« 痛い目を見たひたちなか(4)  | トップページ | 応援団ボランティア1日目  »

2014年5月 7日 (水)

痛い目を見たひたちなか(5) 

ロードトレインの乗り場は2カ所ありました。1つは、西口ゲート直行便で、もう1つは周遊便です。自分は、直行便の列に並びました。ちなみに、直行便は西口からの行きが300円で、帰りが200円とのことです。

Hitatinaka20140503_16
ロードトレインがやってきました。今度は、客車を4両つないでいます。先頭のトラックではなく専用の機関車型のトラクターです。これには満席で乗れずに1本待ちになりました。
Hitatinaka20140503_17
次の便がやってきました。同じ型で色が緑から青になりました。イタリアのドット社のものですね。津久井湖で走っているロードトレインと同じもののようです。

コースは、臨時運行だけあって、定期周遊コースとは全く違いました。敷地の外周を走って行きます。景色はまるでバックヤード見学です。なかなか貴重な風景をみながら、先ほどは行った西口に到着しました。

Hitatinaka20140503_18
客車とともに、この時期だけ見ることができる「みはらしの丘↔西口」という表示を撮っておきました。

駐車場を出たのがすでに16時を過ぎています。とにかく、付近はショッピングセンターもあり大渋滞です。ようやく有料道路につながる道に出ますが、有料道路への右折レーンは長蛇の列。そのまま那珂湊の市街地へと走らせます。ここまで来たら、もう何時になってもしかたありません。那珂湊駅近くの干し芋屋さん「大丸屋」へ行きます。なんと駐車場が満杯。中も人が大勢。何回か来ていますが、こんなに混んでいるのは初めてです。それでも、お徳用パックを買って帰ります。本当は丸干しが欲しかったのですが、やっぱり丸干しは自分用で食べるにはちょっと高い。おいしいんだけどね。

那珂湊駅をちらっと見て、池谷冷菓店へ行きます。ここは四角い今川焼きで有名なお店。この時間だからダメかなと思ったのですが、あずき1個と白なら在庫ありとのこと。黒白買って帰りました。もちろん、車中のおやつですけど。

那珂川を渡って、大洗インターから高速に入ります。常磐道からこの4月に開業した圏央道の神崎インターまで乗って、成田はにわ道経由で帰ろうと思ったのですが、茨城町東インター手前から渋滞です。これは参りました。結局、茨城町ジャンクションから東関道に入って、茨城空港北インターへ。そこから鉾田、佐原と通って、いつもの通い慣れた、多古、横芝と抜ける道で帰ってきました。なんと、帰宅したのが23時近かったです。

千葉から北への茨城方面ならゴールデンウィークでも空いているだろうと考えは甘すぎました。少々ゴールデンウィークの渋滞をなめていたようです。結局、ひたちなか海浜鉄道は、那珂湊駅前からちらっと2004が停まっているのを見ただけでした。まあ、それなりに海浜公園が楽しめたからよかったですけどね。

|

« 痛い目を見たひたちなか(4)  | トップページ | 応援団ボランティア1日目  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛い目を見たひたちなか(5) :

« 痛い目を見たひたちなか(4)  | トップページ | 応援団ボランティア1日目  »