« 支社版フレーム切手  | トップページ | 奥久慈清流ライン号の旅(2)  »

2014年12月14日 (日)

奥久慈清流ライン号の旅(1) 

2014年12月7日(日)。今日は水郡線の茨城県内区間を楽しむ1日になります。「ときわ路パス」を使って、この区間を2往復して自宅へ戻る予定です。

泊まっていた水戸駅近くのホテルを5時に起きて5:50にチェックアウトしました。水戸駅の改札を入ったのが6時ちょっと過ぎです。1番線には水郡線の常陸大子行きが2両編成で停まり、2番線には水郡線の常陸太田行きが4両編成で停まっています。すごく似た行き先なので間違えないように1番線の列車に乗り込みます。

すでに大半の座席は埋まっています。ドア脇のロングシートに空席を見つけて座っていきます。その後も乗客はどんどん増えていきます。発車時には、通路に立つ人も多くなりました。早朝ですが子ども連れの方も多いのは、やっぱりこれで常陸大子まで行って「DL奥久慈清流ライン号」に乗る人たちなのでしょう。三脚や脚立を持った人たちは撮り鉄の方達でしょうから、たぶん途中で降りていくことでしょう。

その予想の通りで、撮り鉄の方々を途中で降ろしたほかは、ほぼ全員終点の常陸大子まで乗り通しました。7:45に到着したのは2番線で、3番線には「DL奥久慈清流ライン号」の編成が停まっています。でも、最後部に連結されるはずのSLはまだありません。

とりあえず、乗ってきた編成を撮りたいと、跨線橋を渡り1番線へ行きました。すると、SLがバックでこちらに近づいていくるではないですか。レンズをSLの方に向けます。
Seiryu20141207_01
やっぱり迫力がありますね。2年前のC11とは違います。

Seiryu20141207_02
バックで3番線へ入ってきました。

Seiryu20141207_03
3番線は撮影者であふれていますが、1番線はそうでもありませんでした。

これが乗ってきた列車です。
Seiryu20141207_04
両運転台のキハE130形の2連でした。せめて、E131+132だったら、もう少し座席が多かったのですが。

Seiryu20141207_05
3番線に停まっている「DL奥久慈清流ライン号」が見えます。先頭がホームをはみ出しているので、ヘッドマークを撮ることができません。まだ発車まで時間もあるので、改札を出ることにします。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 奥久慈清流ライン号の旅(2)  »

コメント

こんにちは~。モモパパです~。
SLがバックで走ってくる姿も迫力があっていいですね。

投稿: モモのパパ | 2014年12月15日 (月) 08時45分

モモのパパさん、こんにちは。
まさか、下り初便が到着してから、編成組成をするとは思ってもいませんでした。側線で編成に組んでから入線だと思っていたので、実際に見られたときはかなりうれしかったですね。

投稿: わらしべ長者町 | 2014年12月15日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60810354

この記事へのトラックバック一覧です: 奥久慈清流ライン号の旅(1)  :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 奥久慈清流ライン号の旅(2)  »