« 大人のコナンの会へ  | トップページ | 痛い目を見たひたちなか(2)  »

2014年5月 6日 (火)

痛い目を見たひたちなか(1) 

明けて2014年5月3日(土)、ゴールデンウィークの後半戦初日は、ひたちなかへ行こうとしました。ひたち海浜公園の青い花「ネモフィラ」のことが、ひたちなか海浜鉄道のウェブサイトでもたびたび紹介されていて、それを見てみたいな思ったのです。阿字ヶ浦から海浜公園まで無料バスもあるとのことで、海浜公園に車を止めて、花を見てからバスと列車でひたちなか海浜鉄道を楽しもうと考えたのです。

しかし、ゴールデンウィークの渋滞をなめていました。茨城県方面とくに国道51号線はそれほど混まないだろうという考えが甘すぎました。まず、東関道終点の潮来出口で渋滞2kmです。国道51号線もそれほど早く走れません。11時近くになってようやく鉾田市の看板が見えました。ようやく鉾田かと思ったものの地名は大洋です。そう、合併前の大洋村で鉾田市街まではまだかなりあります。たぶん、大洗のアウトレットと那珂湊の魚市場関係で、ここから混んでいるのでしょう。

こうなったら迂回です。スマホのナビアプリを使って、東関道の茨城空港北インターを目指します。そこから、東関道、北関東自動車道、東水戸道路、常陸那珂有料道路を通って、国営ひたち海浜公園の駐車場に車を入れることができたのが、なんと14時のことでした。

茨城県なら空いているだろうと、甘く考えたことを深く反省したのでした。

|

« 大人のコナンの会へ  | トップページ | 痛い目を見たひたちなか(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛い目を見たひたちなか(1) :

« 大人のコナンの会へ  | トップページ | 痛い目を見たひたちなか(2)  »