« 下町日和きっぷの旅(2)  | トップページ | 高速バスで大多喜へ(1)  »

2013年6月10日 (月)

下町日和きっぷの旅(3) 

せっかくだから、このきっぷで乗れる線路を全部乗っておこうと、高砂からはアクセス特急羽田空港行きに乗って押上まで行きました。
Keisei_sitamati20130609_11
押上に到着すると、隣には快速特急三崎口行きが停まっています。
Keisei_sitamati20130609_12
車端部がクロスシートになった600形です。地下鉄の線路をクロスシートに座って眺めていくのもいいですね。でも、このきっぷではこの先の都営地下鉄区間は乗れません。

押上から青砥に引き返します。3番線から快速佐倉行きが発車します。ほとんどの人がそちらに乗ってしまい、4番線に停まっている各駅青砥行きは、とても空いています。この電車も京浜急行の車両で、車端部がボックス席です。空いているボックス席もあるではないですか。そこに座っていきます。
Keisei_sitamati20130609_13
ふと、車番を見ると1002とあります。600形じゃなくて1000形なんですね。1000形にもボックスシートのある車両があったんだ。京急には詳しくないもので・・・。それよりも、Powered by SIEMENSとあるではないですか。この車両って、シーメンスのドレミファインバータの車両ですか。
Keisei_sitamati20130609_14
発車すると、ドレミファソラシふらっと~~と、ショートバージョンのドレミファインバータが聞こえます。う~ん、まさかこのきっぷで乗車中に、この音を聞けるとは、何とも感激です。
Keisei_sitamati20130609_15
青砥に到着しました。001とあることから、これが1000形の第1編成なんですね。

この後、普通上野行きに乗って日暮里へ行きました。コインロッカーから荷物を出して、帰りのバスに乗るために、浜松町へ行ったのです。

|

« 下町日和きっぷの旅(2)  | トップページ | 高速バスで大多喜へ(1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/57565577

この記事へのトラックバック一覧です: 下町日和きっぷの旅(3) :

« 下町日和きっぷの旅(2)  | トップページ | 高速バスで大多喜へ(1)  »