« 天浜線乗り歩き(10)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(12)  »

2015年1月15日 (木)

天浜線乗り歩き(11) 

天竜浜名湖鉄道のウエブサイトは、食べ物情報も充実していました。駅舎に飲食店が入っているところが多いことも影響しているのかもしれません。そんな中、気になったのが金指駅から1.5kmほどのところにある「とんきい」というお店です。畜産会社の直営レストランで、ミートレストランとんきいと農家のレストランとんきいが並んで建っているようです。行ってみたいと感じたのは「農家のレストランとんきい」の方です。

金指駅から浜松行きのバスに乗って、3つめの停留所、祝田(ほうだ)バス停で降りれば目の前だそうで、慣れない暗い道を歩くよりはいいだろうと、バスで行くことにしました。新所原からの列車が金指駅に着くのが17:04です。遠鉄バスのウエブサイトで時刻を調べると、金指バス停17:03と17:37があります。定刻なら17:03には乗れませんが、バスは遅れることが多いですから。

金指駅で列車を降りて、バス停へすぐに向かいました。案の定バスは遅れてきて、17:07頃やってきました。祝田バス停までは5分ほど、運賃は130円です。
Tenhama20150110_51
金指駅からのバス停は、横断歩道を渡ってちょっと離れていましたが、浜松駅からの金指方面へのバス停は、本当に店の前に立っていました。

バイキングということだけで、ウエブサイトを見ても値段とかわからなかったのです。まあ、1万円とかとられることはないでしょう。店の入口にシステムが書いてあって、ランチもディナーもバイキングのみ。ディナーは1890円(税込み2041円)だそうです。17:15頃店に入ると、まだ誰もいません。すぐにシステムの説明があって、制限時間は90分ということでした。それだけあれば十分です。
Tenhama20150110_52
さすが畜産会社の経営です。手作りハムだけで何種類もありました。ロースカツも揚げたてがならんでいます。ジュース類のほか、焼酎、赤ワイン、白ワインもフリードリンクです。日本酒とビールのみ別料金とありました。焼酎はさすがにアルコールですけど、赤ワインは渋いジュースですよね。

Tenhama20150110_53
ただ切っただけのカブに自家製の味噌をつけて食べるだけ。なんですが、これがおいしかった。

Tenhama20150110_54
デザート類も全部手作りです。プリンにチーズケーキ、コーヒーゼリーです。その他、地元の竜ヶ岩洞ジェラートが金属容器に冷やしてあって、自分で盛りつけて食べるようになっていました。それも、ぶどう、チョコレート、イチゴと3味も用意されているのです。

90分堪能させていただきました。祝田18:56の奥山行きバスに乗って、再び金指へ戻ります。
Tenhama20150110_55
幕式のバスです。ちょっと遅れてきましたけど、長距離を走るバスにしては数分遅れただけでした。

|

« 天浜線乗り歩き(10)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(12)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60980498

この記事へのトラックバック一覧です: 天浜線乗り歩き(11) :

« 天浜線乗り歩き(10)  | トップページ | 天浜線乗り歩き(12)  »