« 伯父の葬儀に参列  | トップページ | 国吉にて  »

2014年1月11日 (土)

いすみ鉄道輸送障害(1月) 

いすみ鉄道で起こっていた輸送障害について、1月9日に復旧するまでをまとめてみました。自分の見たまま情報が中心ですが、そこから推測されること(推測)、情報として聞いたこと(伝聞)も必要に応じて明記の上、載せてあります。なお、これはい すみ鉄道の公式発表ではありませんのでご注意下さい。

1月1日(水)~1月5日(日)
<対応>
・総元~上総中野間 バス代行輸送。(日中の便はいすみ鉄道社員が同乗し旅客対応。早朝・夜間はバス運転士が対応)
・大多喜~総元間は指導式の代用閉塞での運行。
・総元駅手前の踏切は作動しないため、警備員が誘導。列車は、駅進入時は踏切手前で一旦停止。
・総元駅の上総中野方には、線路上に簡単な車止めを設置。
・快速、急行列車はキハ52+28を使用し、全席自由席として総元~大多喜間で運転。急行列車でも急行券は不用の処置。
・キハ編成のサボは(総元-上総中野間バス代行)の特製サボを装着。
・急行券付き1日乗車券は発売停止中。
・普通列車を含めて、原則ダイヤ通りの運転をしていた。
<状況>
・モーターカーといすみ302が連結され、上総中野駅に留置(見たまま)

1月6日(月)
<対応>
・総元~上総中野間 バス代行輸送。(すべての便でバス運転士が対応)
・大多喜~総元間は指導式の代用閉塞での運行。
・総元駅手前の踏切は作動しないため、警備員が誘導。列車は、駅進入時は踏切手前で一旦停止。
・総元駅の上総中野方には、線路上に簡単な車止めを設置。
・原則ダイヤ通りの運転をしていた。
<状況>
・モーターカーといすみ302が連結され、上総中野駅に留置(見たまま)

1月7日(火)
・総元~上総中野間 バス代行輸送。(すべての便でバス運転士が対応)
・午前中は大多喜~総元間は指導式の代用閉塞での運行。(推測)
・午後は、試運転が始まり通常の閉塞方式に戻った。(みたまま。32D乗車時に指導者は降りてこなかった)
・原則ダイヤ通りの運転をしていた。
<状況>
・モーターカーといすみ302は大多喜駅に戻る。(見たまま)
・上記の移動は1月6日深夜または1月7日未明に実施(参考:いすみ鉄道社長ブログ)

1月8日(水)
・総元~上総中野間 バス代行輸送。(すべての便でバス運転士が対応)
・車両は上総中野まで運転。
・乗車区間は総元までで、総元~上総中野間は試運転として通常ダイヤを基本に運転。
・全線運転にともない、通常の閉塞方式で運転。
・原則ダイヤ通りの運転をしていた。

1月9日(木)
・午前中、総元~上総中野間 バス代行輸送。(すべての便でバス運転士が対応)
・車両は上総中野まで運転。
・乗車区間は総元までで、総元~上総中野間は試運転として通常ダイヤを基本に運転。
・19D総元13:43より総元~上総中野間の営業運転を再開。
・当面、事故現場を時速15kmの徐行運転をするため、所要時間が1分程度余分にかかるもよう。

あくまでも個人的な観察と情報収集によるものです。正式発表ではありませんので、参考にしていただくことはかまいませんが、他所への転載はお控え下さい。引用は著作権法の認める方法でならば可能です。引用と転載の違いがわからない方は、とりあえず読むだけにして下さい。無断転載は著作権法違反ですからね。

|

« 伯父の葬儀に参列  | トップページ | 国吉にて  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いすみ鉄道輸送障害(1月) :

« 伯父の葬儀に参列  | トップページ | 国吉にて  »