« 青春18JR6社の旅東日本券編(2)  | トップページ | 青春18JR6社の旅東日本券編(4)  »

2013年8月18日 (日)

青春18JR6社の旅東日本券編(3) 

5 八幡浜駅前13:45→13:51八幡浜港(伊予鉄バス)
予定では、13:49の伊予鉄南予バスの八幡浜港行きに乗る予定だったのだが、バス停に行くとちょうど三崎行きの特急バスが発車するところ。これも利用できますとのことで、予定より早いバスで港へ向かった。運賃は150円だった。
Jr6_20130817_11
6 八幡浜港14:35→16:55臼杵港(九四オレンジフェリー)
インターネットで予約しておいたので、5%割引2140円(正規運賃2250円)の乗車券が渡された。乗ったのは「おれんじ四国」という船。
Jr6_20130817_12
船内は予想していたよりずっと立派だった。徒歩客は少なく、車での利用者が圧倒的に多かった。船内の売店で、「釜揚げしらす丼」(600円)で遅めの昼食にする。
Jr6_20130817_15
それにしても、この船内売店で売っているマスコット3種類のとりあわせ。バリィさんは、八幡浜じゃないけど同じ愛媛県のキャラだからわかる。くまもんは臼杵でも大分県でもないけど、まあ九州だからわかる。でも、なんでふなっしーが置いてあるんだ?

17:00到着予定だったが、16:50頃に着岸準備に入って16:55には「どうぞ」の声がかかった。これなら、予定より早い電車に間に合うかもしれない。地図を見ながら、臼杵駅まで一生懸命歩いた。汗が出たけど、間に合った。

7 臼杵17:12→18:04大分
JR九州に入った。待っていたのは、815系ワンマン電車。
Jr6_20130817_13
ロングシートだけれども、空いているし、窓が大きいのでそれなりに景色は楽しめた。上臼杵駅といい、その他の駅も古い木造駅舎のままというのが、この日豊本線にはたくさんあるなというのが印象だ。

これで、大分駅での買い物時間が捻出できる。いったん改札を出て、駅ナカで夕食の弁当を買う。総菜と弁当のお店で、「ご飯少なめ、野菜ものと唐揚げで作ってもらえますか」と、オーダーしてみると「わかりました」とのこと。特製野菜多め唐揚げ弁当をつくってもらった。550円でいいですよとのこと。クック・チャムに感謝、感謝。

8 大分18:52→21:43小倉
やってきたのは415系の4両編成。セミクロス編成が来ると思って、弁当を仕入れたのだが、予想が外れてロングシート編成だった。
Jr6_20130817_14
でも、杵築を出たら1両に乗客は6人。ここで、弁当を広げて食べることにした。結局、臼杵から小倉まで4時間のロングシートの旅になったJR九州だった。初日は小倉で泊まる。

|

« 青春18JR6社の旅東日本券編(2)  | トップページ | 青春18JR6社の旅東日本券編(4)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/58019455

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18JR6社の旅東日本券編(3) :

« 青春18JR6社の旅東日本券編(2)  | トップページ | 青春18JR6社の旅東日本券編(4)  »