« 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(4)  | トップページ | 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(6)  »

2014年9月 9日 (火)

快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(5) 

里見駅に着きました。ここは、市原市南部の小学校統合に伴って、小学生が列車通学を行うことになったため、列車増発の必要が起きました。そのため、2013年3月に交換設備が復活して有人駅になったのです。有人駅になってからは、初めての下車です。

今日は第1日曜日、地元の喜動房倶楽部の方のお店がやっている日です。雨なので、待合室内も販売場兼スタッフ会議室になっていました。弁当類の物販は別棟でやっているそうで、そちらに行ってみます。いわゆる弁当はなく、いなりずし、おにぎり、やきそば、サンドイッチが並んでいました。どれも安いです。とくに、コロッケサンドがおいしそう。これとやきそばを買っても350円です。
Kominato20140907_21
買ったのはいいですが、今日は雨で外のベンチが使えません。待合室内のベンチは喜動房倶楽部のスタッフ会議室状態で今後の運営方針などを話し合っています。さすがに、ここで食べるのはちょっと居心地が悪いです。さいわい、小さなベンチがホームにもあるので、入場券を買ってホームのベンチで食べることにしました。
Kominato20140907_22
これがなかなかすごいです。駅名はスタンプ押しです。紙もところどころシミが出て黄色くなっています。本当に売れてないんだなと実感する入場券です。国鉄時代にローカル線めぐりをして、入場券を買うとこんなきっぷで裏に赤線、青線が入っている(売れないから色鉛筆の線が入っているんです)きっぷを渡されたことを思い出しました。さすがに、色鉛筆の線はありませんでしたけど。

乗車する12:00の上総中野行きがやってきました。
Kominato20140907_23
今度は単行です。

ここではタブレットの交換があります。正確には、上総牛久~里見が通券閉塞で、里見~上総中野がスタフ閉塞だそうです。ですから、ここで交換がない場合は、上総牛久方はタブレットではなく通券になることもあるのでしょう。
Kominato20140907_24
この時間はどちらもタブレットでした。駅長さんが両肩に、2つのタブレットをかけてホーム端の信号を操作します。

その後、上りの運転士さんに上総牛久へのタブレット(通票)を渡します。
Kominato20140907_25
キャリアの色が白と黒で色分けしたあるのは、間違い防止なのでしょうね。その後、上総中野へのタブレット(スタフ)を下り列車に持ってきてくれて、ようやく里見発車となりました。

|

« 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(4)  | トップページ | 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(6)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60286397

この記事へのトラックバック一覧です: 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(5) :

« 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(4)  | トップページ | 快速「そと房」号で行くいすみ鉄道の旅(6)  »