« 南房総から高崎へ(4)  | トップページ | 南房総から高崎へ(6)  »

2013年7月28日 (日)

南房総から高崎へ(5) 

車内では「記念撮影はいかがですか」と係りの方が回ってきました。制帽とともに今回はプレート(本物)を持っています。「プレートは今回限りかもしれません」といいます。もう、あまり残っていないのでとのこと。運転開始の頃(まだ指定席が2両で、畳スペースがなかった頃)は、全車両に付いていたのですが。下の穴に針金を通してしっかり固定されていましたから、運転中の紛失は考えにくいです。1回限りに運転と思われて、内部処理されてしまったのでしょうか。
Minami_boso20130727_21
かつては6両すべてに、このうちのどらかが差してありました。イベントカーまで作ってあるのは立派だと思っていたのですけどね。

安房鴨川に到着です。ホームでは、地元のキャラクターがお出迎えです。
Minami_boso20130727_22
鴨川市の「たいよう君」です。イラストで見ると、もっと背びれが大きくて魚っぽいのですが、着ぐるみの方がかわいいです。

Minami_boso20130727_23
千葉県特産のピーナッツをモチーフにした「ぴーにゃっつ」です。道の駅に行くと、たくさん「ぴーにゃっつ」グッズが売っています。ちなみに、チラシにあった「Pマン」は来ていませんでした。

Minami_boso20130727_24
さすがは「ぴーにゃっつ」。ちゃんとネコしっぽが生えています。右側の青いのは、鴨川シーワールドの「オルタン」です。

Minami_boso20130727_25
「オルタン」はイベントカーに乗って、そのまま安房小湊まで回送されていきました。

さて、チラシにあった城西国際大学観光学部の学生による「さわやか弁当~季節のハーブ添え~」を買おうと思ったのですが、売り場が見当たりません。学生と元東急ホテル総料理長が考えた手作り弁当とあるから、制作数が少なく、キャラクターの写真を撮っている間に売り切れたのかと思ったのですが・・・チラシをよく見ると7/27を除くとありました。今日だけ売っていないのですね。残念。とりあえずカレーパンを食べたので、それほど空腹ではないのですが。

|

« 南房総から高崎へ(4)  | トップページ | 南房総から高崎へ(6)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/57877577

この記事へのトラックバック一覧です: 南房総から高崎へ(5) :

« 南房総から高崎へ(4)  | トップページ | 南房総から高崎へ(6)  »