« 根室から自宅へ(14)  | トップページ | 根室から自宅へ(16)  »

2013年8月29日 (木)

根室から自宅へ(15) 

落合行きの普通列車を幾寅駅で降ります。
Jr_hepass_20130823_36

列車は次の終点、落合駅へと走って行きました。
Jr_hepass_20130823_37
腕木式信号機は、使用されているわけではありません。かといってレプリカでもありません。でも、いい感じですね。

そう、ここは映画「鉄道員」で終着駅の幌舞駅としてロケを行ったところです。駅舎内には、映画の資料が展示されています。
Jr_hepass_20130823_38
ここから展示室の中に入ります。映画で実際に使ったものが、いろいろと展示されています。

Jr_hepass_20130823_39
出札窓口の内側、事務所もこんな風に見学できます。

Jr_hepass_20130823_40
実在の駅名の中に、幌舞線の架空の駅名がちりばめられた、映画で使われた運賃表。

駅舎の外にも、ロケに使われたセットがそのまま保存されています。

|

« 根室から自宅へ(14)  | トップページ | 根室から自宅へ(16)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/58089849

この記事へのトラックバック一覧です: 根室から自宅へ(15) :

« 根室から自宅へ(14)  | トップページ | 根室から自宅へ(16)  »