« 大山千枚田「棚田の夜祭り」(3)  | トップページ | ちょっとだけい鉄を撮影して職場へ  »

2014年10月26日 (日)

大山千枚田「棚田の夜祭り」(4) 

バスのりばへ行くと、鴨川日東バスのマイクロが乗客を乗せているところでした。
Tanada20141025_16
行きにのりばへ入らずにどこかへ行ってしまった、鴨川日東バスの貸切色マイクロは、やっぱりこのピストン輸送に使われるバスだったのですね。

この次のバスに乗って、市営競技場へと戻りました。先ほどのマイクロが停まっているので写真を撮ります。
Tanada20141025_17
貸切塗色ですが、LEDの行き先表示器もついていますから、どこかの路線で使われているのでしょう。ちなみに、乗ってきた後ろのバスはナンバーから7台目で動いていたバスです。オリエント交通の代役で入ったのか。それとも8台目として入ったのかはわかりませんでした。

自家用車に乗りかえて、自宅へ戻ったのが20:40頃のことでした。かってきた寿司と栗の写真を撮ります。
Tanada20141025_18
全部、この大山千枚田のある地区の「ひらつか地域活性化協議会」の方々が作ったものです。栗は渋皮がついているのに全然渋くありませんでした。おいしいのですけど、ちょっと物足りないです。大人になると、苦さとか渋さが美味しく感じてしまうのですよね。田舎寿司は見ての通り、酢飯に山の幸がたくさん載っているというものです。魚介類はまったくありません。甘辛く煮たシイタケがとくにおいしかったですね。こちらは、ちょっと濃いめの味付けが酢飯とよく合っていました。ちなみに、渋皮煮が200円、田舎寿司が450円でした。

|

« 大山千枚田「棚田の夜祭り」(3)  | トップページ | ちょっとだけい鉄を撮影して職場へ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60545736

この記事へのトラックバック一覧です: 大山千枚田「棚田の夜祭り」(4)  :

« 大山千枚田「棚田の夜祭り」(3)  | トップページ | ちょっとだけい鉄を撮影して職場へ  »