« さよなら勝浦市内路線バス(3)  | トップページ | いすみ鉄道を撮りながら  »

2014年10月 4日 (土)

さよなら勝浦市内路線バス(4) 

バスの車内には、廃止になる路線や新設路線の案内が貼ってありました。
Kominato_bus20140928_16

時間になり、バスは動き始めました。松野坂上バス停を過ぎると、バスは脇の旧道に入りました。そして、市民バスの松野坂バス停のところで停まりました。
Kominato_bus20140928_17
何で旧道に入るのか、そしてこんなところで停まるのか。最初はわかりませんでした。でも、思い当たる節はあります。小湊鐵道のウェブサイトは、路線バスの時刻や運賃が検索できるのですが、奥津駅入口→松野坂上で検索するときちんと出るものの、松野坂上→奥津駅で検索すると「該当の路線はありません」と出るのです。そして、松野坂上と並んで、松野坂という路線バスにはないバス停が一覧にはあったのです。

この疑問には、運転士さんが解説してくれました。かつては松野坂上が折り返し場だったのですが、松野折返し便が実質週1便のこのバスだけになって、借りていた土地を返してしまったのだそうです。会社からは、国道で来て旧道へ180度ターンして入って、帰りは松野坂バス停始発まで旧道で待機するようにと指示されているのだそうです。市民バスはローザなので、なんとか180度ターンができるのですが、路線車はそれができません。国道上で切り返して180度ターンは坂の途中ということもあり危険きわまりない。そこで、今日の場所まで回送して方向転換となったのだそうです。そういういきさつから、帰りは松野坂バス停が始発なのだそうです。これは知りませんでした。

Kominato_bus20140928_18
帰りの松野バス停は方面別です。興津方面は、県道に入ったところにポールが立っています。しかもそこに待ち人がいました。週1便のバスに、自分たちのようなお別れ乗車ではないお客さんがいたのです。

Kominato_bus20140928_19
自分は同居人の生家最寄りの小羽戸バス停で降りました。

Kominato_bus20140928_20
バス停の時刻表は、どこかに飛んでなくなっていました。誰も乗らないから、時刻表がなくなっても、どこからも苦情がないのだそうです。

生家に停めてあった自家用車に乗って、大多喜のお城まつりのお手伝いへと向かいました。

|

« さよなら勝浦市内路線バス(3)  | トップページ | いすみ鉄道を撮りながら  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60420988

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら勝浦市内路線バス(4) :

« さよなら勝浦市内路線バス(3)  | トップページ | いすみ鉄道を撮りながら  »