« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

銚電イベントへ(11) 

線路にもイルミネーションが仕組んであるのが、なかなか斬新です。
Choden20131229_51
ただ、こうなるとイルミネーション期間中運転できないですけどね。たぶん。

Choden20131229_52
車庫見学の記念駅名標も、こんなふうにイルミネーションされていました。

そして、ホームの駅名標はというと。
Choden20131229_53
簡単ですが、こんなふうにイルミネーションされています。

さて、仲ノ町17:18の銚子行きは、犬吠17:04のヒーロー帰還指定電車です。ヒーローは乗っているでしょうか。
Choden20131229_54
ゴーガッシャーは、かなりお疲れのようです。

Choden20131229_55
それでも時間が無い中、最後にホームでポーズを決めてくれました。ありがとうございました。

今日の銚子訪問は、なかなか楽しいイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(10) 

外川16:02着の電車がやってきました。
Choden20131229_46
折り返し16:09の銚子行きに乗って、仲ノ町へ向かいます。そこが、今日2つ目のイベントです。

仲ノ町駅では、車庫見学の入場券を買って、車庫へと向かいます。
Choden20131229_47
銚子電鉄では、16:00~21:30の間、車庫内の車両をライトアップしているのです。1月末までの予定だそうです。

Choden20131229_48
だんだんと薄暗くなってきました。

Choden20131229_49

ほぼ、日は沈んだようです。
Choden20131229_50
まだ、ほんのり空が藍色をしていますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(9) 

観音駅に着きましたが、鯛焼き屋さんは大繁盛です。10個、15個とまとめ買いをする人が列を作っています。「20分はかかります」とのお言葉です。電車までちょうど20分くらいです。電車の時間まで、あと20分ほどです。間に合わなかったら、購入放棄だと覚悟して列に並びます。電車の来る1分ほど前に、完成品をわたしてくれました。

観音14:46の外川行きに乗って、終点の外川へ向かいました。
Choden20131229_41
犬吠方の踏切からです。逆光ですが、801との並びはここからでないと撮れません。

Choden20131229_42
1本見送って、1時間後の電車に乗ることにします。

Choden20131229_43
奥に押し込まれている801から、停まっている2501を撮ってみました。個人的には、801はこれの前の塗色が好きでした。

Choden20131229_44
外川駅舎です。今日は土休日なので16:30まで開いていますが、平日は14:30で閉まってしまうそうです。

Choden20131229_45
駅舎の中の、郵便配達仕様ラビットスクーターを見たり、読書をしながら1時間後の電車を待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(8) 

君ヶ浜13:14の電車がやってきました。
Choden20131229_36
これに乗って、ひと駅犬吠へ向かいます。物販の始まる13:30にちょうどよい時間です。

今日の販売品は、ヤツルギ号のサボ(30枚限定、3000円)と運転士さんの運転時刻表(レプリカ、500円)です。けっきょく、両方買ってしまいました。サボはプラスティック板の両面にステンレスを貼ってそこに印刷してある本格的なものでした。NREの記念プレートの倍しますが、それなりの品だということが買ってみてわかりました。

13:30から販売とのことだったのですが、13:25から販売してくれたので、犬吠13:31の銚子行きに乗ることが出来ました。今買ったサボや、さっきかった濡れせんのはねもの(6袋も買ってしまった)を持って、ひとまず銚子駅近くに停めてある車にしまいに行きます。
Choden20131229_37

ヘッドマークをアップしてみます。
Choden20131229_38
車両部分は写真を使ったようで、なかなかリアルなヘッドマークになっていました。

駅舎を出て駐車場に向かう途中、閉店した建物の前に、ネコがあつまっていました。
Choden20131229_39
どいつも、目つきが悪いですね。こっちに敵対心を抱いているのかな。色も似ているから、一族かもしれませんね。

荷物をしまった後、さて、どこから乗りましょうか。ヤツルギ号の様子を見がてら、観音まで歩いてたい焼きを買おうと決めました。
Choden20131229_40
ヒーローの帰還は、犬吠17:04の銚子行きと発表になっています。どこかで、2001編成からヤツルギ編成に、車両交換が行われるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(7) 

ショウが終わって、その後はちびっこのみんなと体操です。それが終わって、次はジャンケン大会と握手会だそうです。さすがに、おじさんそこまではいいや。時刻は12時半を回ったところです。今日の記念物販は13:30からなので、まだ時間があります。そこで、歩いて隣の君ヶ浜駅まで行ってみることにしました。道の方が線路より遠回りとはいえ15分も歩けば着くでしょう。

さて、キミちゃんはいるかな。
Choden20131229_31
いました、いました。

Choden20131229_32
気配に気づいたようです。

Choden20131229_33
それでも大あくびをします。そして、ベンチの上に飛び乗りました。

Choden20131229_34
ちょっと下から猫バス顔の1枚を。

Choden20131229_35
キミちゃん、やっぱりまだ鼻がよくないんだね。お大事に、そしてよいお年を。来年もまた来るからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(6) 

駅に貼ってあった、銚電神ゴーガッシャーのポスターです。
Choden20131229_26
コンセプトがなかなかローカルですごいです。胸のマークが銚子電鉄の社紋というのが、あまりにヒットです。

Choden20131229_27
もう一度よく見てみると、胸のマークだけでなくベルトのバックルも、開業90周年記念になっています。手には2001編成とおぼしき緑の電車がついています。

Choden20131229_28
ゴーガッシャーとヤツルギが、何やら武器を取り出しました。これで、鬼丸たちをやっつけました。

Choden20131229_29
今日出演のヒーロー4人です。左から、哮神ガイオン、銚電神ゴーガッシャー、鳳神ヤツルギ、天神キサラです。

Choden20131229_30
駅前にはこんな車が止まっていました。たぶん、スタッフさんの車なのでしょう。今後は、ここにゴーガッシャーも加えてもらえるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(5) 

駅前広場に出ている店は、飲食店は銚電ラーメンとケバブの2店。どうしよかなと迷って、辛口ケバブ(500円)を買いました。
Choden20131229_21
うん、けっこう辛いですね。思ったより食べ応えのあるものでした。

さて、時間です。立ち見エリアでショウを見ます。
Choden20131229_22
哮神ガイオンと天神キサラです。どちらもヤツルギの仲間です。

Choden20131229_23
妖怪軍団の幹部鬼丸と罰天狗、それに妖怪軍団に捕まった銚子電鉄の鈴木さんです。この方、本当に銚子電鉄の社員でゲスト出演しているのかと思ったのですが、そうではなくてやっぱり役者さんだったようです。

(後日談です)関係者の方とお話しする機会がありました。あの鈴木さんは、やっぱり銚子電鉄の社員だそうです。う~ん、演技としゃべりがうますぎます。てっきりプロの方かと思いました。ただし、ゴーガッシャーの中身はプロの方だそうです。

Choden20131229_24
鈴木さんを助けるために、鬼丸のけつバットを受けるヤツルギ。それを見て、耐えかねた鈴木さんがヒーローに変身してしまった。

Choden20131229_25
鈴木さんが変身した銚電神ゴーガッシャー。本日、初公開となるヒーローだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(4) 

しばらくするとヤツルギたちが電車の前に来てくれました。希望者と一緒の撮影だったのですが、希望者が途切れたところで、電車の前でポーズをとってくれました。
Choden20131229_16
ヒーローの全身ではなく、電車の全身をいれて撮ってしまうとは、やっぱり自分はテツです。

11:07の発車時刻が近づくと、車内は立ち客も出る状況になりました。同乗するヒーローたちは、当然座ることは出来ません。
Choden20131229_17
とはいっても、つり革につかまってポーズをとるヒーローというのも、なかなか見る機会はありません。

Choden20131229_18
ヤツルギも前の車両から歩いてきてくれました。ちなみに、連結部分でこっちを向いているのが、銚子観光アテンダントのいよよんさんです。昨年4月にみさきめぐりバスで解説してくれたアテンダントさんです。「次は観音です。あれっ、ドア開かないの?」と、今日の臨時電車の趣旨をちょっとわからないフリして楽しいお話しをしていました。

ちなみに、この臨時快速電車ですが、犬吠までドアは開かないものの各駅で停車をしました。普段、通過列車がないため、信号作動などの関係で通過は出来ないのでしょう。それでも西海鹿島は低速通過しましたけど。

11:24犬吠駅に到着しました。この臨時電車ですが「犬吠までドアは開きません」とだけあって、犬吠行きなのか外川行きなのか明記はありませんでした。
Choden20131229_19
全員がここで降りましたから、犬吠行きということにしておきましょう。犬吠~外川~仲ノ町は回送のようです。もちろん、ヒーローの皆さんもここで降りました。

そして、駅までは特設ステージができていました。ステージは電車利用者でなくても見ることが出来ます。ブルーシートの上は、座ってみるとスペースだそうです。
Choden20131229_20
次のショウは12:00からです。ちょっと時間があるので、早めのお昼にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

銚電イベントへ(3) 

臨時列車は、9:40頃入線しますという案内があります。しかし、その前に跨線橋の方から、ヤツルギたちが歩いてきました。それに気づいた大人も子どもも、カメラを持って集まりました。自分も3歩くらい遅れて参戦します。
Choden20131229_11
ヤツルギとキサラと、本日お目見えのミニキサラだそうです。まあ、目線は他のカメラに行ってしまいましたけど。

Choden20131229_12
お三方の決めポーズ、顔のアップです。

そうこうしているうちに、臨時列車がやってきました。
Choden20131229_13
やっぱりヘッドマークは「開運」のままです。

Choden20131229_14
サボは、すべて「鳳神ヤツルギ号」になっていました。

Choden20131229_15
反対側も「イラストトレイン」のままです。やっぱり「ヤツルギ号」の表示は、サボだけのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(2) 

仲ノ町駅構内の他の車両を、駅の外から撮りながら銚子駅へ向かいます。
Choden20131229_06
1002がこの位置に停まっていました。朝の2運用の片方で使われたのでしょう。すでにパンタグラフを下ろして、お休み状態でした。

Choden20131229_07
デキ3は、イルミネーションの廃線があちこちについています。これは、暗くなるのを期待しましょう。その後ろの1001は、台車やパンタグラフが外されて、検査の最中のようです。

銚子駅へ歩いて行く途中で、先ほどの電車が銚子10:23の外川行きとなって折り返してきました。
Choden20131229_08
ヘッドマークは、ひたちなか海浜鉄道との姉妹鉄道提携のものでした。先週の15日に那珂湊で調印式があったのですね。行けませんでしたけど。

JR銚子駅の有人改札で「銚子電鉄の1日乗車券が欲しいのですが」というと、「そのまま中に入って買って下さい」と無札入場させてくれました。銚子電鉄乗り場へ行くと、今日は小さな机が置いてあり、そこで「ヤツルギ1日乗車券」を売っていました。
Choden20131229_09

必要なのは大人1枚だけれども、今日だけの特別な乗車券ですからね。小人も1枚買ってしまいました。
Choden20131229_10

ちなみに「鳳神ヤツルギ」って、木更津のローカルヒーローだそうです。独立UHF局のチバテレビで放送している番組だそうです。千葉県に住んでいますが、自宅は地デジが映らないので知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚電イベントへ(1) 

2013年12月29日(日)。今日は銚子電鉄の犬吠駅で「鳳神ヤツルギ号」という臨時快速列車が運転されます。犬吠駅でのイベントに関係する臨時列車なのですが、線用の1日乗車券を買えば、事前予約等は不要です。11月の減便ダイヤ改正で本数が半減したことが逆に幸いして、笠上黒生で交換する臨時列車を設定しての運転なのです。途中ドア扱いナシの臨時列車なんて、乗りテツとしては是非とも乗ってみたいです。

自宅から国吉駅経由で銚子駅裏のコインパークに着いたのが9:25頃でした。とりあえず「鳳神ヤツルギ号」の様子を見てこようと、仲ノ町駅へと歩いて行きます。その途中のヤマサ踏切で、銚子9:35の外川行きがやってきました。ヤツルギのポスターには緑色の2001編成が描かれていたので、当然それが「鳳神ヤツルギ号」になって、90周年塗色になった2002編成がやってくると思ったのです。ところが、やってきたのは2001編成でした。
Choden20131229_01
90周年塗色の2002編成は、側線に停まったままでした。その2002編成に近づいてみました。

Choden20131229_02
サボ受けに「鳳神ヤツルギ号」のサボがすでにセットされていました。う~ん、どうやらこの2002編成が臨時快速になるようです。

Choden20131229_03
ポスターを見る限り、「鳳神ヤツルギ号」は緑色の2001編成だとばかり思っていました。

Choden20131229_04
2002編成の銚子方のヘッドマークは「開運」です。

Choden20131229_05
外川方のヘッドマークも、「イラストトレイン」です。どうやら「ヤツルギ号」は、側面のサボだけで表示させるようです。緑の編成は、仲ノ町10:13の銚子行きです。「ヤツルギ号」に乗車する線用1日乗車券の発売は10時からですが、まだ大丈夫でしょう。歩いて銚子駅へ行くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

朝の国吉駅 

2013年12月29日(日)。今日は銚子電鉄でイベントがあります。どうやら銚子~犬吠間の臨時快速列車が走るようなので、それに乗ってみようと思います。まあ、ドア扱いがないだけで、無停車では無いと思いますが。出かける直前に家人が、国吉駅へ行ってクロちゃんの様子を見て伝えて欲しいと言います。こちらは、早く銚子へ行きたかったのですが、今日は10時頃につけば大丈夫なので、頼みを聞いて国吉駅へ行きました。

国吉駅へ着いたのは7:20頃でした。今朝は車のフロントガラスもびっしりの霜でした。とても寒い朝でした。
Isumi_kuniyosi20131229_03
周りの田畑は真っ白です。キハ30も凍えているようでした。

Isumi_kuniyosi20131229_01
待合室の入口に、バス代行輸送の案内が貼られていました。

待合室に入ると、クロちゃんは入口の2段目にいました。しかしながら、自分の顔を見るやいなや、台から飛び降りて今まで聞いたこともないような大きな長い「ニャ~」を発しました。「寒くてたまらん。早く載せてくれ」と言っているのでしょう。ベンチに座りコートの裾をまくると、すぐに飛び乗りました」
Isumi_kuniyosi20131229_02
困るなぁ。早く銚子に行きたいのだけれども。とりあえず7時半までだよ。10分ほど温まらせてあげました。台に戻すとき、また「ニャ~」と抵抗されてしまいましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

いすみ鉄道で輸送障害 

2013年12月28日(土)。今日は通院と自室の大掃除です。心臓の薬が年明け早々に切れます。かかりつけの医院に電話で確認すると、年内は今日まで。新年は4日土曜日からとのことです。さて、どうするかな。院内薬局ではないので、薬を受け取りに行くことを考えると、今日処方箋をもらってしまった方が都合がよいようです。そこで、午前中に行ってきました。

午後はしばらく、自室の片付けです。ゴミの山はどんどん増えていきます。だいぶ出したのですが、まだ片付きません。そうだ、16時に出してあるクリーニングができあがるんだった。今日を逃すと、新年まで受け取れません。どうせ行くのなら、どこかで急行5号を撮ってから行こう。国吉はロケをやっているはずだし、今からだと上総東は間に合わないし。ということで、自宅から距離的には一番近い新田野に行きました。

急行5号の上総東発は16:38です。16:40過ぎには姿が見えるはずですが、全く見えません。16:45頃遠くの踏切が鳴り出し、ヘッドライトが見えました。
Isumi_rail20131228_01
写真を撮ったときは、1灯だからキハ52だとばかり思っていました。でも、画像を確認すると、ボディは黄色です。

Isumi_rail20131228_02
なんと、351がやってきて停車しました。ドア扱いもしています。何か狐につままれたような気分です。

クリーニングを引き取って、ガソリンスタンドで灯油を買って自宅へ戻ります。インターネットでいすみ鉄道のウェブサイトを見てみると、西畑~上総中野間で輸送障害が発生したため、大多喜~上総中野間はバス代行輸送で、急行はレールバスで普通列車として運転と書いてあります。

夜になって再度ウェブサイトを見てみると、輸送障害は脱輪だったことが書いてありました。ただし、衝突したわけでもなく脱輪したとのことで、調査が入るようです。明日も大多喜~上総中野間は1日運休しバス代行になるようです。それでも今日とは違い、明日は急行はキハ編成(全席自由席)で走るようですが。1日も早い原因究明と復旧を期待しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(107-2) 

午後から職場の片付けをしました。上司が「今日は少し早く上がってもいいよ」というので、お言葉に甘えて16:46の26Dで帰ることにしました。今朝は7Dで大多喜まで来たので、30分近い早出でしたら、その分もあるのでしょう。
Isumi351_20131227_06
雨降る国吉駅に着いたのは、351スナフキンでした。

さて、クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131227_07
まだ時間も早く、社員の方が売店を閉めているところ。ストーブもついていたので、クロちゃんは暖かい2段目にいました。

Isumi_kuniyosi20131227_08
社員の方がストーブのふたを閉めて「帰りますね」と声をかけてくれます。まだ、しばらくは暖かいでしょうから、クロちゃんはここから動かないでしょう。

駅前はロケですごいことになっていました。どうやら会場は、駅前の喫茶カトレアさんとキハ30の車内のようです。市営駐車場には炊き出し用のキッチンカーまで停まっていて、何だか、今までのロケの中では最大級の人出(スタッフのね)に感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(107-1) 

2013年12月27日(金)。今年最後の出勤日です。4月からいすみ鉄道で出勤したのは107日ですか。週2~3回ですから、そんなものなのでしょうね。最後の出勤日は、冷たい雨になりました。
Isumi_kuniyosi20131227_01
国吉駅の自転車置き場にこんな通知がありました。また、何かあるのだな。イベントではなさそうです。市営駐車場が完全閉鎖ではないので助かります。

Isumi300_20131227_02
冷たい雨が降る中、7Dがやってきました。今日は雨の中歩くのがおっくうになって、大多喜まで乗っていくことにしました。今朝の車両は301パパ&ママでした。

Isumi300_20131227_03
大多喜駅で8Dとの交換を撮ってから駅を出ます。今朝の8Dは202フローレンでした。

Isumi_otaki20131227_04
昨日と同じ位置に同じ車両が停まっています。高校生が冬休みに入って、原則2両編成はありません。最大3運用ですから、202,301,302,351の4両でまかなっているようです。

踏切の所へ行くと、水曜日よりもさらに工事が進んでいました。
Isumi_otaki20131227_05
いったい、この台は何でしょうか。最初は、今まで線路脇で旗を振っていた入替誘導の人が立つところかなと考えました。でも、真ん中の枠は何でしょう。しばし考えた結果は、踏切の手動操作機器が設置されるのではということです。今までは踏切を閉めずに入替が出来ましたが、踏切が駅寄りに移設されると、踏切を閉めないと車両の入替が出来なくなります。そこで、入れ替え時に手動で踏切の上げ下げが出来るような装置が、ここにできるのではないかと予想して見ました。はたして、結果はどうなるでしょうか。道路の移設は来年2月完成の予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国吉駅にて 

2013年12月26日(木)。今日は2~3ヶ月に一度の鴨川の病院での検診日です。行きがけにクロちゃんの様子を見に、国吉駅に寄りました。
Isumi_kuniyosi20131226_01
時刻は9時をちょっと回ったところ。売店は10時からなので、まだ誰もいません。クロちゃんはひとりでぽつんと座布団の上に座っていました。しばらく膝の上に載せて肉球を温めさせてあげてから、病院へと向かいました。

ちょっとね、あんまり数値がよくなかったことと、別の不安材料があるので、1月6日にもう一度検診に行くことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月25日は2件のリリースが出ていました。京橋晴海さん以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月25日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

京橋晴海さん(冬バージョン)
販売日 2013年12月29日~31日、2014年1月6日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 (12/29~31)東京ビッグサイト内臨時出張所のみ、(1/6~)東京中央局、京橋局、日本橋南局、江東豊洲局、江東牡丹局、江東牡丹一局、江東辰巳局、江東東雲局、江東塩浜局、江東潮見局、テレコムセンター内局、TFT内局、お台場海浜公園前局、西新橋局の計14局

 シートはオリジナルです。クリアファイル1枚、ポストカード1枚とのセットで売価1500円です。1月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


12月25日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。 

東久留米七福神めぐり
販売日 2014年1月8日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 東久留米市内の全12局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計15局

シートはブルーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(106-2) 

帰りは17:33の28Dになりました。
Isumi300_20131225_06
28Dは国吉駅で下り列車と交換です。下りは301パパ&ママでした。

Isumi300_20131225_07
28Dもドアが閉まり発車します。こちらは302スニフでした。

さて、クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131225_08
段ボール箱の中にいましたが、まだ起きてお座りしています。隣に座ってコートの裾をまくって「載る?」と聞くと、ピョンと跳びだしてきて膝の上に載りました。しかたないなぁ。結局18時過ぎまで15分くらい載せてあげました。「それじゃ、帰るからね」
Isumi_kuniyosi20131225_09
あいさつをして、クロちゃんとお別れしました。また、明日も寄るからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(106-1) 

2013年12月25日(水)。今日はいすみ鉄道で出勤です。いつものように、国吉駅から7Dに乗っていきます。
Isumi200_20131225_01
いすみ鉄道応援団で植えた菜の花の上にも、びっしりと霜が降りています。今朝はとっても寒いです。

Isumi200_20131225_02
寒いとはいっても、天気はそこそこよいので、城見ヶ丘で降りて歩いて行きます。

Isumi300_20131225_03
いつものように、バイパスの陸橋から8Dを狙います。今朝は302スニフでした。

大多喜まで歩いて行くと、踏切の移設工事がまた進んでいました。
Isumi_otaki20131225_04
どうやら、遮断機を設置する場所のようです。今回は片側1ヶ所しかないようです。長い竿か中折れの竿で、一気に遮断する形になるようです。今は両側とも左右にあって、左右から降りてくるタイプですけどね。

数日前からキハ編成が手前の線路に入っています。
Isumi_otaki20131225_05
あれっ、キハ52の幌がなくなっています。いすみ300、いすみ350とキハでは、幌の向きが逆だったのですが、これで上総中野方が幌無しで揃いました。ぜひ、幌なし顔のキハ52といすみ350の並びを撮ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市原市民の森(3) 

今年初めての展示になった、空中イルミネーションを後ろから眺めてみます。
Itihara20131224_11
ちゃんと裏文字で読めるんですね。これ、吊すの大変だっただろうなぁ。

Itihara20131224_12
市原市民の森のイルミネーションは、しょうぶ池に設置されていること。だからLEDが本物と水面に反射したものと2倍に見えるのです。山の斜面を流れ落ちるイルミネーションの滝も、水面に映って何とも不思議な世界になっています。

地元の人たちが組合を作って指定管理者になってから、年々イルミネーションが拡大しています。それで無料なんですから何ともありがたい話です。少しはお金を落とさないと申し訳ないので、茶屋で甘酒をいただきます。それでも、1杯100円なんです。

時刻は18:15になりました。帰ろうかと思ったのですが、そういえば小湊鉄道のイルミネーション列車が18時半過ぎに来るはずです。行きに寄った上総大久保で撮っていくことにしました。
Kominato20131224_14
今年の運行初日、11月24日に乗ったイルミネーション列車です。養老渓谷方1両がイルミネーション車両になっています。

Kominato20131224_15
電飾ヘッドマークと、イルミネーションで車内が青くなっているのが、イルミネーション列車の証拠です。あんまりうまく撮れませんでしたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

市原市民の森(2) 

駐車場に誘導されて、車を停めて入口へと向かいます。
Itihara20131224_06
ようこそのゲートをくぐって会場に入ります。

Itihara20131224_07
今年は市制50周年の大きな文字が、道の上に横たわっています。

Itihara20131224_08
ハートのベンチ越しに、全体を眺めて見ます。周りに何の光がない谷間だけに、邪魔な光がないのでイルミネーションが映えます。

Itihara20131224_09
右の歩道の奥にある光のトンネル。昨年よりだいぶ距離が伸びたようです。

Itihara20131224_10
噴水の下の波紋は、なかなか秀逸ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市原市民の森(1) 

2013年12月24日(火)。今日は自家用車で出勤です。三連休を遊びに出てしまったので、せめてもの罪滅ぼしと言うことで、今夜は家人と市原市民の森に行こうという約束をしました。仕事を定時で上がって、城見ヶ丘駅近くのショッピングセンターで待ち合わせです。

まっすぐ、市原市民の森に行ってもいいのですが、小湊鉄道の駅もイルミネーションをやっているので、立ち寄っていくことにします。まずは、上総大久保駅です。
Kazusaokubo20131224_01
暗闇の中に、イルミネーションされた駅だけが浮かんでいるようで、なかなか幻想的です。市民の森入口を通り過ぎて、そのまま月崎駅まで走らせます。

Tukizaki20131224_02
今年の月崎駅も、昨年同様みごとなイルミネーションです。

Tukizaki20131224_03
昨年同様、ハートのベンチシートも健在です。

Tukizaki20131224_04
ホーム側から見ると、こんな感じです。ちょうど17時の養老渓谷行きが来る時間でした。

Tukizaki20131224_05
今日は平日で市民の森への送迎バスがないためか、地元のお客さんしか乗降はなかったようです。さて、自分たちも、市原市民の森へ移動しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭川から千葉へ(2) 

この特急「スーパーカムイ30号」も、昨日札幌で指定席料金券を買っておきました。
Jr_hokkaido20131223_06
普通に特急券を買う場合は、特急区間の料金だけで快速列車部分の指定席も確保できるのです。この料金券ではどうなのかわからなかったのですが、昨日の窓口氏は「通し運転なら大丈夫ですよ」とのことで、出してくれました。ただし、今日から年末年始の繁忙期に入るので、昨日は510円だった指定席料金券が今日の分は710円になりましたけど。車両の一世代前の785系になりました。昨日の789系に比べたらちょっと落ちるとはいえ、指定席としては申し分にないほど、快適なUシートでした。ちなみに「かえり券」の無効印の下に、モグモグテラスで押された飲み物無料のスタンプ(テナガザルかチンパンジー?)があるのがわかりますか。

Jr_hokkaido20131223_07
深川では、終焉近い711系交流電車が見えました。

Jr_hokkaido20131223_08
雪原の中の線路を走っていきます。札幌までは順調でしたが、そこから遅れ出しました。前を走る普通列車が遅れているため、退避する新広島まで徐行運転です。普通列車に先行する物の、更に前を走る貨物列車が遅れているため、ところどころ徐行します。結局10分弱遅れて新千歳空港駅に着きました。

三連休最終日と言うこともあって、新千歳空港のターミナルビルは大混雑です。夕食をとってからと思ったのですが、下手に食堂に入るとチェックインに遅れそうです。機内で食べるドーナッツだけ買って、搭乗手続きをすることにしました。しかしながら、ジェットスターは本当に端っこなんですね。遠かったです。
Jet_star20131223_09
電光でもパタパタでもありません。本当に「ボード」です。時間が近づくまで、シャッターさえ開きませんでしたから。機材が到着したのが18:45のこと。いくらLCCでも15分で搭乗開始にはならないでしょう。案の定遅れて搭乗が始まりました。

成田に降りたのが20:55のことです。駐機場についてバスでターミナルに着いたのが21:10を過ぎたくらいでした。荷物を受け取ってから、車を預けてある民間駐車場に電話をして、迎えの車を待ちます。車を引き取って、はにわ道・蓮沼インター経由で長者町の自宅に戻ったのが、日付が変わる直前でした。なかなか充実した三連休が過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭川から千葉へ(1) 

旭山動物園の正門を出ると、道路を渡った先が路線バスのバス停です。午後のペンギンの散歩が14:30からなので、14:00のバスなら空いているだろうと予想したのですが、ハズレです。まだ、13:45なのにかなり長い列が出来ています。
Asahiyama20131223_61
駐車場に1台停まっています。あれが14:00のバスになるのでしょうか。ギリギリ座れるかどうかという位置に並んでいます。40分立ちっぱなしは、バスだとけっこう疲れますから。

ところが、14時直前になってバスが2台やってきました。それが次の旭川駅行きになるようです。前のバスは駐車場に停まっていたのと同じタイプ。もう1台は銀色のワンステップバスです。運良く、前のバスに座ることが出来ました。旭川での列車への乗り継ぎが、定時で走って15分です。バス停から駅まで歩く時間や、コインロッカーから荷物を出す時間を考えると、バスが5分以上遅れると厳しいなと思っていたのです。前のバスに乗れて、まずは第一関門クリアです。
Asahiyama20131223_62
結局、旭川駅まで35分で着きました。乗ってきたバスを見ると「臨時バス」の表示があります。後のワンステップバスを定期便にして、こちらは途中乗車ナシ。下車がある停留所のみ停まるという運転をしてくれたからのようです。これで、余裕を持って列車に乗り継げます。

Jr_hokkaido20131223_03
乗車するのは1時間に1本の、新千歳空港直通便です。札幌までは特急「スーパーカムイ」で、札幌から先は快速「エアポート」になる列車です。

Jr_hokkaido20131223_04
前面の雪が半端じゃありません。とりあえず、運転席には雪はないようですが。

Jr_hokkaido20131223_05
列車名もかろうじて読めます。特急と快速の両方の列車名を表示していました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旭山動物園(12) 

通路の両側に展示檻があります。反対側にも猛禽類がいます。
Asahiyama20131223_56
これはオオワシです。他の鳥は後ろを向いたりしていて、上手に撮れませんでした。

猛禽類だけでなくほ乳類もいます。
Asahiyama20131223_57
キタキツネが雪の上で丸くなっていました。

このあと、ちんぱんじー館、おらんうーたん館、てながざる館と回りますが、すべて冬期は室内展示のみです。やっぱり、夏に来ないと楽しくないものもあるのですね。
Asahiyama20131223_60
オランウータンが綱渡りをするのは、冬場は見ることが出来ません。また、いつか夏に来る楽しみができました。

テナガザルと一緒にキョンが展示されているのですが、室内展示はテナガザルのみです。
Asahiyama20131223_58
千葉県の動物園って、あの行川アイランドですね。だから、今いすみではキョンが大繁殖しているのです。ピョンピョン飛び跳ねる犬です。夜、道路に突然飛び出してくる困りものですから。

東門へ行く送迎バスが、ちょうど発車するところでした。誰でも乗れますということなので、雪の上り階段をパスして乗せてもらいました。
Asahiyama20131223_59
東門のモグモグテラスで昼食です。なぜここまで来たかというと、JRの「旭山動物園きっぷ」を持っていると、飲み物無料の特典があるからという、それだけなんですが。実際に入ってみると、カフェテリアスタイルのレストランで、最後の会計の時に「かえり券」を提示すると、そこにスタンプが押されて飲み物代が無料になりました。

食事が終わったら13時を回っていました。旭山動物園14:00のバスに乗らないと新千歳からの飛行機に間に合いません。どうやら、かば館・キリン舎はあきらめて正門へ向かわなければならないようです。それでも、売店に寄るくらいの時間はあって、自分用にペンギン柄のネクタイを買ってきました。

今度は夏の時期に訪れたいと思います。いつになるか、わかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(11) 

シマフクロウ舎の次はタンチョウ舎です。
Asahiyama20131223_51
タンチョウの赤い部分って、意外と狭いのですね。じっくり見たのは、これが初めてです。

Asahiyama20131223_52
雪の中、一生懸命に魚を食べていました。

タンチョウ舎の次は、北海道産動物舎です。
Asahiyama20131223_53
まずはワシミミズクです。

Asahiyama20131223_54
猛禽類は、どれも独特の威厳がありますね。

Asahiyama20131223_55
これはエゾフクロウです。アクリルのケースの中にいて、上手に姿をみることができませんでした。他のフクロウに比べて、寒がりなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(10) 

シロフクロウ舎の次はオオカミの森に行きます。
Asahiyama20131223_46
オオカミって、いろいろな毛色のがいるのですね。知りませんでした。

Asahiyama20131223_47
オオカミだと雪の中にいても、違和感がないのですけど。本来はどのような地域に生息しているのでしょうか。

オオカミの森の次は、エゾシカの森に行きます。
Asahiyama20131223_48
オスジカの角は立派です。

その先にあるシマフクロウ舎に行きます。
Asahiyama20131223_49
どこにいるんだろうと探したら、上の方にとまっていました。世界最大のフクロウといわれているそうです。

Asahiyama20131223_50
チラッと顔が見えたような気がします。貴重な生物ですから、近くで見えなくても、それは我慢ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(9) 

もうじゅう館には、まだまだ動物達がいます。
Asahiyama20131223_41
クロヒョウです。精悍な顔をしています。

Asahiyama20131223_42
エゾヒグマです。ヒグマは、30年ほど前の北海道旅行で、登別の熊牧場で見たことがあります。もうじゅう館を出て、その前にあるシロフクロウ舎に行きます。

Asahiyama20131223_43
カワイイです。おじさんでもコロっといってしまいそうです。

Asahiyama20131223_44
羽も胸も真っ白です。

Asahiyama20131223_45
頭の上と羽の先に、ほんの少し色がついているだけで、あとは雪と同じ真っ白なフクロウでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(8) 

ペンギンの散歩道からキリン舎のキリンが見えます。
Asahiyama20131223_36
本来、雪の中にいる動物じゃないはずですが、元気にしていました。東門のモグモグテラスに向かって、少しずつ上の方の展示へと歩いて行きます。

まずはもうじゅう館です。
Asahiyama20131223_37
ライオンです。彼らも雪の中にいる動物じゃないはずですが、元気にしているようです。

Asahiyama20131223_38
雪に横たわっているのですよ。何年も過ごして、慣れてしまったのでしょうね。

次は人間よりも高いところに檻があります。
Asahiyama20131223_39
ユキヒョウです。尻尾が太いですね。

Asahiyama20131223_40
すごく大きな肉球です。あんまりプニュプニュしていないみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(7) 

去って行くペンギンたちを撮ります。やっぱり後ろ姿は黒いのですね。
Asahiyama20131223_31

ペンギンのお散歩は、冬期開園期間はいつもやっているものと思っていました。実は、違ったのです。始まったのは、おとといの土曜日21日からだったのです。結果的には、絶妙のタイミングでの来園だったのですね。 

ぐるっと一周して、下の道を戻ってくるところを、先ほど見学した上の道から撮影します。
Asahiyama20131223_32
雪がいちだんと大粒になってきました。

Asahiyama20131223_33
ときには、ちゃんと隊列を組むときもあるのです。子どもペンギンは、やっぱり人に一番近いところを歩いています。

Asahiyama20131223_34
ピンクのラインに見えない壁があります。人間は体や荷物を出さないルールを守っています。ペンギンにルールがあるのかどうかわかりませんが、子どもペンギンもピンクのラインを越えて、人間側には入りませんでした。

Asahiyama20131223_35
いよいよ、ペンギンたちが目の前から去って行きました。この年になっても興奮する光景ってあるのですね。楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(6) 

学芸員さんが自分の前を通り過ぎました。ここから先はしゃがんで撮影です。いよいよペンギンたちが目の前を通ります。
Asahiyama20131223_26
もう、そこまでやってきました。やっぱり目の前にやってくるのは興奮しますね。

Asahiyama20131223_27
1羽だけ子どもがいるのですが、その子だけはどうしても列の端、人間に近いところを歩きます。残念ながら、反対側なのです。

Asahiyama20131223_28
やっぱりお腹で滑っていたのがリーダーなのでしょうか。先頭を歩いて行きます。

Asahiyama20131223_29
よくわかりませんが、この2羽が近づいてくるではないですか。

Asahiyama20131223_30
しばらく、自分の数十センチ前に立ってポーズを取ってくれました。いったい何があったのか、何が気に入ったのかはわかりませんが。こんなに間近でペンギンを見たのは、この年になって初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(5) 

ホッキョクグマ館を出ると、ペンギンの散歩道に人の列が伸びています。そろそろ並んだ方がよいようです。雪の上にピンクの線が引かれています。学芸員の方がマイクで呼びかけをしています。ロープを張らずに観察できるようにしているのは、ペンギンが自然の姿で歩いているのを見てもらいたいため。だから、お客さんは絶対にピンクのラインから足、体、コート、カメラを出さないように。また、最前列はしゃがんで見ること。足が痛くてしゃがめない人は、一段下がってしゃがめる人と場所を交代して見学するようにとのことです。きちんと趣旨を説明してお願いしているので、ほとんどの人はこのお願いを守っていました。

Asahiyama20131223_21
ようやく近づいていきました。先頭の学芸員さんが来たら、最前列の人はしゃがむのがルールです。

Asahiyama20131223_22
コウテイペンギンは雪の少ないフォークランド諸島に住んでいるので、日常的に居住地から狩りをする海まで歩いているのだそうです。それを再現しているのだとか。

Asahiyama20131223_23
雪があるのだから、歩くより滑る方が楽だぞ~っと、腹ばいになって滑る奴もいます。

Asahiyama20131223_24
「滑ったから一番とったぞ~」とでも雄叫びを上げているのでしょうか。

そして、これは・・・
Asahiyama20131223_25
たぶん、ウンチングポーズですね。ペンギンが歩いたところをたどってみると、あちこち雪の上に黄色いシミがありましたから。動くと出したくなるのは、人間もペンギンも同じなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(4) 

ホッキョクグマ見学エリアを抜けると、小さな水槽のコーナーです。なんだか、ユーモラスな形の魚がいました。
Asahiyama20131223_16
名前まで控えてきませんでした。アンコウの仲間でしょうか。違うかな。

Asahiyama20131223_17
こいつはウツボの仲間でしょうか。魚類はまったく詳しくありません。ここを抜けると、グルッと一周して、一段高いところにあるホッキョクグマ見学エリアに出ます。
Asahiyama20131223_18
パンフレットにあるように、冬のホッキョクグマは真っ白です。でも、背中にあんなに雪が積もっていても、寒くは感じないのでしょうか。さすがはホッキョクグマですね。 

さらに館外では、上から観察できるようになっていました。
Asahiyama20131223_19
下から見られて、前から見られて、上から見られて・・・。ストレスは感じないのかな。それよりも、この環境がもう普通だから、人間がいない方が不安なのかな。残念ながら、クマ語はわかりません。もとより、鳴き声はまったく聞きませんでしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

旭山動物園(3) 

チューブは上るだけではありません。
Asahiyama20131223_11
降りてくるヤツもいます。

Asahiyama20131223_12
上ってきて静止して、人間を観察していくヤツラもいました。出口へ進むと、館の上に出るようになっていました。

Asahiyama20131223_13
雪の水辺で寝ているのがいました。でも、これが本来の自然の姿に近いのでしょうね。

まだ時間がありそうなので、次のほっきょくぐま館へ行っています。
Asahiyama20131223_14
雪を身体に積もらせて寝ていました。どうやら、豪快なダイビングはみられそうにありません。

Asahiyama20131223_15
正面から見るとこんな感じです。寒くないのかな、とっても気持ちよさそうな顔をしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旭山動物園(2) 

これが西門の入口です。
Asahiyama20131223_06

その隣には、園内の案内図がありました。
Asahiyama20131223_07
これで、だいたいの配置がわかりました。新しく出来た、きりん・かば館だけは載っていないようですが。雪がだんだんとひどくなってきたので、入場券売り場の軒下で待たせてもらうことにしました。ほとんど人が並ばないので、拍子抜けといった感じでした。ところが、警備員さんの話によると「連休最終日だし、西門で100人、正門で300人くらい並ぶのではないかな」というのです。にわかには信じがたかったのですが、10時を過ぎると様相が一変しました。駐車場の開場が10時だったようで、そこから一気に人が増えたのです。

11時から冬の名物、ぺんぎんのお散歩です。今日は11時と14時半の2回なのですが、後の回は時間の関係で見られません。入場してすぐに散歩コースに並ぼうかと思ったのですが、意外とコースは長いのです。直前でも大丈夫と判断して、まずはあの有名なあざらし館に入りました。
Asahiyama20131223_08
プールで楽しそうに泳いでいます。

Asahiyama20131223_09
丸いのは人間用ののぞき窓です。そこに向かって泳いでいきます。アザラシが好奇心旺盛というのは、本当のようです。

Asahiyama20131223_10
そしてこの垂直チューブです。これも予想以上に、何度も行き来してくれます。よし、今度は背中を見ようとか、いろいろとポジションを変えて、上り下りするアザラシを眺めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園(1) 

2013年12月23日(月)。今日は旭山動物園に行きます。冬期は10:30開園です。バスは、ほぼ1時間に1本しかありません。8:40のバスだと9:25着で、9:40のバスだと10:22着です。冬は並ぶと聞いているので、1時間待つ覚悟で、8:40のバスに乗って行くことにしました。
Asahiyama20131223_01
バスのりばも国際色豊かです。観光バスではなく、路線バスで行く外国人もいるのでしょう。

Asahiyama20131223_02
やってきたのは、富士重工ボディーのツーステップバスでした。床も木の雪国仕様です。

Asahiyama20131223_03
押しボタンも、角張ったなつかしいデザインのものがついていました。

到着は9:25とのことでしたが、実際には9:10には到着してしまいました。そして、行き先を「回送」に変えて、どこかへ走り去ってしまいました。

バス停からは、正門が目の前でした。
Asahiyama20131223_04

案内図を見てみると、どうやら西門の方が展示エリアには近そうです。それほど離れていないし、時間もあるので西門まで歩いて行きます。
Asahiyama20131223_05
こんなに大きく、展示エリアに近いと描かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌から旭川へ 

札幌から特急「スーパーカムイ」に乗って旭川へ向かいます。今回使用している「旭山動物園きっぷ」は、札幌~旭川間の特急自由席が利用できるきっぷです。でも、今回利用するのは指定席Uシートです。JR北海道には便利な制度があって、区間の決まっている自由席きっぷに「指定席料金券」を買うと指定席が利用できるというものです。区間の決まっていないフリーきっぷはダメなのですが、このきっぷのように区間が決まっているものには、実質指定席との差額を払って、指定席利用が出来るという制度なのです。本州のJR3社には、このような制度はありません。
Asahikawa20131222_01
今回利用したきっぷです。旭川駅の有人改札でお願いして、いただいてきました。北海道型の乗車記念という印を押してくれました。

Asahikawa20131222_02
札幌19:30の「スーパーカムイ39号」です。札幌~旭川間は、ほぼ30分間隔で特急が走っています。

Asahikawa20131222_03
待っていたのは、最新型の789系1000番台。4号車指定席Uシートは、可動式枕もついたグリーン車並みのシートで快適でした。旭川までは、約1時間半の旅でした。

旭川の駅近くのホテルに荷物を置いて、時間は遅いですが夕食に出かけます。
Asahikawa20131222_04
旭川の街もイルミネーションが輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(11) 

18時からイルミネーションの再点灯があります。あともう少しなのですが、当たると痛いほどの粒状の雪が降ってきます。
Sapporo20131222_51

ただ待っているのもつまらないので、イルミネーションの橋を渡る列に並びます。
Sapporo20131222_52
橋の上から、あの青いイルミネーションを見るのですが、かなりの長さに列が伸びていました。この列の途中で、18時になりました。いったんイルミネーションが消えたのですが、周りのビルや自動車の明かりで、それほど暗くなりません。予想していたよりも、再点灯の瞬間が目立たず、少々感動に欠けるものでした。

ようやく順番が来て、橋への階段を上がります。
Sapporo20131222_53
イルミネーションの川が流れてきます。

Sapporo20131222_54
穏やかな水面になるときもあります。

Sapporo20131222_55
今度は波打つように光ります。なかなか楽しい演出でした。

この後、地下鉄の大通駅へ行き、そこからさっぽろ駅へと向かいました。持っている指定券は19:30なのですが、もし19:00に空席があったら変更しようとみどりの窓口へ向かいます。まあ、買ったときも「19:00は通路側しか空いてないですね」と言われて19:30にしたのですから、運良く空席が出ている可能性は低いです。案の定「19:00は満席ですね」と言われてしまいました。

そこで、コロプラのポイントになっている札幌市栄町付近に行ってきます。地下鉄東豊線の終点栄町まで往復してくるのです。無事に1地区ゲットして、今夜の宿泊地旭川へと移動することにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(10) 

大通公園に1ヶ所、青い湖のようなところがあります。
Sapporo20131222_46
湖の上に白鳥が飛んでいるようです。人も集まっていますし、あそこがメインなのでしょうか。テレビ塔を降りて、あそこへ行ってみることにします。

3階から1階へは、エレベータを使わずに階段で降りことにしました。
Sapporo20131222_47
踊り場ごとにいろいろなパネルが置いてあります。これは、テレビ父さんをさがせだそうです。

Sapporo20131222_48
これは、登る人へのメッセージですね。でも、この階段、ステップの奥行きが狭いので、傾斜が急なんです。降りるのもけっこう怖かったです。

外へ出ました。
Sapporo20131222_49
自動販売機がリボンシトロンです。札幌だなぁと感じます。

Sapporo20131222_50
こんな風になっていました。空中に浮いた青いイルミネーションの上に、さらに鳥たちの置物があります。下は一面白い雪なので、そこに青が反射して湖のように見えたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

札幌市内うろうろ(9) 

3階までは無料エリアです。3階までエレベータで上がると、そこに展望台への入場券うりばがあります。大人は700円とのこと。1日乗車券を見せて「これで割引はありますか」とたずねると「JAFカードなら割引がありますが、お持ちではないですか」とのことでした。羊ヶ丘展望台の割引もJAFカードの人でした。札幌の施設は、自家用車の人(JAFカードを持っている人)は割引になりますが、公共交通機関を使う人は割引にはならない街のようです。
Sapporo20131222_41
正規の入場券を買って、展望台へのエレベータのりばで待ちます。地上90mの展望台に運ばれました。

Sapporo20131222_42
南へ向かう道です。上から見ると、雪で真っ白なのがわかります。

Sapporo20131222_43
近くに観覧者があるようです。ただ、回転はしていないようでした。

Sapporo20131222_44
イルミネーションが輝く大通公園です。

テレビ塔の足下にある、先ほど見たツリーを上から眺めてみます。
Sapporo20131222_45
ハートの模様は、上から見た方がよくわかりますね。上から眺めても、変化する点灯パターンはおもしろかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(8) 

ササラ電車を見送って、時刻は16時を回りました。16:30から大通公園でホワイトイルミネーションが始まります。今からいけば、点灯前後に着けるでしょう。

Sapporo20131222_36
テレビ塔の時計は16:35です。点灯直後に地下から出てきたようです。すでに、たくさんの人が写真を撮っていました。

Sapporo20131222_37
電飾のツリーです。発光パターンが何通りにも変わります。

Sapporo20131222_38
この赤いラインは何なのでしょうか。ちょっと回り込んでみます。

Sapporo20131222_39
おお、ハート型だったのですね。

Sapporo20131222_40
白が消えて、赤だけになる瞬間がありました。なかなか凝った演出です。

せっかくだから、有料の展望台まで上がってみることにしました。札幌テレビ塔に登るのも、今回が初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(7) 

信号が青になりました。ササラ電車が動き始めました。
Sapporo20131222_31

次の電車がやってきました。西4丁目には、まだササラ電車が停まっているので、ホームに入れません。
Sapporo20131222_32

ササラ電車が発車しました。でも、赤信号で停まりました。
Sapporo20131222_33

青信号になり、ササラ電車が走りはじめました。
Sapporo20131222_34
交差点を過ぎると、箒が回り始めました。すると、線路上の雪が派手の飛び散り始めます。すごい音と迫力です。

Sapporo20131222_35
目の前を走り去って行きました。とっても寒かったですが、この光景を見られただけでも、冬の札幌に来てよかったです。テツのしあわせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(6) 

次の電車がやってきました。これもラッピング電車ですね。
Sapporo20131222_26

前と後ろでまったく違った装いをしています。
Sapporo20131222_27

途中で入庫していなければ、次に来るのがササラ電車のはずです。あっ、見えました。
Sapporo20131222_28
すぐ後ろに、次の電車も来ているようです。

Sapporo20131222_29
目の前で停まりました。2軸単車なんですね。

Sapporo20131222_30
赤信号での停車でした。これ幸いと、何カットか撮影することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(5) 

すすきのを発車して、次の資生館小学校前電停を過ぎると、ササラ電車とすれ違いました。営業前の早朝に走る電車だとばかり思っていました。今日は大粒の雪が降っているので、定期的に雪かきをしているのでしょう。終点の西4丁目に着くまで、3台のササラで車とすれ違いました。ササラ電車が3両も在籍しているということは、知りませんでした。

ササラ電車ばかりでなく、黄色い回転灯をつけた軽トラックもやってきました。
Sapporo20131222_21
レールの溝に挟まった雪を除去しているようです。

終点の西4丁目に到着しました。運賃を払いながら順番に降りるので、時間がかかります。その間に中吊り広告を撮影します。
Sapporo20131222_22
雪ミク電車のプラモデルがあるのですね。3年分揃えると、1万円近くになってしまうのですね。

Sapporo20131222_23
正面の図柄は、すすきの側とは微妙に違っているようです。

この電車の2本あとにはササラ電車もやってくるはずです。近くの交差点まで行って、撮影をしようと思います。
Sapporo20131222_24
まずは、発車していく雪ミク電車です。ちょうど赤信号で停まったので、しっかり撮ることが出来ました。もう少し、サイドが入るとデザインがよくわかったのですが。

Sapporo20131222_25
青信号になりました。対向車に隠されてしまうのを気にしてシャッターを押したら、しっかり後ろが切れてしまいました。まあ、前半分のサイドのデザインがよくわかるから、雪景色のスナップとして消さずにとっておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(4) 

反対側ホームへの下車が終わるまで乗車は始まりません。その間に、ボディーの写真を撮ります。
Sapporo20131222_16
これだけ雪が降っていると、まさしく雪ミク電車にふさわしい状況ですね。

Sapporo20131222_17
路面電車なので、どこへ行っても引きがなく、全体を撮れる場所はほとんどありません。走行中は、走る自動車とかぶる可能性が高いですしね。いよいよ乗車が始まりました。

中吊り広告も窓上の広告も雪ミクオンリーでした。
Sapporo20131222_18
この広告によると、3月28日まで走るそうです。

Sapporo20131222_19
毎年違ったバージョンでラッピングされているみたいですね。今年が5回目でテーマは「雪ミク×魔法少女」だそうです。

Sapporo20131222_20
もちろん、窓上の広告も雪ミクが登場する物ばかりです。これに乗って、終点の西4丁目まで約50分の旅をします。車内放送も声優さんがやっているということらしいのですが、話している内容が普段の放送と同じなので、本当に声優さんなのか自分にはわかりませんでした。千葉モノレールの「俺の妹・・・」号みたいに、特別バージョンの放送なら、これは声優さんだなとわかるのですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

札幌市内うろうろ(3) 

雪の中に立つ羊ヶ丘展望台バス停です。ここから、バスに乗って福住駅へ戻ることになります。
Sapporo20131222_11
土休日は20分に1本あるので、そんなに心配することもありませんでした。

Sapporo20131222_12
バスは時刻通りにやってきて、自分たちを乗せると、間もなく発車時刻となりました。

再び福住から地下鉄東豊線に乗車します。今度の電車は、一般塗色でした。
Sapporo20131222_13_2
この電車を豊水すすきので降ります。札幌といえばスープカレーでしょう。ということで、事前に調べた店に行ってみたのです。14時過ぎたし大丈夫だと思ったら大間違いでした。2階にある店からは行列が続き、雪が降り続く店舗の前の歩道にまで行列が伸びています。

これは無理とあきらめて、狸小路にあったお店で阿寒の豚丼で昼食にします。そして、そのまま市電のすすきの電停へと向かいました。目指すは14:59の雪ミク電車です。

Sapporo20131222_14
やってきました。雪の降っている15時は、予想以上に暗いです。塗色も暗いので、はっきりわかりませんが、どうやらSNOW MIKUと描かれているようです。

Sapporo20131222_15
やってきました。これが雪ミク電車2014バージョンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(2) 

そう、これが実物を見てみたかったクラーク像です。
Sapporo20131222_06

ただ、周りは雪原だけで何の景色も見えません。
Sapporo20131222_07_2
夏場なら、この後ろに草原が広がり、羊が群れているようです。

Sapporo20131222_08
本当に、辺りは雪の平原が広がるばかりでした。

雪雲を通して、太陽が緩い光を放っていました。
Sapporo20131222_09

雪まつり資料館などを見て回ります。羊の家というのがありました。冬場でも晴れていれば日光浴をするそうですが、こんな天気なので、みんな家の中にいました。
Sapporo20131222_10
「この窓開きます」と貼り紙がある窓が1つだけありました。開けてみると、家の中にはたくさんの羊さんがいるのが見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市内うろうろ(1) 

まずは市営地下鉄のさっぽろ駅で、バスも使える共通1日乗車券を購入します。ところが、売り場を探すのに手間取ってしまいました。よく考えたら、JR札幌駅が高架化されてから、下車して市内に出るのは、今日が初めてだったのです。乗り換えは高架になってから、何度もしているのですけれどもね。
Sapporo20131222_01
この乗車券で、市営地下鉄、市電の全線と、均一区間の路線バス(中央バス、じょうてつバス、ジェイアール北海道バス)に1日乗り放題です。

まずは、地下鉄東豊線に乗って、終点の福住を目指します。
Sapporo20131222_02
やってきたのは、ファイターズ電車でした。

Sapporo20131222_03
ゴムタイヤ地下鉄をデジカメで撮ったのは、今日が初めてです。それほど、札幌市内とはご無沙汰だったのですね。

そのまま福住のバスターミナルに向かいます。発車直前の羊ヶ丘展望台行きに乗車しました。そうです、目指すは羊ヶ丘展望台です。行きたいと思いつつ、初めて北海道に行った30数年前から、まだ1回も行ったことがないのです。テツには無縁だし、バス旅でも行き止まりなので、乗り継ぎに使えませんでしたから。
Sapporo20131222_04
大粒の雪が降っています。展望はまったくききません。

Sapporo20131222_05
しかしながら、羊ヶ丘展望台は有料の施設です。バスの車内放送にもありましたが、バスの下車口が入園口で、バスを降りると自動的に入場券売り場以外には行けないようになっています。もちろん、ここに来るのが目的でしたから、500円の入場券を買って、雪景色を眺めていくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

千歳から札幌へ 

2013年12月22日(日)。今日は千歳から札幌に行き、札幌市内を見学して、夕方旭川へ向かうという行程です。札幌市内は、いくつか行きたいところを決めてあるだけで、きわめてアバウトな時間配分です。

昨夜、新千歳空港駅で買っておいたきっぷが「旭山動物園きっぷ」というものです。
Jr_hokkaido20131222_01
新千歳空港から旭川までの往復乗車券なのですが、札幌のみ途中下車可となっているのです。しかも、札幌~旭川間は自由席特急券代込みです。
Jr_hokkaido20131222_02
それに、旭川駅から旭山動物園までの往復バス代(400円×2)と、旭山動物園の入園料(800円)がセットで7900円と、別々に払うより5000円近くお得になっているきっぷです。ただ、設定が新千歳空港、新札幌、札幌という駅しかないため、昨日新千歳空港駅で「ここで買って、明日、千歳駅から途中乗車で利用できますか」と確認したのです。そうしたら大丈夫ということで、今朝はのんびり出発となりました。もし、ダメだと言われたら、ホテルの無料送迎バスでいったん空港まで行って乗るつもりでいましたから。

千歳駅の自動改札で「ゆき券」を入れると、何事もなく穴を開けて吐き出してくれました。無事に途中駅乗車ができたのです。

Jr_hokkaido20131222_03
千歳止まりの普通列車がやってきました。折り返し札幌方面の普通電車になります。確実に座れますが、ロングシートではちょっと寂しいです。300円払って、快速エアポートの指定席利用にしました。
Jr_hokkaido20131222_04
指定席料金は300円です。首都圏でライナー券を買うよりも安いですからね。これで確実に座れるなら、大きな荷物もあるし大助かりです。

千歳9:41の快速「エアポート95号」に乗って、札幌へと向かいました。
Jr_hokkaido20131222_05
千歳から指定席に乗ったのは、自分だけではありませんでした。地元の方も利用しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京から千歳へ 

文京シビックを出て、春日から都営地下鉄大江戸線で大門に着いたのが19時を回ったところ。これでは、絶対に1本早い便には間に合いません。あきらめがつきました。ふと、振り返ると、東京タワーがクリスマスツリーになっているではないですか。写真を撮っている人が何人もいます。自分も撮っておきます。
Tokyo_tower20131221_01

19:13の区間快速羽田空港第2ターミナル行きに乗車します。第1ターミナルで降りて、JALの北海道方面の出発階に上がると、機材到着遅れによる遅延がでていました。なんと1時間以上の遅れです。まいったなと思ってよく見たら、遅れているのは1本前の19:30の便です。これの出発予定が20:20頃とのこと。搭乗予定の531便は予定通り20:15出発とのことで、遅い便の方が早く出ることになるようです。
Haneda20131221_02

少し揺れたものの21:40頃に新千歳空港に到着しました。
Titose20131221_03

そこからは、JRに乗って千歳へ向かいます。
Titose20131221_04

千歳までは2駅です。千歳の駅前は、やっぱり寒かったです。
Titose20131221_05
そして、ここにもイルミネーションのオブジェがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

栗コーダーカルテットのクリスマス 

都営地下鉄大江戸線の改札を出て、文京シビックへの連絡通路を進みます。小ホールの場所を確認すると、入口は2階とあります。近くだなとエスカレータで上がったら大違いでした。地下鉄の改札が地下2階だったのです。地下2階から2階ですから、4階分をエスカレータで上がったことになります。
Kuri_corder20131221_01
栗コーダーカルテットのライブは2階ほど行ったことがありますが、クリスマスは初めてでした。今回は、リコーダー以外の楽器多めという編成で、MCもなかなか笑わせていただきました。

栗原さんが管楽器を吹いたのですが「これ、フレンチホルンじゃないですよ。メロフォンです。フレンチホルンがカニだとすると、これはカニかま。それなりの味はでるんですね。」とのこと。わかります。自分のいた中学校もお金がなくてメロフォンでしたから。関島さんがチューバからトランペットに持ち替えたり、スゴイ内容でした。あれだけマウスピースの大きさが変わると、普通はちゃんと吹けないのですけどね。さすがプロです。あっ、プロに関するタクシー運転士さんの話もおもしろかったですけど。

アンコールは、鈴持参の人が多いこと。そうか、毎年来ている人は、鈴を持参するのですね。来年も来る機会があったら、千葉から鈴を鳴らさないように電車に載せてこなくては。

アンコールが終わったのが18:10頃のこと。運がよければ、羽田発19:30の1本前の便に変更できるかなと考えていたのだけれども、どうやらそれは無理なようです。でも、コンサートがとっても楽しかったから、予定通りの最終便に乗りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田経由東京へ 

2013年12月21日(土)。今日からの三連休は、ひさしぶりに北海道へ行ってみたいと思っていました。目的の1つは、終焉間近の寝台特急に乗ること。9月に今日の「栗コーダ-カルテット」のコンサートへ行くと決めていたのですが、北斗星なら終演後でも間に合います。ところが、発売初日に10時打ちしても、個室がとれませんでした。土曜日はカシオペア(下り)が運転しない日ですから、三連休ということもあり人気が集中したのかもしれません。とにかく足の確保をしなければと、羽田からのJALの最終便を押さえました。帰りは成田へのジェットスターを早々にとってあったのです。こんなことなら、マイル使って往復JALにすればよかった。

いすみ鉄道での撮影を切り上げて、自家用車で成田の民間駐車場へ向かいます。23日までということで駐車料金はバス送迎込みで2100円でした。成田空港に止めると1日4000円かかりますから、雲泥の差です。送迎バスで着いたのは第2ターミナルです。
Narita20131221_01
ターミナルビル内にツリーのオブジェがありました。この上のレストラン街で昼食をとりました。

時間があればターミナル連絡バスで第1ターミナルへ行って、始発の成田空港駅から乗ろうと思っていたのですが、さすがにその時間はありませんでした。
Narita20131221_02
空港第2ビル13:42のスカイライナーで日暮里に向かいます。

Narita20131221_03
房総半島に住んでいると、成田エクスプレスやスカイライナーは利用する機会がほとんどないです。成田エクスプレスは、それでも朝の千葉停車を利用することはできるのですけれども、スカイライナーは乗ろうと心に決めないと、その機会がないのです。今日で2回目の乗車です。

Narita20131221_04
印旛沼を間近に眺められるのは、この成田アクセス線を走る列車だけですかね。

Narita20131221_05
160km運転をする、成田湯川から先の区間と、4線区間となる高砂~青砥間で、モニターに前面展望が映し出されました。テツとしては4線区間の方が楽しかったです。

日暮里からは山手線で浜松町へ行きます。モノレールの改札近くにあるコインロッカーに大きな荷物を収めて、都営大江戸線に乗って春日へ行きます。今日のコンサート会場は文京シビック小ホール。大江戸線春日駅と直結しているのだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新田野&上総東 

国吉駅を後にして、新田野駅へ向かいます。先日の忘年列車のとき、車窓から何輪か菜の花が咲いていたのを見かけたからです。
Isumi300_20131221_06
残念ながら、咲いている菜の花はみつかりませんでした。

Isumi300_20131221_07
今日は空と雲のコントラストがいいですね。

その後、上総東に向かいました。
Isumi_kiha52_20131221_08
急行1号がやってきました。

Isumi_kiha28_20131221_09
ようやく咲いている菜の花を見つけました。まだ冬ですけど、気の早い菜の花もいるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

国吉駅にて 

2013年12月21日(土)。今日は10時過ぎに出かけるので、その前に国吉駅に寄ってみました。着いたのは、8時半頃です。とにかく今朝は寒かったです。放射冷却なのか、田んぼからは湯気が上がっています。
Isumi_kuniyosi20131221_01
駐車場から見ると、後ろの山肌の水蒸気がとってもいい感じだったので1枚撮ってみました。

Isumi_kuniyosi20131221_02
田んぼから上がる湯気と、桜の木に着いた水滴が逆光でキラキラ輝いていました。冬ですねぇ。

8:41の快速がやってきました。
Isumi_kuniyosi20131221_03
ヘッドマークは土曜日なので「夷隅」です。でも、方向幕はちゃんと快速になっていました。

Isumi_kuniyosi20131221_04
快速列車は、大原に向けて発車していきました。

さて、駅ネコのクロちゃんはというと・・・
Isumi_kuniyosi20131221_05
エアコンの室外機の上で、全身に太陽を浴びて気持ちよさそうにしていました。スイセンと菜の花もそばで咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

い鉄で出勤(105) 

2013年12月20日(金)。今朝もいすみ鉄道で出勤します。ちょっと家を出るのが遅れてしまい、国吉駅に着いたのが7D入線ギリギリになってしまいました。
Isumi350_20131220_01
ということで、城見ヶ丘で降りてから、乗ってきた7Dを撮ります。351スナフキンでした。

バイパスの陸橋から、いつものように8Dを狙います。
Isumi300_20131220_02
301パパ&ママがやってきました。

帰りは定時に上がって、17:33の28Dに乗りました。こんなに早く帰宅できるのは、本当に久しぶりです。
Isumi300_20131220_03
28Dは、国吉で下り列車と交換します。ちなみに、こちらの車両は301パパ&ママでした。

Isumi300_20131220_04
28Dもドアが閉まり、いよいよ発車です。

さて、クロちゃんはどうしているでしょうか。
Isumi_kuniyosi20131220_05
箱の中で丸くなって寝ていました。まだ時刻は早いのですけれどもね。それじゃお休み、クロちゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月19日に1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月19日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

中原中也記念館20周年記念
販売日 
2014年2月14日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 山口県庁内局、山口湯田局、小鯖局、山口吉敷局、山口宮野局、山口金古曽局、山口後河原局、山口桜畠局、山口神田局、御堀局、大内局、山口中央局、山口中讃井局、山口中市局、仁保局、山口平川局、大歳局の計17局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(104) 

2013年12月19日(木)。家人の体調も直ったようなので、今日はいすみ鉄道で出勤です。弁当も作ってくれました。

国吉駅下りホームのもみじ、すっかり葉っぱが落ちてしまいました。
Isumi200_20131219_01
枝だけになったもみじの向こうに、今朝の7Dがやってきました。202フローレンです。いつものように、城見ヶ丘で降りてバイパスの陸橋に向かいます。しかし、今日はどんよりと曇っています。明るさが足りません。ISO1600にして、ようやく撮影できる状況です。
Isumi300_20131219_02
今朝の8Dは302スニフでした。

今日の退勤は、18:46の30Dになりました。国吉駅で乗ってきた列車を撮影します。
Isumi200_20131219_03
露出補正+1/3にするところ、間違って-1/3にしたらこんな写真になりました。ヘッドライトに雨粒が光る、ちょっといい感じです。

Isumi200_20131219_04
振り向いて、大原に走り去る風景も撮っておきます。でも、これじゃ車番を確認するスナップにはなりませんね。ちなみに、202フローレン+201ムーミンの2連でした。

さて、クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131219_05
まだ起きていました。それならと、段ボール箱のすぐ近くに座り、コートの裾をまくって「載る?」と聞きます。ちょっとためらってから、段ボール箱から出てきました。人の足を使って伸びをしてからいったん通り過ぎます。反対向きになって、太ももの上で止まりました。載る向きにこだわったようです。今日は、この後用事があるわけではないので、15分ほど載せてあげました。最後は「登る」と言って胸の辺りまで登ってきましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2013年12月18日(水)。今朝は時間になっても家人が起きてきません。「どうした」と聞くと「体調悪い」というので、そのまま寝かせておくことにしました。朝食は適当に食べて済ませますが、問題は昼食です。今日は水曜日なので、お気に入りのパン屋さん「じゅん」は定休日です。そこで、車で出勤して途中でコンビニに寄ることにしました。

でも、その前に国吉駅に寄っていきます。ついたのは7Dが行った直後、7:20頃です。
Isumi_kuniyosi20131218_01
台の二段目にいました。ベンチに座って、コートの裾をまくり「載るっ」っというと、小走りで寄って来て、足の上に載りました。
Isumi_kuniyosi20131218_02
「仕方ないなぁ、7時半までだよ」といって、足の裏を温めさせてあげました。7時半になって「さあ、仕事に行くよ」といって台の二段目に戻すと「ニャー」と鳴かれてしまいました。そんなだだをこねられても困ります。

近くのコンビニで昼食を買って、いつもは城見ヶ丘のバイパスで撮る8Dを、四之町踏切で撮っていきます。
Isumi300_20131218_03
この踏切の大多喜方は、葉っぱの赤くなる草が生えているのですが、今年はまったく色づきません。今朝の8Dは302スニフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(103) 

2013年12月17日(火)。今日は久しぶりにいすみ鉄道で通勤します。
Isumi200_20131217_01
いすみ鉄道応援団で種をまいた菜の花です。だいぶ大きくなってきました。そこへ、今朝の7Dがやってきました。いつもの通り、城見ヶ丘で降ります。
Isumi200_20131217_02
今朝の7Dは、202フローレンでした。そのまま、バイパスの陸橋まで歩いていき、8Dを撮影します。

Isumi350_20131217_03
今朝の8Dは、351スナフキンでした。

今日の帰宅は、18:46の30Dになりました。
Isumi200_20131217_04
通学対応の2連です。今日は202フローレン+201ムーミンでした。

さて、クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131217_05
すでに箱の中で丸くなっていました。それじゃ、お休みね。クロちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月3日にもう1件のリリースが出ていました。販売日は過ぎていますが、データとしてアップしておきます。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月9日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

東山動物園
販売日 
2013年12月9日(~未発表
販売部数 3,000部

販売地域 名古屋市内(名古屋神宮局を除く)の計301局

シートはシルバーです。レターセットとのセットで売価1700円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国吉駅にて 

2013年12月16日(月)。今日は千葉のホテルで朝を迎えます。2時間ほど時間休をとっているので、千葉8:33の茂原行きに乗っていきます。発車10分ほど前に千葉駅に着きました。10両編成と長いので、楽に座ることが出来ました。

茂原では駅近くのコインパークに停めておいた車を引き取って大多喜へ向かいます。このコインパーキングは、24時間まで500円。過ぎると90分100円ですが、長時間になれば再び24時間500円が有効になります。停めたのは昨日の7時過ぎですから、24時間+90分×2で700円のはず。駐車券を挿入すると、たしかに700円が表示されました。

18時に仕事を上がって、国吉駅へ寄ります。クロちゃんどうしているかと心配だったのです。
Isumi_kuniyosi20131216_01
まだ時間が早いので、完全には寝ていないようです。クロちゃん、こんばんはというと目を覚ましたようです。

Isumi_kuniyosi20131216_02
目がまん丸になりました。しばらくお話ししてから自宅へ向かいました。明日はいすみ鉄道で出勤するからね。また明日、クロちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(21) 

終着駅の長野に19:44到着しました。
Sayonara183_20131215_101
千葉から9時間20分、津田沼からだと実に10時間52分という長い旅が終わりました。

Sayonara183_20131215_102
最後の営業運転が終わり、行き先表示も「回送」になりました。ついに解体が行われる長野総合車両センターに回送されます。

Sayonara183_20131215_103
回送される183系M32編成を見送ります。姿が見えなくなってから、新幹線のりばへと向かいました。

Sayonara183_20131215_104
長野20:22の「あさま550号」に乗って東京へ向かいます。長野駅は、北陸新幹線10両編成対応工事をしていて、ホームの端から撮ることは出来ませんでした。このツアー、新幹線は指定席または自由席利用となっています。「E席希望」でリクエストしたらE席満席とのことなので、自由席利用にしました。始発ですから、E席に座れるでしょう。予想は当たって、20時前から並んでいたの、らくらくとE席に座ることが出来ました。

東京着が22:12です。最初は22:30の快速千葉行きと思っていたのですが、すいすい歩けてしまい22:18の総武快速千葉行きに間に合ってしまいました。これで22:57に千葉に到着です。
Sayonara183_20131215_105
長野でも千葉でも、有人改札でお願いしていただいてきました。新幹線の特急券だけは、自動改札に回収されてしまいましたけど。まあ、乗車券に東京の着時刻を残したかったので、これはしかたありません。

このまま長者町まで行っても日付が変わってしまいます。今日はこのまま千葉駅近くのビジネスホテルに泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(20) 

反対側の先頭に行ってみます。こちらはホームギリギリに停まっているので、そのままトイレからそのまま外を歩いて行きます。まもなく上り普通電車がやってきます。
Sayonara183_20131215_96
到底、電車が止められるほどのシャッタースピードは切れません。

停車の後、普通電車が先の発車です。
Sayonara183_20131215_97
ヘッドライトに雪が光り輝いています。最後にきれいな場面が見られたことに感謝します。

Sayonara183_20131215_98
普通列車が行ってしまいました。これが最後の列車交換になるのかな。

列車に戻って夕食にします。駅前の自販機で、温かいお茶を買って列車に戻りました。
Sayonara183_20131215_99
甲府駅で買ってきた、丸政の「ザ・甲州丼飯」という弁当です。ちょっとカロリー高いですけど、おいしかったです。

定刻19:07に姨捨駅を発車しました。この先は、篠ノ井で運転停車があるだけだと思ったのですが、これが違いました。
Sayonara183_20131215_100
桑ノ原信号場に入ったのです。ここで上り普通電車と行き違いだそうです。もちろん、退避のための引き揚げ線での行き違いですから、通過していく普通電車を真横に見ることはできませんでしたが。でも、篠ノ井線に残るスイッチバック2ヶ所とも体験できるとは思っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(19) 

姨捨駅の到着前に「姨捨駅では、後部運転席のヘッドライト点灯と幕回しを行います。トイレは駅舎を出て右側にございます」という放送がありました。スイッチバックする関係で、今回の行程で唯一、字幕側のヘッドライトをつけるようです。降りてみると、車で駅まで来て撮影している人も多いようで、ホームの端は大混雑しています。
Sayonara183_20131215_91
ヘッドライトを点灯させた、字幕側の先頭車です。なかなかいい雰囲気です。

Sayonara183_20131215_92
向かい側のホームから撮ろうと思いましたが、大混雑で断念します。雪が降りしきる中、ここで45分間の停車を楽しみます。

Sayonara183_20131215_93
トイレを兼ねて駅舎を出ます。トイレの先に小さな踏切があったので行ってみます。そこから撮影している人が何人かいましたから。

Sayonara183_20131215_94
スイッチバックの行き止まり付近の踏切からです。さすがに、夜間の手持ち望遠は厳しいです。まあ、雰囲気のスナップということで1枚撮ります。

Sayonara183_20131215_95
少しズレて、編成写真もなんとか撮っておきます。自分の機材と腕では、これが限界です。デジ一欲しいな。今の自分には高望みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

さよなら183系の旅(18) 

リゾートビューふるさとがやってきて停まりました。しかしながらドアは開きません。運転停車のようです。
Sayonara183_20131215_86
快速「リゾートビュー諏訪湖」という列車だったようです。そういえば、何で茅野駅にリゾートビューふるさとが停まっているのだろうと不思議に思っていました。今日は大糸線ではなく茅野に行く快速だったようです。

Sayonara183_20131215_87
上り普通列車が到着すると、すぐに発車していきました。

こちらも、この後18:12に発車となりました。次の停車駅は姨捨です。聖高原で53分、姨捨で45分と最後に来て長時間停車が続きます。ゆっくり名残を惜しんで下さいということなのでしょう。
Sayonara183_20131215_88
スイッチバック駅の姨捨は、駅名標もスイッチバックで描いてあります。

ここは、日本三大車窓の駅です。真っ暗ですが、町の明かりが広がっています。
Sayonara183_20131215_89

そのうちに、踏切の鳴る音が聞こえてきました。どうやら姨捨通過となる列車が走ってきたようです。
Sayonara183_20131215_90
姨捨通過の名古屋行き特急「しなの」が通過していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(17) 

明科を17:05に発車しました。しばらくすると、千葉支社の方が回ってきてメッセージカードを2枚配りました。「1枚はお持ち帰り下さい。もう1枚に、183系へのメッセージを書いて、姨捨到着までにご提出下さい」とのことです。
Sayonara183_20131215_81
同じ図柄なら迷わずかけるのですが、別図柄だとどちらも手元に残したくなります。結局、ヘッドマーク図柄を手元に残して、写真バージョンにメッセージを書きました。1985年に大学を卒業して就職、赴任地が勝浦でした。出張の度にお世話になったのが、183系「わかしお」です。グリーン車が外され6連になったり、途中に運転席が入った6+3の9連になったりという時期もありました。貫通形先頭車の開かずの扉が開いたなどと言われたりもしました。自分の社会人部分とリンクしているのが183系なので、思い出のある車両なのです。

それから、現在座席に着いている枕カバーを外してお持ち帰り下さいという連絡がありました。長野に入庫するときには、枕カバーを全部外さなければいけないのだそうです。「姨捨到着時に残っている枕カバーは、こちらで回収してしまいますので、欲しい方はそれまでに外して下さい」ということでした。

17:19に聖高原駅に到着しました。
Sayonara183_20131215_82
何と、雪がちらついていました。

Sayonara183_20131215_83
ヘッドライトに、ちらくつ雪が輝いています。

Sayonara183_20131215_84
後部では、ホームから車掌室を撮影しようという人が列を作っていました。

ここは、飲み物の自動販売機やトイレが改札の外です。この時間は、駅員さんはおらず千葉支社の方も改札外へ出て自販機を利用していますから、途中下車前途無効とありますが、まあ大丈夫ということなのでしょう。
Sayonara183_20131215_85
駅前の小公園では、イルミネーションが輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(16) 

明科駅の停車時間は17:05までです。すでに日の入りは過ぎていますから、だんだんと暗くなってきます。
Sayonara183_20131215_76
ヘッドマークにライトが入ると、シール貼りでもそれなりに味が出てきます。

Sayonara183_20131215_77
明科駅停車の証拠写真です。

Sayonara183_20131215_78
先頭方のヘッドマークも撮っておきます。こちらのヘッドマークもいい感じになってきました。

長野行きの普通電車がやってきました。
Sayonara183_20131215_79
大糸線で走っていた電車が、篠ノ井線にも進出してきました。

Sayonara183_20131215_80
松本~長野間を、わずか2両で走るワンマン電車です。まもなく、さよなら列車の発車時刻になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(15) 

15:52に上諏訪駅を発車しました。次は松本に停車しますが、これは車内販売の方が降りるための停車で、乗客の方は降りないようにとの放送がありました。
Sayonara183_20131215_71
塩尻駅で中央本線から大糸線に入ります。松本駅ではドアは開きますが、2分ほどの停車中は車内で待ちます。駅名標は車窓から撮っておきます。

次の停車駅は、篠ノ井線の明科です。手前で、対向する列車遅れのため数分停車をしました。松本駅で車掌さんが交代しました。次の明科駅では幕回しをすると放送がありました。そんなこともあって、到着するとみな側面の方向幕の前に集まります。
Sayonara183_20131215_72
M32編成って、東海道の幕もずいぶん入っていたのですね。
Sayonara183_20131215_73
普段は幕張にいなくとも、やっぱり幕張の車両だからでしょうか。房総の行き先も豊富なようです。
Sayonara183_20131215_74
まだまだ回ります。
Sayonara183_20131215_75
ここで止まりました。これで終わりなのでしょう。と思ったのですが、後でわかったことですが3号車の装置が故障して幕が切れてしまったために、ここで止まってしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(14) 

15:32に上諏訪に到着しました。ここでも15:52まで20分程の停車時間があります。
Sayonara183_20131215_66
ここまで来ると、さすがに撮影者も減ってきて、ようやく編成で写真が撮れるようになりました。それでも、すみに人影が写ってしまいますけど。時間をかけてゆっくり撮れば大丈夫なんでしょうが、停車時間にはやりたいことがたくさんありますから。

Sayonara183_20131215_67
ヘッドマークの部分だけ西日があたっています。なかなか露出が難しいです。とりあえず、後ろからの編成写真も撮っておきます。

Sayonara183_20131215_68
それから、上諏訪駅停車の証拠写真も撮っておきます。

上諏訪駅でのサプライズは、長野県の観光PRキャラクター「アルクマ」のJR駅長バージョンがお出迎えしてくれたことです。
Sayonara183_20131215_69

発車時刻が近づくと、ホームの前の方に歩いて行きました。
Sayonara183_20131215_70
へぇ、アルクマって、こんなリュックをしょっていたんだ。知りませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(13) 

トイレに行きがてら、身延線のホームにも行ってみました。
Sayonara183_20131215_61
特急「ふじかわ」が停まっていました。このヘッドマークをきちんと撮ったのは、これが初めてかもしれません。特急「ふじかわ」自体、乗ったことは1~2回しかなかったはずです。

Sayonara183_20131215_62
発車時刻が近づき、撮影者もだいぶ減ったので1枚先頭を撮っておきます。

Sayonara183_20131215_63
そうそう、停車した証拠に駅名標との写真も撮っておかなくては。発車まであと3分のところで、この先何か買えそうな駅は、ここと次の上諏訪しかないことに気づきました。長野到着は19:44ですから、何か夕食を買っていきましょう。甲府には丸政の駅弁があります。小淵沢駅弁で有名ですが、甲府と茅野にも売店があるのです。共通の弁当以外に、甲府限定弁当もあります。そんな中から1つ選んでみました。

14:35に甲府を発車しました。韮崎が近づくと、だんだんと山が近くに見えてきます。小淵沢を過ぎて、車窓をふさいでいた小海線の築堤が大きくカーブしていくと、目の前には雪雲をかぶりところどころに雪が積もっている八ヶ岳が見えました。
Sayonara183_20131215_64

小淵沢を過ぎて、次の信濃境から長野県に入りました。単線時代の中央本線の鉄橋が残る富士見です。かなり錆びていますが、鉄橋はいまだ健在のようです。
Sayonara183_20131215_65
次の停車駅、上諏訪まではあと少しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

さよなら183系の旅(12) 

予定通り、13:25に四方津を発車しました。次の停車駅は甲府です。石和ぶどう郷が近づくと、甲府盆地が見えてきました。
Sayonara183_20131215_56
いい天気です。この辺りから、お土産の車内販売が始まりました。銚子電鉄のぬれ煎餅800円と信玄餅1200円です。お買い求めの方には、NRE特製の乗車記念証を差し上げますというのです。濡れ煎はかさばるしいつでも買いに行けるので、信玄餅を買ってしまいました。
Sayonara183_20131215_57
これがNRE制作の乗車記念証です。無料のおまけでもJR東日本の許諾が必要なんですね。

14:15の予定が行き違いの特急遅れにより14:18頃に甲府へ到着となりました。甲府では14:35の発車まで20分弱の停車時間があります。車窓からは、色とりどりのバスが見えます。そうです、今日は北口広場で「やまなしバスフェスタ2013」という催事をやっているのです。途中下車できるツアーなら、20分の停車時間にあそこまで行って写真を撮ってくるのですが、途中下車前途無効とあるので、それはかないません。
Sayonara183_20131215_58
一番左のは、清里で走っているバスかな。

Sayonara183_20131215_59
山中湖の水陸両用バス「KABA」も来ていました。

一番見たかったバスは、ホームからはよく見えませんでした。
Sayonara183_20131215_60
山梨交通のボンネットバスです。元国際興業バスのさわらび号だったはず。山梨交通に来てすぐは、県立美術館への路線バスに入ったりしたのですが、最近は動いているという情報がありません。もっとしっかりみたかったのですが、今日は汽車旅が本流ですから、あきらめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(11) 

東小金井ほどではありませんが、ここも撮影者多数です。何とか、編成を撮りたいのですが、ホームから身を乗り出して撮っている人がいて、前数両を撮るのがやっとです。まあ、この先のどこかで、編成が撮れるでしょう。
Sayonara183_20131215_51

順光なのですが、ホームの屋根がほんの一部にかかってしまうのが残念です。その順光でヘッドマークをアップで撮りました。
Sayonara183_20131215_52
こうやって撮ってみると、幕式ではなく、上からステッカーを貼ったのだということがよくわかりました。

新宿方の先頭も大勢の撮影者がいます。
Sayonara183_20131215_53
上り特急が1番線を通過していきました。

3番線を特急「かいじ」が通過していきます。この特急が通過すると、この列車も発車します。
Sayonara183_20131215_54
さあ、先頭並びを撮るぞ。
Sayonara183_20131215_55
みごとに失敗しました。デジいちじゃないので、タイムラグが相当あるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(10) 

東小金井駅での39分間の停車を終えて、12:14に発車しました。千葉駅からNREの車内販売が乗り込んで、記念品の車内販売を始めました。自席に回ってきたのは、新宿を過ぎた頃でした。この時は、記念プレートが3枚、その他は1枚までの制限販売でした。
Sayonara183_20131215_46
これが記念プレートです。最近、記念プレートの販売がなかったので、もう止めてしまったのかと思っていたのです。再開されてうれしいです。同じ仕様だと、ついつい集めてしまいます。
Sayonara183_20131215_47
こちらが裏面です。それぞれ各3枚までの制限販売でしたが、そんなにいりません。2枚ずつ買いました。

それから、もう1品買ったのはポストカードです。
Sayonara183_20131215_48
こちらは、今回のさよなら運転の停車駅のものがあったりと、なかなか気に入りました。でも、写真は自分で撮るからいいと考える人が多いのか、あんまり売れていませんでしたね。1枚の制限販売でしたが、東小金井を過ぎて、キーホルダー以外は販売制限を解除しますと放送がありました。そこで、ポストカードをもう1組追加購入しました。このポストカードを見てみると、M32編成の「ホリデー快速富士山」がありました。この組み合わせって、意外と短命だったことになりますね。自分は撮っていませんでした。

東京都から神奈川県に入って相模湖、藤野を通過します。上野原から山梨県に入って、四方津に13:04の到着です。13:25まで21分間の停車時間があります。
Sayonara183_20131215_49
四方津に停まるM32編成です。

Sayonara183_20131215_50
こちらの駅名標は、漢字表記が大きくなっています。同じ駅でも2種類あったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

さよなら183系の旅(9) 

東小金井到着前に、バウチャー券と交換で弁当を3号車にて渡しますと放送が入ります。あわせて、3号車・2号車を自由席として開放しますということもアナウンスがありました。車内を歩いて引き替えに行く人もいましたが、東小金井到着後に弁当を引き替えて、2号車の進行方向窓側に座席をとりました。東小金井は40分近い停車時間があります。撮影タイムと共に、車内では使えないトイレタイムです。

Sayonara183_20131215_41
停車位置が10両と同じ所なので、前に引きがありません。また、それ以上に多くの人がいて、前から撮るのは困難です。とりあえず、オレンジ色との中央線電車と並んだところを1枚スナップです。

Sayonara183_20131215_42
都内の長時間停車駅ということもあり、とにかく撮影者が多いです。この先の停車駅では、撮影者も減るでしょうから編成の撮影はあきらめましょう。

Sayonara183_20131215_43
一応、2番線から余裕のある後ろ側だけ撮っておきます。あとは、車内に戻り弁当を食べることにしました。

Sayonara183_20131215_44
今回の弁当は、千葉支社お得意の揚げ物・焼き物だらけのダイトフーズ仕出し弁当ではなく、駅弁業者NRE大増の弁当です。これは期待できます。
Sayonara183_20131215_45
焼き物や揚げ物だけではなく、煮物もたくさん入っています。これはなかなかよかったです。他のツアーでも、せめて駅弁業者の弁当にしてくれるといいのですけど。千葉支社のびゅうツアー。気動車三昧とか内容は魅力的なのですが、食事がイマイチのものが多かったです。その点、今回は食事も合格点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(8) 

御茶ノ水駅が近づくと、神田川に架かる聖橋が見えます。そこに写真を撮る人が、1列に並んでいるのがわかりました。
Sayonara183_20131215_36

御茶ノ水駅を通過すると、総武緩行線から中央快速線へと転線します。
Sayonara183_20131215_37

新宿駅では、ドア開放の停車時間がありました。千葉駅同様、駅名標と列車を撮っておきます。
Sayonara183_20131215_38
先頭まで行ってみますが、ここもたくさんの人でごったがえしています。隣のホームにも、たくさんの撮影者がいるのが見えました。
Sayonara183_20131215_39
少し斜めから先頭を撮っておきます。まだ、この先でも撮る機会はあるでしょう。

次の停車駅、東小金井の手前で左手に尾久自動車学校が見えます。今から30年ほどまでに通った学校です。当時は、尾久自動車練習所と言っていました。「教習所といわず練習所と名乗っているのは、戦前から続く学校のみで、都内に数校しかない」と、当時の教官が行っていたのを覚えています。でも、いつのまにか校名は変更になったのですね。
Sayonara183_20131215_40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(7) 

千葉駅を10:24に発車します。駅名標と183系車両をからめて撮って、すぐに乗車します。
Sayonara183_20131215_31
一応、千葉から先が正式なツアーになるようです。それにしては、充実した前振りオプションのついたツアーです。
Sayonara183_20131215_32
長野着は19:44です。正式ツアー部分だけでも、乗車時間は9時間20分というのは、なかなかの列車です。団体列車とはいえ、この指定券はある意味貴重です。

錦糸町駅で停車します。ここからの途中乗車も可能なのですが、乗車した人はほとんどいなかったようです。そして、錦糸町駅を出ると、総武快速線から総武緩行線へと転線します。
Sayonara183_20131215_33

4号車は中央部にのみツアー客がいて、前後の半分以上は空席です。そこで、進行方向右側の空席へ移動して車窓を眺めます。
Sayonara183_20131215_34
両国駅を出て隅田川を渡るとき、スカイツリーが見えました。今日はいい天気です。

秋葉原駅を通過すると、街路樹が目に入っていきました。
Sayonara183_20131215_35
まだ少し緑色があります。これから真っ黄色になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(6) 

幕張駅構内に入ります。ここも、普段は営業列車では乗れない中線に入っていきます。
Sayonara183_20131215_26
ホームではたくさんの人がカメラを向けていました。そんな中線でしばらく停車します。
Sayonara183_20131215_27
運悪く、ちょうど柱の所で停まってしまいました。6扉車が残っているのも、総武線と横浜線だけになりました。埼京線は置き換えが進んでいるけど、まだ残っていたのかな。たぶん、総武緩行線がJR東日本最後の6扉車になるんだろうな。

Sayonara183_20131215_28
黒砂信号場には入らず、そのまま本線を通過します。千葉到着は10:17です。津田沼が8:52発(ちょっと遅れたようですが)ですから、津田沼~千葉間に1時間20分近くかけて走るという、お名残を十分惜しむことが出来る企画です。千葉から長野まで、さらに9時間20分も乗れるのですから。

千葉では折り返し停車が7分ほどあります。今夜は千葉泊になるので、大きなバッグを停車時間にコインロッカーに入れてきます。まだ3分ほど時間があったので、津田沼では見る時間が無かった、千葉方先頭に行ってみます。
Sayonara183_20131215_29
こちらは、文字タイプのヘッドマークでした。実物の文字ヘッドマークは、あずさの文字がもっと太かったような気がします。

Sayonara183_20131215_30
みんな懸命に写真を撮っていました。発車まで時間が無いので、皆さんが撮っている風景をスナップするのが精一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

さよなら183系の旅(5) 

停車時間中に配布された記念品は、写真用の額に入ったピンズのセットです。
Sayonara183_20131215_21_2

9:50を過ぎてしばらくしてから、列車は動き始めました。すると、停まっている183系が見えるではないですか。
Sayonara183_20131215_22

少し走ると、高架線に入るため線路はまた1本にまとまります。
Sayonara183_20131215_23
やはり31編成で間違いないようです。

Sayonara183_20131215_24
停まっていた車両が短い時間ですが、車窓から眺めることが出来ました。

そして、いつも車内から眺めていた、幕張車両センターから幕張駅へと続く高架橋をゆっくりと走っていきます。
Sayonara183_20131215_25
普段乗れない線路の上を走って、遠くの高層ビルを眺めることが出来るのは、なかなかうれしい期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(4) 

停車中に放送が入ります。「幕張車両センターの発車は9:50頃を予定しています。」とのこと。なんと、ここで50分近い停車時間です。また「この停車時間を利用して、本日の記念品をお配りします。自分のお席にて、バウチャー券を用意してお待ち下さい」とのこと。しばらくして、びゅうの方が回ってきて、記念品と乗車証明書を配ってくれました。
Sayonara183_20131215_20
津田沼駅受付で渡された本日の参加証と、車内で配布された乗車証明書です。津田沼~千葉間は、あくまでも車両センター内の体験乗車ということで乗車券の発券はなく、「体験乗車」という札を首から下げて、みなさんで並んで改札を入りました。

記念品をもらっても、まだまだ停車時間があるので、みなさん車内撮影です。
Sayonara183_20131215_16
本日、トイレ、洗面所、ゴミ箱は使用できません。すべてに貼り紙がありました。また、トイレは施錠されていて、その関係で客室内のトイレ使用灯は常に点灯していました。

Sayonara183_20131215_17
車内消毒の履歴です。これを見る限り、先月まで普通通りに使われていたようです。もちろん、使用せずに何ヶ月も消毒期間が空いている時期もありますけど。

Sayonara183_20131215_18
6号車は「ムーンライトえちご」使用時は、レディースカーになる車両です。びゅうの方の話によると、本日の乗客は109名とのことです。相席はなく、1名、3名でも、それぞれ2名分、4名分の座席区域が割り当てられていました。1人で参加した自分にとっては、ちょっとうれしい配慮でした。

Sayonara183_20131215_19
3号車の車内です。乗客が109名だったことから、使用した車両は4~6号車の3両です。3・2号車は空車で、1号車はスタッフ控え室になっていました。簡易リクライニングシートが並んだこの風景も見納めになるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(3) 

幕張本郷駅付近を通過すると、いったん線路がまとまります。
Sayonara183_20131215_11

途中には、事業用の踏切などがありました。
Sayonara183_20131215_12

そこをすぎると、再び線路が分岐して、留置線が並ぶ区域に出ました。ここまでやってきて、列車はようやく停車しました。
Sayonara183_20131215_13
窓の外にはE217系が停まっていました。

Sayonara183_20131215_14
反対側には、宴とE257系が停まっているのが見えました。

Sayonara183_20131215_15
あれっ、E257系の向こうに183系がいる。あれがM31編成かな。それにしても、何で人が乗っているのだろう。整備かな。と思ったのですが、何のことはないです。E257系の着色された窓ガラスに、こちらの列車が反射して写っていただけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら183系の旅(2) 

津田沼駅2番線を出た列車は、そのまま幕張車両センターへと続く中線を走って行きます。
Sayonara183_20131215_06

成田へ向かう京成本線の上を越えていきます。
Sayonara183_20131215_07

この車止めのすぐ前に、183系がかなりの期間留置されていました。それが、このM32編成かM31編成のどちらかだったのでしょう。
Sayonara183_20131215_08

上りN’EXが走って行きます。上を通る歩道橋にも、たくさんの撮影者がいるのが見えます。
Sayonara183_20131215_09

幕張車両センター内の幕張本郷駅付近を通過します。こんな位置から幕張本当駅のホームを、普段は眺めることは出来ません。
Sayonara183_20131215_10
列車は、そのままさらに千葉方に進んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

さよなら183系の旅(1) 

2013年12月15日(日)。今日はびゅうのツアー「ありがとう183系M32編成 千葉から長野への旅」に参加してきました。ツアーはしばらく前から知っていたのですが、どうせすぐ満員だろうと気にもとめていなかったのです。ところが先週、JR東日本千葉支社のウェブサイトを見ると「好評受付中」となっています。まだ埋まっていないようです。申し込んだのが12月9日のこと。決め手は、津田沼~千葉間で普段は乗れない、幕張車両センター内を走るということです。乗り鉄にとっては、ふだん乗れない線路を上を走る列車に乗れる機会は、ついつい食指が動いてしまう物なのです。もちろん、外房線でかれこれ20年近くお世話になった183系に乗れるのが最後ということもあります。

6:40に自家用車で自宅を出て、茂原駅近くのコインパークに停めます。7:24の総武線快速に乗って、津田沼着が8:13です。受付は8:20津田沼駅集合ですから、ちょうどよいというか少しでも遅れたら危ないという状況です。でも、時間通りに着きました。

Sayonara183_20131215_01
自動券売機の前に受付のテーブルがありました。名前を言うと、首から下げるプレートをくれました。千葉からは乗車券がありますが、津田沼からは団体での入場になるそうです。

8:52頃津田沼を出発とありました。
Sayonara183_20131215_02
団体列車でも、よく表示器に出す千葉支社ですが、今回の列車は表示器には出ないようです。8:40頃入場が始まりました。

Sayonara183_20131215_03
2番線ホームは、すでに大混雑。正面から撮ろうとしても、人しか写りません。まあ、この先撮影する時間はあるでしょうから、少し斜めから撮っておきます。

Sayonara183_20131215_04
今日、廃車回送されるM32編成が「ありがとうあずさ号」で、23日に回送されるM31編成が「ありがとうかいじ号」なのだそうです。特急「あずさ」のヘッドマークに「ありがとうM32」の文字が追加されていました。

Sayonara183_20131215_05
乗車口は6号車1ヶ所だけです。そこから乗り込んで、指定された4号車へ向かいます。今回のツアーは、号車指定定員制ではなく、完全に指定席でした。座席は千葉からの折り返し用に、後ろ向きにセットされています。8:52より少し遅れて、津田沼駅を発車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電タンコロまつり(6) 

極楽寺駅へ向かいます。
Enoden20131214_26
寒いですが、天気はよかったです。

Enoden20131214_27
乗車したのは嵐電塗色を含む編成でした。それにしても、鎌倉駅での折り返し時間はわずかしかないのですね。

乗車券は、会場で聞いていたので、車掌さんにお願いして車内補充券を切ってもらいました。
Enoden20131214_28
一番下にキャッチフレーズとウェブサイトのURLが入った車内補充券です。この辺りが、今風なんでしょうか。鎌倉駅でも、こころよく無効印を押してくれました。お手数をおかけしました。

JR横須賀線で、衣笠まで行きます。9月から始めたコロプラの逗子と横須賀ゲットです。
Enoden20131214_29
衣笠12:49のエアポート成田に乗って千葉へ向かいます。15時からの会合にギリギリ間に合いそうです。

Enoden20131214_30
車内では、会場で買った記念弁当で昼食です。大船軒のつくる記念弁当にしてはめずらしく「鯵の押し寿司」が入っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電タンコロまつり(5) 

売店コーナーに行ってみました。大船駅や鎌倉駅で駅弁を売っている大船軒さんのブースがありました。
Enoden20131214_21
なんと「タンコロまつり」の記念弁当を売っていました。朝も駅弁だったのですが、昼食用に買ってしまいました。

11時半近くに開場を後にしました。でも、ここまで来たから、ちょっと踏切で撮影していきましょう。
Enoden20131214_22
踏切へ向かう道路から、会場内に停まるえのんくん号を撮ります。行き先表示がめずらしかったらかです。「後部2両貸切」なんて表示があるのですね。

踏切で2本ほど撮影していきます。
Enoden20131214_23
1001鎌倉行きの後追いです。通常塗色の1001を撮ったのは、初めてかもしれません。

Enoden20131214_24
藤沢行きの2001です。いい場所かと思ったのですが、編成全体を入れるのは難しいし、側面逆光なのでいい写真は撮れませんでした。

宅配便のトラックがやってきて、運転士さんが荷物を持って線路を横断します。あんなとこ歩いていいのでしょうか。
Enoden20131214_25
行ってみると、小さな階段の向こうに玄関が・・・。そうか、テレビでいつか見たことがあったぞ。玄関の前に線路があって、敷石はないけれども、これが個人用踏切なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

江ノ電タンコロまつり(4) 

子どもの制服写真撮影用に、502にカットモデルが置かれていました。
Enoden20131214_16
入っている行き先表示板も本物です。

Enoden20131214_17
プラレール電車になっていた、えのんくん号です。

Enoden20131214_18
連接台車の様子を、まじまじと見てきてしまいました。

そうそう、11時から記念入場券の抽選販売が始まります。
Enoden20131214_19
自分の番号は30番です。当たるかな?

Enoden20131214_20
10番から順にひいたいったのですが、途中から「何でこの番号に・・・」といった具合でした。70番台、80番台が7人ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電タンコロまつり(3) 

そのほかの物販やイベントもありました。
Enoden20131214_11
極楽寺駅の入場券を買って、自分で日付と鋏を入れるというものです。まずはダッチグマシンで日付を入れます。これは、何回か体験したことがあるのですが、今日も少し曲がってしまいました。入鋏はすべりやすいので気をつけて、絵柄を一番損ねない位置に入れて見ました。

それから、車内乗車券発券体験というのもありました。こちらは無料です。
Enoden20131214_12
車内改札用の穴開け鋏で、月と日に穴を開けます。発駅は「タンコロまつり」で着駅はどこでもいいとのこと。それでは、今日これから乗っていく「かまくら」にしましょう。乗車券ではありませんが、地紋も乗車券と同じという、なかなか凝った仕様です。「そういえば、少し前には絵入りの車内乗車券を売っていましたよね」というと「今でも車掌は黄色い車内乗車券を売ってますよ」とのこと。IC乗車券と使う人が増えて、めったに発売機会はなくなってしまったのでしょうけど、車内乗車券は今も健在だそうです。

それから、こんな方も来ていました。
Enoden20131214_13
湘南モノレールの「しょもたん」です。この方、後ろ姿がすばらしいです。

Enoden20131214_14
マントがしっかり広告になっているのです。すばらしい。

Enoden20131214_15
カールおじさんが現れて、カールの無料配布です。ただし、もらえるのは子どもだけです。大きなお友達はもらえません。普通の大人も、もちろんもらえませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電タンコロまつり(2) 

「タンコロまつり」ですから、もちろんタンコロも撮ってきました。2軸小型のボギー台車でホイルベースの短い路面電車タイプの車両(ご指摘ありがとうごいます。訂正しました)がタンコロです。108号が保存されています。
Enoden20131214_06
正面からみたところです。

Enoden20131214_07
行き先表示板です。漢字の字体も味があるし、それに添えられた簡単な絵模様が、また味があるのですよね。

Enoden20131214_08
側面は小さな窓が並びます。2軸車なので、車輪はけっこう中央部に寄ってついています。

Enoden20131214_09
マスコンです。これだけ見ると、路面電車だなと思えてしまいます。

Enoden20131214_10
木材が多用されている車内です。乗ってみるとわかりますが、床が平らではありません。前後のドア部分が若干低く、台車上部へと緩い傾斜になっていて、座席部分が高くなっています。乗り降りはしやすいように、でも台車は収めなければという工夫なのでしょう。シートは作り直したのでしょうか。たいへんきれいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

江ノ電タンコロまつり(1) 

2013年12月14日(土)。今日は15時から千葉で会合があります。ゆっくり出かけてもよいのですが、例年の11月から12月に延期になった、江ノ電のタンコロまつりに行ってから会合に出ようと思います。あまり広い会場ではないので、2時間もあれば十分楽しめるでしょうから。

長者町6:30の京葉快速東京行きでスタートです。上総一ノ宮で、総武快速東京行きにのりかえます。幕張車両センターの横を通るとき、明日さよなら運転が行われる183系32編成がいるかなと注目したのです。
Jr_makuhari20131214_01
宴はいましたが、183系は目の届く範囲にはいませんでした。ここしばらくは、上り線寄りの東京方に1本停まっていたのですけれども、今日はその姿もありませんでした。

さて、総武快速は東京止まりです。地上へ上がって東海道線に乗りかえます。その途中で駅弁「祭」に寄って、朝食用の駅弁を買っていきます。朝食がまだなのです。

8:15の東海道線熱海行きに乗って、藤沢へ向かいます。その車中で駅弁を食べていきます。
Jr_tokyo20131214_02
鉄道博物館の特別企画展開催記念弁当です。北陸新架線のE7系が描かれています。中身は、北陸を意識した内容になっているようです。

藤沢からは江ノ電にのりかえて、会場の極楽寺へ向かいます。
Enoden20131214_03
やってきた電車の折り返し、9:12の鎌倉行きに乗車します。藤沢から極楽寺までは26分とでています。けっこうかかるのですね。それでも、開場前には着くでしょう。

今回の「タンコロまつり」では、各日別図案の記念入場券を発売するのです。それが限定200セット。1人5セットまで購入可とありますから、可能性としては40人で売り切れとなることもあるのです。現地に着いてみると、行列は40人を越えているようです。まあ、絶対に欲しいというわけではないのですが、どちらかというと、明日の写真バージョンよりは、今日のイラストバージョンの方が好みです。10時ちょっと過ぎの電車が通過して踏切が開くと、いよいよ開場です。どうやら記念入場券の人よりも、廃部品の人の方が圧倒的に多いようです。

Enoden20131214_04
無事に買えました。こちらがAセットです。

Enoden20131214_05
こちらがBセットです。番号は43番でした。やっぱりめいっぱいの5セットを買う人は、ほとんどいなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

い鉄で出勤せず 

2013年12月13日(金)。今日は職場の講演会があり、終了後に運び込んだ機材を片付ける関係で、自家用車で出勤します。いつもより早く、6:50前に家を出ます。これなら、上総東のあの祠で間に合うかもしれません。

どうやら、ぎりぎり7Dにまにあったようです。
Isumi200_20131213_01
構図を考える間もなく、ヘッドライトが見えたので、手前のもみじにピントを合わせて1枚撮っておきます。ちなみに、車両は206リトルミイでした。

この7Dと上総東で交換する6Dも撮っていきます。
Isumi300_20131213_02
昨夜乗った、通学対応の2両編成です。先ほどより、少し上の場所へ移動しました。上のもみじは、まだなんとか赤さが残っています。

その後、国吉駅へ行きました。クロちゃんを探すと、上りホームの花壇の所にいました。今朝は、地面が真っ白になるほど寒いのです。「クロ、待合室来るか」というと「ニャー」と鳴いて走ってきました。待合室のベンチに座ると、すぐに膝に飛び乗ってきて座りました。
Isumi_kuniyosi20131213_03
膝に載せて、背中をなでていると、2人組の男の人たちが、いろいろと写真を撮っています。聞いてみると「男の隠れ家」という雑誌の方だそうで、いすみ鉄道を取材しているのだとか。誰もいない待合室で、黒ネコと戯れているのも隠れ家の一種なのか「1枚いいですか」と撮られてしまいました。まあ、雑誌に載ることはないでしょうけどね。

7時半までクロちゃんにつきあって、その後、四之町踏切で8Dを撮影します。
Isumi350_20131213_04
水田の白さをもっと強調したかったのですが、自分の腕では無理でした。今朝の8Dは351スナフキンでした。

今日は仕事がなかなか終わりませんでした。結局、終電に乗るよりも遅い、21:10にようやく帰宅することが出来ました。帰りがけに国吉駅に寄っていきます。
Isumi_kuniyosi20131213_05
すでに丸くなってお休み中でした。この週末は忙しいから会いに来られるかな。元気でいてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

い鉄で出勤(102) 

2013年12月12日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤です。
Isumi200_20131212_01
今朝の7Dがやってきました。腰部に2灯ですから、いすみ200型ですね。国吉駅のもみじですが、線路際の葉っぱは、ほとんど落ちてしまいました。

城見ヶ丘で降りて、載ってきた車両を見送ります。
Isumi200_20131212_02
今朝は202フローレンでした。いつものように、バイパスの陸橋から8Dを撮影します。

Isumi350_20131212_03
今朝の8Dは351スナフキンでした。

帰宅は、今日も18:46の30Dとなりました。
Isumi300_20131212_04
今日の編成は302スニフ+301パパ&ママ。高校生も試験が終わったのか、久しぶりにいつもの通学風景に戻りました

さて、クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131212_05
いつものように、箱の中で丸くなって寝ていました。久しぶりに左巻になったね。それじゃ、おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

本日は2件のリリースが出ました。横浜市電以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月12日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

横浜市電保存館
販売日 2013年12月19日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 横浜市磯子区・南区・中区内の全49局と横浜中央局の計50局 

 シートはグリーン(50円)です。12月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。  


12月12日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。 

ちっちゃいおじさん
販売日 2013年12月16日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 尼崎市、伊丹市内の計77局

シートは大型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2013年12月11日(水)。今日は夕方から用事があることと、金曜日に職場の講演会で使用する機材を自宅から運ぶために、自家用車で出勤します。でも、いつものように国吉駅には寄っていきます。

7Dが発車したいった直後の待合室は誰もいません。クロちゃんがゴザ布団に座っているだけでした。
Isumi_kuniyosi20131211_01
隣に座って「載る?」といったら、また人の太ももに前足を載せて、大きな伸びをしてからゆっくりの上がってきました。しばらく背中をなでながら足の裏を温めさせてあげました。

今朝は、上総中川~城見ヶ丘間の鉄橋で8Dを撮っていきます。
Isumi300_20131211_02
今朝の8Dは302スニフでした。

夕方といっても、この時期はすっかり暗くなった18時過ぎから、茂原での用事を済ませて帰宅したのは21時を回った頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月11日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月11日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

おりょうと龍馬の横須賀散歩
販売日 
2013年12月16日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 横須賀市内の計45局

シートは大型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(101) 

2013年12月10日(火)。朝の一撮を終えて、いすみ鉄道で出勤します。待合室ではクロちゃんがちょうど起きたところです。誰に載ろうかなと歩き回っていました。

今朝の7Dは、206リトルミイでした。
Isumi200_20131210_06
城見ヶ丘で降りて、後追いを撮っておきます。その後、バイパスの陸橋まで歩いて行きます。

Isumi350_20131210_07
今朝の8Dは、351スナフキンでした。

帰宅は18:46の30Dになりました。
Isumi200_20131210_08
高校生は今日も試験なのでしょう。2両編成に、大多喜から乗ったのは自分だけです。車内は、乗客が2人だけ。こんなにゆったりいすみ鉄道に座って乗ったのはいつ以来でしょうか。車両は202フローレン+201ムーミンでした。いつものように、国吉で降ります。

Isumi_kuniyosi20131210_09
クロちゃんは、箱の中ですでに丸くなって寝ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出勤前の一撮 

2013年12月10日(火)。今日は職場のグループで昼食会をやることになっています。よって、弁当はいりません。それじゃということで、家人の炊事省略にして朝食もなしにしました。これで、いつもより早く家を出て、西大原~上総東間の神社の小山で、もみじをからめて撮影しようと思ったのです。ところが、ちょっと家を出るのが遅れて、4Dの通過時間に間に合わなくなりました。いつも通り、7Dにはのらなくてはなりません。あとは、国吉~上総東間のどこかで、6Dを撮る時間しかありません。

結局、国吉~新田野間にしました。せっかく来たのですから。
Isumi_kuniyosi20131210_01
このお寺のイチョウの木。すっかり葉っぱが落ちて、地面を黄色く染めていました。少し線路から距離があるので、いすみ鉄道をからめての撮影は難しいのですが、車窓からはよく見えるイチョウです。

6Dの通過直前になって、雲の切れ目から太陽が顔を出しました。
Isumi300_20131210_02
昨日帰宅時に乗った編成です。折り返し通学対応の9Dになる2両編成です。

Isumi300_20131210_03
朝日を車体に受けて、大原へと走って行きました。この6Dが上総東で交換するのが、通勤に使っている7Dです。それに乗るために、国吉駅へと車を走らせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

支社版フレーム切手 

12月10日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月10日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

昭和の大横綱 大鵬
販売日 
2013年12月18日(~未発表
販売部数 3,400部

販売地域 釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の全局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳郵便局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計76局

シートはグリーン(50円)です。解説書とのセットで売価は1000円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(100) 

2013年12月9日(月)。今日は、この4月からいすみ鉄道で通勤するようになって、ちょうど100回目のいすみ鉄道通勤の日です。月平均にすると、12~13回の利用といったところでしょう。やはり、定期券を買うにはちょっと高いようです。

Isumi300_20131209_01
国吉駅ホームのもみじは、かなり赤くなりました。今朝の7Dは302スニフでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの陸橋から8Dを狙います。
Isumi350_20131209_02
今朝の8Dは、351スナフキンでした。

帰宅は18:46の30Dになりました。
Isumi200_20131209_03
行き違いになる下り列車が先に到着です。ということは、206リトルミイが明日の7Dに入る可能性大です。

Isumi300_20131209_04
高校生が期末試験なのか、ガラガラです。いすみ300形の2両編成なのですが、大滝から乗ったのは自分を含めて2人だけでした。久しぶりに、ボックス席に座って国吉までの時間を過ごしました。

さて、クロちゃんはどうしているでしょうか。
Isumi_kuniyosi20131209_05
すでに箱の中で丸くなって寝ていました。起こしてはかわいそうなので、背中を軽くなでておやすみを言って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月9日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月9日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

会津から斗南藩へ
販売日 
2013年12月16日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 青森県八戸市、三沢市、十和田市、むつ市、階上町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、六戸町、おいらせ町、野辺地町、七戸町、横浜町、東北町、大間町、新郷村、六ヶ所村、東通村、風間浦村、佐井村内の計113局、福島県会津若松市内の計28局岡崎市内の計39局

シートはオリジナルです。売価は1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

い鉄忘年宴会列車(2) 

上総中野16:40に発車する68Dの大多喜着までが、今回の忘年宴会列車です。すっかり日も落ちて、総元駅のイルミネーションがきれいでした。17:00に大多喜に到着です。
Isumi_rail20131208_36
前の車両から切り離され、サボも外されて、今日の貸切列車もこれで終わりです。本当に楽しかったです。みんなでゴミ片付けをして終わりにしました。

でも、今日は五井から参加してくれた方がいます。この後、上総中野へ戻って、代行バス、小湊鉄道と乗り継いで帰るそうです。なんでも、小湊鉄道の1日乗車券を買って参加してくれたとか。そこで、自分もいすみ鉄道の1日乗車券を持っているので、上総中野までお見送りです。
Isumi200_20131208_37
普段なら帰宅の高校生で混むのでしょうけど、今は期末試験中なのでしょう。2両編成に乗客は我々2人だけでした。18:05に代行バスが発車するのを見届けて、再びいすみ鉄道に戻ります。
Isumi200_20131208_38
ここまで2人だったということは、帰りは1人だなと思っていました。

Isumi200_20131208_39
車内はクリスマスの装飾がされています。この201ムーミンにクリスマスの装飾がされるのは、もしかすると今年が最後かもしれません。それと、西畑から1人乗車がありました。こちらもテツな方のようです。日曜日の夜までいすみ鉄道にいていただけるなんて、地元民からすると大歓迎です。自分は大多喜で降りて、自家用車で帰ります。帰りがけに国吉駅に寄ってみました。

Isumi_kuniyosi20131208_40
まだ19時と時間が早いからか、クロちゃんは箱の中に入るものの起きていました。それじゃクロちゃん。また明日来るからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄忘年宴会列車(1) 

2013年12月8日(日)。いすみ鉄道の車両を1両貸し切って、定期列車に増結する「忘年宴会列車」を企画し、職場の仲間と一緒に楽しんできました。今回の貸切にリクエストしたのは、いすみ351のテーブル付きです。ダイヤは大多喜14:31の上り64Dから大原、上総中野と走って、再び68Dで17:00大多喜までの1往復です。
Isumi_kiha52_20131208_31
急行3号がやってきました。「お刺身列車」のヘッドマークがキハ52についています。「お刺身列車」になるのはキハ28の方なのですが、キハ52の方にもヘッドマークがついていたのですね。この急行と行き違いになる64Dに大多喜からいすみ351が連結されて、これが貸切車両になります。

いすみ351にはキハ編成同様、サボ受けがあります。事前にいすみ鉄道に、サボを作っていったら取り付けてくれるか問い合わせたところOKという返事をいただいたので、こんなサボをつけてもらいました。
Isumi_rail20131208_32
あんまり凝ってはいないです。キハ28導入前は、よくサボを作って寄贈していたのですが、キハ28導入後は初めて作りました。裏面はこれです。
Isumi_rail20131208_33
今回も、使い終わればいすみ鉄道に寄贈です。来週の「ジャズ列車」で使えるように、裏面は回送車にしてあります。「ジャズ列車」は大多喜~大原間で「ジャズ列車」運用前後に回送がありますから。もちろん、これをつけてくれるかどかは、いすみ鉄道次第です。通常の、大原-上総中野のホーローサボの可能性の方が高いでしょう。

今回の貸切は、職場の仲間とOBの先輩たちです。
Isumi_rail20131208_34_3
飲み物・食べ物は各自で持ち込み。交換可との内容です。実家の食堂から、大量のエビフライを持ち込む人。城見ヶ丘駅近くのショッピングセンター「オリブ」にある城下市場から、新鮮な刺身の盛り合わせを買ってきた人。何だか、すごい宴会状態になっていました。

途中では手作りクイズコーナーもあったりと、とても楽しいひとときでした。
Isumi_rail20131208_35
上総中野での折り返し時間に、記念撮影です。薄暗くなってきて、ストロボを炊かないとうまく写りません。でも、ホームの幅が狭く困っていたら、運転士さんが線路に降りてシャッターを押してくれました。我々が線路に降りたら問題ですものね。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄忘年列車プレツアー(6) 

上総中野駅に到着しました。折り返し、再び粟又の滝行きになります。隣には、小湊鉄道の代行バスが停まっています。
Kominato_bus20131208_26

そうしているうちに、12:57着の61Dがやってきました。
Isumi300_20131208_26
折り返し13:03の62Dに大多喜まで乗っていきます。

大多喜で降りて、貸切宴会列車の買い出しをします。いったん駐車場まで行くと、いすみ鉄道ツアーバスが停まっていました。
Isumi_rail20131208_28
9月1日に利用したときより、ずいぶんバスのグレードが上がった気がします。駐車場の下のセブンイレブンに買い物に行ってきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄忘年列車プレツアー(5) 

幻の滝をあとにして、滝めぐり遊歩道へと入っていきます。入口で焼き餅と焼き芋を売っていました。おいもが黄金色でいかにもおいしそう。1つ150円とのことで、思わず買ってしまいました。おいもをかじりながら、滝めぐり遊歩道を歩いていきます。
Yorokeikoku20131208_21
山肌には、けっこう色づいた木があります。

Yorokeikoku20131208_22
もう少し、太陽が当たってくれると色鮮やかになるのですが、天気ばかりは文句を言ってもはじまりません。

Yorokeikoku20131208_23
ときどき、手の届くようなところに、真っ赤なもみじがあります。

幻の滝から歩いて45分ほどで、粟又の滝に到着しました。
Yorokeikoku20131208_24
到着したのが12:15頃です。バスが12:35だったので、12:20になったら上がろうと、みんなで相談していました。ところが、写真を撮ったりしているうちに時間が過ぎてしまい、12:23にあわてて急な階段と坂道を登ってバス通りまで出ます。さすがに上りがきつく、5分以上かかりました。バスの12:35というのは、始発バス停の時刻で、粟又の滝は12:37でした。
Kominato_bus20131208_25
時間よりちょっぴり遅れてやってきたバスにみんなで乗って、上総中野駅を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄忘年列車プレツアー(4) 

滝の見える反対側の山道を登ってみます。
Yorokeikoku20131208_16

もうちょっと色のある木が多いと見栄えがしますが、そうなると大観光地になってしまうのでしょうね。
Yorokeikoku20131208_17
いったん下の川沿いまで降りて、あの階段を上らないと、上の茶屋へは戻れません。

Yorokeikoku20131208_18
反対側の山にも登ってみます。先ほどいた山の滝が見えます。

Yorokeikoku20131208_19
上の茶屋に戻って、少し休憩していきます。大福を売っていたのですが、何だか茶色いのがありました。たずねると「きなこ」とのこと。きな粉をまぶしたのではなく、きな粉を混ぜたお餅で作ったのだそうです。買って食べたのですが、これがなかなかおいしいのです。しっかりときな粉の味はするけど、手に粉が付くこともないし。暖かい麦茶も出していただいて、すっかり元気を取り戻しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄忘年列車プレツアー(3) 

上総中野駅に到着しました。駅前のバスに急ごうとするものの、列車を確認すると伊勢海老特急「お刺身列車」の愛称板がついていました。どうやら、大多喜駅停車中につけたようです。
Isumi_kiha28_20131208_11
ちょっと小さくて見にくいので、愛称板のアップです。
Isumi_kiha28_20131208_12

バスは10:30の発車です。駅前まで階段さえないですから、乗り換え時間4分でも十分間に合います。
Kominato_bus20131208_08
このバスに乗って、幻の滝というか滝めぐり遊歩道の入口の原の台バス停まで行きます。320円です。途中にも、ずいぶん赤くなったもみじを見ることが出来ました。

滝めぐり遊歩道入口にある幻の滝です。民間の施設で、入場料というか環境整備費として100円を払います。
Yorokeikoku20131208_14
足下から下が透けて見えるすのこ状の展望台から、滝のある川を眺めます。滝ともみじが見えます。これから、あの下まで歩いております。

Yorokeikoku20131208_15
ここに来るのは三度目ですが、紅葉シーズンに来たのは初めてです。いつもほとんど人がいなかったのですが、今日はたくさんの人がいます。下から見た方が、もみじの赤さをより感じることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

い鉄忘年列車プレツアー(2) 

貸切列車とは別に、今日は1往復乗車するのは間違いないので、1日乗車券を使います。手持ちのきっぷのどれを使おうかな。今日貸し切るのは351だから、351デビュー記念のジュニランきっぷを使うことにしました。
Isumi_rail20131208_06
何回か大多喜に行く機会があって、合計4枚ほど買ったジュニランきっぷ。使ったのは1枚だけで、まだ3枚残っていた中から、今日1枚使ったのです。

大原について、急行1号の急行券を買います。今日は1~3号は貸切で指定券の販売はなしということで、自由席はかなり混みそうな予感がします。2~3号は伊勢海老刺身列車ですが、1号は団体予約が入ったということのようです。
Isumi_kiha28_20131208_07
折り返しは、幕の通り急行になって発車です。先ほどの快速は、この先は貸切になって乗れないだろうからとキハ28に乗ってきました。今度は、キハ52に乗っていきます。発車時間までまだあるからか、ボックス席に空席があり座ることが出来ました。発車までには、ロングシートを含めて、かなりの座席が埋まりました。
Isumi_rail20131208_08
急行券は、もちろん売店で硬券を買いました。ちなみに、大原駅のいすみ鉄道自動券売機、いつのまにか2台に増強されていました。

9:20定刻に大原駅を発車します。車窓から見ても、今日は撮影者が多いです。
Isumi_rail20131208_09
前回見たとき、リトルミイが水死しかかっていましたが、無事に復帰したようです。

国吉駅では、今日はミスターバイクという雑誌のイベントが行われています。自分のバイクをキハ30の前に置いて、写真撮影できるというものです。バイク乗りでないと参加できないイベントです。
Isumi_rail20131208_10
急行の車窓から、ミスターバイクのヘッドマークをつけたキハ30だけ撮っておきます。たまたまバイク持参の記念撮影者がいなかったので、なんとかヘッドマークが見える程度には撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

い鉄忘年列車プレツアー(1) 

2013年12月8日(日)。今日は職場の仲間と、いすみ鉄道を1両貸し切って、忘年会をやる予定です。しかし、貸切列車は14時半からです。午前中は、希望者で紅葉の盛りの養老渓谷へ行くことにしました。

まずは自家用車で国吉駅へ向かいます。着いたのは7:55くらいでした。待合室には誰もしません。人間だけでなく、クロちゃんもです。ホームに行っても、クロちゃんはいません。待合室に入り「クロっ」と呼ぶと、待合室のベンチがガタガタとなって、その下からクロちゃんが這い出してきました。目が合ったので「載る?」というと、今日は迷うことなく、飛び乗ってきました。
Isumi_kuniyosi20131208_01

しばらく載せていると、構内踏切が鳴り出しました。8:01の下り列車が来たようです。
Isumi300_20131208_02
下りホームに1本あるもみじの木が、かなり赤くなりました。1本しかないのが残念ですけどね。

待合室に戻ると、クロちゃんは食事中でした。
Isumi_kuniyosi20131208_04
それじゃ、クロちゃん。またあとで寄るからね。大多喜へと車を走らせました。

プレツアー参加者は、大原9:20の急行1号に乗ることになっています。自分は、大多喜8:29の快速でお出迎えに行きます。
Isumi_kiha28_20131208_04
今日は伊勢海老刺身列車が運転されます。特製のヘッドマークが着くはずですが、まだありませんでした。幕は快速ではなく急行になっていました。

Isumi_kiha28_20131208_05
お刺身列車用に机を運び込んでいました。その関係で、前側のドアが開いていました。営業列車で、このドアを開けているのを見るのは、初めてかもしれません。奥には懐かしい車内販売用のワゴンがあります。いつのまにかいすみ鉄道も入手したのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵村山から千葉そして自宅へ 

10時半を回ったところで、そろそろ千葉の勉強会に向かうことにします。バスのりばへ行ってみると、立川バスだけでないことがわかりました。
Tachikawa20131207_31
バスのりばには、立川バスと西武バスが来ていました。そんななか、発車時刻が一番早かったのは、立川バスの昭島駅行きです。でも、その次の立川バスの箱根が先行きに乗ることにしました。

発車予定時刻の10:45を過ぎてから姿を現しました。
Tachikawa20131207_32
イオンモール止まりのようで、降車場でいったん全員を下ろしてから、のりばへとやってきました。
Tachikawa20131207_33
箱根ヶ崎が近づくと、バス停には都営バスのポールが一緒に立っています。都営バス最長路線の梅70と径路が重なっているのです。降りて、梅70系統に乗って青梅までバスで行ってみたい衝動にかられましたが、青梅行きのバス時刻がわかりません。ここで、1時間も待ったら勉強会に間に合わなくなります。あきらめて、そのまま箱根ヶ崎駅へと向かいました。

箱根ヶ崎駅では、先に来た方に乗ろうと思います。だって、千葉までの径路はまったく考えていないのですから。高麗川行きが来たら、川越経由で帰ります。八王子行きが来たら、とりあえず拝島までは行きましょう。

やってきたのは、八王子行きでした。とりあえず拝島で降りました。
Hachiko20131207_34
すぐの接続の、青梅特快東京行きはものすごく混んでいたので、コロプラの陣取りを兼ねて少し青梅へ向かうことにしました。

結局、河辺まで行って、青梅市をゲットして千葉へと向かいました。千葉から内房線で本千葉へ向かい、会場へ行きました。

勉強会が終わったのが16:15頃のこと。本千葉16:42の外房快速上総一ノ宮行きに乗って茂原へ。そこで、家人と落ち合って買い物を済ませてから、自宅へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川バスイベント(3) 

正面から見ると、リラックマバスだかどうかわからない5号車。サイドの図柄はこんなものです。
Tachikawa20131207_21

バスコレの購入も無事に済み、ショッピングモール2階の展望デッキのようなところへ行ってみます。そこは、フードコートの屋外エリアでした。
Tachikawa20131207_22
そこから見た、展示会場です。リラックマバスは屋根までイラストが入っているのかと思ったのですが、屋根はごく普通でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川バスイベント(2) 

今日のイベントのもう1つの目玉は、初代リラックマ1号と2号のオリジナルバスコレクションが発売されることです。
Tachikawa20131207_16
会場に来ているのは、2代目リラックマ1号ですが、デザインは踏襲されているそうです。

Tachikawa20131207_17_0
10時から発売ですが、状況によっては時間を早めると立川バスのウェブサイトにあったので、早く来たのです。9時か9時半くらいから売るのでは思ったのですが、実際は「10時8分前ですが、ただいまから始めます」の声があって、発売が始まりました。

Tachikawa20131207_17
リラックマバスコレクションと、11月に発売になった立川市のコミュニティバスもまだ売っていたので、こちらも買ってきました。リラックマバスですが、7月に発売になったヱヴァンゲリオンバス同様、細かいデザインがきちんと再現されています。ちょっと高いですが、自分としては納得の商品です。

Tachikawa20131207_17_2
これが2代目リラックマ1号のサイドビューです。バスコレクションの1号と比べてみても、確かにデザインは踏襲されているようです。San-xやリラックマのロゴが若干変更になっているようですけれども。

ちなみに5台集合とのことですが、会場に引きがなくて5台全部を正面横並びで撮ることが出来ませんでした。
Tachikawa20131207_18
せいぜい、斜めから撮るのが自分のカメラではやっとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川バスイベント(1) 

2013年12月7日(土)。イオンモールむさし村山で、立川バスのイベントが開催されました。同社のリラックマバス全5両が一堂に会するというものです。自分も全部を見たことはありませんでした。
Tachikawa20131207_11
2代目リラックマ1号です。

Tachikawa20131207_12
リラックマ2号です。コリラックマが運転席に乗っていました。

Tachikawa20131207_13
リラックマ3号です。大きなリラックマが運転席に座っていました。

Tachikawa20131207_14
リラックマ4号です。

Tachikawa20131207_15
リラックマ5号です。羽田空港と立川を結ぶ高速バスに使用されているそうです。ただ、側面にしかイラストがないので、正面から見るとリラックマがまったくいません。それがちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

立川バスイベントへ(2) 

千葉を出るときは、自由席は30%位の乗車率でした。船橋でそれが60%くらいになりました。
Tachikawa20131207_06
スカイツリーが見えてきて、まもなく錦糸町です。意外だったのは、錦糸町で降りる人が複数いたことです。快速で乗り換えなしに行ける錦糸町までの利用者がそれほどいるとは考えていませんでした。

千葉発の「あずさ」に乗っておもしろいことは、総武快速線から中央総武緩行線に入り、また中央快速線へと移っていくところです。
Tachikawa20131207_07
錦糸町駅を発車すると、総武快速線から緩行線へと入って行きます。緩行線をお茶の水まで走ります。そういえば、10月の総合旅行業務取扱管理者試験を受けるために、両国駅前のホテルに泊まっていたときです。朝、「あずさ」が走って行くのを見て、こんな時間に走って行くんだと眺めたのを思い出しました。

Tachikawa20131207_08
御茶ノ水駅を出てしばらくはそのまま緩行線を走ります。快速線上りがちょうど並んだ辺りに下り快速線へ移るポイントがあります。
Tachikawa20131207_09
そこを渡って、中央快速線へと入って行きました。新宿まではのろのろ運転です。すぐ前を快速電車が走っているのでしょう。新宿ではけっこう下車もありましたが、それ以上に乗車がありました。それでも、80~90%位の乗車率でぽつぽつ空席もありました。

立川で降りて、駅北口のバスのりばへ向かいます。1番のりばから、8:01のイオンモール行きに乗車します。同じ目的の人で混雑していました。
Tachikawa20131207_10
武蔵村山市のイオンモールむさし村山に到着すると、バスは回送になっていってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川バスイベントへ(1) 

2013年12月7日(土)。今日は武蔵村山のイオンモールで、立川バスのイベントがありオリジナルバスコレクションが発売されます。そして、13:30からは千葉で勉強会があります。どちらも行きたいということで、早起きをして出かけてきました。

自宅を4:50に自家用車で出発します。茂原駅近くのコインパーキングに入ったのが5:25くらいでした。無事に、茂原5:36の普通電車に間に合いました。千葉に着いたのが6:15です。折り返し内房線の列車になるので、3番線の到着でした。それならと、いったん1・2番線ホームを経由して、万葉軒の駅弁売り場へ向かいます。表示では開店は6:30です。でも、並んでいるのはいいですよとのことで、幕の内弁当を買って8番線へ向かいました。

Tachikawa20131207_01
千葉始発の特急「あずさ」に乗っていきます。

Tachikawa20131207_02
入線は6:30でした。発車は6:38ですから、あまり余裕はありません。しばらく待ったのですが、列車名は表示されませんでした。

Tachikawa20131207_03
サイドはちゃんと列車名がでているのですけれども。

Tachikawa20131207_04
11月24日までは、大人の休日倶楽部用があって2000円で買えた「休日おでかけパス」です。また、通常の2600円に戻ってしまいました。しっかり、立川までの自由席特急券も買っておきました。「あずさ」って、千葉から新宿運輸区の方が乗務されるのですね。

Tachikawa20131207_05
車内で、しっかり朝食をとります。今日は万葉軒の「万葉弁当」という幕の内です。やきはまぐりも入って、ちょっぴり豪華です。でも、肉系、魚系がやたら多い気がします。値段は650円と良心的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤せず 

2013年12月6日(金)。今日は夕方、千葉で会合があるため自家用車で出勤です。出勤の途中で、国吉駅に寄っていきます。着いたのは7Dが発車した直後の7:20頃です。待合室には、クロちゃんが1人(1匹9で、ゴザ布団の上にいました。
Isumi_kuniyosi20131206_01
隣に座って「クロちゃん、載る?」聞いたのだけれども、無反応です。「それじゃ、クロちゃん。仕事行ってくるね」と声をかけると、大あくびをします。そして、自分の太ももに足をかけて伸びをします。指を広げてツメを出して。それが終わると載ってきました。何で、仕事に行くって言ってから載ってくるんだよ。時間がないので、1分ほど載せてから下ろしたら「ニャ~(もっと温めさせてくれ」と鳴かれてしまいました。

大多喜城薬医門近くのもみじが、下の方まで赤くなってきました。今日は薄曇りなので、そこそこ色が出そうです。
Otaki_yakui20131206_02

県の文化財になっているので、古い物なのかと思っていましたが、よく読むと再建した物なのですね。
Otaki_yakui20131206_03

16時に職場を出ました。茂原16:43の始発の普通電車に乗ろうとしたのですが、タッチの差で間に合いませんでした。17:19の普通電車で千葉に向かいます。始まりが18時からなので、ギリギリです。

会合が終わったのが20時半ちょっと前。なんとか、千葉20:44の快速上総一ノ宮行きに間に合いました。それでも、自宅に着いたのは22時を過ぎていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月6日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月6日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

オカザえもん
販売日 
2013年12月12日(~未発表
販売部数 3,000部

販売地域 岡崎市内の計39局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

い鉄で出勤せず 

2013年12月5日(木)。今日は、どうしても仕上げなければ行けない仕事があり、何時に終わるかわからないので自家用車で出勤です。結局、職場を出たのは20時過ぎ。最終に乗るときより15分ほど遅くなりました。そんな帰りに国吉駅に寄ってみました。20時半を過ぎていました。
Isumi_kuniyosi20131205_01
クロちゃんは箱の中で丸くなって寝ていました。

ホームに出て、イルミネーションを眺めます。下りホームのイルミネーションは、自分も取り付けに参加しましたが、上りホームにもイルミネーションがあります。
Isumi_kuniyosi20131205_02
こちらが商工会の前の花壇にあるイルミネーションです。

Isumi_kuniyosi20131205_03
こちらは乗り場まえにあるベンチと屋根をイルミネーションしたものです。

しばらくイルミネーションを眺めてから帰りました。今日は疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月5日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月5日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

霊峰富士
販売日 
2013年12月12日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 河口湖局、河口局、山中湖局、明見局、勝山局、精進局、大石局、吉田本町局、忍野局、旭日丘局、鳴沢局、新倉局、上吉田局、上暮地局、富士吉田本通局、富士吉田局の計16局

シートはグリーン(50円)です。売価は1000円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(99) 

2013年12月4日(水)。今日もいすみ鉄道で通勤します。今朝も寒く、放射冷却が強いのか、途中の田んぼは下の方が白くかすんで見えるところもありました。国吉駅も同じような感じです。待合室に入ると、クロちゃんが歩いていました。2人いた女子高生を見比べて、1人の膝に飛び乗りました。どっちの乗り心地がいいかなと見比べていたみたいです。ちょっと贅沢になったのかな。

Isumi300_20131204_01_2
そんな白い世界を7Dがやってきました。今朝は、302スニフです。

いつものように、城見ヶ丘で下りて8Dを撮影します。
Isumi300_20131204_02
今朝は301パパ&ママでした。両方ともいすみ300形というのは、久しぶりのような気がします。

帰宅は20:03の最終32Dになりました。
Isumi200_20131204_03
高校生が試験週間に入ったのか、とても空いていて、高校生2人と自分の3人しかいません。久しぶりに座っていきます。

Isumi200_20131204_04
車内はクリスマス仕様の飾り付けがあります。今まで乗客が多くて撮る機会がありませんでした。

いつものように国吉で降ります。クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131204_05
起きてはいるのですが、ずっと壁の方を向いています。そのうち、後ろ向きになって箱の中で寝てしまいました。それじゃ、おやすみね。クロちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月3日は1件3種のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月3日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

2014雛のつるし飾りまつり(50円)
2014雛のつるし飾りまつり(80円)(1)
2014雛のつるし飾りまつり(80円)(2)
販売日 
2013年12月10日(~未発表
販売部数 2,500部(50円)、1,300部(80円)

販売地域 稲取局のみ

シートはグリーン(50円)、ブルー(80円2種とも)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

い鉄で出勤(98) 

2013年12月3日(火)。今日はいすみ鉄道で通勤します。それにしても、凍てつくような朝でした。
Isumi_kuniyosi20131203_01
国吉駅に留置中のキハ30も、こんなに凍てついていました。

放射冷却現象か、田んぼはいちめん白くなっています。
Isumi200_20131203_02
そんな中を、今朝の7Dが202フローレンでやってきました。

いつもの通り、城見ヶ丘で下りて陸橋から8Dを狙います。
Isumi350_20131203_03
今朝は351スナフキンでした。

帰宅は18:46の30Dになりました。
Isumi200_20131203_04
明朝の通学輸送対策で2連運用です。206リトルミイ+201ムーミンでした。

さて、クロちゃんはどうしているかな。
Isumi_kuniyosi20131203_05
まだ時間がはやいせいか、今日は起きていました。目がうるうるです。どうしたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

12月2日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

12月2日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

滝沢市市制以降記念
販売日 
2014年1月6日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 岩手県盛岡市、久慈市、二戸市、八幡平市、滝沢村、雫石町、紫波町、矢巾町、野田村、軽米町、九戸村、洋野町、葛巻町、一戸町、岩手町内の計116局

シートはシルバーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄へ(8) 

銚子駅では、JRの改札口でコロプラフリーきっぷを見せて改札を出ます。コインパーキングに行って、買ってきたぬれ煎餅を車に置いておきます。さすがに3袋あるとけっこうな量なのです。食事に行こうかと思ったのですが、先ほど仲ノ町駅が正面順光になったことを思い出しました。先ほど乗ってきた電車は、折り返しが13:00ですから、まだ時間があります。今から歩いて仲ノ町駅へ向かえば、2000型の並びが撮れるかもしれません。そこで、いつもと違った道を通って、食事処でも探しながら、コインパーキングから仲ノ町駅へと歩いて行ったのです。
Choden20131202_36
仲ノ町駅で撮ったのが、この写真です。とりあえず、湘南スタイルの2000型ヘッドマーク並びが撮れたということで、よしとしましょう。

ちなみに、強調し電鉄で買ったきっぷはコロプラフリーきっぷ以外はこの2枚です。
Choden20131202_37
仲ノ町駅の車庫見学に使った入場券。今朝、丸の内と職の1002に乗ったので、丸の内仕様の入場券を買いました。もう1枚は、犬吠から銚子ゆきの大人乗車券。これは、犬吠駅のみの昔の仕様です。漢数字の金額表示や、旧仮名遣いの地紋など、レトロに作ってあります。

結局、昼食は駅前通にある「かみち」という魚料理の店にしました。土日は外まで行列が出来ているのですが、今日は平日ということもあり空いていました。
Choden20131202_38
今、銚子は「近海まぐろまつり」をやっていることもあり、「まぐろ丼(1050円)」を注文しました。この丼のまぐろは、近海物なのかどうか素人にはよくわかりませんでした。でも、おいしいことはわかりました。

14時過ぎに、早々に自宅へ向かって車を走らせたのでした。途中で、今日発売の支社版フレーム切手「いすみの魅力IV」を買ったりしながら、18時前には帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄へ(7) 

11:57に犬吠駅に到着しました。
Choden20131202_31

改札前のタイル絵です。
Choden20131202_32
普段来るのは土日です。混んでいるので、足下に注目することもありませんでした。昔のヘッドマークと同じデザインだったのですね。

Choden20131202_33
晴れているので、青空がとっても綺麗です。犬吠駅の売店で、はねもののぬれ煎餅を買います。仲ノ町や観音で買うといくつ買っても1袋500円なのですが、犬吠駅だけはまとめ売り割引があり、2袋だと900円、3袋だと1200円になります。甘しょうゆ(仲ノ町駅にしか在庫がないことがあるのです)が犬吠駅にもあったので、甘しょうゆ2袋とうすむらさき1袋を買いました。

12:23の銚子行きに乗車します。
Choden20131202_34
今日は、もうこれ1編成しか動かないようですし、コロプラポイント駅もゲットできたので帰ることにします。

Choden20131202_35
12:39に銚子駅に到着しました。時間も頃合いですから、どこかで昼食にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

銚子電鉄へ(6) 

外川11:05の銚子行きに乗って行きます。次の目的駅は観音です。お腹も少し空いたので、観音駅で名物の「たいやき」を買って、かじりながら仲ノ町駅まで歩いて行きました。仲ノ町駅では、車庫見学用に入場券を買いました。
Choden20131202_26
デキ3と2002編成です。こちらにも、ヘッドマークが付いています。

Choden20131202_27
イラストトレインのヘッドマークでした。まだギャラリートレインは乗ったことがありません。車内にいろいろとイラストや写真等が展示されているらしいです。期間限定なので、またの機会に乗れればいいなと思っています。

Choden20131202_28
ヘッドマークもイラストになっています。反対側は、開業90周年記念塗色ですから、前と後ろで2度おいしい編成でしょうか。

Choden20131202_29
今朝乗った1002も、側線でパンタグラフを下ろして休んでいました。

Choden20131202_30
西側に太陽が当たってきたので、もう一度開業90周年記念の方を撮っておきます。

この後、11:42の外川行きに乗って、コロプラのチェックポイント駅でまだ行っていない犬吠駅に降りることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄へ(5) 

次の下り電車に乗って、終点の外川を目指します。
Choden20131202_21
君ヶ浜10:37の外川行きがやってきました。

Choden20131202_22
それじゃ、キミちゃん。次に会うときまで、元気でね。

十川駅に到着して、犬吠駅側の踏切に向かいました。
Choden20131202_23
ここからだと、逆光ですがヘッドマークがよく見えます。

Choden20131202_24
今日は、本当に青空が綺麗です。

今まで側線にいた801が、一番奥まで押し込まれていました。
Choden20131202_25
仲ノ町駅での90周年記念イベントのとき、801保存基金の募金箱に寄付を入れたのですが、どうやらあまり集まらなかったのでしょう。まったく手が入っておらず、傷みも目立ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

銚子電鉄へ(4) 

君ヶ浜駅といえば、忘れてならないのが駅ネコのキミちゃんです。もちろん、今日も会えました。
Choden20131202_16
キミちゃんには、ヒゲタのベンチが似合います。8月の電車お掃除体験で銚子に来て以来でしょう。4ヶ月ぶりかな。

Choden20131202_17
あいかわらず、鼻の調子がよくないようです。

Choden20131202_18
しばらくすると、目を開けて立ち上がり、ゆっくりとこちらに歩いて行きました。あれっ、めずらしく遊んでくれるのかな?

Choden20131202_19
違ったようです。単に暑いとか眩しいというのが理由のようです。手の届かない、影の先端で歩くのを止めてしまいました。逆に、こちらが歩くことが出来ません。キミちゃんの日陰を奪ってしまうことになりますから。

Choden20131202_20
何としてもひなたに出ることだけはしたくないみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄へ(3) 

仲ノ町駅に着きました。ほとんどの人は、銚子行きに乗りかえますが、自分は改札を出て車両交換の様子を撮影します。
Choden20131202_11
単行と2両編成の両方はホームに入り切りません。2001号は、ホームにかかっていないようです。

Choden20131202_12
やがて、ドアを閉めて銚子駅へと発車していきました。折り返しの外川行きに乗るために、再び改札を入って待ちます。

9:37に外川行きがやってきました。
Choden20131202_13
これに乗って、君ヶ浜駅へ向かいます。君ヶ浜駅では、駅前で休むキミちゃんをちらっとみて、キャベツ畑の中の道を歩いて、踏切まで行きました。

Choden20131202_14
ヘッドマークに太陽が当たらないのが残念です。第4種踏切の標識がなかなかいいです。

Choden20131202_15
犬吠埼灯台が見える第4種踏切が、君ヶ浜~海鹿島間にあります。なかなかいい雰囲気です。この時期は、銚子名物灯台キャベツが一面に育っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄へ(2) 

笠上黒生駅で、次の上り電車まで構内を見学しながら待ちます。
Choden20131202_06
かつて、旧型車両の前についていたヘッドマークが、出札口の下に置かれていました。

Choden20131202_07
通称「風葬線」と呼ばれている側線には、かつて「澪つくし号」として活躍した遊覧車ユ101がいました。

Choden20131202_08
かつて、ポイントや腕木式信号の切替に使っていた転轍機。ワイヤーはなくなっていますが、機械そのものは残っているのですね。

Choden20131202_09
この防火用水の天水桶、なつかしいですね。こういうので、ふた付きのゴミ箱っていうのも街角にありましたよね。

Choden20131202_10
9:16の銚子行きがやってきました。これに乗って、仲ノ町へ向かいます。9時半に2001編成がでてくるということは、どこかで車両交換があるはずです。観音を発車したところで、「銚子駅へおいでの方は、次の仲ノ町で前に入ります緑色の電車のお乗り換えです」と放送が入りました。銚子から戻るときに車両交換かと思ったのですが、逆でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

銚子電鉄へ(1) 

2013年12月2日(月)。今日は土曜出勤の代休です。当初1日しか予定がなかった、銚子電鉄の「時刻表50周年」ヘッドマークの取り付けですが、1週間やることになったそうです。そこで、この代休を利用して、銚子に行くことにしました。11月21日のダイヤ改正で、笠上黒生駅での列車交換も、8:50までと大幅に短縮、減便されました。そこで、朝の交換風景も撮りたいなということになり、6:20に自宅を自家用車で出発しました。

8:10過ぎに、銚子駅近くのコインパークに入りました。8:10の銚子電鉄には間に合いませんが、8:40には間に合いそうです。今日はコロプラフリーを使いたいので、仲ノ町駅まで歩いて行きます。コロプラフリーきっぷを売っているのは、仲ノ町駅と犬吠駅だけですから。
Choden20131202_01
仲ノ町駅が近づくと、2002編成が停まっているのが見えました。90周年記念塗色になってから見るのは初めてです。

Choden20131202_02
無事にコロプラフリーきっぷを入手しました。ポイント駅は、仲ノ町、笠上黒生、犬吠の3駅です。駅のゲットは簡単でしょう。

車庫に「時刻表50周年」ヘッドマークをつけている2001編成がいません。ということは、運用に付いているようです。コロプラフリーを買うとき確認すると、このあといったん入庫するけど、9時半にまた出てくるという話でした。まずは8:26の銚子行きに乗って、銚子へまで行きます。
Choden20131202_03
丸ノ内線塗色の1002でした。折り返し8:40の外川行きが、笠上黒生駅で列車交換する本日最後となります。もちろん、笠上黒生駅で降ります。

Choden20131202_04
上り列車がやってきました。ヘッドマーク付きの2001編成です。

Choden20131202_05
8:50が1日で最後の並びです。11月21日から、この並びが見られるのは6:11~8:50の1日7回だけになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山千枚田「棚田の夜祭り」(3) 

17時が開始の時刻のようです。
Tanada20131201_11
谷の方を眺めます。下の方の田にも、しっかりと灯りが点されています。

17時からステージの1番目、創作バレエが始まりました。
Tanada20131201_12
ステージの正面辺りまで行くと、屋台がたくさん出ているようです。協力券についていた金券を使おうと、そこまで登っていきます。

Tanada20131201_13
協力券に付いていた金券は200円分。現金であと50円を足して、このサバメンチを買いました。中にチーズも入っていて、なかなか美味しかったです。

1時間ほど過ごして、寒さも身体にしみるようになったので、帰ることにしました。
Tanada20131201_14
帰る途中に、LED電球だけのエリアがあります。松明よりも暗く、みごとに手ぶれをしてしまいました。でも、その微妙な、筆記体のような手ぶれが味だったりして。

Tanada20131201_15
行きは時間帯もよかったのか、立ち席無しで運ばれたのですが、帰りは大混雑です。それでも無事に、総合運動場までつれてきてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山千枚田「棚田の夜祭り」(2) 

駐車場に着きました。ホテルからのお客さんも来ています。ただし、ホテルバスも許可証がないと、ここまで入ってこられないようです。
Tanada20131201_06

会場までは、ここから少し登ります。途中に大山千枚田の案内がありました。
Tanada20131201_07
今年は、まだ明るいので読むことが出来ました。

棚田がみえるところまで来ました。今年は、天ぷら油の廃油を利用した松明と、LED電球の2本立てのようです。ちょうど、松明を展開している最中でした。
Tanada20131201_08
「もう、腰いてぇよ」という声が下の方から聞こえてきました。火をつけるだけでも重労働のようです。

Tanada20131201_09
やがて、LED電球も光り始めました。電球よりも炎の方が明るいということが実感できました。

Tanada20131201_10
17時が近づき、空も暗くなってきて一番星が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山千枚田「棚田の夜祭り」(1) 

10月に開催予定だった、鴨川市大山千枚田の「棚田の夜祭り」。台風の影響で延期になり、その開催日がほぼ1ヶ月後の11月29日(金)~12月1日(日)の3日間です。今日が開催最終日ということで、家人と一緒に行くことにしたのです。

14時半に国吉駅前を出発して、一路鴨川市の運動場を目指します。その途中、先日行った「北斗星」に寄って、たこやきを買って行きます。
Hokutosei20131201_01
前回来たときに、スタンプカードをもらったので、電話で予約してから行きました。今日は「ねぎたこ」を一舟予約しました。
Hokutosei20131201_02
万能ネギのような青いネギを想像していたのですが、普通の長ネギが載っているとは予想外です。ちょっと水分が多いですけど、薬味付きのたこやきといった雰囲気で、それなりにおいしかったです。

総合運動場に近づくと、係の方がたくさんいて、駐車場へと誘導してくれます。バス乗り場からけっこう遠いところへ案内されて心配したのですが、徒歩通路は野球場の脇を通って近道をしていました。バス乗車券を兼ねた500円の協力券を買います。
Tanada20131201_03

まだ15時半を回ったところで、外は明るいですが駐車場はかなり埋まっていました。バス待ちの列もどんどん長くなっていきます。そこに、バスが6~7台まとまってやってきました。ほとんどが鴨川日東バスの路線車ですが、その中に地元の観光バス会社の車両が混ざっています。
Tanada20131201_04
オリエンタル観光のマイクロバスです。これに乗れるかなと思ったのですが、少し前で満席になりました。

Tanada20131201_05
乗ったのは、鴨川日東バスの路線車でした。日産ディーゼルのワンステップ車でした。30分弱で、大山千枚田の駐車場に運ばれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッポの丘経由国吉駅へ 

家人と14時半に国吉駅前で待ち合わせをしています。BOSO娘のライブが終わっても、まだ1時間以上あります。そこで、まっすぐ国吉駅へ向かわずに、久しぶりにポッポの丘に寄っていくことにしました。着いてみると、しばらくこないうちに、びっくりするほど駐車場が埋まるようになったではないですか。駐車場の半分以上が埋まっています。

Pop20131201_01
キハ38のギャラリーは模様替えなのか、ドアが閉まっていました。

Pop20131201_02
キハ38の連結面は、現役時代はあまり見る機会がありませんでした。

Pop20131201_03
丸ノ内線の方向幕は毎回変化します。今日は新中野を出していました。現役時代は、池袋、荻窪、新宿以外はほとんど見る機会がありませんでした。中野富士見町も見る機会はほとんどなかったです。ましてや新中野は見たことがありません。

Pop20131201_04
とにかく今日は青空がきれいでした。

その後、国吉駅へと車を走らせました。待合室に入ると、クロちゃんはストーブ寄りに移動していました。
Isumi_kuniyosi20131201_06
昼間ストーブを焚いたようで、暖かい方へ移動したようです。ネコは暖かいところをよく知っていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOSO娘 ホームdeライブ(2) 

1曲目の「イエローサンシャイン」が終わってトークをしている最中に、急行2号が入線します。BOSO娘のみなさんも手を振って出迎えます。
Boumusu20131201_06

急行2号の停車時間を利用して、2曲目の「SummerDrive」を歌います。
Boumusu20131201_07
この曲の方が、ダンスは激しいですね。おじさんは、絶対にこんなに動きながら歌うことはできません。

Boumusu20131201_08
2曲目が終わって、急行2号が発車してしまうと、イベントとしては閉会です。いただいたプログラムによると、この後、車両の前での撮影会があります。

Boumusu20131201_09
いすみ鉄道公認アイドルだもの、やっぱり黄色い列車と一緒じゃないとね。

「それじゃ、せーので変顔しま~す」って、アイドルが変顔していいんですか。
Boumusu20131201_10
こんなの載せちゃって大丈夫かな。CPCさんからクレームついたら消さなくちゃ。ちなみに変顔大賞は、藤咲奈々花さんですね。次点はリーダーの槻島ももさんだな。最後まで楽しませていただきました。BOSO娘のみなさん、CPCの皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOSO娘 ホームdeライブ(1) 

表彰式が終わって、次はホームでライブです。
Boumusu20131201_01
前回は、藤咲奈々花さんが模試でいなかったので6人揃ったところで聴くのは、今日が初めてです。今日は、横幅がないステージだから、ダンスが難しそうです。

Boumusu20131201_02
狭いステージも何のその、がんばって歌って踊ってくれました。

Boumusu20131201_03
ちなみに、目の前でハンカチを振っているのは、い鉄情報ではおなじみのsoyさんです。

Boumusu20131201_04
おじさんとしては、優しそうな目とちょっと大きなお口の二宮羽菜さん(レッド)が一押しです。

Boumusu20131201_05
うちの職場の若い男性には、かわゆいこと川原結衣さん(イエロー)が一番人気でした。何より、みんな元気なのがいいですね。歌を聴いていて元気が出ます。「イエローサンシャイン」は、けっこう覚えやすいです。そろそろ一緒に歌えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

国吉&大多喜 

2013年12月1日(日)。今日から12月です。日曜日ですが、今日は鍵開け当番です。ちょっと遅れてしまって、7:45に職場につきました。9時過ぎまで職場にいて、バトンタッチしていったん帰宅します。今日は、いすみ市議会議員補欠選挙です。選挙権をもらってから約30年、1回も棄権はしていません。今日の選挙は、何だか焦点がみつからない選挙なんですが、とりあえず選挙公報を読んで投票に行きました。

10時半に再び家を出て、国吉駅へ向かいました。
Isumi_kuniyosi20131201_01
クロちゃんは差し込む日光に当たって、とっても気持ちよさそうに伸びています。

Isumi_kuniyosi20131201_02
時々顔を上げますが、居心地がいいようで2段目から動こうとはしませんでした。

いすみ鉄道応援団の掛須団長が「大多喜の表彰式にポップコーンを売りに行く」というのです。自分としては、表彰式を見学するかどうか迷っていたのですが、やっぱり行ってみることにしました。

大多喜駅前では、デンタルサポートの方が表彰式の受付をしていました。関係者以外にもチラシを配って説明していました。
Isumi_otaki20131201_03
あれま、入賞者と関係者以外は、表彰式を見学することができないのです。一般参加者は「BOSO娘」のライブからしか参加できないのでした。

Isumi_otaki20131201_04
これが第1席の「デンタルサポート賞」を受賞した川田さんです。関係者しか入れない金網の向こうで、一心不乱に「BOSO娘」さんたちを撮っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとり忘年会in総元(3) 

ホームから見たイルミネーションの全体はこんな感じです。
Isumi_fusamoto20131130_16

やがて、上総中野で折り返した70D大原行きが近づいていきました。
Isumi_fusamoto20131130_17

もちろん、乗ってきた列車の折り返しですから、351スナフキンです。
Isumi_fusamoto20131130_18

70Dに乗って国吉に戻ります。結局、今日は国吉→大多喜、大多喜→総元、総元→国吉と乗車しました。320+320+460だから1100円分ですね。1日乗車券で、ちょっぴりトクした感じです。
Isumi351_20131130_19

国吉駅で降りたからには、クロちゃんの様子を見ていかなくては。
Isumi_kuniyosi20131130_20
いつもより時間が早いせいか、まだ起きていました。「寒い? 載る?」言ったら来たので、しばらく膝の上(太ももの上)に載せて、足の裏(肉球ですね)を温めさせてあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとり忘年会in総元(2) 

毎年ある、いすみ鉄道車両のイルミネーションですが、今年も3両ありました。
Isumi_fusamoto20131130_11

ホームの端の方にあるのは、ハートのツリーでしょうか。
Isumi_fusamoto20131130_12

これはどこだかわかりますか?
Isumi_fusamoto20131130_13
ここだけ見ると、どこかのテーマパークのアトラクションかと思ってしまいます。

 

実は、これ総元駅待合室の入口なのです。
Isumi_fusamoto20131130_14
大多喜駅、国吉駅、総元駅の3駅に設置されているムーミンボード。イルミネーションされているのは、この総元駅だけです。ムーミンファンの方は明るい時間にムーミン列車に乗って帰ってしまう人が多いけど、暗くなるまで(といっても16時半には暗くなりますから)いて、この総元駅のムーミンイルミネーションを見て欲しいですね。このイルミネーションは、列車内からは見えないので、降りないとダメですけど。

 

Isumi_fusamoto20131130_15
駅舎全体は、こんな感じにイルミネーションが施されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとり忘年会in総元(1) 

2013年11月30日(土)。今日は土曜日なので、定時に上がって17時過ぎに職場を出ます。大多喜駅近くのセブンイレブンで、ノンアルコールとおでんを買ってきます。坂道を上がってくると大多喜駅がきれいに輝いています。そういえば、夜この角度からは写真を撮っていなかったような気がします。
Isumi_otaki20131130_06
自動販売機の押しボタンも、イルミネーションの仲間みたいに光っています。

17:34の上総中野行きに買った物を持って乗り込みます。
Isumi350_20131130_07
17:30にやってきたのは、351スナフキンでした。ここで4分停まります。目指すのは総元駅です。この列車が上総中野駅で折り返して、再び総元駅に戻ってくるまでの約45分間、総元駅のイルミネーションを見ながら「ひとり忘年会」をやろうという魂胆です。総元駅は、ホームにベンチもありますし、区民館併設なのでトイレの設備もありますから。

総元駅に着きました。ホームのベンチに買ってきた物を並べます。
Isumi_fusamoto20131130_08
土曜日の夜とはいっても、列車が行ってしまえばホームには誰もいない田舎の駅です。

目の前にはイルミネーションが広がります。
Isumi_fusamoto20131130_09
このイルミネーションをひとり貸切にして、贅沢な気分を味わいます。背中と手は思いっきり寒いですけど。

Isumi_fusamoto20131130_10
電球の水面を泳ぐ白鳥なんかもいますよ。大多喜は待合室にイルミネーションがあるので大きく見えますが、イルミネーションそのものでのつくりものは、総元駅の方が大がかりで見応えがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »