泊まりました。潮見6:22の電車に乗るために、6:15にチェックアウトしました。
Keiyo20150110_01
日の出までは、まだ20分ちょっとありますが、朝焼けがきれいでした。車内のインフォメーションボードで、錦糸町駅快速線での人身事故で、総武快速線、緩行線ともに運転見合わせという情報が流れました。緩行線の運転再開は7:00だそうです。京葉線沿線に泊まっておいてよかった。

京葉線の京葉八重洲口で地上に出ます。フォーシーズンホテルの脇のウッドデッキを歩いて行くと、八重洲南口の高速バスのりばは、すぐそこです。JR高速バスに乗るなら、京葉線は近いのです。ただ、バスを降りたときは大変ですけど。一番北の日本橋口に下ろされますからね。
Tomei20150110_02
のりばは、一番南側の9番でした。しかも満席の×マークまでついています。

自分は、インターネット予約して先日窓口で発券してもらいました。レシートみたいなペラペラな指定券?がわたされました。
Tomei20150110_03

担当は、ジェイアールバステックでした。
Tomei20150110_04
ジェイアールバス関東とは違う会社ですが、JR東日本の関連の会社です。JRマークがモスグリーンですから。

Tomei20150110_05
正面には、ツバメが翼を広げて飛んでいるところがデザインされているのですね。4列ワイドシート車と時刻表にあったのですが、初めて乗ります。補助席なしで、通路が狭くなるくらい各シートの横幅を広げて、なおかつ2列席の間には大きめなアームレストがついていました。これなら、隣の人はあまり気にならないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

い鉄で出勤せず 

2015年1月9日(金)。今日は14時から千葉で会議です。そこで、自家用車出勤となりました。

行きがけにいすみ鉄道を撮影していきます。
Isumi350_20150109_01
今日は天気もよいし、順光の鉄橋で撮ろうと行ったのですが、鉄橋部分は谷間の日陰状態でした。ちょっとマイナス補正して撮ったので、暗い谷間に空が映る川面といった感じになってしまいました。今朝の7Dは352ムーミンでした。

続いて、第一森宮踏切に移動します。ここも天気がいいので、青い空をいっぱい入れて撮ることにしました。
Isumi200_20150109_02
今朝の8Dは206リトルミイでした。中井先生のように、感動的には撮れないですね。

12時に職場を出て茂原駅へ向かいます。茂原駅のコインパークに、自家用車を止めます。実は、三連休出かけるので、ここにしばらく停めっぱなしです。24時間毎500円で5日までは連絡不要とあるので、大丈夫でしょう。

会議は2つ。すべて終わったのが、17時半過ぎです。明朝は東京駅に6時半くらいには行きたいので、都内のホテルで泊まります。京葉線沿いには、意外と安いホテルがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

い鉄で出勤(4) 

2015年1月8日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤します。今朝も寒いです。

Isumi350_20150108_01
今朝の7Dは、352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi200_20150108_02
今朝の8Dは、206リトルミイでした。

帰宅は最終の32Dになりました。最終に乗るのは、今年最初です。
Isumi_otaki20150108_03
今朝運用についていた206は、早々に入庫していました。

Isumi_otaki20150108_04
キハ編成は給油線に停まったままです。方向幕も「快速」のままなので、試運転に使用されているというわけではなさそうです。

32Dが国吉に到着しました。
Isumi350_20150108_05
いすみ351スナフキンでした。今日の最終は、高校生でそこそこ混みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

1月5日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月5日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

淡路島百景 第3集
販売日 2015年1月9日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 淡路市、洲本市、南あわじ市内の計49局

シートはグラデーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(3) 

2015年1月7日(水)。今日もいすみ鉄道で出勤です。今朝もどんよりとした曇りです。

Isumi350_20150107_01
今朝の7Dは、351スナフキンでした。

いつものように、城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20150107_02
今朝の8Dは301パパ&ママでした。曇っているので、ヘッドライトが踏面に反射してきれいです。

帰宅は30Dになりました。今日は高校生も少なく、座って帰宅できました。
Isumi350_20150107_03
もう高校が始まったので、翌朝通学対応の2両編成です。351スナフキン+302スニフでした。ということは、明日の7Dは352ムーミンかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

い鉄で出勤(2) 

2015年1月6日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤です。

今朝はどんよりと曇っています。
Isumi350_20150106_01
シャッタースピードがぜんぜん上がりません。今朝の7Dは、352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいました。
Isumi200_20150106_02
今朝の8Dは206リトルミイでした。今年になって200型を見るのは、これが初めてです。

今日は定時で上がって、17時から歯医者さんです。天気は雨に変わっていました。折りたたみ傘を広げて、歯医者さんへと歩いて行きます。年始で患者さんが少なく、思ったより早く終わって、28Dに間に合う時間です。でも、今日は家人と落ち合って茂原に食事に行くことになっています。ところが、携帯が全然つながりません。
Isumi200_20150106_03
しょうがない、28Dに乗っていったん国吉まで行ってから待ち合わせるかと思った瞬間、電話がつながりました。もう大多喜駅近くまで来ているとのことで、28Dを撮影だけして駅前で待ちました。

Isumi_otaki20150106_04
待っているとき、ふと駅舎を振り返ってみると、入口にはクリスマスとお正月が同居していました。

無事に落ち合って茂原で一緒に夕食を済ませて、その後国吉駅まで送ってもらい、自分の車を回収して帰宅しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(1) 

2015年1月5日(月)。今年最初のいすみ鉄道での出勤です。でも、ちょっと自宅を出るのが遅れて、国吉駅に着いたのは7Dが到着する直前でした。
Isumi350_20150105_01
そんなわけで、去りゆく7Dを城見ヶ丘駅のホームから撮ります。今日は351スナフキンでした。

そして、いつものようにバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20150105_02
こちらもあわてたため、ピント合わずのダメダメ写真です。一応走った車両の記録で302スニフでした。

帰宅は28Dになりました。
Isumi300_20150105_03
302スニフでした。久しぶりにボックス席に座って帰宅できました。

その28Dの脇を下り27Dが走り抜けていきました。
Isumi300_20150105_04

待合室に入ると、ついにクロちゃんの段ボールとご飯皿が片付けられていました。もう3週間戻ってこないのだからしかたないのはわかっているのですが、やっぱりちょっと寂しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ30展示終了 

2015年1月4日(日)。急行5号の到着時刻に合わせて大多喜駅に行ってみました。上りホームに知った顔が何人もいます。
Isumi_kiha30_20150104_01
キハ30の室内灯がついています。どうやら検修線1番での展示が終わり、移動するようです。

やがて運転士さんが乗り込み、前進してきました。
Isumi_kiha30_20150104_02
上りホームでみなさん、撮影されています。

検修線1番から2番へ転線しました。
Isumi_kiha30_20150104_03
入庫と同時に、その奧に停まっていた202が出てきました。

Isumi_kiha30_20150104_04
キハ30が入庫です。その前に202が停まりました。

そして急行5号で今日の仕事が終わったキハ編成が、空いた検修線1番にやってきました。
Isumi_kiha30_20150104_05
この頃には、検修庫2番のシャッターも降りて、キハ30はまた見えなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

7日間使える1日乗車券(7-3) 

上り56Dに乗って、昨日と同様国吉駅までやってきました。
Isumi_kiha52_20150104_11
下りホームには急行1号が停まっています。

2連で走るのは、1月1日以来です。
Isumi_kiha28_20150104_12
キハ28に賀正ヘッドマークがつくのは、1日と今日の2日間だけです。

Isumi_kiha28_20150104_13
そのキハ28の脇を、56Dが走り抜けていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(7-2) 

55Dの上総中野到着は8:36の予定ですが、今日はちょっと遅れて8:37になりました。8:38着の小湊鉄道が、もうすぐそこまで来ていました。
Kominato20150104_06
何とかこの位置でとらえました。でも、期待した初詣ヘッドマークはありませんでした。今年は4日が日曜日なので、今日までつくのではと期待したのですが、例年通り3日で終了したようです。

Kominato20150104_07
今日は2両ともユニットサッシではない、切り抜き窓の古いタイプの車両です。

駅前から、粟又の滝行きのバスが発車していきます。
Kominato20150104_08
1月1日~3日は、この地区の路線バスは全面運休でした。今日から今年の運行開始です。今日は、通常の休日ダイヤで運転されます。

Kominato20150104_09
小湊鉄道を見送って、いすみ鉄道の上り56Dに乗っていきます。

8:43定刻に小湊鉄道が発車していきました。
Kominato20150104_10
力強く坂道を登って、去って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(7-1) 

2015年1月4日(日)。昨年の12月29日から始まった1日乗車券の連続使用可能も今日で終わりです。1枚1500円の急行券付き1日乗車券1枚で、毎日少しずつ乗ってきました。今日乗れば、7日間皆勤賞です。

今朝は、とりあえず職場の鍵開けを頼まれました。7:45にということでしたので、職場へ行く前に大多喜~小谷松間の祠の所へ行きました。昨日、久しぶりに上総中野方面に乗って、祠の紙垂が真新しくなっていたのに気づいたのです。正月と祭の時は、新しい紙垂になるのでしょう。

Isumi_rail20150104_01
今朝は寒くて、地面は霜で真っ白です。しめ縄の紙垂の白さが目立ちます。

そこへ下り53Dがやってきました。
Isumi350_20150104_02
351スナフキンが走っていきました。

無事に鍵開けを済ませて任務完了です。大多喜駅の脇に行くと、今日もキハ30とキハ52が並んでいました。
Isumi_otaki20150104_03
今日は曇天、しかも地面は真っ白です。昨日の青空がウソのようです。

Isumi_otaki20150104_04
キハ30の側面には、マスキングと再塗装した跡がありました。

今日も昨日と同様55Dに乗って、終点の上総中野を目指すことにしました。
Isumi350_20150104_05
今日は352ムーミンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

7日間使える1日乗車券(6-2) 

定刻8:43に小湊鉄道が発車していきました。
Kominato20150103_06
停車時間中に車掌さんに「明日もヘッドマークはつけるのですか」とたずねたのですが、車掌ではわからないとの返事でした。そうですよね、車両の準備をするのは車掌さんではないですもの。

折返し、上り56D大原行きに乗っていきます。
Isumi350_20150103_07
発車は9:02です。外は寒いので、写真を撮ったら車内で待つことにしましょう。

56Dに乗って国吉まで行きます。国吉では行き違う急行1号の6分で接続できます。
Isumi350_20150103_08
この急行に乗って大多喜へ戻ります。大多喜到着が9:57ですから、10時開店の売店にどんぴしゃりです。

売店でい鉄揚げなどを買って、年始周りに向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(6-1) 

2015年1月3日(土)。今日は、船橋にある自分の生家へ年始の挨拶へ行きます。そこで、その前に今日のいすみ鉄道乗車を楽しんで、売店で年始の手土産(またしてもい鉄揚げだけど)を買ってから行くことにします。

自宅を7時半過ぎに出て、今日はまっすぐ大多喜駅へやってきました。町営駐車場に車を停めておきます。検修線でのキハ30展示も今日まで。これは、国鉄形気動車サポーターのメールマガジンで事前に届いていました。そこで、キハ52との出庫前並びを撮っておこうと思ったのです。
Isumi_otaki20150103_01
キハ52が幌つきなので、ちょっと影が濃いのが難点ですけど。

青空がキレイなので、ちょっと横から空を入れて撮ってみます。
Isumi_otaki20150103_02
この位置からだと、幌の影があまり気になりません。それも真っ青に写ります。

今日はキハに乗らずに、まずは8:16の上総中野行き55Dに乗って行きます。
Isumi350_20150103_03
まだ、今年は小湊鉄道の高滝神社初詣ヘッドマークを撮っていなかったので、小湊接続の列車で上総中野へ行きたかったのです。55Dの上総中野到着は8:36で小湊鉄道は8:38にやってくるはずです。

上総中野について、すぐにホームの端で小湊鉄道がやってくるのを待ちます。
Kominato20150103_04
2両編成で日の出のヘッドマークをつけていました。あと、青い鶴とオレンジ色の鶴のヘッドマークがあるはずです。

Kominato20150103_05_2
青空の下、上総中野駅に並ぶ小湊鉄道といすみ鉄道です。小湊鉄道は8:43に発車します。この並びは、わずか5分しかないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015福袋解体 

2015年1月2日(金)。今日はいすみ鉄道の福袋発売日です。実は、餅つきボランティアの合い間に1袋買うことができました。国吉駅の配当は10袋でしたが、時間までに配布した整理券は8枚。2袋まだ余っていたので、発売開始後しばらくしてから買うことができたのです。

家人の生家に行って、帰ってきてから広げてみました。3000円と5000円の2種類ある年もありましたが、今年は3240円の1種類だけです。
Isumi_rail20150102_01
これだけ入っていました。
・ポスターカレンダー
・い鉄揚げ(しょうゆ味)
・いすみ鉄道カステラ
・D51498ペーパークラフトつきキットカット
・里山やさいのチキンカレー
・いすみ鉄道ドロップ
・いすみ鉄道刺繍タオル
・いすみ鉄道刺繍トートバッグ
・プクプクキーホルダー
・キハ52メモ帳(非売品)
・ティッシュケース(キハ52)
・ティッシュケース(いすみ200)
鉄的にうれしかったのは、非売品のメモ帳ですかね。キットカットも、こんな大きなペーパークラフト付きってあったのですね。知りませんでしたし、自分から進んで買ったかといったら難しいかも。福袋に入っていたから、手にすることができた商品かもしれません。まだ組み立ててないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(5-2) 

ムーミン列車のレールバスだと、もっと階段寄りに停車するのですが、キハだと単行でもずいぶん奧に停車するのですね。
Isumi_kiha52_20150102_06
今まで何度も乗っているのに、気づきませんでした。

上総中野駅の待合室の小湊鉄道エリアにこんな張り紙がありました。
Isumi_nakano20150102_07
D型硬券の観光入場券が発売されたようです。ただし、上総中野は無人駅なので、売っているのは五井駅と養老渓谷駅だそうです。

折返しのキハに乗って、総元駅で降りました。
Isumi_kiha52_20150102_08
ここもスイセンが咲いていました。

ここで家人と待ち合わせをして、勝浦市にある家人の実家へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(5-1) 

2015年1月2日(金)。今日はいすみ鉄道応援団のボランティアです。国吉駅での餅つき大会のお手伝いに行きます。その前に、朝の快速100Dを撮影しに行きました。今日と明日はキハ52の単行ですから、普段は見えない大原方の顔を撮れるのです。
Isumi_kiha52_20150102_01
森宮踏切で狙います。真正面が順光で、サイドは踏切のどちら側に立っても日が当たりません。自分はこちら側から緑のトンネルをバックに撮りました。普段は見えない、首都圏色初期塗り分け仕様の先頭に、賀正ヘッドマークの組み合わせで、快速大原行き100Dが駆け抜けていきました。

その後、国吉駅に行ってお手伝いです。餅つきの方は人手が足りていたようなので、最初は甘酒振る舞いや福袋購入者の列整理などをお手伝いして、それからクロの衣装に着替えてお持ち配布のお手伝いです。13時過ぎの急行4号までやってお開きとなりました。

そこで、その後から1日乗車券の今日の乗車としました。まずは、国吉13:36の上り62Dに乗って、上総東まで行きます。
Isumi350_20150102_01
352ムーミンを運転していたのは、先日幻の快速902Dを運転していたH運転士さんでした。

ここで、急行3号を待ちます。地元の親子連れが、大多喜まで久しぶりに乗ってみると、ホームで待っていました。ところが、時刻になっても急行がやってきません。ようやく3分ほど遅れて姿を現しました。
Isumi_kiha52_20150102_04
しかしながら、上総東発車時にも何かしらトラブルが発生したようで、遅れが増します。結局、国吉での観光停車は無しにして、そのまますぐ発車。大多喜にも遅れて到着となりました。それでも、大多喜は1分遅れ程度で発車することができました。その後、トラブルはなかったようです。

終点の上総中野に着きました。
Isumi_kiha52_20150102_05
やっぱり、普段は見られないこっち側の顔を撮ってしまいますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(4) 

2015年1月1日(木・祝)。7日間連続使用可の4日目です。昨夜からほとんど寝ていないのですが、それなりに元気です。だって、1枚の1日乗車券を1週間も使ってよいというのですから、皆勤賞を狙いたくなってしまいますよ。地元なんですから。

15時過ぎに自宅を出て国吉駅へ向かいます。
Isumi_kuniyosi20150101_06
国吉駅にもいすみ鉄道の「のぼり」があったのですね。終夜運転の時は気づきませんでした。

急行4号がやってきました。
Isumi_kiha28_20150101_07

今年のヘッドマークのアップも撮っておきましょう。
Isumi_kiha28_20150101_03

今日は、急行4号~5号で国吉~大原間の往復をしてきます。
Isumi_kiha28_20150101_08
大原に到着です。特別ヘッドマークは1月4日まで着くそうです。2日・3日はキハ52の単行で運転と発表されていますから、キハ28の特別ヘッドマークを撮れるのは、今日と4日だけなのです。

Isumi_kiha52_20150101_09
急行5号が国吉に到着しました。着いたときはイルミネーションが点灯していませんでした。昨日の終夜運転でタイマーの設定を変えたかな。どうしたのかな、などと話していると突然点灯が始まりました。そこで、イルミネーションと賀正ヘッドマークで1枚撮って、急行5号を見送ってから自宅へ戻りました。これで連続4日乗りました。あと3日で皆勤賞です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

初日の出と銚子電鉄(8) 

外川駅からの発車は10:21。これが今年最初の銚子行き電車になります。まだ発車まで10分以上あるので、撮影をしましょう。
Choden20150101_36
外川方の突端に押し込められていて、ここで風葬されるのでは思っていた801が、側線に移されていました。まだ時間があるので、踏切まで行って撮りましょう。

Choden20150101_37
801号も2001編成も、外川方と銚子方で顔が全く違います。どちらも、銚子方は非貫通で、外川方が貫通式になっています。

外川10:21の上り電車に乗って、銚子着が10:40です。接続の総武線経由千葉行きは10:56です。もう、ホームにいると思ったら、のりばは1番線でしかもまだ入線していませんでした。改札前の1番線なので、弧廻手形でいったん改札を出てから、往復乗車券のかえり券で自動改札を入ります。

成東での乗り継ぎが1分、大網での接続が2分という、絶妙というかあやうい乗り継ぎを無事にこなして、茂原に12:22に到着しました。有人改札でお願いして、今回の往復乗車券をいただいてきました。
Choden20150101_38
初日の出行ったのみ見えなかった記念の旅でしたね。

まっすぐ帰ろうかと思ったのですが、このまま国吉駅に向かうとちょうど急行2号の時間です。まだ今年の新年ヘッドマークを見ていないので、行ってみることにしました。

急行2号がやってきました。
Isumi_kiha28_20150101_01
ようやく今年の特別ヘッドマークを目にすることができました。昨年の2014が2015になり、地色が昨年の濃紺から暗い緑に変わりました。

Isumi_kiha28_20150101_02
もちろん、キハ52の方にもヘッドマークは着いていました。

これを撮ってから自宅へ戻りました。ちょっと遅めのお昼です。家人と一緒に雑煮とおせちを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(7) 

君ヶ浜で少し撮影をしていきます。ここは、海鹿島側の畑の中が有名撮影地なのですが、あえて犬吠側のキャベツ畑で撮ります。今がキャベツの季節ですから。
Choden20150101_31
君ヶ浜9:32の犬吠行きです。キャベツ畑をいっぱい入れて撮ってみました。

Choden20150101_32
こんな感じの、キャベツ畑の小道から撮りました。折返しの銚子行きは、有名撮影地に挑戦しましょう。

でも、もう撮影者がたくさんいますから、それほど構図を選ぶ余地がありません。キャベツ畑に収穫用の機械があったので、これを入れて撮ることにしました。やっぱり季節感があるほうがいいですものね。
Choden20150101_33
1002を撮影するのも、これが最後になるようです。ごくろうさまでした。無事に10日のさよなら運転の大役をこなしてくださいね。

君ヶ浜駅へ戻ります。次の下り電車が、今年最初の外川行きになります。これに乗って、終点の外川へ行きます。
Choden20150101_34
君ヶ浜駅のホームから望遠で狙います。こんな感じで、有名撮影場所にはズラリと撮影者が並んでいるのです。

外川に10:05に到着しました。今日は10時から外川駅のみで記念切符が発売されます。
Choden20150101_35
特製台紙付きの、未年記念「外川~仲ノ町」乗車券です。無事に入手することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(6) 

犬吠駅に着いたのは8:33です。今朝は、犬吠駅前で4:30~9:00に「犬吠屋台村」が開催されるとパンフレットにありました。まだお店はやっています。ここで何か食べられそうです。何でも、10時撤収なのでそれまで営業するなんて声も聞こえてきます。それなら先に撮影してきましょう。
Choden20150101_26
普段は撮影できない踏切から列車を撮ります。今日は、犬吠止まりで運転されているためか、下り電車がホームに入っても遮断機が下りないのです。

そのまま、踏切を渡って県道から犬吠駅を撮ります。
Choden20150101_27
地下鉄車両2連だということが、よくわかります。

その後屋台村に戻って、豚トロベーコン串とつみれ汁をいただきます。なんとなくもう少し食べたくて、窯焼きピザも1ピース買ってしまいました。

犬吠9:17の上り電車に乗って、ひと駅君ヶ浜へ行きます。そろそろキミちゃんも起きた頃じゃないかな。
Choden20150101_28
今度は緑の2001編成に乗っていきます。

Choden20150101_29
こっちは、京王電鉄の高尾臨のヘッドマークを参考にしたものですね。

君ヶ浜に着きました。通常、キミちゃんのおうちになっているところが、今日は銚子電鉄サポーターの方の詰め所になっていて、ブルーシートで囲われています。「キミちゃん、中にいますよ。入っていいですよ」と言ってくださったので、ブルーシートの中に入ってみます。

キミちゃんがいました。石油ストーブの前に置かれた座布団の上でまどろんでいます。「気持ちいいんだから、さわるんじゃないよ。声もかけないでよ」というオーラが出ています。
Choden20150101_30
わかったよ、キミちゃん。写真だけ撮ったら退散するね。また、少し暖かくなったらくるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(5) 

30分後の交換も撮影していきましょう。8:25の下り電車がやってきました。下りが先着で3分停まります。
Choden20150101_21
ほどよい薄曇りだったのですが、また日が差してきました。

Choden20150101_22
まずいなと思っていたら、やっぱり架線柱の影が出てしまいました。今日は太陽に悩まされています。見たいときに見えなくて、隠れてていいよというときに顔を出して。

Choden20150101_23
初日の出も終了して、この時間下り電車の乗客は、鉄道ファンが乗っている程度でした。

8:24の上り電車がやってきました。
Choden20150101_24

この区間はスタフ閉塞です。上り電車のスタフを受け取って、駅長さんが下り電車に持ってくるまで発車はしません。
Choden20150101_25
上り電車が発車しました。下り電車も車掌さんが外を確認しているので、ドア締めが先行しそうです。そろそろ乗り込みます。再び犬吠駅へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

初日の出と銚子電鉄(4) 

西海鹿島7:26の犬吠行きです。
Choden20150101_16
せっかくなので1002の方を撮っておきます。この電車の折返しを、笠上黒生駅で撮ろうと思います。ここから笠上黒生駅までは歩いても10分とかかりません。

さすがに、今日は撮影者がたくさんいます。自分は下りホームから上り電車を撮ることにしました。
Choden20150101_17
笠上黒生7:52の上り電車がやってきました。空はまたしても曇ってしまいました。

下り電車と並びました。
Choden20150101_18
どちらも元日特製のヘッドマークをつけています。

上りホームへ移動して撮影します。
Choden20150101_19
車掌さんが1両目の後ろ側運転室から顔を出して、安全確認をしています。

Choden20150101_20
下り電車が残りました。まもなく、ドアが閉まって発車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(4) 

西海鹿島7:26の犬吠行きです。
Choden20150101_16
せっかくなので1002の方を撮っておきます。この電車の折返しを、笠上黒生駅で撮ろうと思います。ここから笠上黒生駅までは歩いても10分とかかりません。

さすがに、今日は撮影者がたくさんいます。自分は下りホームから上り電車を撮ることにしました。
Choden20150101_17
笠上黒生7:52の上り電車がやってきました。空はまたしても曇ってしまいました。

下り電車と並びました。
Choden20150101_18
どちらも元日特製のヘッドマークをつけています。

上りホームへ移動して撮影します。
Choden20150101_19
車掌さんが1両目の後ろ側運転室から顔を出して、安全確認をしています。

Choden20150101_20
下り電車が残りました。まもなく、ドアが閉まって発車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(3) 

海岸から君ヶ浜駅へ戻る途中で、雲の切れ目から太陽が少しだけ顔をのぞかせました。
Choden20150101_11
キャベツ畑にまでは太陽の光があたりませんでしたけど。

そんな中、犬吠行きの電車が走っていきました。
Choden20150101_12
この電車が犬吠から折り返してくる銚子行きに乗る予定です。

君ヶ浜7:18の銚子行きがやってきました。
Choden20150101_13
もちろん、混ではいますが乗れないほどではありません。数人が君ヶ浜から乗り込みました。

2つ先の西海鹿島駅でおります。
Choden20150101_14
となりの笠上黒生駅で行き違う、地下鉄2両編成を撮ろうと近くのキャベツ畑へ向かいました。

ところが、電車がくる直前に太陽が雲の間から顔を出し、露出オーバーになってしまいました。
Choden20150101_15
とんでしまった色は、RAWで撮らなかったので、上手く補正できません。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(2) 

6:15になりました。まだ暗いとはいえ、薄明るいという感じにはなってきました。
Choden20150101_06
犬吠埼灯台が一定時間毎に光るのはまだ確認できます。イベント案内パンフによると、6:15から初日の出前の記念花火大会があるとありました。

Choden20150101_07
おお、本当に花火が上がりました。ただし、ホテルの向こう側なのと、あまり高く上がらなかったので、しおさい公園からはちょっと見にくかったです。

Choden20150101_08
それでも、しばし打ち上がる花火を楽しみました。6:30には花火大会も終わりました。

日の出は6:46です。でも海上の雲は厚いです。
Choden20150101_09
6:54の海上の様子です。たぶん、あのオレンジになっているところに太陽があるのでしょう。

Choden20150101_10
ちょうど日の出の時刻、海上をサンフラワーが航行していました。これが、今年の銚子の初日の出ということで我慢しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出と銚子電鉄(1) 

銚子からは銚子電鉄にのりかえです。5両編成ほぼ満席の乗客が、ほぼ全員のりかえるのですから、きっぷ売り場は大混雑です。そう予想して、12月30日に銚子へ来たとき、仲ノ町駅で元日用弧廻手形の前売りを買っておいたのです。
Choden20150101_01
通常より20円安い600円です。大量の乗客をさばくため、おつりを簡単にするためなのでしょうね。その代わり、通常券にはある、濡れせんべい引換券はついていません。

Choden20150101_02
裏面は電車の時刻表になっています。通常とは違う特別ダイヤですから、これはありがたいですよね。

特急「犬吠初日の出5号」に接続するのは、銚子5:22の犬吠行きです。今日は、緑色の2001編成と、地下鉄車両協調運転の2連の2運用のハズです。どちらが来るでしょうか。折返し電車の入線は5:14です。

やってきたのは、地下鉄電車の方でした。とにかく乗客が多いので、写真を撮るよりも乗ることの方が先決です。乗り切れなかったらやっかいですから。途中駅からの乗車もあり、ますます混雑がひどくなります。それでも、君ヶ浜で降りて海岸へ行く人もけっこういました。
Choden20150101_03
犬吠に到着です。出口を抜けるのもひと苦労です。自分は、このままこの電車に乗って、君ヶ浜まで戻って海岸へ行く予定です。

Choden20150101_04
やっぱり1002の方を撮る人が多かったです。まあ、雰囲気だけ撮れればあとは明るくなってからゆっくり撮りますから。

犬吠5:50の銚子行きに乗って、ひと駅君ヶ浜へ戻りました。
Choden20150101_05
ドアが閉まり、銚子へ向けて走って行きました。

駅前から海岸までの道には、数メートルおきに明かりが灯されていました。普段は何もない暗い細道なのでしょうけど、今日はたくさんの人が歩いているので迷うことはありません。海岸のしおさい公園で初日の出を待ちます。でも、海上の雲はとても厚いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

終夜運転大回りで銚子へ(2) 

東京駅では地上ホームまで移動します。東京駅まで来ると、やっぱり人が多いなという印象です。深夜2時というのに、大勢の人が歩いていました。

次に乗るのは山手線です。
For_choshi20150101_06
2:32の外回りに乗って行きます。

For_choshi20150101_07
この列車も、列車番号9288Gの9000番台です。

秋葉原では上の階にある総武線ホームへ移動します。2:50の千葉行きが発車すると、表示器は特急オンリーになりました。
For_choshi20150101_08
ほぼ15分おきに3本運転される「犬吠初日の出号」が終わると、今度は外房方面への臨時特急です。どちらも、全車指定席なのですが、微妙に表示器の表示が違っているのはナゼなのでしょう。

For_choshi20150101_09
えきねっとでシートマップ予約したときは、5号車は表示できず、4号車も5号車寄りがのきなみ×でした。どうやら銚子電鉄に乗り換えしやすい場所が、びゅうのツアー商品用に確保されていたようです。自分もなるだけ近いところと4号車を抑えたのです。

For_choshi20150101_10
車内改札で押されたスタンプは、佐倉運輸区のものでした。

この特急、錦糸町から千葉までは、快速停車駅すべてに停まります。終夜運転は緩行線だけですから、快速ホームは臨時特急利用者のために電気が点けられているのでしょう。

千葉を出ると佐倉には停まらず成田までノンストップです。そして、成田の次は佐原にも停まらずに終点銚子という停車駅です。途中、少し眠ったようですが、ほぼ記憶があるまま終点銚子に到着しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終夜運転大回りで銚子へ(1) 

2015年1月1日(木)になりました。終夜運転の列車を大回りで乗り継いで、銚子へ行きます。初日の出を見るのが目的の1つですが、もっと大きな目的は、1月10日限りで引退する銚子電鉄の1002号に乗ったり、写真を撮ったりすることです。

使う乗車券は、ごく普通の往復乗車券です。
For_choshi20150101_01
茂原も銚子も東京近郊区間内ですから、一筆書きになる経路ならどんな経路をとっても最短経路の運賃で乗れます。「ゆき」は大回りをして、「かえり」は最短経路で帰ってくる予定です。有効開始日は1月1日からです。もう日付は変わっているとはいえ、まだ大晦日の続きのようなもの。駅はこの終夜臨が出てから眠りに就くのですから。大丈夫かなと自動改札に通すと、何事も無く穴が開いて出てきました。きちんと暦日に対応しているのですね。

まずは、茂原0:46の外房線上り唯一の終夜臨に乗っていきます。
For_choshi20150101_02
最近はめっきり減った、下りホーム4番線からの上り列車になります。

For_choshi20150101_03
209系の6両編成です。列車番号は9230M、9000番台の臨時列車ですね。茂原を出たときは空いていました。あきらかに立ち客が出たのは、鎌取からのわずかな区間でした。

蘇我に1:19に到着します。1:26の発車まで7分停車します。
For_choshi20150101_04
その間に、京葉線の東京行きが先発します。これに乗れたのが、大回りしようと思ったきっかけでもあります。

For_choshi20150101_05
こちらも列車番号は9134Yと9000番台の臨時列車です。蘇我を出たときはガラガラです。やっぱり、中途半端な時間だから、そんなに混まないだろうと思ったのです。ところが、海浜幕張に到着すると、ホームには各乗車位置に行列ができています。福袋を持った人もいます。もしや、0時開店のお店があったのかもしれません。東京駅は京葉地下2番線の到着でした。1番線には武蔵野線車両の西船橋行きが停まっていました。どうやら、終夜臨では1・2番線ホームだけを使っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(3-3) 

まもなく大多喜駅を発車します。
Isumi_otaki20141231_11
大多喜駅から歩いて30秒で番所さんです。

Isumi_otaki_20141231_12
自家製かき揚げにわかめやかまぼこを載せた、特製そばが待っていました。600円でした。

大多喜の発車は22:41です。
Isumi_kiha28_20141231_13
もちろん、間に合いました。検修線にはキハ30が停まっているのが見えます。

大原からは、折返し急行「上総・夷隅初詣1号」になります。
Isumi_kiha28_20141231_14
ホームに行列ができているのを見たときはびっくりしました。JR1番線には、東京からの最終特急「わかしお25号」がやってきました。もしかすると、これから乗り換えてくる人もいるのでしょう。

キハ52は満席、キハ28もかなりの席も埋まって、大原駅を発車しました
Isumi_kiha52_20141231_15
国吉で降りたのは、自分を含めて5人です。自分以外の4人は、いすみ鉄道社員の方につれられて、夷隅神社と上総出雲大社に初詣に向かいました。

自分の1日乗車券連続使用3日目はこれで終わりです。ここから自家用車で茂原駅へ向かいます。その間に新年を迎えることでしょう。茂原0:46の終夜臨時列車に乗って、銚子へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日間使える1日乗車券(3-2) 

急行51号が大多喜に到着しました。
Isumi_kiha52_20141231_06
ここで18分の停車です。駅前の番所さんが、おととい寄ったときに「年越しそばやるから、食べに来てね」と言っていました。でも、18分では注文して食べるのはムリ。そこで、折返しの急行52号の停車中に食べようと、時間指定で注文してきます。52号も大多喜で18分停車するのです。

大多喜からは普通列車になって上総中野に到着しました。
Isumi_kiha28_20141231_07
当初の案内では、団体夜行列車ではないので、終点ではかならず下車して車両整備の上、再び乗車してもらいます。とのことだったのですが、「折返し52号乗車の方は、そのまま車内でお待ちいただいてかまいません」になっていました。ただ、車両整備中はドアを閉めて下車できなくなるので、かなりの方は降りて写真を撮っていました。

Isumi_rail20141231_08
ロングシート部分は空いていたし、お疲れで寝ている人もいました。えっ、この人誰かって。大多喜から乗ってきて、いろいろおしゃべりしたら疲れてしまったようです。毎日激務ですからね。

Isumi_kiha28_20141231_09
車両整備も終わってドアが開きました。急行52号も大多喜までは普通列車です。

Isumi_kiha28_20141231_10
大多喜に到着です。ここの18分停車を利用して、駅前の番所さんで先ほど予約した「年越しそば」を食べてきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

7日間使える1日乗車券(3-1) 

2014年12月31日(水)。7日間使えるいすみ鉄道1日乗車券の使用3日目です。今日は、キハ編成を使った終夜運転があるので、1日乗車券の使用は夜からになりました。

19:45頃家を出て、自家用車で国吉駅に向かいました。
Isumi_kuniyosi20141231_01
記念撮影用ボードですが、年月日すべてが抜いてありました。明日から2015年ですからね。3枚とも抜かれるのは年に1回ですね。

上り定期便最終の72Dを待っていると雨が降ってきました。
Isumi350_20141231_02
雨の中やってきた72Dは、351スナフキンでした。先客は1名で、国吉から自分を含めて2名が乗りました。普段の休日では考えられない乗車率です。終夜運転効果でしょうかね。

Isumi350_20141231_03
20:30大原に到着です。2番線には、すでに回送されていたキハ編成が、急行51号として乗車を開始していました。

Isumi_kiha28_20141231_04
急行51号は大原20:35です。乗り継ぎはわずか5分。キハ52の方が人気があるようで、空いていたキハ28のレストラン列車のときは厨房になって座れない、運転席方のロングシートに座っていきました。

Isumi_kiha28_20141231_05
そうです、終夜運転ではキハ28の自由席なのです。ちゃんと自由席の表示が入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »