« い鉄で出勤せず  | トップページ | い鉄で出勤(142)  »

2014年12月 8日 (月)

「お座敷外房号」に遭遇 

2014年12月3日(水)。職場を定時で上がって、千葉の会合へ向かいます。時間の関係で、茂原17:44の「わかしお20号」に蘇我まで乗車します。特急券がもったいない気もしますが、ライナー券だと思えばほぼ同額ですから。それに「わかしお20号」は、上総一ノ宮で1~5号車増結ですから、前の方で待てばまず座れないことがないですから。

ホームに上がると、特急の前に見慣れぬ列車名が出ています。
Sotobo20141203_06
「お座敷外房号」両国行きだそうです。構内放送でも団体列車であることを告げています。どうやらびゅうのツアー列車のようです。外房地区から両国までの往復で宴会をする列車のようです。茂原からも数名のグループが乗車していました。

Sotobo20141203_07
車両はおなじみの「ニューなのはな号」です。今日は全面お座敷仕様でした。

会合が20時過ぎに終わって、千葉20:21の大原行きに乗って茂原に戻ってきました。ホームの列車案内を見ると、2列車後に「お座敷外房号」の文字があります。茂原から往復約4時間ですか。これならたっぷり宴会ができそうですね。知っていれば、仲間を誘って乗ったかなぁ。でも、水曜日じゃ集まらないな。自分の仲間は。

|

« い鉄で出勤せず  | トップページ | い鉄で出勤(142)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お座敷外房号」に遭遇 :

« い鉄で出勤せず  | トップページ | い鉄で出勤(142)  »