« 支社版フレーム切手  | トップページ | 大人の工作(2)  »

2014年2月21日 (金)

大人の工作(1) 

先日、いすみ鉄道の急行に乗ったときに、営業企画課のMさんが乗務していました。「22・23日の200型急行は、『快速』とか『急行』とか、表示を出すのですか」とたずねると、今のところ予定はないとのことでした。200型最後の勇士かもしれないし、せっかく急行で走るのだから、急行表示が欲しいよなと思いました。そこで、鳥塚社長さんにメールして問い合わせると、作ってくれれば現物を見て使えるかどうか判断する旨の返事をいただきました。

それならと、塩ビ板を発注です。穴開け加工があるので、ちょっと日数をとられてしまったのと、雪で配達が遅れてしまい、到着したのが火曜日18日の夕方でした。職場の仲間のMさん(一緒に駅の掃除などをやるメンバーです)と種別板作りを始めました。

Isumi_kosaku20140219_1
角にR付けと穴開け加工をした塩ビ板です。板代より加工賃の方が高かったです。

Isumi_kosaku20140219_2
マスキングしてデザインカッターで切り出します。

Isumi_kosaku20140220_3
スプレーで色つけです。2回塗りなので、1時間空けて2回目を塗りました。裏面は快速で青です。合計4回塗りました。

そしてできあがった1枚がこれです。
Isumi_kosaku20140220_4

もう1枚がこれです。

Isumi_kosaku20140220_5

20日の18時半頃、ようやく大多喜駅へ持って行くことができました。実際に使っていただけるかどうかは、いすみ鉄道の判断にまかせるしかありません。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 大人の工作(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の工作(1) :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 大人の工作(2)  »