« 奥久慈清流ライン号の旅(2)  | トップページ | 奥久慈清流ライン号の旅(4)  »

2014年12月15日 (月)

奥久慈清流ライン号の旅(3) 

車内は意外にも、若干の空席がありました。運転時刻が早いこともあるのでしょう。座席の上には、パンフレット等が入った袋が置かれていました。中に乗車証明書もあったのですが、ボールペンに挟み込まれていて、よれよれになっているのが残念です。別にボールペンに挟まなくてもいいのではと思うのですが。

発車前に駅弁の写真を撮っておきます。
Seiryu20141207_11
掛け紙は2種類で日替わりとありました。もう1つはイラストでしたが、そちらは日付がよくわからなかったので、12月7日の日付がよくわかる写真の掛け紙の方を買いました。

中身は二段重ねでした。
Seiryu20141207_12
地のものを使った、なかなかおいしいおかずでした。ただ、ご飯は寒空の下で売っていたので、すっかり冷えて固くなっていました。これは残念でした。

車内改札があります。
Seiryu20141207_13
水郡線営業所という車内改札印が押されました。

途中停車駅は、常陸大宮と上菅谷の2駅です。ただ、車内販売や車内イベントはまったくありませんでした。千葉支社のイベント列車に慣れてしまったせいか、なんだか寂しいイベント列車だなと感じてしまいました。11月30日の常陸大子のイベントでは、NREの記念プレートの販売があり、今日の列車内でも当然あると思っていただけに、この点はガッカリでした。

Seiryu20141207_14
定期列車と違うのは、車掌さんが特製の腕章と帽子を着用していたことくらいでしょうか。

上菅谷の停車で、ようやくDLを正面から撮ることができました。
Seiryu20141207_15
帰りは連結されないDL編成を撮りたかったのですが、乗ってしまうと撮るところがありません。ようやく、上菅谷停車で撮ることができました。ちょっと影が意地悪してきますが、いたしかたないでしょう。

|

« 奥久慈清流ライン号の旅(2)  | トップページ | 奥久慈清流ライン号の旅(4)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60815921

この記事へのトラックバック一覧です: 奥久慈清流ライン号の旅(3)  :

« 奥久慈清流ライン号の旅(2)  | トップページ | 奥久慈清流ライン号の旅(4)  »