« 大人の休日倶楽部パスの旅(2-6)  | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅(2-8)  »

2015年1月25日 (日)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-7) 

山形駅で撮影をして、「とれいゆつばさ1号」が発車したのが11:25です。足湯の予約時間5分前です。タオルを持って16号車へと向かいます。380円でタオル付きなのですが、記念のタオルはとりあえず使わずに持ち帰りたいですからね。

入り口の湯守の方にチケットを渡すと、タオルの入ったビニール巾着を渡されて、車両中央の黒いソファで待つように指示されました。
Otonapass20150124_31
この黒いソファで待ちます。

Otonapass20150124_34
天井には、温泉マークのような飾りもありました。

Otonapass20150124_32
これが足湯です。一度に4人が入れます。黒いソファの前後に1つずつあります。つまり、定員8名で15分間使えるのです。

お見苦しいですが・・・
Otonapass20150124_33
なかなか気持ちよいです。

湯上がりラウンジの売店で、ついついワインは渋いジュースだよなとか言って、一番瓶が小さかった月山ワインを買ってしまいました。
Otonapass20150124_35
足湯を出たのが11:45で、終点新庄到着が12:16です。約30分で、先ほど買った米沢駅の駅弁「米沢牛 焼肉重 松川辨當」と月山ワインで昼食にします。うん、おいしかった。

|

« 大人の休日倶楽部パスの旅(2-6)  | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅(2-8)  »

コメント

車内で足湯ですか?
そんな設備のある車両があるとは知らなかったです。

投稿: モモのパパ | 2015年1月26日 (月) 05時35分

モモのパパさん、こんにちは。
足湯のある「とれいゆつばさ」。登場したときは、かなり話題になったのですけど、東日本方面だけだったかな。昨年の7月19日から走り始めました。半年くらい経ったのですね。オリジナルの地元食材弁当や足湯の予約は「びゅう」の旅行商品を購入しないとダメなのです。どうやら14号車が旅行商品専用車両になっていたようです。ここだけ空いていて、数組しか乗っていませんでした。置いてあるお弁当は、自分の買った駅弁よりおいしそうでしたけど。その分、足湯の当日売りもかなりあったようで、無事に購入してはいることができました。

投稿: わらしべ長者町 | 2015年1月26日 (月) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/61034069

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の休日倶楽部パスの旅(2-7) :

« 大人の休日倶楽部パスの旅(2-6)  | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅(2-8)  »