« 栗コーダーカルテット20周年コンサート(3)  | トップページ | 総武線120周年千葉青森号回送  »

2014年7月21日 (月)

総武線市川~佐倉開業120周年号 

2014年7月20日(日)。今日は千葉県内をブルートレインが走るという、もしかしたらこれが最初で最後かもしれない団体列車がある。運転区間は、「市川~佐倉120周年号」が市川から佐倉まで。「120周年千葉青森号」が千葉から青森まで。佐倉から千葉まで回送運転があるのは間違いないものの、佐倉でそのまま折り返すのか。それとも成田辺りまで回送するのかが、どうしてもわからないのです。鉄道ダイヤ情報には、この列車そのものが載っていませんでした。

成田のホテルを出て、成田郵便局へ行きます。念のため「ゆうゆう窓口」へ行って、フレーム切手の有無を訪ねますが、やはり「ゆうゆう窓口」には置いていないとのこと。成田市内で土日にフレーム切手を購入するのは、不可能なようです。

その後、イオンショッピングセンターに車を停めて、バスで成田駅へ向かいます。途中、夏祭りの神輿が出ていて大渋滞。20分以上かかって、成田駅に着きました。成田11:42の千葉行きに乗って佐倉を目指します。この電車の佐倉到着は11:56です。団体列車の佐倉到着は11:35ですから、先頭から見ていれば、佐倉駅のホームに停まっている姿が撮れるかもしれません。

ところが、旧佐倉機関区の脇を通ったとき、団体列車が停まっているのが見えました。あわててシャッターを切ります。
Soubu120_20140720_01
すでに、ディーゼル機関車と寝台車は切り離されています。でも、ディーゼル機関車にはヘッドマークが着いています。

佐倉駅の改札を出て、旧機関区まで2kmくらいでしょうか。歩いて行きます。途中にある跨線橋で、たくさんの人が撮っていました。自分もそこへ行きました。
Soubu120_20140720_02
佐倉からの折り返しは、EF64 1001が先頭です。

Soubu120_20140720_03
やはりみなさん、撮影には苦労していました。架線柱や架線がどうしても画面に入ってしまいますから。

Soubu120_20140720_04
ディーゼル機関車のみえるところまで行きましたが、すでにヘッドマークは外されていました。これ以上行っても仕方ないようです。暑いこともあり、佐倉駅へ戻ることにしました。

|

« 栗コーダーカルテット20周年コンサート(3)  | トップページ | 総武線120周年千葉青森号回送  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総武線市川~佐倉開業120周年号 :

« 栗コーダーカルテット20周年コンサート(3)  | トップページ | 総武線120周年千葉青森号回送  »