« 天浜線乗り歩き(7)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(9)  »

2015年1月13日 (火)

天浜線乗り歩き(8) 

資料館の見学も終わり、この転車台見学ツアーも終わりです。また、来た道を引率されて戻ります。
Tenhama20150110_36
これが有形文化財の建物です。細かい骨組みがきれいな木造建築です。

Tenhama20150110_37
こんな感じで、建物の間に給水塔が見えます。あの給水塔の所まで行くと、いったんフェンスから一般道へ出ます。

Tenhama20150110_38
一般道から駅裏の一般通行禁止の通路の入口に小さな公園のようなところがあります。そこに、1両の列車がやってきました。この後、天竜二俣始発の新所原行きになる車両だそうです。ここで一旦停止して、左側の線路にスイッチバックしていくと、扇状庫から本線へつながるようです。

鎖が開けられて、一般通行禁止の通路を通って2・3番線ホームへと渡ります。
Tenhama20150110_39
そのとき、保存されているキハ20とナハネ20がよく見えました。第三セクター移行時に、ここに鉄道公園を作ろうと、国鉄からいろいろな客車や貨車を借り受けたのだそうですが、公園になることなく他の車両は朽ち果てて解体されたそうです。貴重な20系ブルートレインも、よく見るとかなり傷んでいるようです。

上屋が有形文化財になっている2・3番線ホームで、先ほど入れ替えをしていた新所原行きがくるのを待ちます。
Tenhama20150110_40
せっかくの1日乗車券ですから、反対側の終点、新所原まで乗って、今日1日で全線踏破しましょう。

|

« 天浜線乗り歩き(7)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(9)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60970289

この記事へのトラックバック一覧です: 天浜線乗り歩き(8) :

« 天浜線乗り歩き(7)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(9)  »