« ぐんまワンデー世界遺産パスの旅(12)  | トップページ | 記念乗車券を買いに東京駅へ  »

2014年12月 4日 (木)

ぐんまワンデー世界遺産パスの旅(13) 

赤城駅は17:50を過ぎると、とたんに賑やかになります。
Gunma20141130_61
上毛電鉄のホームには上下の電車が行き違います。

そして、東武のホームにも普通電車がやってきます。
Gunma20141130_62
停車位置も微妙に違うし、引きがないため、4本の列車を1枚の写真に収めることはできませんでした。

18:00ちょうどに「りょうもう44号」が発車しました。「ぐんまワンデー世界遺産パス」は、群馬県内の鉄道全線のほか、JRは高崎線が埼玉県の深谷まで、両毛線が栃木県の小山まで乗車できます。「休日おでかけパス」とフリー区間が重なっているため、自宅往復なら間違いなく「休日おでかけパス」を併用するところです。ところが、今夜は船橋の生家に泊まります。そこで、行き帰りとも普通乗車券にしました。その代わり、帰りは普段あまり乗らない東武鉄道で帰ることにしたのです。

東武動物公園を過ぎると、車掌さんの車内巡回がありました。売れていないはずの座席に座っている人のみ車内改札です。自分の近くを通ったとき、声をかけて乗り越し分の乗車券を売ってもらいました。JRのようなレシートタイプの機械発券だろうと思っていたのですが、複写式の駅名列記のきっぷでした。
Gunma20141130_63
そんなわけで、北千住の有人改札で記念に欲しい旨を言って、無効印を押してもらいました。

北千住からJR常磐線で松戸へ。松戸から新京成で、生家最寄りの北習志野駅に着いたのは20時半を少し回った頃でした。

|

« ぐんまワンデー世界遺産パスの旅(12)  | トップページ | 記念乗車券を買いに東京駅へ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60761153

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんまワンデー世界遺産パスの旅(13)  :

« ぐんまワンデー世界遺産パスの旅(12)  | トップページ | 記念乗車券を買いに東京駅へ  »