« 大人の休日倶楽部パスの旅(2-9)  | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅(3-1)  »

2015年1月26日 (月)

大人の休日倶楽部パスの旅(2-10) 

新潟駅のホームで写真を撮っていると、17:04の快速「くびき野4号」が回送でやってきました。
Otonapass20150124_46
旧国鉄塗色じゃないですか。つい、乗っていきたくなりましたが、予定通り新幹線に乗ることにします。これに乗っていって、直江津で乗り換えても大丈夫なんですが。

新潟「MAXとき340号」に乗車します。
Otonapass20150124_47
E4系MAXだって、廃止が決定していてもう何年も乗れないのですから。8両編成なのに1~4号車が自由席という内容でした。つまり、2階席の普通車は5・6号車しかないのです。それでも越後湯沢まではガラガラでした。越後湯沢で降りると、ホームは人で埋まっています。たちまち満席になって、越後湯沢を発車していきました。

こちらは、18:39の「はくたか22号」に乗り換えます。ここも30分以上の接続を撮っておきました。たぶん最後になる「はくたか」乗車です。写真を撮っておきたいですからね。
Otonapass20150124_48
在来線通路に、こんな手作り感いっぱいのありがとうカウントダウンボードがありました。廃止まで今日であと48日です。

Otonapass20150124_49
指定席は、いちばん後ろの9号車でした。この車両クハ681-9、681系のかなり初期の車両でした。越後湯沢で、JR西日本の車両が見られるのも、あと48日なのですね。

車内で、新潟駅で買ってきた駅弁で夕食にします。
Otonapass20150124_50
新発田三新軒の「まさかいくらなんでも寿司」という長い名前の駅弁です。三新軒って、新潟、新津、新発田と3社あるけど、たしか新発田はすでに駅売りをしていないはず。でも、新潟で買えたのですね。鱒と鮭と蟹といくらの押し寿司だそうです。

富山県に入ると、窓ガラスに雨が斜めに走ります。まさか雨になるとは思っていませんでした。定刻20:59に高岡駅に到着しました。新しくなった高岡駅に降りるのは初めてです。実は、新しい駅になって万葉線が少し伸びました。だから、これに乗っておかないと日本の鉄道完乗タイトルが一時返上状態のままなのです。ホテルは本当に駅前なので、ほとんど濡れずにチェックインすることができました。

|

« 大人の休日倶楽部パスの旅(2-9)  | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅(3-1)  »

コメント

こんにちは~。モモパパです。
おお~。
旧国鉄特急塗装車両。
僕だったらつい乗ってしまうかも。
「まさかいくらなんでも寿司」。面白い名前ですね。美味しかったですか?

投稿: モモのパパ | 2015年1月26日 (月) 09時11分

目的は万葉線の延伸した軌道への乗車だったんですね。3月14日は新幹線も開業しますが、富山地鉄の市内電車も160m延伸して富山駅のなかに入ります。また是非お越し下さいconfident

投稿: SILVIAおじさん | 2015年1月26日 (月) 19時16分

モモのパパさん、こんにちは。
乗ってしまうと、塗色は関係ないですものね。だから、この日は写真だけで我慢です。実は、今日たっぷり乗れました。それから、この長い名前の駅弁、おいしかったですよ。カニはあえて薄めの味でカニの風味がよくしました。

投稿: わらしべ長者町 | 2015年1月26日 (月) 22時21分

SILVIAおじさん、こんにちは。
万葉線の延長が一番の目的ですが、城端線と氷見線乗車も目的です。城端線は国鉄時代に1回、しかも白川郷からバスで城端に出て、城端から高岡の片道1回しか乗ったことがないのです。新高岡駅ができて、印象が変わってしまわないうちに、もう一度乗っておこうと考えた次第です。氷見線は、JRになってから乗ったことはあるのですが、確か伏木~高岡だけで、伏木~氷見は国鉄時代以来かもしれません。高いの承知で、寒ブリ食べてきましたよ。

投稿: わらしべ長者町 | 2015年1月26日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/61035247

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の休日倶楽部パスの旅(2-10) :

« 大人の休日倶楽部パスの旅(2-9)  | トップページ | 大人の休日倶楽部パスの旅(3-1)  »