« 「南房総フリー」で道の駅めぐり(7)  | トップページ | 「南房総フリー」で道の駅めぐり(9)  »

2013年6月 5日 (水)

「南房総フリー」で道の駅めぐり(8) 

天津から鴨川の間も、鉄道よりバスからの景色の方がいいです。昨日は、予定した普通電車に乗れなかったので、途中からバスに乗り換えることも出来ませんでした。
Minami_boso_free20130603_16
鴨川のホテル群が見えます。「輪廻のラグランジェ」にも、こんな風景があったような・・・。

いったん鴨川駅前まで乗ったのですが、やっぱり次の急行バスは始発から乗っておこうと、11:25の天津行きのバスに乗り、亀田病院前まで戻りました。11:55に東京湾フェリー行きが来て、待っていたお客さんの半数が乗っていきます。11:58に仁右ヱ門島入口行きが来ましたが、これには誰も乗りません。そして12:00に急行安房白浜行きが来ました。
Minami_boso_free20130603_17
前回乗ったときと同じ、いすゞの中型車です。8人ほどの人が乗り込みました。鴨川駅西口からも2人ほど乗ってきました。途中、うとうとしながら乗っていきます。途中の乗降はほとんどありませんが、千倉に入ってから降りていく人が増えました。自分は「道の駅ちくら潮騒王国」に行くため、最寄りの七浦小学校前バス停で降ります。降車ボタンを押して、停まったもののどこにも道の駅は見えません。
Minami_boso_free20130603_18_2
運転士さんに「道の駅に行きたくて押したのだけれども、間違えちゃったかな」というと、少し戻って診療所の看板の所から海側に行ってくださいと教えてくれました。やっぱりここが最寄りバス停で間違いないようです。

Minami_boso_free20130603_19
診療所の看板にも、潮騒王国の文字があります。どうやら、ここの道を行けばいいようです。でも、運転士さんに教えてもらわなければ、迷っていました。
Minami_boso_free20130603_20
こんな狭い道の先に診療所があって、さらに左に右に曲がりながら、その先に歩いて行くなんて。知らなければ歩けませんから。

|

« 「南房総フリー」で道の駅めぐり(7)  | トップページ | 「南房総フリー」で道の駅めぐり(9)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/57531897

この記事へのトラックバック一覧です: 「南房総フリー」で道の駅めぐり(8) :

« 「南房総フリー」で道の駅めぐり(7)  | トップページ | 「南房総フリー」で道の駅めぐり(9)  »