« 臨時急行運転4日目  | トップページ | 天王寺から高松へ  »

2013年8月16日 (金)

天王寺へ 

2013年8月16日(金)。明日からはじめる「青春18きっぷ JR6社の旅 JR東日本券編」のスタート駅に選んだのが、四国の高松駅。そこで、高松駅へ向かうために、今日は青春18きっぷで大阪の天王寺へと向かった。

長者町6:57の普通電車でスタート。上総一ノ宮で総武快速に乗り換える。もちろん、上総一ノ宮から熱海までのSuicaグリーン券を買ってから乗り込む。東京で9:15の快速アクティー熱海行きの乗りかえる。ここまでは順調だった。

熱海からJR東海に入る。しばらくはロングシートになるのは覚悟の上。熱海11:16の静岡行きは211系3両+313系2両の5両編成。もちろん、全部ロングシート。これが立ち客も出るほどの乗車。興津で、始発の浜松行きに乗り換えると、こちらは211系の3両編成。
To_osaka20130816_01
浜松に着くと、乗り換えはホーム向かい側なのだが、まだ入線していない。表示器を見ると3両編成。ということは、ロングシートに間違いない。やってきたのは313系だった。ということで、熱海から豊橋まで、ずっとロングシートの旅になった。
To_osaka20130816_02
豊橋駅では、壷屋のスタンドできしめんを食べる。これで300円。きざみ(油揚げを刻んだもの)が山ほど載って、かまぼこも1枚入ってこの値段。だから、豊橋を通るときは、なるべく1本落として、ここで昼食をとることにしている。

豊橋15:03の快速で名古屋へ。今回は、大阪の天王寺が目的地なので、久しぶりに関西本線で大阪入りしようと考えたのだ。名古屋から乗るのは、16:14の快速亀山行き。ボックスシートの313系が待っているのだと思ったが違った。
To_osaka20130816_03
なんと、211系の4両編成だった。中の路線図や停車駅案内が
、東海道本線と中央本線のものだったから、普段は中央本線あたりで活躍しているのだろう。関西線では、中央本線の間合い運用なのかもしれない。ロングシートとはいえ、4両もつないでいたので、立ち客はほとんど出なかった。

そして、亀山からはJR西日本になる。亀山~柘植間に乗るのは久しぶりだ。
To_osaka20130816_04
ロングシートの0番台と、ボックス席のある300番台の2両編成。ぎりぎり接続より1本早い電車で着たので、ボックス席に座ることができた。

久しぶりに乗った区間の最大の見所は、中在家信号場だ。
To_osaka20130816_05
スイッチバック式の、けっこう規模の大きな信号場だったのだが、今は使われなくなって、引き上げ線も半分草に埋もれていた。学生の頃は、京都発鳥羽行きのディーゼル急行なんてのも走っていたのだけれども。もちろん、名古屋と奈良を結ぶ、急行「かすが」に乗ったこともあった。そんな思い出のある信号場を、ほんとうに久々に見ることができた。

加茂からは、区間快速で天王寺まで乗車する。駅近くのネットカフェで、夜行バスの発射時刻まで一休みしているのが今の状況。明朝、高松駅に到着して、いよいよ青春18きっぷ JR6社の旅がスタートだ。ちなみに、今回は、「高松から根室ゆき」で計画。途中、航路を2回使う。JR東日本の駅から始めてはいけないというのは、やっぱりきつい。JR東海かJR西日本の次の日は、いきなりJR北海道の駅からスタートしなければいけないのだから。

|

« 臨時急行運転4日目  | トップページ | 天王寺から高松へ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/58005362

この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺へ  :

« 臨時急行運転4日目  | トップページ | 天王寺から高松へ  »