« 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-1)  | トップページ | 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-3)  »

2014年11月23日 (日)

南房総フリーで晩秋の地元旅(1-2) 

安房鴨川から乗った電車は館山止まりです。館山で千葉行きに乗り換えです。6両編成から8両編成になりました。その電車を浜金谷で降ります。
Minami_boso_free20141122_06
浜金谷では、ちょうど上下が行き違いでした。てっきり、次に乗る電車が入線していると思ったのですが。

毎シーズン毎に、できるだけ乗るようにしている「リゾートあわトレイン」。夏臨のときとは、運転時刻も区間も変更になりました。夏臨のときは10:21でしたが、秋臨は10:46です。そんなこともあって、この10:36の普通列車できたのです。その代わり、入線が10:45と発車直前でした。
Minami_boso_free20141122_07
入線を撮ったら、急いで乗車口へ向かいます。今回は、最後部1号車の指定券だったので、この点は助かりました。

乗車が済むとすぐに発車です。それと同時に車内に放送が流れます。「ホームで君津駅長が手を振って皆さんをお見送りしています。どうぞ、手を振り替えしてあげて下さい」ですって。そうですかと、こちらも手を振りながらシャッターを切りました。
Minami_boso_free20141122_08
浜金谷から乗ったことは何回かあるけれども、こんな放送が入ったシーズンは初めてです。しかも、最後部1号車が駅長さんの前を通り過ぎるまで徐行運転でした。4号車のイベント車両と合わせて、毎回何か違った仕掛けをしてくれるので、ついつい乗ってしまうのです。

チラシにはこども限定とあったけれども、今日は乗客がとても少なかったです。大人の方もどうぞと記念撮影をすすめられました。
Minami_boso_free20141122_09_2
「リゾートあわトレイン」の記念撮影、実はけっこう好きなのです。なぜかというと、毎シーズン数日の運転のために、このボードを作っているのです。だから、毎回微妙に変わる運転区間を記録するのにも役立ちます。ちなみに、今回ひさしぶりに安房小湊までの運転になりました。さらに冬臨では、君津~安房小湊に拡大すると発表されています。ちなみに、今回は立体式で、運転席のどんぐりが振り子のように動く仕掛けになっています。超凝ったボードです。

Minami_boso_free20141122_10
臨海学校発祥の地、岩井の海岸を見ながら列車は進みます。日中は思ったより暖かくなりました。日の当たる側の車内は、暑いくらいに感じます。

|

« 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-1)  | トップページ | 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60697395

この記事へのトラックバック一覧です: 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-2) :

« 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-1)  | トップページ | 南房総フリーで晩秋の地元旅(1-3)  »