« 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(3-2)  | トップページ | 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(4-2)  »

2014年8月22日 (金)

青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(4-1) 

2014年8月21日(木)。第4日は、伊勢市駅からの再開です。
Jr6_q_23_0
改札で4回目にスタンプを入れてもらいます。1回目の稚内と重なってしまったのが少々残念ですが、致し方ないでしょう。JR東海は、改札時間帯を表すアルファベット入りのスタンプです。

23 908C 伊勢市6:29→6:49多気
Jr6_q_23
昨夜伊勢市に泊まったのは、多気に一番早く着けるからです。松阪の方が時間的には余裕を持てたのですが、多気着が6:58になります。次の列車には3時間以上乗るので、確実に座席を確保したかったのです。

24 327C 多気7:05→10:21新宮
Jr6_q_24
キハ11の2両編成かな、まだ乗ったことがない、ステンレス製の300番台に乗れるかなと考えていたのですが、キハ48の2両編成でした。松阪方面からの下り列車が到着しても、乗り継ぐ人はわずかです。結果的に心配することはなかったのですね。

紀勢本線は、紀伊長島から海沿いに出ます。そして、熊野市からなだらかな海岸になります。つまり、紀伊長島から熊野市までが、入り江の続く景色を楽しめる区間なのです。進行方向左側の海の見える座席に座って、景色を楽しんでいきます。この区間で、唯一のランドマークといっていいのが、尾鷲の火力発電所です。駅の手前から見える、あの巨大な煙突は目立ちます。建物に描かれていた尾鷲の絵はだいぶ色あせていましたが。隣の大曽根浦駅からは、海へと続く燃料搬入用の桟橋が見えます。あとは夏場は特急も臨時停車する新鹿の海岸でしょうか。湾の奥に白い砂浜が弧を描いた風景は、車窓から見てもなかなかきれいです。

25 2330M 新宮11:25→14:05紀伊田辺
Jr6_q_25
ここからは2時間40分のロングシートの旅です。115系電車の2両編成です。ワンマン運転なので、無人駅ではドアの開かない2両目に乗っていきます。お昼時にかかるので、ロングシートでも簡単に食べられる新宮名物「めはりずし」を買おうと思ったら、駅弁もそば屋も撤退してしまったのだそうです。もう駅で「めはしずし」を買えないのですね。変わって、売店では紀伊勝浦のサンタパンというところの調理パンをいろいろと売っていました。そんな中から「マグロバーガー」418円を買いました。マグロカツとタルタルソースのバーガーで、なかなかおいしかったです。

新宮駅の側線には9月から走り始めるハローキティ電車が停まっていました。
Jr6_q_25_2
バッテリー走行を主体とした自己充電型バッテリー車両という発表ですが、いったいどんな形式か興味がありました。写真の左側の車両には「DGBC2A-1」という表記があり、右側の車両には「DGBC2B-1」という表記がありました。クハとかいう表記はなかったので、これが正式なものなのでしょうか。

|

« 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(3-2)  | トップページ | 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(4-2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60192560

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(4-1) :

« 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(3-2)  | トップページ | 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(4-2)  »