« 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(1-1)  | トップページ | 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(2-1)  »

2014年8月20日 (水)

青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(1-2) 

5 2784M 白石16:23→17:29苫小牧
Jr6_q_05
やってきたのは、今度も733系の3両編成でした。先ほどの編成は優先席が薄紫色の座席でしたが、こちらはつり革と同じ鮮やかなオレンジイエローのモケットでした。これは目立ちますね。混んでいましたが、下車も多く、新札幌で座ることができました。

6 フェリー連絡バス(道南バス) 苫小牧駅18:18→19:02フェリー東港
Jr6_q_06
以前の苫小牧市営バスターミナルだったバス乗り場へ行きます。東港へのフェリー連絡バスは1番線6番のりばと案内がありました。行ってみると、すごいことになっています。小学生の団体を先頭に50人を超える人が並んでいるではないですか。17:55頃にワンステップバスが来て乗車が始まりました。自分の7~8人前で運転士さんが「もう1台15分後に来るので、それまで待ってください」といいます。たしかに15分後に2台目が来て、残りの人を収容して発車しました。新日本海フェリーの案内に「バス40分」と書いてありましたが、本当に遠かったです。

バス代は720円ですが、これはバスを降りてフェリー会社の人に払って下さいとのことでした。どうやら、フェリー会社の貸切運行という形をとっているようです。これで、1台目の行き先表示が「貸切」、2台目も「道南バス」になっていたのが納得です。

7 フェリーあざれあ(新日本海フェリー) 苫小牧東港19:30→7:45秋田港
Jr6_q_07
昨年も、新潟港→小樽港で乗船した新日本海フェリーに乗ります。昨年はA期間以外は貸切料金不要だったのですが、今年はC期間以外は貸切料金必要になっていました。ちなみに、利用したのは昨年も今年もB期間です。12時間乗るし、繁忙期で混雑必至ですから、貸切料金払って2人用個室を利用しました。電源も使えるので助かります。多少ゆれましたが、それが船らしくって楽しいです。快適な一夜が過ごせました。

|

« 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(1-1)  | トップページ | 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(2-1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/60178895

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(1-2) :

« 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(1-1)  | トップページ | 青春18きっぷJR6社の旅 JR九州券編(2-1)  »