« 天浜線乗り歩き(5)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(7)  »

2015年1月13日 (火)

天浜線乗り歩き(6) 

やがて転車台が回転を始めました。
Tenhama20150110_26
どうやら、この車両は出庫するようでこの位置に停まると前進していきました。

回転が終わるとロープが外され、足下の赤い線までは近寄ってよいということになりました。
Tenhama20150110_27
赤い線までといっても、本当に近くまで寄れます。回転部分がすり鉢状になっているところが多く、安全のためもっと離れてしか見学できないところが多いですからね。ここは、回転部分が平面なんですね。

Tenhama20150110_28
国鉄二俣線で走っていたのはC58という説明がありました。ディーゼルカーが載っているのを見ると、ほぼ転車台いっぱいの長さだった気がします。そうするとC58ってそんなに長くなかったのですかね。炭水車までいれるともっと長いと思ってました。

扇状庫にも近づけます。
Tenhama20150110_29
残念ながら、車両には近づけませんけど。

Tenhama20150110_30
天浜線の第二世代で1両残るTH3501は、今日は車庫の中です。走っているところは見られませんでした。第一世代のTH1~4型(いすみ200型と同じ富士重工製のレールバス)は、すべて引退しています。TH3500形は、もともと2両しか導入されませんでしたから、1両でも残っているのは奇跡なのかな。今の主流は、第三世代のTH2100形(一般用)、TH9200形(イベント対応)ですからね。両形式で15両います。

|

« 天浜線乗り歩き(5)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(7)  »

コメント

こんにちは~。モモパパです。
新所原の高架橋。僕、乗車した覚えがあります。
それにしても今だ現役の転車台とは。C58が走ってたんですか。二俣線にしては大型の蒸気だったんですね。

投稿: モモのパパ | 2015年1月13日 (火) 09時05分

モモのパパさん、こんにちは。
天竜二俣駅前にはC58が静態保存されています。あれが、国鉄二俣線で活躍していたSLですと紹介がありましたから、間違いないと思いますよ。

投稿: わらしべ長者町 | 2015年1月13日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60966594

この記事へのトラックバック一覧です: 天浜線乗り歩き(6) :

« 天浜線乗り歩き(5)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(7)  »