« 立川バスイベント(3)  | トップページ | い鉄忘年列車プレツアー(1)  »

2013年12月 8日 (日)

武蔵村山から千葉そして自宅へ 

10時半を回ったところで、そろそろ千葉の勉強会に向かうことにします。バスのりばへ行ってみると、立川バスだけでないことがわかりました。
Tachikawa20131207_31
バスのりばには、立川バスと西武バスが来ていました。そんななか、発車時刻が一番早かったのは、立川バスの昭島駅行きです。でも、その次の立川バスの箱根が先行きに乗ることにしました。

発車予定時刻の10:45を過ぎてから姿を現しました。
Tachikawa20131207_32
イオンモール止まりのようで、降車場でいったん全員を下ろしてから、のりばへとやってきました。
Tachikawa20131207_33
箱根ヶ崎が近づくと、バス停には都営バスのポールが一緒に立っています。都営バス最長路線の梅70と径路が重なっているのです。降りて、梅70系統に乗って青梅までバスで行ってみたい衝動にかられましたが、青梅行きのバス時刻がわかりません。ここで、1時間も待ったら勉強会に間に合わなくなります。あきらめて、そのまま箱根ヶ崎駅へと向かいました。

箱根ヶ崎駅では、先に来た方に乗ろうと思います。だって、千葉までの径路はまったく考えていないのですから。高麗川行きが来たら、川越経由で帰ります。八王子行きが来たら、とりあえず拝島までは行きましょう。

やってきたのは、八王子行きでした。とりあえず拝島で降りました。
Hachiko20131207_34
すぐの接続の、青梅特快東京行きはものすごく混んでいたので、コロプラの陣取りを兼ねて少し青梅へ向かうことにしました。

結局、河辺まで行って、青梅市をゲットして千葉へと向かいました。千葉から内房線で本千葉へ向かい、会場へ行きました。

勉強会が終わったのが16:15頃のこと。本千葉16:42の外房快速上総一ノ宮行きに乗って茂原へ。そこで、家人と落ち合って買い物を済ませてから、自宅へと戻りました。

|

« 立川バスイベント(3)  | トップページ | い鉄忘年列車プレツアー(1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/58721990

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵村山から千葉そして自宅へ :

« 立川バスイベント(3)  | トップページ | い鉄忘年列車プレツアー(1)  »