« 房総半島ほぼ1周の旅(1)  | トップページ | 房総半島ほぼ1周の旅(3)  »

2014年1月14日 (火)

房総半島ほぼ1周の旅(2) 

リクライニングシートの快適な普通「わかしお7号」を、13:02の安房小湊で降ります。お目当ての気になる臨時列車の始発駅が、この安房小湊だからです。気になる臨時列車、快速「南房総エンジョイトレイン」は3番線からの発車です。跨線橋を渡り、3番線へ向かいます。
Boso_issyuu20140113_06
ヘッドマークは、運転席前に置いてあるものだけで、車体に取り付けてあるものはありませんでした。

Boso_issyuu20140113_07
表示器は「臨時」です。快速や行き先の木更津の表示はありませんでした。

Boso_issyuu20140113_08
運転士さんが「お客さん、いました」と聞くので「いや、自分以外に見かけませんでした」と答えます。本当なんです。車内は無人でした。先頭車のボックス席に、難なく座れました。運転士さんが、「ヘッドマーク撮りますか」とたずねるのでお願いすると、車外に出してくれました。これが、列車の前についていると、格好がつくのですけど。「リゾートあわトレイン」も、このような車内置きヘッドマークなんですよね。

事前の発表で、4号車はPRカーとなっていました。4両編成で1両が座れない車両か、でもどんな車両だろうと見に行きました。
Boso_issyuu20140113_09
ボックス席に駅長犬のカバーがかかっているだけです。中間2カ所のドア脇ロングシート部分に、観光パンフレットが置かれていました。
Boso_issyuu20140113_10
黄色いジャケットを着た担当の方がいたのでたずねてみると、パンフレットを置いてある席以外は、着席利用可なのだそうです。「リゾートあわトレイン」のイベントカーのような定員外の車両かと思っていたのですが、そうではないようです。さっそく1号車から荷物を持って、こちらのボックス席へ引っ越してきました。安房小湊から木更津まで、2時間強の旅です。

|

« 房総半島ほぼ1周の旅(1)  | トップページ | 房総半島ほぼ1周の旅(3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/58947289

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島ほぼ1周の旅(2) :

« 房総半島ほぼ1周の旅(1)  | トップページ | 房総半島ほぼ1周の旅(3)  »