« 江ノ電タンコロまつり(6)  | トップページ | さよなら183系の旅(2)  »

2013年12月15日 (日)

さよなら183系の旅(1) 

2013年12月15日(日)。今日はびゅうのツアー「ありがとう183系M32編成 千葉から長野への旅」に参加してきました。ツアーはしばらく前から知っていたのですが、どうせすぐ満員だろうと気にもとめていなかったのです。ところが先週、JR東日本千葉支社のウェブサイトを見ると「好評受付中」となっています。まだ埋まっていないようです。申し込んだのが12月9日のこと。決め手は、津田沼~千葉間で普段は乗れない、幕張車両センター内を走るということです。乗り鉄にとっては、ふだん乗れない線路を上を走る列車に乗れる機会は、ついつい食指が動いてしまう物なのです。もちろん、外房線でかれこれ20年近くお世話になった183系に乗れるのが最後ということもあります。

6:40に自家用車で自宅を出て、茂原駅近くのコインパークに停めます。7:24の総武線快速に乗って、津田沼着が8:13です。受付は8:20津田沼駅集合ですから、ちょうどよいというか少しでも遅れたら危ないという状況です。でも、時間通りに着きました。

Sayonara183_20131215_01
自動券売機の前に受付のテーブルがありました。名前を言うと、首から下げるプレートをくれました。千葉からは乗車券がありますが、津田沼からは団体での入場になるそうです。

8:52頃津田沼を出発とありました。
Sayonara183_20131215_02
団体列車でも、よく表示器に出す千葉支社ですが、今回の列車は表示器には出ないようです。8:40頃入場が始まりました。

Sayonara183_20131215_03
2番線ホームは、すでに大混雑。正面から撮ろうとしても、人しか写りません。まあ、この先撮影する時間はあるでしょうから、少し斜めから撮っておきます。

Sayonara183_20131215_04
今日、廃車回送されるM32編成が「ありがとうあずさ号」で、23日に回送されるM31編成が「ありがとうかいじ号」なのだそうです。特急「あずさ」のヘッドマークに「ありがとうM32」の文字が追加されていました。

Sayonara183_20131215_05
乗車口は6号車1ヶ所だけです。そこから乗り込んで、指定された4号車へ向かいます。今回のツアーは、号車指定定員制ではなく、完全に指定席でした。座席は千葉からの折り返し用に、後ろ向きにセットされています。8:52より少し遅れて、津田沼駅を発車しました。

|

« 江ノ電タンコロまつり(6)  | トップページ | さよなら183系の旅(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/58763668

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら183系の旅(1) :

« 江ノ電タンコロまつり(6)  | トップページ | さよなら183系の旅(2)  »