« 「ありがとう キハ222」(10)  | トップページ | 「ありがとう キハ222」(12)  »

2014年12月13日 (土)

「ありがとう キハ222」(11) 

那珂湊17:25の勝田行きに乗車します。これは、先ほど乗っていた3両編成の折返しです。ところが、ここ那珂湊で後ろ2両(キハ2004+キハ222)を切り離すとのこと。ここからは3710-01の単行です。いくらロングシートとはいえ、超満員になって那珂湊を発車しました。

勝田に着いて、いったん改札を抜けて改札前のパン屋さんへ行きます。さすがに20時近くまで何も食べないのは厳しいですから。再び、ひたちなか海浜鉄道ののりばに戻ると、すでに夜汽車1号が入線していました。乗車口は前寄りの1カ所だけ。すでに長蛇の列ができています。これでは、ボックス席はムリでしょう。慌てることはないと、まずは撮影をします。
Hitatinaka20141206_51
なんと、ヘッドマークが昼間と違います。ちゃんと「レトロ夜汽車」の図柄になっています。

Hitatinaka20141206_52
愛称版も昼間とは違います。

前の入口から乗車します。整理券にスタンプが押されました。
Hitatinaka20141206_53
うん、自分より年上の車両です。

Hitatinaka20141206_54
天井にはエアコンはもちろん、扇風機もありません。旋回窓といい、完全に雪国仕様のディーゼルカーなんですね。

Hitatinaka20141206_55
勝田側の車内銘板です。那珂湊までの15分間を、後部のロングシートで過ごしました。普段は通過列車のないひたちなか海浜鉄道ですから、この列車も無停車といっていても、各駅で運転停車をするものと思っていました。ところが、本当に各駅とも通過したのです。これは予想外です。途中駅通過という、普段できない体験をしました。

|

« 「ありがとう キハ222」(10)  | トップページ | 「ありがとう キハ222」(12)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう キハ222」(11) :

« 「ありがとう キハ222」(10)  | トップページ | 「ありがとう キハ222」(12)  »